2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

医療系トラブル相談スレ

1 :無責任な名無しさん:2006/04/12(水) 15:25:02 ID:i9AkkXj7
1)医療過誤について
2)医療行政について
3)医療周辺領域について
不法行為すれすれのことが、まかり通っている。
法的にどう判断するか、答えを!

2 :無責任な名無しさん:2006/04/12(水) 16:31:28 ID:h1m+QyBc
保険療養担当規則という厚労省の規則で、4月から医療機関は受領した自己負担金の
領収書を発行することになった。
1) 医療保険は現物支給で、自己負担金は保険者が本来徴収すべきものを医療機関が
代行徴収しているに過ぎない。なぜ代行徴収者が領収書を発行できるのか?
2) 自己負担金の徴収のコストは、保険者が支払うべきものだが、コストを保険者に請求
できるか?

3 :無責任な名無しさん:2006/04/12(水) 16:43:37 ID:vT4wSKgA
>>2
健康保険の一部負担金は
「当該保険医療機関又は保険薬局に支払わなければならない。」健康保険法74条1項
「当該保険医療機関等に支払わなければならない。」国民健康保険法42条1項

とあるので、
“医療機関が代行徴収しているに過ぎない”という前提が間違いでは?

4 :無責任な名無しさん:2006/04/12(水) 16:52:42 ID:YcyT2D6K
産科・小児科医療崩壊は医療訴訟が原因
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1139405334/

日本の医療崩壊はマスゴミのせいである!
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1126606898/

医療系トラブル相談スレ
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1144823102/

医療裁判でぼろ儲けするために弁護士なる
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1141734333/

5 :無責任な名無しさん:2006/04/12(水) 17:15:21 ID:YcyT2D6K
医療系トラブル相談スレ
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1144823102/

1 名前:無責任な名無しさん[] 投稿日:2006/04/12(水) 15:25:02 ID:i9AkkXj7
1)医療過誤について
2)医療行政について
3)医療周辺領域について
不法行為すれすれのことが、まかり通っている。
法的にどう判断するか、答えを!

6 :無責任な名無しさん:2006/04/12(水) 17:28:15 ID:skPxsZDr
>>3
では、厚労省の主張する「医療保険は現物支給であるから、薬剤費について、医療機関が
差益を得て、自らの利益にするのは誤りである。」と主張はおかしいことになる。
支払を行う以上、現物給付ではなく、普通の契約の債務を弁済しているに過ぎない。厚労省
の見解には、錯誤があると思えるが。

7 :無責任な名無しさん:2006/04/12(水) 17:54:24 ID:76tOFhTK
>>6
では、マイナスになったら補填してくれるのですか?

8 :無責任な名無しさん:2006/04/12(水) 17:57:36 ID:vT4wSKgA
>>6
>では、厚労省の主張する「医療保険は現物支給であるから、薬剤費について、医療機関が
>差益を得て、自らの利益にするのは誤りである。」と主張はおかしいことになる。

それは法律論ではなく、制度の趣旨・目的をふまえた主張だろう。
両者は別の話。

9 :無責任な名無しさん:2006/04/12(水) 18:28:38 ID:FFLpdJlf
>>8
権力を持つ行政機関を法で統治するのが、民主主義法治国家の原点ではないのか?
厚労省が制度といいながら、法律で規定すべき行政行為を省令や規則で規定しすぎて
いると思うが。こういう二枚舌を許さないための法律だろうに。

10 :無責任な名無しさん:2006/04/12(水) 18:33:54 ID:BwbiTGw5
>>9
は?あんた何言ってんの?
単に厚労省が薬価引き下げを主張してるだけだろ?

11 :無責任な名無しさん:2006/04/12(水) 18:42:08 ID:HL4Sx/bN
出産育児一時金や葬祭費など被保険者に直接金を払う現金給付に対して、
療養が現物支給であることと、
一部負担金を医療機関が徴収することとは全く矛盾しない。
「現物支給だから代行徴収」という論理がそもそもおかしい。

12 :無責任な名無しさん:2006/04/12(水) 20:05:57 ID:FIMvGYiL
>>11
おいおい、現金支給と現物支給は、全く正反対の概念だよ。法律の専門家が行政に媚びる
必要はないだろう?

13 :無責任な名無しさん:2006/04/12(水) 20:13:16 ID:gK08Z+kX
「支払をしなければならない」と債務弁済とは意味が違うと思うね。
例えば、予防接種の場合、医療機関に支払ったお金は、全部市町村に支払われ、その後全額
振り込まれる。つまりは、代行徴収を実践しているわけだ。医療保険の場合、債務相殺がなされ、
差額が振り込まれるわけ。額の違いで事務的な問題で、会計上債務相殺をするか、償還払い
にするかを分けているわけだ。

その違いも分からないようなら、法曹として失格じゃないか?

14 :無責任な名無しさん:2006/04/12(水) 20:55:08 ID:vqDEHvse
>>12
>おいおい、現金支給と現物支給は、全く正反対の概念だよ。

それは>>11と言ってることが同じ。
というか現物支給してる保険医療機関が一部負担金を徴収するのは当然だろう?
保険者から支払われる診療報酬は
「一部負担金に相当する額を控除した額」とされていることからもわかる(健康保険法75条1項)。
一部負担金を踏み倒された場合に保険者が代行徴収することはあるが。

>>13
予防接種は予防接種法に基づいて市町村が実施すべきものとされているので、
健康保険とは異なる。

15 :無責任な名無しさん:2006/04/13(木) 00:48:12 ID:NRmP4Ekp
>>14
現物支給とは、金銭のやり取りなしに、商品を受け取ること。
保険者が診療報酬が一部負担金を差し引いた額の債務を持つというのは、本末転倒
じゃないか。診療報酬という債務、に対して、一定率の一部負担金が決まるから、一部
負担金の額が決まるのが正論。
つまり、発生主義的には診療報酬という総額の債務がまず発生し、それの一部負担を
患者が払い、債務相殺の形で保険者が支払をするというのが、自然な商取引の流れ
だと思うがね。
クレジットカード会社や税金徴収する金融機関が、領収書や納税証明書を発行するのは
おかしいと思うよ。

16 :無責任な名無しさん:2006/04/13(木) 01:01:56 ID:TM57paZL
> 491 名前:卵の名無しさん :2006/04/12(水) 21:40:47 ID:8mkGR/qCO友達
> の働いてるデイサービスの話なんだが、送迎の運転手が足りなくて手のあい
> た職員や看護師に自家用車で利用者の送迎させてるんだけどこれってどうな
> の?
>
> 送迎する職員には残業手当ぐらいしかつかない。もちろん普通免許しか持っ
> ていない。


17 :無責任な名無しさん:2006/04/13(木) 01:06:06 ID:Wsc3ubS8
>>15
少なくとも今の制度はあんたの言うような仕組みにはなっていない。
あんたの言うのが正論かどうかはどうでもいいし板違いだ。

18 :無責任な名無しさん:2006/04/13(木) 01:11:10 ID:Wsc3ubS8
>>15
>現物支給とは、金銭のやり取りなしに、商品を受け取ること。

ちなみに、金銭のやり取りがあるから現物支給じゃないということはない。
本来の料金より安い料金を払うだけで提供するのも現物支給に当たる。

19 :無責任な名無しさん:2006/04/13(木) 01:25:36 ID:+VX4+Oz9
>>18
健康保険法・国民健康保険法にいう現物支給とは、現金による給付を行わないという意味。
であれば、一部負担金というのは、本来、民法的には寄託と解釈すべき。

20 :無責任な名無しさん:2006/04/13(木) 01:29:06 ID:t/JCqpBE
>>19
一行目と二行目が全くつながってないぞ。

21 :無責任な名無しさん:2006/04/13(木) 01:31:31 ID:t/JCqpBE
つか寄託だろうが代行徴収だろうが売買だろうが金受け取ったら領収書を出すのは当然。

22 :無責任な名無しさん:2006/04/13(木) 01:51:36 ID:vrpVGrqN
>>21
クレジットカード会社は明細は出すが、領収書は出さないよ。

23 :無責任な名無しさん:2006/04/13(木) 02:24:02 ID:OR4J4Tdz
>>22
それは現実の金銭の受領が無いからね。

24 :無責任な名無しさん:2006/04/13(木) 02:38:48 ID:OR4J4Tdz
>>19
寄託って何のことかわかってて言ってる?
寄託なら受け取った金は後日払った患者に返すことになるが?

25 :無責任な名無しさん:2006/04/13(木) 15:11:20 ID:FeSFD0/t
>>24
債務者である患者から、債権者である保険者に一時的に預かっているだけ。
月末に債務相殺で、所有が医療機関になる。したがって、算定の内容が
変われば、患者側に返納するよ。

26 :無責任な名無しさん:2006/04/13(木) 15:34:08 ID:OR4J4Tdz
>>25
いや、あなたが法律に疎いのはよくわかったから、
いい加減、自説にこだわるのは辞めて少しは人の話を聞いたら?

27 :無責任な名無しさん:2006/04/13(木) 16:16:00 ID:F7oxeypC
医療系トラブル相談マダァ-? (・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン

28 :無責任な名無しさん:2006/04/13(木) 16:34:44 ID:VOwvICHH
>>25
医療機関が債権者じゃないなら、
患者は医療機関に一部負担金を払う義務が無いわけだが、それでもいいの?
保険者が債権者だという説は、>>3にある法律上の規定と明らかに矛盾しているぞ。

29 :無責任な名無しさん:2006/04/13(木) 16:35:52 ID:VOwvICHH
まあ、寄託なら寄託で預かり証くらい出せ、な。

30 :無責任な名無しさん:2006/04/13(木) 21:10:46 ID:YCg6MS7s
                _∧_∧_∧_∧_∧_∧_∧_∧_
     デケデケ      |                         |
        ドコドコ   < 次 の 相 談 ま だ 〜 ?          >
   ☆      ドムドム |_  _  _ _ _ _ _ _ _ _|
        ☆   ダダダダ! ∨  ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨
  ドシャーン!  ヽ         オラオラッ!!    ♪
         =≡= ∧_∧     ☆
      ♪   / 〃(・∀・ #)    / シャンシャン
    ♪   〆  ┌\と\と.ヾ∈≡∋ゞ
         ||  γ ⌒ヽヽコ ノ  ||
         || ΣΣ  .|:::|∪〓  ||   ♪
        ./|\人 _.ノノ _||_. /|\

         ドチドチ

31 :無責任な名無しさん:2006/04/13(木) 23:35:54 ID:vrpVGrqN
>>28
医療保険が現物支給だというのはこの制度の大前提だ。患者が全額支払って、後で保険者に
払い戻してもらうのなら、これは普通の保険制度、現金支給となる。昔は自己負担=0だったんだよ。
本来は、社会保険事務所、健保組合、市町村に3割負担分を支払に行くべきだが、便宜的に
医療機関で支払え、と書いているだけ。病院に行くべき奴が、自分の保険者のところへ寄って、
支払うとしたら、事実上、酷というものだ。だから医療機関で支払うことにしている。

「支払わなければならない」とは、場所の指定であり、支払の義務を書いてあるに過ぎない。
明細と預り書は要望で出すべきだろうが、領収書は出す必要がないと考える。

32 :無責任な名無しさん:2006/04/13(木) 23:38:07 ID:vrpVGrqN
>>16にも答えてやれよ。道路運送法との関係を。

33 :無責任な名無しさん:2006/04/13(木) 23:40:20 ID:lVxIyIaB
法が変われば さばきが変わる。

裁判官が変わるか
時代が変わるか、
国が変われば
 判決が変わる。

しかし 人の命の重みも
それを守る仕事をする 人の重みは永遠に変わらないはずだ。
裁判官は、それを、どれだけ客観的に 裁けるんだ?


34 :無責任な名無しさん:2006/04/13(木) 23:51:01 ID:IhQP9Y7/
>>31
>医療保険が現物支給だというのはこの制度の大前提だ。患者が全額支払って、後で保険者に
>払い戻してもらうのなら、これは普通の保険制度、現金支給となる。昔は自己負担=0だったんだよ。

国民健康保険発足当初は5割負担だったが。

>「支払わなければならない」とは、場所の指定であり、支払の義務を書いてあるに過ぎない。

完全に誤り。
「AはBに支払わなければならない」という規定がある場合、
Aが債務者でBが債権者というのが大前提。
これは法解釈のいろはのいに当たるような基礎中の基礎。

つまり、あんたは法律の知識無さ過ぎってこと。

35 :無責任な名無しさん:2006/04/14(金) 00:02:05 ID:Vtu7ff7E
>>31のような自説に凝り固まった頭の固いお馬鹿さんに何を言っても無駄じゃないの?
答えを受け入れる気が最初から無いんだから。

36 :無責任な名無しさん:2006/04/14(金) 00:37:08 ID:hCVtR6vp
>>35
それはお互い様だろ。一つの解答に固執するようなら、意味はない。

37 :無責任な名無しさん:2006/04/14(金) 00:39:19 ID:hCVtR6vp
>>34
例えば、納税通知書に、「市内の以下の銀行・郵便局で支払わなければならない。」と書かれていても、
債権者でも債務者でもない。

38 :無責任な名無しさん:2006/04/14(金) 01:03:02 ID:8KgTe8qB
>>37
納税通知書は法律じゃないもん。

39 :無責任な名無しさん:2006/04/14(金) 01:38:46 ID:5H4rlAQ3
地方税法の特別徴収義務者と同じと考えればいい。税金を一時的に預かるだけの存在。

40 :無責任な名無しさん:2006/04/14(金) 01:50:41 ID:h2qkN2Q7
>>37
小学校で助詞の使い方って習いませんでしたか?
下の二つの文章は別の意味になるんですよ。

「○○に支払わなければならない」
「○○で支払わなければならない」

41 :無責任な名無しさん:2006/04/14(金) 01:56:08 ID:AGBXA0ST
特別徴収義務者に支払わなければならない、と地方税法にはある。

42 :無責任な名無しさん:2006/04/14(金) 02:06:28 ID:13kYnINH
税金とか、医療保険の一部負担金については、民法上の債務・債権の関係ではなく、徴税・徴収
の意味合いが強い。後者の場合、手続き上の便宜から、特別徴収義務者や、源泉徴収者のような、
中間に入って、一時預かっているルールができていることが多い。毎回、ガソリンを入れて、税金を払い
に行くことは事実上無理だ。
そこで、窓口で代行徴収して、まとめて支払うケースが多いと思う。こういう一時預り金に対して、領収
書を出すのは不自然かも知れないが、そう言うルールを決めたんだから、厚労省規則でも従わざるを
得ないと言うところだろう。
特別徴収義務者が可哀想なのは、払ってくれないときに、自治体などに代わって取り立てなければ
ならない点、ご苦労様。


43 :無責任な名無しさん:2006/04/14(金) 02:09:08 ID:WEXtbEhY
>>41
そんなことはどこにも書いてないが。

321条の4第1項
市町村は(中略)当該市町村の条例によつて特別徴収義務者として指定し、
これに徴収させなければならない。

321条の5第1項
前条の特別徴収義務者は(中略)それぞれ給与の支払をする際毎月徴収し、
その徴収した月の翌月の十日までに、これを当該市町村に納入する義務を負う。

44 :無責任な名無しさん:2006/04/14(金) 02:10:31 ID:13kYnINH
>>16については、誰か言い引用を持ってきていた。
http://www2u.biglobe.ne.jp/~zenzyo/CARE8.html


45 :無責任な名無しさん:2006/04/14(金) 02:11:04 ID:WEXtbEhY
>>42
一時預かっているルールができていることが多いが、
健康保険法も国民健康保険法もそのようなルールにはなっていない。
一時預かりではないので、受け取った時点で医療機関の収入になるし、
その金は自由に使える。

46 :無責任な名無しさん:2006/04/14(金) 02:13:33 ID:WEXtbEhY
厚生労働省でも健保連・国保連でも市町村の国保課でもいいから電話して聞いてみろよ。
「一部負担金は医療機関の収入じゃなくて一時預かりなんですかって」
即座に否定されるから。

47 :無責任な名無しさん:2006/04/14(金) 02:47:35 ID:iPZehTcM
>>45-46
では、3割もの負担を直接、現金で支払っているのであれば、現物支給の原則自体が崩壊していること
になる。厚労省の言う、現物支給であるから、薬剤等、物品費に利益を乗せてはいけないという理屈は
根拠を失う。

48 :無責任な名無しさん:2006/04/14(金) 03:01:10 ID:WEXtbEhY
>>47
>>18に戻る。以下ループ

49 :無責任な名無しさん:2006/04/14(金) 03:11:18 ID:WEXtbEhY
ちょっと検索してみたが、社会保険庁のページでも
http://www.sia.go.jp/seido/iryo/kyufu/kyufu10.htm
「療養に要する費用の7割相当額を現物給付することになっていますので」
という説明になっている。この点からしても>>18が正当だな。

50 :名無し ◆a3bTjq5Ru. :2006/04/14(金) 07:51:51 ID:ltfQIOek
薬局が処方箋と異なる薬を出した為に父が意識不明となり病院に搬送されました。
薬局にたいしてどのように対処すべきでしょうか?

51 :無責任な名無しさん:2006/04/14(金) 09:27:22 ID:zXwP7aK6
このスレで相談していいのかわからないんですが、お教えください。
去年末で父が血圧があがって気分悪くなったので、救急外来で病院に行った時に
投薬された薬でショック症状をおこしたのですが、その時の事がカルテに詳しく
記載されてなかったらしく、昨日同じ薬(痛み止めの座薬)を入れられて
アレルギーショックを起こしました。これってある意味医療ミスではないのかな
と思ったのですが、みなさんはどう思われますか?
ちなみに、父は昨年夏頃に脚が痛いので見てもらったら大動脈が詰まっている
とのことで、人工血管を両脚に入れる手術をしました。その後、手術の影響と
投薬で腎臓が悪くなり透析をしなくてはいけなくなって、その為の入院をして
今回の事態が起きました。
脚の方は手術前は普通に歩けましたが、今は痛がって100Mも歩けない状態です。

52 :無責任な名無しさん:2006/04/14(金) 10:45:48 ID:a1mywolu
>>50-51

医療事故ではないかと思ったら
http://www3.ocn.ne.jp/~mmic/008giwaku.htm

医療事故を疑ったときやっておくべきこと

 医療事故ではないかという疑問を持ったら、下記の事項について整理し、メモを残しておきましょう。
医療事故の発生から間もなく作成されたメモや記録等に基づく証言であれば、単に記憶だけの証言
より信用性に違いが出てきます。

人間の記憶は段々と薄れていくので、初期の段階では記憶していたことも、後日裁判の場になると不
確かな証言しかできないようになり、裁判所に有利な心証を持ってもらえないことにもなりかねません。

1. 当該医療事故で問題となる疾患について、医師にかかるまでの状況はどうであったか。
2. 前医があれば、そこでどのような治療を行ったか。
3. 医師の治療を受けた時期およびそのときの診断・治療・予後についての説明の内容はどうであったか。
4. 医療事故発生の直前までの医師の診療内容の詳細、症状の推移の詳細。
5. 医療事故であると思った時期とそのきっかけ。
6. 医療事故発生時の状況。事故、副作用、合併症などについての事前の説明の有無およびその説明の内容。

その他関係があると思われることは何でも記録にとっておきましょう。

53 :無責任な名無しさん:2006/04/14(金) 10:50:06 ID:a1mywolu
>>52
医療事故について相談したいときは
http://www3.ocn.ne.jp/~mmic/00701madoguti.htm
各地の相談窓口連絡先一覧

医療ミスの相談・リンク先
http://homepage2.nifty.com/MECON/link/link01.htm

Yahoo!検索 - 医療事故
http://search.yahoo.co.jp/search/dir?p=%88%E3%97%C3%8E%96%8C%CC&ei=Shift_JIS&fr=dir

医療事故情報センター
http://www3.ocn.ne.jp/~mmic/

医療消費者ネットワークMECON
http://homepage2.nifty.com/MECON/

54 :無責任な名無しさん:2006/04/17(月) 19:24:17 ID:p7vB1qmN
麻原は脳に放射線を打ち込まれた、脳を検査せよ。

55 :無責任な名無しさん:2006/04/17(月) 21:45:41 ID:vXplZGe0
>>50
凶悪犯罪者と見間違えるナリしてたんだろうが。
薬剤師が社会治安のため催眠薬で眠らせて警察による身柄確保の手助けをしようとでもしたんだろ。
119じゃなく110番通報が妥当だったんだろw

>>51
それがアレルギーショックたぁ知識レベルが疑われる。。
本来なら腐れ落ちているはずの足に無理やり血行再建してもゆっくり腐り行くハリボテの足しか残らんだろな。
痛みがどんどん強くなるのは足が腐って行く過程の表れ。
さらに今度は腎臓も腐って来た状態であり。痛み止めの特効薬を使って血圧下がってショックになるのは手遅れの証拠。
もう永遠の眠りについて足の痛みを治療せよ。
ところで、酒タバコ肥満糖尿痛風のどうしようもない不摂生ブタオヤジに発生した
閉塞性動脈硬化症で手術たぁ、もちろん全額自費で受けたんだろうな。

56 :無責任な名無しさん:2006/04/18(火) 17:30:38 ID:IKj/QX16
すごいぞ医者って。医療ミスか?なんて口にだそうものなら、
55のような本性丸出しになるから。
人間不信になるくらい平気でうそをつくし。世界で一番下劣な人種ですわ。

57 :51:2006/04/19(水) 08:39:00 ID:pWEUzdWj
>>52,53,56さん レスありがとうございます。
薬を投与したのは研修医らしいです。現在は意識もはっきりと
戻り、本人が事を荒立てなくないとの意思ですのであまり追求
しないことにしました。
>>55 
医者がアレルギーショックだと言ったので、その様に思ったのですが
違ったのでしょうか・・・医学に知識が全くないので、申し訳ないです。
たしかに、酒タバコ好きなオヤジでしたが、5年前にタバコをやめ
酒も350ml缶2本に減らしてましたが、それまでの不摂生が原因なのは
間違いないでしょうね・・・お騒がせしました。

58 :無責任な名無しさん:2006/04/19(水) 08:59:05 ID:AKJ1khdL
この板は、行政書士・司法書士レベルの法律相談だから、あまり期待しない方が
いいな。

59 :無責任な名無しさん:2006/04/19(水) 21:23:35 ID:phaqfrXN
                _∧_∧_∧_∧_∧_∧_∧_∧_
     デケデケ      |                         |
        ドコドコ   < 次 の キ チ ガ イ 相 談 ま だ 〜 ?   >
   ☆      ドムドム |_  _  _ _ _ _ _ _ _ _|
        ☆   ダダダダ! ∨  ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨
  ドシャーン!  ヽ         オラオラッ!!    ♪
         =≡= ∧_∧     ☆
      ♪   / 〃(・∀・ #)    / シャンシャン
    ♪   〆  ┌\と\と.ヾ∈≡∋ゞ
         ||  γ ⌒ヽヽコ ノ  ||
         || ΣΣ  .|:::|∪〓  ||   ♪
        ./|\人 _.ノノ _||_. /|\

         ドチドチ

60 :無責任な名無しさん:2006/04/19(水) 21:46:56 ID:pZH/A9nA
研修医ですが、夜間救急当直をしていたら、患者の付き添いの方(会社の上司)に
待合室で胸倉をつかまれ、大声で「おらぁ、はようなんとかせんかい!」とすごまれました。

時々こういう方がおられますが、どうしたらよいでしょう?

61 :無責任な名無しさん:2006/04/19(水) 22:19:26 ID:6A03CjGn
>>60
警察よべば。
脅迫罪になる。
暴行罪も成立すると思う。

62 :無責任な名無しさん:2006/04/19(水) 23:42:39 ID:/aUIxwQN
医師の指示通り調合をした調剤薬局が
医師の指示ミスにより医療過誤(薬量多すぎ)で副作用が出て
医師ともども訴えられるケースが増えています。

さて、このときに医師に100%責任があるようにする対策はないでしょうか?
もちろん、調剤薬局に過失がない場合に限ります。
なお、調剤薬局は少なからず医師にはんぺんかレンガを渡していますので
その点もふまえてお願いします。

63 :無責任な名無しさん:2006/04/20(木) 00:22:31 ID:FM16d2xf
>>62
調剤薬局の役割の一つに、
そういう医師の指示ミスをチェックするというのもあるので、
調剤薬局に過失がない場合というのは相当限られるのでは?
というか、調剤薬局に過失がないのなら賠償命令を受けることはないわけだが。
訴えられること自体が困ると言うことなら、防ぐのは無理。

64 :無責任な名無しさん:2006/04/20(木) 13:07:03 ID:IaQ7wT7x
はんぺんとかレンガとか隠語の解説きぼう

65 :無責任な名無しさん:2006/04/20(木) 13:28:02 ID:sOwD4w37
>>62
調剤に勤めてる薬剤師ですが、今時何らかを渡している薬局が存在するの?
そんなとこ勤めたくないよ

そういうのは置いといて、疑義せずに出したら薬局も何らかの責任はありますね
無かったら薬局の存在意義が無くなります

66 :無責任な名無しさん:2006/04/20(木) 23:11:28 ID:vjsJKpFS
                _∧_∧_∧_∧_∧_∧_
     デケデケ      |                    |
        ドコドコ   < 次 の キ チ ガ イ 相 談 ま だ 〜 ? >
   ☆      ドムドム |_  _  _ _ _ _ _  |
        ☆   ダダダダ! ∨  ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨
  ドシャーン!  ヽ         オラオラッ!!    ♪
         =≡= ∧_∧     ☆
      ♪   / 〃(@Д@#)    / シャンシャン
    ♪   〆  ┌\と\と.ヾ∈≡∋ゞ
         ||  γ ⌒ヽヽコ ノ  ||
         || ΣΣ  .|:::|∪〓  ||   ♪
        ./|\人 _.ノノ _||_. /|\
         ドチドチ!


67 :無責任な名無しさん:2006/04/22(土) 17:20:27 ID:UWVC2yrU
調剤薬局は、処方箋に疑問があれば、処方医に疑義照会を行わなければならない。
致死量の薬剤を調剤したら、薬剤師の過失だ。
どうしても医師がその処方に固持すれば、医師の責任。疑義照会を忘れれば、両者の
過失だね。

68 :無責任な名無しさん:2006/04/22(土) 17:23:59 ID:FRjX5unL
医師の院内における調剤でも、調剤薬局における調剤でも、薬剤情報提供を行うことが
推奨されて、それに対する診療報酬も決められている。患者に処方した薬剤の種類、投与量
を説明すれば、1件について100円ぐらいの報酬が出る。
それを出さない医療機関も調剤薬局も、かかり付けにしないことだ。書面を残さない奴には
後ろめたいところがどこかあるんだよ。

69 :無責任な名無しさん:2006/04/22(土) 18:08:07 ID:Sx8GOlgN
例えば糖尿じゃないのに糖尿の薬が投薬され、書面にも糖尿の薬ですと書いてあったとしよう。
それを読んでなお服用すれば患者にも瑕疵が発生するが
それを読まなかった場合はどうか?
さらに担保したくない患者が書面の受け取りを拒否した場合はどうか?

70 :無責任な名無しさん:2006/04/22(土) 21:19:57 ID:Lw6gv0ym
包茎のクリニックってめちゃくちゃヤバいとこなんだな!!

東京上野クリニック!
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/seikei/1012627847/
このスレのまとめ
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/seikei/1012627847/628-630

上野クリニックの包茎手術ってどうよ?
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/body/1118195506/
このスレのまとめ
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/body/1118195506/411-413

東京ノーストクリニック?
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/seikei/1133259477/

↓元包茎クリニック社員の暴露
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/seikei/1124500331/200-220

ボッタクリニックの手術で勃起不全になり自殺だってさ  (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
http://courtdomino2.courts.go.jp/kshanrei.nsf/0/6c969fa677c6eebc49256d2700338cc6?OpenDocument

★包茎クリニックの被害者の方、 思う存分このコピペ使ってくださいね。
特に包茎スレには必ず使ってね。

71 :無責任な名無しさん:2006/04/22(土) 22:05:11 ID:ekLCME/q
>>68
4月から改正されたと、薬剤師から聞いたんだが。
今までは診療報酬が付いていたから、薬剤情報提供は薬剤が変更になったときのみ
行っていたが、薬剤情報提供に関して診療報酬はつかなくなり、且つ、薬剤情報提供を
強く推奨されるようになり、こちらから断らない限り、書面を付けることになったと
言っていたが。

72 :無責任な名無しさん:2006/04/23(日) 01:14:50 ID:6w92RwHB
>>69
書面があろうが無かろうが、
読もうが読むまいが患者に過失は発生しないと見るが。
糖尿じゃないのに糖尿の薬を処方した人間に全面的に過失有り。

73 :無責任な名無しさん:2006/04/23(日) 17:08:50 ID:QQRAV0A2
このレベルの法律専門家に相談するのは無理。この板自体の存在意義を否定したいな。
他のスレで相談しろ? 責任回避して、申請書類の相談とか、書式を言いたいだけだろ。
この板に弁護士はいない。行政書士とか司法書士の集まりだ。
板のタイトルを変えるべきじゃないかな。(笑)

74 :無責任な名無しさん:2006/04/23(日) 20:09:53 ID:EzNntq+9
                ∧        ∧ マチクタビレタ〜
                   / ヽ        / ヽ  マチクタビレタ〜
               /   ヽ___/   ヽ
            /       l___l   \
             |      ●  |    |  ●  |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       へ    |   へ       ヽ   /     | <  次の基地外相談まだ〜!?
        \\  \  \\    ヽ/     /   \____________
チン        \\  .> \\          ヽ
   チン      \\/    \\  _       |
      \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/  / ̄   ヽ    /   _
        \回回回回回/ ̄ ̄ヽ        / ̄ ̄ /|
         \___/      ヽ____/  /  |
                               /


75 :無責任な名無しさん:2006/04/25(火) 02:07:43 ID:WyoO7Vyc
父が健康診断で前立腺肥大と告げられ1年寝かして大きくして取り除けば簡単に直ると言われ信用して
手術をしたのですが退院後検査をしたらかなり深刻な状況になっており術後の治療も全く的外れで「原因が判らない」と言う医者。
既に手遅れで末期癌になってしまったのですが、この医師や病院を訴えて勝ち目はあるのでしょうか?
又明日その医者と会うのですが、この糞医者に罵詈雑言を浴びせた場合、犯罪になるのでしょうか?



76 :無責任な名無しさん:2006/04/25(火) 02:15:00 ID:g6WWChlm
>>75
こんな所で聞いている場合ではない。
カルテ、検査結果等、証拠は全て相手が持ってるんだから、迅速・内密に行動しない限り勝ち目
などある訳がない。
朝一から弁護士探しをするように。
>糞医者に罵詈雑言を浴びせた場合、犯罪になるのでしょうか?
少なくとも、裁判の勝ち目は無くなる。
こんな事をすれば、証拠を隠滅してくれとお願いしているのと同じだ。

77 :無責任な名無しさん:2006/04/25(火) 14:30:28 ID:STrxhmlC
>>75
>>52-53

78 :無責任な名無しさん:2006/04/25(火) 14:36:02 ID:STrxhmlC
産科・小児科医療崩壊は医療訴訟が原因Part2
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1145928809/

1 名前:法の下の名無し[sage] 投稿日:2006/04/25(火) 10:33:29 ID:iQSLnLwx
産科・小児科医療がが全国で崩壊の危機に瀕しています。
診療報酬が少ない、激務であることも事実です
しかし産科・小児科医師の志望者が激減している理由はそれだけでは
ありません。医療訴訟によって今まで吸っていた甘い汁が吸えなくなった
事が真の原因です。産科・小児科医療が崩壊すれば、誰が子供を産
もうとするでしょうか。少子化はさらに加速し日本は本当に滅びるでしょう。
善意で産科・小児科を目指す若者を育て、金目当ての守銭奴医者を
どうしたら排除できるのか。そのための法制度はいかに築いていくべきな
のか?
法律家としての議論・提言をお願いします。

お約束
法律家に対して便汚士、放屁、法匪、などと蔑む医者が大量にいますが、
そのような職種なので哀れみながらスルーしましょう。
ときどきまともな人が出てきますのでその人へは冷静な対応をお願いします。
都合が悪くなったらスルーする人もスルー。

前スレ
産科・小児科医療崩壊は医療訴訟が原因
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1139405334/

2 名前:法の下の名無し[sage] 投稿日:2006/04/25(火) 11:41:33 ID:sOc3dPDD
新スレ立ったんで一つ頼みたいんだが、
裁判所サイトで医師の目線から見ておかしいとされる判決を何個かPick Upしてくれないかい?
当方法学側なのでよくわからんのですよ

79 :無責任な名無しさん:2006/04/26(水) 00:29:33 ID:FMbMgtSa
>>75
> 父が健康診断で前立腺肥大と告げられ
ほぉ

> 1年寝かして大きくして取り除けば簡単に直ると言われ信用して手術をしたのですが
簡単に治ると言われたとか言うのはお前が曲解している証拠。

> 退院後検査をしたらかなり深刻な状況になっており
お前の顔が全国指名手配凶悪犯と紛らわしいのと一緒で、前立腺肥大症と紛らわしい癌だったんだろ。

> 術後の治療も全く的外れで「原因が判らない」と言う医者。
がんの術後の治療に100%効くってものは存在しない。
効かなかったらことを的外れとかいう劣悪な思考回路を持つお前の親だからこそがんに冒される運命にある。
今まで人様に掛けてきた迷惑を省み、真剣に反省せよ

> 既に手遅れで末期癌になってしまったのですが、この医師や病院を訴えて勝ち目はあるのでしょうか?
もともと打つ手の無い悪性の病気に手遅れもヘチマもない。
いきり立って我がもの顔で病院に金銭強要しても無駄。あら残念w

> 又明日その医者と会うのですが、この糞医者に罵詈雑言を浴びせた場合、犯罪になるのでしょうか?
罵詈雑言を浴びせてもオヤジは生き返らんぞ。撲殺した死体を放置しないで早く警察に自首せよ。

80 :無責任な名無しさん:2006/04/26(水) 04:24:42 ID:WUWEaJbm
>>75
76の言う通り、とにかく冷静に頭をひやして、
「先生様さま」と表向きはつくろって、裏では
迅速に病院側に証拠隠滅をされる前に弁護士を探すように。
わたしは弁護士さんを探す前にカルテ開示を申し出たら
みごとにカルテを改ざんされておりました。
76=55
のような医者の詭弁にこれから立ちむかうと思いますが、
今からでも病院側との交渉の記憶のすべてを書き留めるように。

81 :無責任な名無しさん:2006/04/26(水) 04:28:32 ID:WUWEaJbm
76さんすまん。
79=55でした。

82 :無責任な名無しさん:2006/04/26(水) 20:29:06 ID:FMbMgtSa
              ☆ チン     マチクタビレタ〜
                         マチクタビレタ〜
        ☆ チン  〃 ∧_∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ヽ ___\(\・∀・) <  次の基地外相談まだ〜?
             \_/⊂ ⊂_ )   \_____________
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        | .佐賀みかん.  |/

83 :無責任な名無しさん:2006/04/26(水) 22:05:26 ID:63yAwTUU
>>80
> わたしは弁護士さんを探す前にカルテ開示を申し出たら
> みごとにカルテを改ざんされておりました。

カルテ開示請求されたことない医者だけど、んな面倒くさいことするかな。
というか、日常業務だけで忙しいのに、そんなことするヒマあるかな。

84 :無責任な名無しさん:2006/04/26(水) 22:31:18 ID:GUvrZuaf
>>83
訴えられた医師がカルテを改ざんした話は、
ネットで検索すれば、たくさん出てくるよ。

85 :無責任な名無しさん:2006/04/27(木) 22:43:18 ID:bEYm+sfv
字が汚くて読めないから書き直し>改ざんってのもあったりしてw

86 :無責任な名無しさん:2006/04/27(木) 22:52:08 ID:TvVuIOMV
産科・小児科医療崩壊は医療訴訟が原因Part2
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1145928809/

53 名前:疑問[] 投稿日:2006/04/27(木) 17:27:48 ID:CEI4W4GG
先日弁護士の方が書いた医療訴訟の本を読んだのですが、
「医師はミスを隠す」「医師には良心がない」いうのが大前提で閉口したおぼえがあります。

医療訴訟専門の弁護士さんのようでしたが、
その方でさえ、医師の仕事をまったく理解していないようでした。

過去の医療訴訟のなかにはとんでもない医師が起こしたものがあるのかもしれませんが、
現在ほとんどの医師は良心をもって医療をおこなっています。

私は弁護士は物事をきちんと見分ける能力にたけており、
全てを公平に観察し、先入観がないものだとおもっていましたし、
医療事故と医療ミスを見分ける能力があると信じていました。
尊敬していました。

しかし、前提からそれが覆されショックを受けています。

善良な医師がやる気をなくす世の中をなくすよう、
公平な目線を持ってもらいたいと思います。

87 :無責任な名無しさん:2006/04/27(木) 23:43:42 ID:JJ2VpoTw
>>86
訴訟事件について書いているんだから性悪説を採るのは当たり前。
悪人呼ばわりされて気分が悪いのは理解できるが、次元の違う話。

88 :無責任な名無しさん:2006/04/29(土) 10:06:39 ID:SXdmT8bH
FUCK YOU

ぶち殺すぞ・・ゴミめら・・・!
お前たちはみな 大きく見誤っている この世の実態が見えてない
まるで3才か4才の幼児のように この世を医者中心
求めれば法曹が右往左往して世話を焼いてくれる
そんなふうに まだ考えてやがるんだ 臆面もなく・・・!
甘えを捨てろ
お前らの甘え・・・その最たるは 今2chにがなりたてた その書き込みだ
書き込めば法曹が対応するのが当たり前か? なぜそんな風に考える・・・?
バカがっ・・・!

医者のやるべきことは、国会議員らに現状を訴えることと、労働基準法違反に対して訴えることだ。
警察に行って告訴くらいしろ。被害届け出せ。ちゃんと弁護士もつけてな。

それをやって、はじめて、 我々はお前らを人間扱いする。諸々の権利も認めよう。
しかしそれには訴えねばダメだっ・・・!
お前らはこれまでの過重労働に負けに負けて今ここにいる。折り紙つきのクズだ。
訴えもせず生きようとする事が、そもそも論外なのだ。
・・・いくら書き込んでも状況は何も変わらない。今お前らが成すべきことは、ただ訴えること。 訴えることだ・・・・・・!
お前らは奴隷労働してばかりいるから訴えることの真の意味がわかってない。
誰かなんとかしてくれたらいいな・・・じゃない・・・おまいらが訴えなきゃダメなんだ・・・!

・・・お前らはもう20歳を過ぎて何年も経つのだからもう気が付かなきゃいけない。もう心に刻まなきゃいけない・・・・!訴えることが全てだと・・・告訴しなきゃゴミ・・・

告訴しなければ・・・・・ 告訴しなければ・・・・・ 告訴しなければ・・・・・!

ここでまた警察に訴えずにいる奴・・・・そんな奴の運命など俺はもう知らんよ
そんな奴はもう本当にどうしようもない・・・・

89 :無責任な名無しさん:2006/04/29(土) 11:46:58 ID:pcItiL4I

言いたいことはわからないでもないけど・・・何様?

90 :無責任な名無しさん:2006/04/29(土) 17:11:56 ID:TtS2c3Ub
>>75
前立腺肥大で一年寝かせて取り除く???
医学的に何かすごくありえない話に聞こえる。
あなた自身の大勘違いか、余程低レベルの老医かのどちらかだろう。
憶測で話をするが、前立腺癌の場合、全身転移があっても他の癌のそれとは
少しニュアンスが違う。もし前立腺癌なら気を取り直して、専門の大きい
病院へ行ってみよう。いい話が聞けるかもしれない。

とんでも医者であることを仮定して話をすれば、主治医のカルテを確保した
ところで、前立腺肥大以上のデータは無さそうだ。前立腺癌を肥大と
診断したことに対する過失の証明は難しく、また転移が最初からなかった
とは誰にも言えない。検査等をきっちりやる医者であれば、ミスが見つかる
可能性はあるが、むしろとんでも医者だと前述のように見つからない可能性が
高い。

91 :無責任な名無しさん:2006/04/30(日) 00:47:15 ID:zMHRLjji
大阪で医療ミスに詳しい弁護士を探しています。(医療ミスでの訴訟を検討中です)
どのような所で探せばよいでしょうか?

92 :無責任な名無しさん:2006/04/30(日) 01:28:21 ID:/f6bSEYS
>>91
どんなことされたの?

93 :無責任な名無しさん:2006/04/30(日) 01:43:02 ID:qvwu70lK
手の外科無料相談所
http://hand.raindrop.jp/

94 :無責任な名無しさん:2006/04/30(日) 04:48:58 ID:lZEdG2wt
>>89
利根川様。『賭博黙示録カイジ』の登場人物。
せりふを少し脚色。

95 :無責任な名無しさん:2006/04/30(日) 13:21:27 ID:BIOwDEVx
>>91
医療事故について相談したいときは
http://www3.ocn.ne.jp/~mmic/00701madoguti.htm
各地の相談窓口連絡先一覧

医療ミスの相談・リンク先
http://homepage2.nifty.com/MECON/link/link01.htm

96 :91:2006/04/30(日) 13:59:04 ID:zMHRLjji
>>92
事故で怪我をして整形外科でオペをしたのですが、治りません。
手術で治る怪我なのですが、経験の無い先生が指導医のもとでオペをしました。
結果、日常生活にも支障が出て、今後の生活にも不安が出てきました。
オペで不手際などがあるので、専門家と共に責任の所在を見極めたいと思っております。


>>95
有難うございます。
参考にさせて頂きます。


97 :無責任な名無しさん:2006/04/30(日) 15:43:11 ID:HotwG97V
>>96
手術で治るなんていうのはむしろ稀だぞ。(ものにもよるんで、部位とか
状況、程度が詳しくわからんと断言はできないが)
整形外科の場合、正常を100として、手術をして80になれば上々。
60でもまずまず。だから40くらいなら手術しようという話になるけれど、
現状が80なら手術をしないのが普通。(回復の度合いには、術後の
リハビリ=本人の努力が重要で、これができそうかどうかの見極めも重要)
切ってはいけないところを切断したとかなら問題だが、慣れてないので
時間がかかったとかだと責任はゼロだな。経験の無い医師が指導医のもとで
手術をすることには何の問題も無いし、それで結果が変わってくるような
難しい手術なら指導医が最初からやっている。

98 :無責任な名無しさん:2006/04/30(日) 16:01:30 ID:4w/qXkJo
>>96
漏れは経験のない医者(非整形)だが、指導医の下で色々な事をさせてもらっている。
経験がないということは何も分からない素人、という意味ではなくて、
病態ややり方は全て理解した上で(完璧か?と言われるとぁゃιぃがw)、
指導医の下で手技を学んでいるわけで、それがミスだ、と言われると
新人は何も学べないことになる。指導医は指導医でノイヘがミスをやらかさないかと
ひやひやしながら見ている(ダメなら手を出す)わけだから、普通にオーベンが
手術する以上にミスはないと思ったほうがよいかと。まぁ>>97の通りだな。

納得できないなら十分に金をかけて、納得できるまで専門家と共に責任の所在を
見極めるのもよいが、術後の不具合=全て医者のミス=納得できない、の短絡を
訂正できないなら、金をかけてもあまり得るものはないだろうと思う。
もちろんそこまで承知の上で法的な手段に訴えるのはあなたの自由。

99 :96:2006/04/30(日) 18:05:36 ID:zMHRLjji
ご意見有難うございます。

ネット上なので、詳しい事をお話出来なくてすいません。

怪我の程度は、保存療法も出来る位の状態でしたが、
数年後に後遺症が出る可能性があるとの事で、
先生に「オペで完全に治療しましょう」と言われて手術をしました。
その結果、通常の生活にも支障が出る状態です。

オペでは、ボルトを入れましたが、入れ方が悪く1度入れ直しています。
その際、骨の一部を破損し変形した状態になってます。
その結果、元の状態にもどらず後遺症が出たと思うのですが。
それから、一部神経損傷して感覚異常があります。

他の病院の整形外科の先生は「これは難しい手術ですよ」、神経損傷についてもl「私だったら切りません」とおっしゃっていました。
(それ以上は診てくれません。診療拒否です)
どうしても、先生の技術不足による結果と思ってしまいます。

皆様、辛口のご意見で結構ですので、率直なお考えをお聞かせ下さい。


100 :無責任な名無しさん:2006/04/30(日) 18:14:20 ID:0B2Tb6mR
A

101 :無責任な名無しさん:2006/05/01(月) 00:02:43 ID:f58cvAxi
フランス政府がセクト(カルト集団)対策やってるのだが
その中で偽医療対策や心理療法家の届出制とかやってるようだが
これってなにかの参考になるだろうか?

セクト フランスでグーグルで探したら
Wikisourceって所に対策の報告資料があるよ。
日本語訳のリンクはこれ2004年度報告書。
http://ja.wikisource.org/wiki/MIVILUDES2004%E5%B9%B4%E5%BA%A6%E5%A0%B1%E5%91%8A%E6%9B%B8

102 :無責任な名無しさん:2006/05/01(月) 01:29:00 ID:UWPn8Dhs
>>99
>それ以上は診てくれません。
診断もしないでてきとーな事を言う第三者の医者の言う事は素直に聞くが、自分の主治医
の話は聞かないんだな。
自分の都合の良い話しか聞きたくない奴は帰って。
あと、
>ネット上なので、詳しい事をお話出来なくてすいません。
詳しい話をしたって判断がつきにくいものを、話もせずに回答を得ようとする事も、
浅はかとしか言いようがない。

電話帳を見て、片っ端から弁護士事務所に電話をしろ。

103 :無責任な名無しさん:2006/05/01(月) 13:04:39 ID:A0lMYpZ0
>>99 医者(非整形)ですが。
長管骨骨折に対してボルトを入れたんでしょうか?
ボルトを入れるということは完全に骨折したということですから、
骨折の際に神経が過剰に伸展したり、骨折部位の骨片が神経損傷を
ひき起こすことも十分に考えられます。外傷であれば他の部位の打撲などで
神経損傷を起こすことは十分考えられます。かといって、もちろんあなたが
疑っておられるであろうボルト挿入の際の神経損傷も除外できるわけではありません。

お忙しい弁護士さんの手を煩わす前に、まずは感覚異常の部位から神経の損傷部位を
特定して(そういう話はネットを探せばいくらでもあるはず)、それが位置的に
手術の影響(ボルトによる骨破損部位の近くかどうか)として考えられるかどうか
確認してみてはいかがでしょう?それ以前に喧嘩腰になっても得るものはないかと。

> 他の病院の整形外科の先生は「これは難しい手術ですよ」、神経損傷についてもl「私だったら切りません」とおっしゃっていました。
> それ以上は診てくれません。診療拒否です)

「後医は名医」という言葉があります(意味はネットで)。前医の悪口を言う医者は、
私ならそれだけで信用しません。しかも診療拒否(意味はわかりませんが)ですか。
もし間違いがあればそれを前医に堂々と(裁判所でもどこでも出てきて)言える
医者を探した方がよいかと思われます。最近はセカンドオピニオン外来もさかんに
なっています(整形であるのかはわかりません)から、一度尋ねてみてはいかがでしょう。

104 :無責任な名無しさん:2006/05/01(月) 13:54:56 ID:MFyilnu2
>>99
完全が100として、現状が80。しかしオペをしなければ30になる
可能性が、30%。オペをすれば将来も80を維持。またはリハビリ次第で
100に近づく。ただし3%の確率で何らかの合併症がでて30になる。
そしてこの失敗率は、予測できない個体差によるもので、名医がやっても
大差がない。
細かい数字は適当なんだけれど、手術なんてこんなものだ。

さて、この事実がわかっていた場合、手術を受けるだろうか。
これははっきり言って正解はない。個人のものの考え方で、かなり
分かれると思う。(この例だとどちらかに傾くと考えるなら、危険率や
後遺症発生率を適当に変えて考えて欲しい)訴訟の進んだ米国だと、
手術の際、確率データの載っている分厚い資料を渡されて、読んで
希望するなら承諾書にサインしろと言われる。現在の日本でも、必ず
詳細な説明をして、承諾書をもらうという方針の施設が多い。手術が
患者にとって望ましいと判断できても(前述の例よりも手術するという判断が
おこなわれそうなデータの時でも)承諾書がなければ手術をしないという
ことがおこなわれている。

手術をするという主治医の判断が、善意か、悪意(金銭的理由又は練習のため)
かはわからない。しかし不可抗力の3%(あくまで数字は適当)に
はいってしまったこと自体の責任は低い。承諾書に判を押していないのなら、
今時は裁判でむしりとれるけれど、不幸な結果なら医療機関は賠償すべき
という考えなら、まわりまわって手術成功の恩恵もうけられなくなるよ。

105 :無責任な名無しさん:2006/05/01(月) 14:12:18 ID:UEA/qyRE
>>91
大阪弁護士会 医療過誤
http://www.osakaben.or.jp/web/05_consult/01/25.php

医療過誤

Q 手術ミスがあるように思えてならないのですが…

私は左大腿骨を骨折し、病院で手術を受けました。
ところが、手術後、原因不明の痛みのため、
松葉づえで歩くこともできなくなりました。
お医者さんに手術ミスがあるように思えてならないのですが、
どうしたらいいですか?

A お医者さんの過失が立証されれば、損害賠償請求できます。

▼手術ミスによる損害を請求する方法
 原因不明の痛みによって歩くことができなくなったことが手術ミス
による場合には、お医者さんに対して損害賠償を請求することが考
えられます。

その方法としては、あなたとお医者さんとの間の診療契約の「債務
不履行」として構成する方法と、お医者さんの「不法行為」として構成
する方法があります。
 
いずれの方法をとったとしても、お医者さんに損害賠償を請求す
るためには、お医者さんに過失が認められなければなりません。

治療行為はかなり専門的です。

またカルテなどの資料も病院に保管されているため、お医者さんの
過失を立証するのは一般の人にとってはたいへん困難です。

106 :無責任な名無しさん:2006/05/01(月) 14:12:48 ID:UEA/qyRE
>>105
▼カルテなどの証拠を保全する方法
 また、カルテなどの資料は、時間が経てば捨てられたり、あるいは
書き換えられたりする可能性がありますので、早い段階で保全する
必要があります。

その方法として、裁判所に証拠保全を申し立てる手続があります。
この手続によって、訴訟を起こす前の早い段階でカルテなどの資料
を手に入れることができます。

▼請求できる損害の内容とは
 あなたがお医者さんに賠償請求できる損害は、治療費や慰謝料
(精神的損害)のほか将来の逸失利益(手術ミスがなければ、得ら
れたであろう収入・利益)などがあります。

 治療費は手術ミスによって新たにあなたが支出せざるをえなくな
った病院代であり、その治療に要した期間などに応じて入通院慰
謝料の額が変わってきます。

また、手術ミスによって後遺障害が生じたときには、その程度に応
じて後遺障害慰謝料が認められます。後遺障害によって仕事がで
きなくなったときは、将来の逸失利益を請求することもできます。
 
お知り合いの弁護士がいない場合には、弁護士会でも医療過誤
事件を取り扱う弁護士の紹介を行っています。

107 :無責任な名無しさん:2006/05/01(月) 14:17:14 ID:UEA/qyRE
>>91
大阪医療問題研究会
http://www.osakairyo-ken.net/index.html

■大阪医療問題研究会(代表 東幸生弁護士)
  大阪を中心とする地域において、医療過誤訴訟の患者側代理人
として活動する104名の弁護士によって構成される団体
(連絡先)
〒530-0047 大阪市北区西天満3−14−16 西天満パークビル3号館5階
電話 06−6362−1757 FAX 06−6362−1755

108 :無責任な名無しさん:2006/05/01(月) 17:02:33 ID:mQMU9zRJ
104を読むと考えさせられるな・・・・

109 :99:2006/05/01(月) 23:56:18 ID:k8eeTGnO
皆様、ご意見有難うございます。
よく参考にさせて頂き、今後の対処を考えてみたいと思います。

110 :無責任な名無しさん:2006/05/02(火) 08:15:46 ID:LZPmZWzb
>>109
おいおい、それはないだろ。
結構力入れて書いたんだ感想とか意見くらい(考えた対処とかも)書いてくれよ。

111 :無責任な名無しさん:2006/05/02(火) 08:20:03 ID:hTtm2Yb4
おひおひ。
そんな事を期待するなら、回答するなよ。
返事さえしない奴の方が多いんだから。

112 :無責任な名無しさん:2006/05/04(木) 11:24:07 ID:86n+p3IH
                _∧_∧_∧_∧_∧_∧_∧_∧_
     デケデケ      |                         |
        ドコドコ   < 次 の キ チ ガ イ 相 談 ま だ 〜 ?   >
   ☆      ドムドム |_  _  _ _ _ _ _ _ _ _|
        ☆   ダダダダ! ∨  ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨
  ドシャーン!  ヽ         オラオラッ!!    ♪
         =≡= ∧_∧     ☆
      ♪   / 〃(・∀・ #)    / シャンシャン
    ♪   〆  ┌\と\と.ヾ∈≡∋ゞ
         ||  γ ⌒ヽヽコ ノ  ||
         || ΣΣ  .|:::|∪〓  ||   ♪
        ./|\人 _.ノノ _||_. /|\

         ドチドチ

113 :無責任な名無しさん:2006/05/04(木) 15:44:50 ID:PqHSltFZ
相談しようと思っているのですが、
東京都 医療問題弁護団
と、
東京都 医療事故研究会
どちらが良いでしょうか?また両者はどう違うのでしょうか?



114 :無責任な名無しさん:2006/05/05(金) 01:11:51 ID:pnDSnWbM
>>113
相談の内容は?

115 :無責任な名無しさん:2006/05/06(土) 13:16:48 ID:UCO/+dfl
>>114
歯科のインプラントです。

116 :無責任な名無しさん:2006/05/06(土) 15:41:40 ID:LaicLRl6
突然すみません。
栃木のこの事件で日産が警察と癒着し、関与している可能性が濃厚なんですが、裁判に持ち込める方法はありますか?
http://c-docomo.2ch.net/test/-/auto/1146840436/1荒らされ気味の混乱したスレですが法律的観点を少しでもこちらのスレで書き込みしていただければ嬉しいです。

117 :無責任な名無しさん:2006/05/06(土) 18:48:52 ID:XtYTxp0V
>>116
スレ違いなので、

やさしい法律相談part173
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1146849281/

へ相談されてみたらいかがかと。

それと、116のURLは、
携帯用の板検索になっています。

118 :詐欺られた:2006/05/08(月) 23:18:09 ID:UoIIsTRN

眼科にて詐欺まがいの行為をされたので、報告させていただきます。
行きつけの眼科に行く時間がなく、初診で受けたのですが
本当に信じられない体験をしました。

大阪市旭区中宮○丁目3−○
竹○眼科医院

以上の眼科に今日、コンタクトレンズの処方箋をもらいにかかったのですが、
その旨を受付で伝え、問診票まで書いたにもかかわらず
検査がすべて終わって会計になってから、
「処方箋は出さないんです」
と言われました。
受け付けの人は初めから本当に感じの悪い人達で仕事もせず、
世間話や無駄口ばかりだったので、人の話などろくに聞いていなかったのでしょう。
それなら初めから言えばいいじゃないですか、と言いましたら
受付の人が院長らしき医師(この医師も医師で検査の時に必要でもないはずなのに
まぶたを絞るように強くひねり痛かったです)を呼んで来、
何故かその人は「ウチはコンタクトの販売はしても処方箋は出さないんですよ!!」
と高圧的な調子で怒鳴りました。
そうなら初めから言ってくれれば受けなかったのに、と思います。
あちらの説明不足にも関わらず検査料、診察料を取られました。
あちら側は悪びれる様子もなく、受付の女性などは「馬鹿みたーい」などと言って笑っていました。
領収書はもちろん証拠として保管しています。診察券はもう二度と使わないであろうものなので捨てましたが・・・
本当に信じられませんし、他の患者さんは近くの老人さんばかりなので、この様な悪徳眼科にぶんだくられていないのかが心配です。

けれど、こういった悪徳で医療というサービスを何かはき間違えているところを野放しにはしたくなかったので、警告を出していただける相談窓口を探しています。
警察とかに詐欺被害届けでも出した方がいいんでしょうか?

119 :無責任な名無しさん:2006/05/09(火) 00:24:41 ID:KREsTrx1
>>118
> 眼科にて詐欺まがいの行為をされたので、報告させていただきます。
ほぉ

> 検査がすべて終わって会計になってから、 「処方箋は出さないんです」と言われました。
お前のブドウ球菌やヘルペスまみれになっとる腐った眼にコンタクトレンズは有害であること明白。
感染蔓延防止のため処方箋は切れない。感染病床収容・消毒措置が至当。

> 本当に感じの悪い人達で仕事もせず、
お前のことか?w

> そうなら初めから言ってくれれば受けなかったのに、と思います。
> あちらの説明不足にも関わらず検査料、診察料を取られました。
どんなに説明してもお前の悪い眼に加えその耳と頭じゃ見えないし聞こえないし理解もできんだろうよ
検査料、診察料はお前が病院来たことに対する迷惑料として払っとけ

> あちら側は悪びれる様子もなく、受付の女性などは「馬鹿みたーい」などと言って笑っていました。
幻覚・妄想のある香具師は精神病院へ。

> 領収書はもちろん証拠として保管しています。
領収書はお前が契約に同意してその病院にカネを確かに払ったという証拠がどうしたよw
病院からこれ以上の金額請求は突っぱねられるってことだ。良かったなワレ。

> 他の患者さんは近くの老人さんばかりなので、この様な悪徳眼科にぶんだくられていないのかが心配です。
ぶんだくられたら困るわけな。心配なのは、お前が詐欺商売で老人からカスリ取れる取り分が少なくなるってことだろw?

> こういった悪徳で医療というサービスを何かはき間違えているところを野放しにはしたくなかったので、
お前が医療というサービスを履き違えているだけ。

> 警察とかに詐欺被害届けでも出した方がいいんでしょうか?
警察署に入りでもしたら、お前の身柄を確保する手間が省けたと警察が喜ぶだけw

120 :無責任な名無しさん:2006/05/09(火) 07:53:40 ID:FLIifOTx
携帯から失礼します。
3日前、弟が交通事故で亡くなりました。死因は肺挫傷との事だったのですが、今、冷静に思い返してみると医療ミスだったのでは?と思える節があったのでカキコしました。
事故直後、すぐに病院へ運ばれたのですが、その時は弟もまだ意識はあって、しきりに「背中とお腹が痛い」と言っていました。警察の方から肋骨を折ってるかもと言われて、早く手術をと思っていたのですが…
病院入り口のすぐ横の救急治療室に入って2時間以上…それからようやく出てきたと思ったら、CTスキャン室へ…。(この時はまだ意識がありました)それから一時間後、医者が出てきて「心臓が自分の力で40分動いてない。心臓マッサージをしていますが…」
バイク事故だったのですが、お腹以外は、ほとんど傷はありませんでした。事故直後も、警察の方に何故転んだのか、ちゃんと受け答えはしていたそうです。(救急車が来るまでの間)
ちゃんと喋れていた人間が、3〜4時間の間にここまで容体が悪化するもの なのでしょうか?
もし、早い段階で手術をしていたら助かったのではないかと悩んでいます。

121 :無責任な名無しさん:2006/05/09(火) 12:10:12 ID:D4ejCdVF
>>120
>ちゃんと喋れていた人間が、3〜4時間の間にここまで容体が悪化するもの なのでしょうか?
亡くなられた弟さんにはお気の毒ですが
残念ながら、するものです。

122 :無責任な名無しさん:2006/05/09(火) 13:34:14 ID:FLIifOTx
>>121レスありがとうございます。
容体が悪化するにしても、納得出来ない点が多くて…。
弟は、事故現場で一切血を流しておらず、お腹をガードレールに強打したのですが、レントゲンも撮られていなくて…。
内出血もしていて、7〜8人分の血液を輸血したと医者は言っていましたが、輸血が始まったのは亡くなる直前だったのです。
私の考えなのですが、肋骨が折れている可能性があれば、折れた肋骨が内蔵を傷つけないか。事故現場で血を流してないなら、内出血の疑いとか…医者なら気づいてもよさそうだと思うのですが…。
弟の死を認めたくなくて、医者のせいにしているのかもしれません…。
母と私と弟の三人家族だったのですが、…もし医療ミスなら弟の仇をとりたいと思っています。
長文失礼しました。

123 :無責任な名無しさん:2006/05/09(火) 17:00:54 ID:JBPDb1LK
>>118
うわ、わりと家の近くだ。
自分は眼科の受付をしてますが瞼をつねるなど有り得ない医療行為ですし立派な障害罪に当たるのですぐに弁護士に相談して下さい
>>119のような害基地眼科だったのかな。
ホントむかつきますね。反対に自分がされたら百倍ぐらいキーキー騒ぐんでしょな。

124 :無責任な名無しさん:2006/05/09(火) 17:17:58 ID:JBPDb1LK
>>122
ひょっとしたら高カリウム血症だったのかもしれません。
外傷はほとんど何とも無いのに数時間して内出血した血液が体中にまわり血液中のカリウム値を高くして心臓停止してさせてしまうんです。あくまでひょっとしたら、ですがその可能性は有り得るかもしれません。
仇討ちたい気持ちホントに良くわかります。
自分の身内も医療加誤で障害を負いましたから。
のらりくらりと話をはぐらかし挙げ句の果てに精神疾患者扱いされましたよ。
病院の汚いやり口です。自分達にとって都合の悪い患者やその家族は
○被害妄想で精神的におかしいからと精神科行きをすすめたり、勝手に保健所に相談して難儀な患者扱いしたり。
○転院させたうえ転院先の病院に、その患者のあること無いことチクりまくってブラックリスト患者扱いにする。
○ほっておいたら症状が悪くなるのがわかっていながら放置して、しなくても良い手術をさせたり挙げ句は死に至らしめる。
これは今まで勤務してたいくつかの病院のやり口です。
早く法律改正して下さい。
これを見てる皆さんも、いつ汚い病院の餌食になるかわかりませんよ。

125 :無責任な名無しさん:2006/05/09(火) 18:10:32 ID:mQqQ3noa
>>122
医師の眼から見れば納得できない点ははっきり言ってない。
交通事故で脾臓破裂とかで死ぬのはよくあることだよ。
血管や臓器が外力により鈍的に損傷を受けるパターンだ。流血なんて
ないことはしばしば。ちなみに肋骨骨折からどうこうなるのも、
全くありえない。(素人が想像しそうなことだけどね)
肋骨骨折だけなら手術はしない。必要もない。
それから経過が比較的早いことを考えれば、損傷の程度は大きく、
病院到着後、(そんなことは普通不可能だが)即座に病態が判明し、
他の患者を差し置いて即救命手術に取り掛かったとしても、助けられる
可能性は高くないだろう。平気で8人分の血液を輸血できるのだから、
まずまずの医療施設だと推測でき、交通外傷では内臓損傷はよくあるので、
見落としも考えにくい。内臓損傷を疑う状態なら、無駄なレントゲンを
撮るよりも、撮れるならCTを撮るべきだから、その点もおかしくはない。
CTまでの時間が少し長いようにも思えるが、一人の患者に専念できない
救急の現場だと、それをミスと言うことはできないだろう。

ところで何で仇なんだ?何もしなくても死んだんだよ。溺れている人を救助
しない奴は仇になるのか?又は、たくさんの溺れている人を救助していて、
助けられなかった人がいたら、助けられなかった人の仇になるのか?
救急って分野は、医者の善意(死んじゃう人を時に助けられて、俺って
すごいという自己満足も含まれる)で成り立っている分野なんだよ。

126 :無責任な名無しさん:2006/05/09(火) 19:02:06 ID:xyRzM4ok
>>122
とくにミスの存在を示唆する情報は含まれていないと思います。

>>125
助けられる可能性は高くない

助けられる可能性がないとはいいきれない→助けられなかったからミスだ
割り箸事件も心筋炎も福島事件もみんなこのパターン。
生死に関わる医療に携わっているかぎりいつどこで
>仇をとられる
か分らないことを覚悟しなければならない時代なのでしょう。

助かったら助かったで
後遺症が残ったのは医者のせいだとか
医療費が高すぎるとか
元どおりに歩けるようになるまで責任とって入院させろ、とか
…なるんだろうな

127 :無責任な名無しさん:2006/05/09(火) 21:04:01 ID:8s8V1XkB
怨むべきは、事故を起こした相手方だろう。
自損事故なら、弟の運転能力ではないのか?

128 :無責任な名無しさん:2006/05/09(火) 21:28:44 ID:+wdrK8If
125〜127のいうとおり。病院に損害賠償してもらうつもり?まったく 127さんのいうとおり、事故が原因でしょう。病院を恨むのが間違ってる

129 :無責任な名無しさん:2006/05/09(火) 21:36:04 ID:+wdrK8If
105〜107あなたは いったい何者?

130 :無責任な名無しさん:2006/05/09(火) 21:58:40 ID:b45AY138
老人ホームで看護師をしてる知人Aさんからの相談つうか愚痴なんですが、

連休前に目の痛みと目脂を訴える入所者Bさんを病院に連れて行ったAさん、
医者から「たぶん流行目だから」と抗菌剤を処方されました
しかし、その時点でAさんが見てそれはただの流行目の症状とは思えなかったそうです、
しかし、医者の言うことを信じるしかないので言われたとおりBさんに処方された
抗菌剤を与えるAさん、
しかし、今日もそのBさんが激しく痛がるのでまた眼科につれていったら
かなり酷い状態で眼球の摘出が必要な状態だといわれたそうです
Aさんいわく「新しい目薬が処方されて、抗菌剤はやらなくていいといわれた」
とのことなので、どうやら流行目ですらなかったてことみたいです
Aさんが高齢+痴呆なので今のところ手術の予定はしないみたいですが、、、、。

Aさんは
「入所者を病院に連れて行ってもろくに見てもらえない、入院も
最後の最後までさせてもらえないし、連れて行っても無駄だからなるべく
連れて行きたくない」みたいなことをいつも言ってます
猛烈に過疎化進行中でこの前も市立病院が一戸閉鎖になり
市内の病院はいつも混雑していているような状況ですが
医者がきちんと診察した上で「入院の必要なし」「抗菌剤でOK」って
ことでやってくれてるんならいくら診察時間が長くてもガマンできるけど、
准看護婦のAさんが見て明らかにヤバイと思った症状をやすやす見逃すって
どうなんですか?教えてエロい人
同じ市内の病院を利用する者として不安です、つうかこれって今話題の医療ミスなんじゃないの!?
なにかアクションを起こすべきでしょうか?どうすればいいのでしょうか?
なるべくスマートで公共の利益になる解決策を教えてください

上の話をAさんは入所者の名前は伏せて私に相談してきましたが
そういうのって個人情報保護法とかでAさんの立場がやばくなることってありますか?それも心配です

131 :無責任な名無しさん:2006/05/09(火) 23:10:28 ID:KREsTrx1
>>130
老人ホーム収容者がまともに病院にかかれると思っているたぁ何と幸せなw
痴呆老人を持った家族は厄介払いのために老人を虐待し病気にし、病院にブチ込む、
一方、病院にとって痴呆老人はアガリは安いくせに手ばかりかかる迷惑至極な存在なので、
病院は治療を形式的に済ました上で可及的速やかに叩き出し老人ホームにブチ込むのがデフォ。
糞尿垂れ流し痴呆老人は自然経過で死なせるべきってな。病院がまともに相手するわけなかろう。

そんな汚ならしい話をしといて「今話題の医療ミス」「個人情報保護法」とか言う事自体、
病院恐喝屋・死体換金屋の素質あるなお前w

公共の利益を追求するなら、お前が老人ホームに勤めて老人を処分すること。まぁ頑張れw

132 :無責任な名無しさん:2006/05/09(火) 23:19:18 ID:KREsTrx1
>>124
ヨソで障害を受けていて、医療過誤にあってもいないのに
医療過誤で障害を受けたとか病院内で騒ぐなら、精神疾患者と思われるだろよ。
カネよこせだったら恐喝犯だが、この前逮捕されてたな。

法律改正なら、精神保健福祉法を精神衛生法に戻し、精神病院でのキチガイ死亡が黙認されるようにせにゃw

133 :無責任な名無しさん:2006/05/09(火) 23:44:29 ID:L7h8h+8l
>>124 何故にhyperkalemiaと?
クラッシュシンドロームなら分かるけど外傷で溶血とは?

法律の方はようわからんので、とりあえず訴えてみたら?

134 :無責任な名無しさん:2006/05/10(水) 00:02:08 ID:52/CVEh0
>>120
人間として最悪だ。同情もできねーよ。悪いけど。


135 :無責任な名無しさん:2006/05/10(水) 03:00:52 ID:LUNZf/5v
>>131
>>132
>>134
なんだかなぁ…
大切な者を失ってパニック状態になってるから自分でも気持ちの整理がついてないんだよ。
それをゴチャゴチャと。
実生活でいろいろ嫌なことがあるんだろうが傷心の女相手にみっともないわ

136 :無責任な名無しさん:2006/05/10(水) 03:59:42 ID:yWhlz8In
とはいえ、3日前に亡くなったというのにに2chで医療ミスだと書きこむ親族にも辟易とする。
葬儀だ何だで慌しいだろうに。ま、納得出来ない怒りが、ミスでは?と言う疑問になるのは
少しは理解出来るけど、噛み付かれる医療側は可哀想だな。こんな時間でも仕事してる
だろうに。
医療ミスだと言うなら遺族側も医者並に知識と経験つんでからにすればいい。

137 :無責任な名無しさん:2006/05/10(水) 08:18:30 ID:LUNZf/5v
>>136
だから、パニクってるから通常ならやらないことをしたりするんだってばよ。
確かに亡くなってすぐに2ちゃんに書き込み?と思うけど亡くなったことを受け入れたくない気持ちとか、いろんなもんが内混ぜになってそういう言動を起こさせてしまうんだと思うよ。
あとな、医者と同じぐらいの経験と知識って…いくら何でも無理矢理すぎるだろ。
それじゃ医者はいらなくなるぞ。

138 :無責任な名無しさん:2006/05/10(水) 08:42:01 ID:AB/n2Tg6
>>130
情報から判断するに緑内障かな。ただ、その看護師が医者を差し置いて
目の診断をつけられたわけではないんだよ。内科には眼科の検査機器もなく、
見た目だけでは診断できない。とりあえず頻度の高い結膜炎を想定して
点眼薬でも出しておいて、よくならないなら眼科にいくことを勧めるか、
最初から自分では診ないで眼科受診を指示するだけしかできないだろう。

まとめるとこんなところだ。
○Aは結膜炎でないと主張する根拠を全く持っていない。
(根拠もなくあの病気だと思ったとか、違うと思ったというのが、結果的に
当たったとしても、それはたまたまであり、医学的な価値は全くない)
○Aは看護師の段階ですべき診療科の選択をしていない。
以上のことより一番大きな誤りをおかしているのはむしろA自身である。
Aの愚痴は的外れであり、Aの程度もわかる。

139 :130:2006/05/10(水) 14:05:11 ID:CidFuqB/
Aは最初からBを眼科にいかせたですよ
内科に行ったなんて書いてないとです
実を言うとAの指示でべつの職員がBを眼科に連れていったそうです

140 :130:2006/05/10(水) 14:10:37 ID:CidFuqB/
Aが流行目じゃないと思った理由は
「眼球が腫れて黒目が白く濁って赤目は充血じゃなくて出血してて
瞼も腫れてた」からだそうです


141 :無責任な名無しさん:2006/05/10(水) 16:30:12 ID:AB/n2Tg6
>>139
これはすまん。
ありがちな療養施設の対応と、診断の経過から内科だと推測した。

しかし>>140の症状から結膜炎を否定する内容はないな。
Aが違うと思ったことにやはり根拠はない。
つーか、緑内障でもなさそうだな。最終病名がわからないと
判断してやれそうにない。

142 :無責任な名無しさん:2006/05/10(水) 17:15:51 ID:OHCbJOX/
APC(心肺停止)の患者さんの死体検案について、話を聞いてください。
私は救急外来で働く看護師で、当院かかりつけの喘息患者57歳女性が
先日、風呂場の浴槽に顔をつけAPC状態で、QQ搬送されました。
女性の夫が第一発見者で、
「孫と一緒にお風呂に入っていて、孫の声が聞こえなくなって見に行ったら
 浴槽に顔を付けた状態で息をしていなかった」
孫は4歳の女の子。(←普通孫が異変に気づかないか?)
救急車には孫と女性の夫が同乗、夫は冷静で、
その後に患者の娘、つまり4歳の孫の母親がきた。
涙一つ流さず、救急蘇生を見ていた。
患者の吐物には不消化残渣物が混ざっており、それは形を成しているくらい
消化されていないもの。(←御飯直後に風呂に入ったのか?)
更には、肺、胃から大量の水が出てきて、いわゆる溺水による窒息
を思わせた。(←ほんとに孫が一緒だったらもがき苦しむおばあちゃんに
まじできずかないかなぁ??)
一通りの救命を行ったものの、蘇生できず死亡宣告をした。
孫がいたということで、密室の事故ではないが自宅でのAPCのため
医師の指示のもと、警察へ検死を求めた。
私は今まで、APCの患者を何人も見てきたが、家族の反応があまりにも
冷たく、冷静なことに驚き、事件性を疑ったが、
警察は疑うことなく
「心臓が先に止まったんではなさそうだし、お湯も少し飲んでるから
 検案書は急性心筋梗塞にしときましょか?」
ってお〜い!!喘息はベースにあっても心疾患もないのに
それでい〜の??
と思いながらも、警察の指示の元、Drも死亡診断書にそう書いてるし!
Drも事件性なしとの警察の判断に一安心といったところ。
私だけが、何だかモヤモヤした感じが残り、
こんな適当な検案をした警察に事件は解決できるのか??
と不安を感じたのですが・・・。
警察の検死って初めて見たんだけど、意外と適当ですね…。
これがドラマと一般世間の違いかな?

143 :無責任な名無しさん:2006/05/10(水) 19:44:39 ID:94C3QIrb
もしばーちゃんじたばたしてたら孫ちゃんカワイソス。


144 :無責任な名無しさん:2006/05/10(水) 19:46:22 ID:zaaqiAi+
犯人は142の予感!

145 :無責任な名無しさん:2006/05/10(水) 20:46:42 ID:Q47zonkd
>>142
本筋とは関係ないけど
心肺停止は「CPA」ね
Cardio-pulmonary arrest

来院時心肺停止は「CPAOA」
CPA on arrival

一昔前はそういうのは「DOA」
Dead on arrival
って言ってた

146 :無責任な名無しさん:2006/05/10(水) 21:10:49 ID:SkzSc2gT
心房性期外収縮かとオモタヨ

147 :無責任な名無しさん:2006/05/10(水) 21:31:21 ID:+p0weoH2
やばいよやばいよ
京都の(株)日本○床
詳しく調査したほうがいいよ


148 :無責任な名無しさん:2006/05/11(木) 00:45:36 ID:DQlf4VnN
『医療相談に来た人を医師が叩くスレ』に変えたら?

149 :無責任な名無しさん:2006/05/11(木) 08:09:57 ID:hbi7mD1n
>>148
叩く?
素人にありがちの思い込みを、事実を教えて修正しているだけだよ。
自分の思う通りの回答を得られなければ叩かれたと思うのって(ry

150 :無責任な名無しさん:2006/05/11(木) 12:17:30 ID:DQlf4VnN
>>149
いちいちカリカリしなくていいよ。
ここで相談したこともないし、する気にもならんよ。
たとえ患者の立場だったとしてもな。
事実を教えて修正する?
これがか?

>>131
>>132
もう少し言い方ってもんがあると思うけどな。同じ医師として恥ずかしいよ。

151 :無責任な名無しさん:2006/05/11(木) 12:55:51 ID:hbi7mD1n
>>150
おいおい、一部の例外を取り出して反論したつもりは、医師らしくないぞ。
同じ医師としてとか書くのも逆効果なんだけどなぁw

152 :無責任な名無しさん:2006/05/11(木) 13:49:49 ID:NyzIjQ0T
医療系に強い弁護士さんって
どうやって調べたらいいのでしょう?

153 :無責任な名無しさん:2006/05/11(木) 15:04:42 ID:DQlf4VnN
>>151
患者だと勝手に決めつけてるレスだったから『医者』というのを強調させてもらっただけだよ。
上記にあげたレスはあまりにもな感じだったから抜粋したけど一部じゃなくて
ほとんどがこれに近いだろう?

154 :無責任な名無しさん:2006/05/11(木) 17:42:40 ID:hbi7mD1n
>>153
あまりにもな感じだろうが、反論の手法としてはお粗末なことに
違いはないだろう。苦し紛れの言い訳ご苦労さん。
具体性のない他のもそうだという決め付けにも意味はないよ。

155 :無責任な名無しさん:2006/05/12(金) 01:10:29 ID:hRILqQbG
極めつけの反論の手法ってどんなのか教えてもらえますか?



156 :無責任な名無しさん:2006/05/12(金) 01:13:18 ID:hRILqQbG
ちなみに自分から見ると
>>153

>>154
も、どっちもどっちです

157 :無責任な名無しさん:2006/05/12(金) 08:11:45 ID:mt6T8uZy
>>152
>医療系に強い弁護士さんって
>どうやって調べたらいいのでしょう?

昔ある案件で、「〜に詳しい弁護士を紹介して欲しい」
と、地元を含め、東京の弁護士会など何カ所かに問い合わせたことがあった。

しかし、見つけてくれなかった。その返事が、
「弁護士は何でもできますから、そういう専門というのはありません」
だとよ。
たいしたもんだよな。何でも出来るなんて公言するとは。

まあ、実際には、個人的に医療に詳しい弁護士とかいるんだろうけど、
探すのは困難。
弁護士・医師のダブルライセンスの人もいないことはないが、数が少ない
から、そう簡単には頼めないんじゃないかな。

158 :無責任な名無しさん:2006/05/12(金) 10:05:34 ID:xB3AYmrK
>>152
医療事故情報センターとか市民の団体から情報集めるべき

159 :無責任な名無しさん:2006/05/12(金) 10:06:12 ID:xB3AYmrK
>>152
http://homepage3.nifty.com/mvr/

160 :無責任な名無しさん:2006/05/12(金) 10:07:04 ID:xB3AYmrK
>>152
http://ryousin.web.fc2.com/index.html#hajimeni

161 :無責任な名無しさん:2006/05/12(金) 10:10:22 ID:xB3AYmrK
>>152
http://dir.yahoo.co.jp/health/medicine/medical_ethics/medical_malpractice/

162 :無責任な名無しさん:2006/05/12(金) 12:54:13 ID:NNxkRaAN
薬を服用して副作用で目が悪くなりました。副作用を伝えたにもかかわらず医師に無視されました。裁判で勝てますか?医師は認めず怒鳴るばかりです。
自分が服用したのが悪いといいますが。
ちなみに抗うつ剤です

163 :無責任な名無しさん:2006/05/12(金) 13:56:40 ID:aCwvarsP
>>162
目が悪くなる副作用は珍しい。
(緑内障の悪化とかならありうるが、他はあまり考えにくい)
原因であることを証明できない可能性は高い。
原因だったとしても医師の行為の違法性の証明は難しい。
裁判に勝てるどころか逆に名誉毀損で負ける可能性すらあり。

164 :無責任な名無しさん:2006/05/12(金) 14:04:10 ID:LSkwqUBe
>>162
眼科の有名な医師なら安定剤でも眼圧あがったり
緑内障発作起きる予見を知ってるはず。
セカンドオピニオン受けるべき

165 :無責任な名無しさん:2006/05/12(金) 14:24:11 ID:iMcJA6dN
>>162
> 自分が服用したのが悪いといいますが。

kwsk

つか、何錠いっぺんに飲んだ?

166 :無責任な名無しさん:2006/05/12(金) 15:31:11 ID:NNxkRaAN
処方量は処方通りであるし抗うつ剤一錠と睡眠薬一錠らしいです。ごめんね代理なので。何度も石や看護師にも伝えたみたいですが。名誉毀損で…ならまだ泣き寝入りの方がいいですね。ありがとう。

167 :無責任な名無しさん:2006/05/12(金) 15:32:02 ID:1UfYhsdZ
>>157-161
どうもありがとうございました。
参考になりました。

168 :無責任な名無しさん:2006/05/12(金) 19:37:05 ID:Mv9zd5sk
>>162
医療事故について相談したいときは
http://www3.ocn.ne.jp/~mmic/00701madoguti.htm
各地の相談窓口連絡先一覧

医療ミスの相談・リンク先
http://homepage2.nifty.com/MECON/link/link01.htm

まだ、諦めるのは早いです。

とにかく、ちゃんとしたところで
相談してから、訴えるかどうか決めた方がいいよ。

169 :無責任な名無しさん:2006/05/12(金) 22:26:38 ID:pEnXc7s2
>>162
> 薬を服用して副作用で目が悪くなりました。

夜遅くまでPCのエロサイトの見過ぎ。寝ろ。

> 副作用を伝えたにもかかわらず医師に無視されました。

視力低下→薬の副作用という短絡思考はキチガイ独特。
めくらになったのが副作用であったとしてもどうせその薬飲まなきゃ暴れるんだろうが、キチガイ。
たとえ副作用でお前の目を潰すことがあっても社会治安を維持しなければならんのが精神科医の責務。
どうしても副作用が嫌ならその病院で暴れて警察に逮捕してもらって刑務所に入れ。

> 裁判で勝てますか?医師は認めず怒鳴るばかりです。

精神病院に収監されるべき人間がシャバで裁判に勝つようになったらこの国終わり

> 自分が服用したのが悪いといいますが。

ひいてはキチガイになったお前が悪いってこと。
キチガイは薬を自己中断しては措置入院を繰り返すが、医師の命令に従って服用したことは一応評価してやろうw

170 :無責任な名無しさん:2006/05/13(土) 01:08:02 ID:+eLZjMQC
>>131
>>132
>>169
また出たよ
たぶんP科の基地外医師
それかクビになった元P科医師で今は自分が入院中


171 :無責任な名無しさん:2006/05/13(土) 13:19:11 ID:vlgHnPN4
>>170
で、お前は精神病院から逃げ出してきたキチガイと。
措置入院打たれる前に、自分の顔を鏡で見てそこにキチガイが映っていることを確認し、
とっとと精神病院に帰れw

172 :無責任な名無しさん:2006/05/13(土) 13:26:29 ID:tSDnayOU
つーか、目の相談で且つ伝聞(且つ緑内障っぽい)というのが多発しているのは
なんか臭わないか?

とりあえず無知な素人が誤解しそうなコメントもあるから参考のページを
はっておく。薬と緑内障の話だ。
http://www.sam.hi-ho.ne.jp/tootake/TOP5.htm

薬の添付文書を素人や裁判所は絶対と思いがちだ。これなんかも
それ(添付文書に違反したらミスという決め付け)がいかに間違って
いるかよくわかる例だと思う。

173 :無責任な名無しさん:2006/05/13(土) 14:20:10 ID:5cacZL4q
>>172
> 薬の添付文書を素人や裁判所は絶対と思いがちだ。これなんかも
> それ(添付文書に違反したらミスという決め付け)がいかに間違って
> いるかよくわかる例だと思う。

ちょwwwwwwwwwwwwwwwまじwwwwwwwwwww

いや、次から「飲みたい薬を選んでください。添付文書に注意して」って
患者に投げ返そうかな。あるいは裁判所か警察に相談するか。

174 :無責任な名無しさん:2006/05/13(土) 15:45:25 ID:H3BbdGNI
>>169
お願いだからもう書き込まないでくれ。医者が皆お前みたいなバカばっかだと思われるから。

175 :延命しますかしませんかって聞かれた:2006/05/14(日) 11:13:22 ID:occ7kFus
脳梗塞で入院→抗血小板薬服用→二週間で退院→自宅療養2ヵ月後熱発し、再入院、
血小板の異常な低下が判明→28日後、播種性血管内凝固症候群、肺炎で死亡。

昨年父に起こった出来事です。医師の説明に納得いかず、調べていくうちに抗血小板薬の副作用
を疑うに至ったのですが、172さんや173さんの発言を見る限り旗色悪そうですね。

176 :無責任な名無しさん:2006/05/14(日) 15:54:58 ID:qtpvjwQ+
http://members3.jcom.home.ne.jp/guu33/
http://guu32.exblog.jp/
医療ミスかどうか

177 :無責任な名無しさん:2006/05/14(日) 19:42:00 ID:hZqb+9by
>>175 脳梗塞で抗血小板薬を使うのは当然(脳梗塞は治らないが次の脳梗塞を予防できる)。
抗血小板薬は血小板の凝集能は下げるが、血小板数は減少しない。

血小板の異常な低下はむしろDICが原因だろうし、死亡の原因もそれにつながるだろうから、
解明しなければいけないとすれば自宅療養2ヶ月の時点での熱発のげいいん(←なぜか(ry)。

抗血小板薬でそのテの副作用はあまり聞かないけれどないわけじゃないから疑ってもいいが、
2ヶ月大丈夫だったことや、そこで再入院しているから医療ミスは疑いにくいとは思う。

糖尿病や高血圧、心疾患、腎疾患、肝疾患のない、健康な御父さんだったのかな?

178 :無責任な名無しさん:2006/05/14(日) 22:00:41 ID:Hq2p5j9X
>>175
抗血小板薬がチクロピジン(商品名パナルジン等)だとすれば
「血小板減少」は希だけど重篤かつ有名な副作用です。
・添付文書情報:パナルジン
http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/3399001C1027_1_16/

ただ予防はできないし、添付文書に書いてあるように
2ヶ月目まで2週間毎の血液検査をしていてとしても
自宅にいるうちに発症していたとしたら
よっぽど早くから異常な出血が見られない限り早期発見は難しいでしょう。
いったん起こってしまえば>>175氏のお父上のような経過をたどり得ます。
(とくに血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)だと)

逆に28日もよく持ちこたえられたものかと。

何はともあれお父上のご冥福をお祈りします。

179 :被害者の本村くん:2006/05/14(日) 22:19:41 ID:KySIlWEr
大阪の中津皮膚科で、3つのかさぶたの治療時、Qスイッチルビーレーザー使用の希望に対して、手塚正医師
が、Vビームレーザーを使用し、13箇所の場所(10箇所はなにもない所))に、Vビームレーザー
を照射し、説明なしに、直径7mmの赤黒い内出血した紅班を作った。処置の説明に対して、医師はいきなり通報
した。関東の医者によると、出血の説明なしに照射するのはおかしいとの事。なお、最新のVレーザーでも出力を
変えると出血するとの事。何の賠償もせず、傷害・医療過誤を犯した医師が、被害者を通報して、何食わぬ顔で、
診療を続ける事は、おかしいと思う。頭がよければ、犯罪をしても無罪になるのか。顔に醜状を作ったこの医者は、
悪いと思う。
http://page.freett.com/looks/hada/bihada.html

180 :延命しますかしませんかって聞かれた:2006/05/14(日) 23:23:40 ID:occ7kFus
>177
糖尿病や耐糖能異常のある人(出血性有害事象が発現しやすい)ので慎重投与との記載があります。
父が糖尿であったことは入院時には伝えていたのですが、、、、、、
>178
昨年10月の末頃に新聞記事で塩酸チクロピジンで副作用の記事を見つけ、もしやと思い調べてみました。
父の処方されていたのはシロスタゾールでしたが副作用の欄には思い当たる症状が相当あり、
2週間で強制退院させられてから再入院までの約11週間服用させていました。その間
何の疑いも持たなかった私は採血を依頼することなど考えも及びませんでした。

181 :無責任な名無しさん:2006/05/15(月) 00:12:30 ID:LAWBkAQz
>>180
確かにパナルジンの場合は有名で、他の薬はともかくパナルジンの場合は、
定期採血しておかなくて血小板減少症で患者が死んだら、医療機関が
負ける可能性高し。しかし他の薬だとそこまでは言えない。
また、糖尿病であったことで、この薬の使用を躊躇することは、現実的には
ありえないので、その点に関しても過失は皆無。(糖尿病ならば、逆に
積極的に使用することが医学的には当たり前)

老人が亡くなる理由は肺炎が圧倒的に多いのだけれど、特に脳梗塞の既往がある
場合や、寝たきりの場合はすぐに肺炎を起こす。頻度で考えれば、>>177
言っているように肺炎からDICを起こして血小板が下がる頻度は、
薬の副作用で血小板だけでなくて白血球も減少して、本来起こらないような
感染がおきる頻度のおそらく何百倍も(何千倍かも)高いよ。

182 :無責任な名無しさん:2006/05/15(月) 00:16:04 ID:L4vCZ0nE
>>180
シロスタゾールだとしたら、メーカーを通じて厚生労働省へ報告すべきレベルの
極めて希かつ重篤な副作用である可能性があります。

また、DIC→多臓器不全を起こせばありとあらゆる臓器障害・症状が起こり得ます。
添付文書の副作用の欄には様々な症状が書いてあろうかと思いますが、
シロスタゾールについて言えば、心疾患、出血傾向以外は非特異的な異常ばかりです。
個々の症状は「後から考えれば」副作用を疑わせるものであったとしても、
初期の軽度の異常を示した段階で最初からシロスタゾールを疑うのは
不可能に近いと思われます。
投与開始から2ヶ月は経っていたわけですし。

いずれにせよ、これまでの情報からは予見・回避は極めて困難な例だった印象を受けます。

183 :KILL ◆Yem0w0G/Eo :2006/05/15(月) 01:03:30 ID:w/0K6WlY
> 2週間で強制退院させられてから
オメェ、実はこのことで怒ってんじゃねぇだろうな?
強制退院させられるようなこと何かしでかしたのかこのジィは?だったら逆恨みだぜw
抗血小板薬だの血小板減少だの屁理屈で病院に報復しようたって無駄、無駄。

え?2週間より長く置いていて欲しかったって?2週間で退院させられるのは強制退院としか思えないって?
そりゃ障害老人を受け取り拒否するエゴな家族の言い分。脳梗塞は1-2週で家に帰るのがデフォ。
病院に長居すればするほど弱ってある日病院内でポックリ逝くのが脳梗塞後遺症。
しかも糖尿があるならなおさら。
かといって急性期過ぎたら病院ではすることがないので費用の面からも早期在宅療養移行が望ましいだろうな。

184 :無責任な名無しさん:2006/05/15(月) 07:30:32 ID:7C9FzxnE
スレ違いかもしれませんが、適切な板が見つけられなかったので相談させて下さい。

夫が2ヶ月前に会社を退職しました。
健康保険にはこどもが扶養に入っているので(私は扶養から抜けています)、任意継続して欲しい旨を
夫に伝えたのですが、よくわかっていないらしく手続きをしてくれませんでした。
で、こどもだけでも私の扶養に移そうと考えたのですが、私の会社の健康保険組合から、夫の離職票がないと
手続きできないといわれました。
ところが、夫は私に嫌がらせをして、離職票を渡してくれないのです。
こどもは体が弱い子なので、よく病院に通っていますが、今のところ自費診療でやっています。
彼は「どうせ後で返ってくるんだから、払っとけば?」というノリなのですが…。
そこで疑問なのですが、保険加入の事実がない期間の医療費でも、扶養の事実があれば払い戻されるのですか?
今のところ、こどもはどの健康保険にも入っていない状態なのです。
病院には恥ずかしくて聞きづらかったもので、ご存知の方がいらっしゃれば教えてください。

185 :無責任な名無しさん:2006/05/15(月) 13:09:56 ID:zDyJlQbM
>>184
社会保険スレ★健康保険・年金相談&意見9
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1133748281/

【国民健康保険】国保しゃべり場 第7条
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumu/1136977787/

旦那からとっとと離職票もらって
保険の手続きするのが、一番良いのだけれども
嫌がらせで渡さんというのは、どういう了見なんだか。
自分の子供がかわいくないのか。

自分の子供の健康のことなのに
病院に恥ずかしくて聞けないのは、母親としてどうかとおもうけど。
いつまでも自費診療もできるわけないし。

病院に相談すれば、ある程度考慮してくれるんだろうが
理由が理由だけに、どこまで待ってもらえるかな。

★厚生年金!社会保険!健康保険!所得税!★その6
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/part/1143858619/

やさしい法律相談part173
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1146849281/

◆【案内板】相談する前に必ず読んで下さい◆ 2
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1119342237/

186 :無責任な名無しさん:2006/05/15(月) 14:56:39 ID:p9Bdbm5X
>>185
おっしゃるとおりです…。
最近はずっと調子が良かったので通院も少なく、病院には扶養を移動する手続き中で…と誤魔化していました。
早急になんとかしないと。親としての責任ですよね。
ありがとうございます、逝ってきます。

187 :無責任な名無しさん:2006/05/15(月) 16:15:19 ID:6EeVButl
>>185
旦那から離職票をもらう権利があるのか、どうすれば、もらえるのか、法的に答えるのが
このスレじゃないのか? 話し合いしかないというのなら、権利はないということじゃいか。

188 :無責任な名無しさん:2006/05/15(月) 16:21:15 ID:6EeVButl
>>162
抗うつ剤は、種類にもよるけれど、眼圧を上げて、緑内障を起こすね。
副作用を書いた添付文書を読みたければ、
http://www.info.pmda.go.jp/
を検索すべき。

189 :無責任な名無しさん:2006/05/15(月) 22:18:52 ID:LAWBkAQz
>>188
誤解を招くようなことを書くなよ。
つーか、途中のレス読んでおけよ。>>172でその誤りは指摘済み。

190 :180:2006/05/15(月) 23:42:43 ID:U1cZqRfE
>181、182
レスありがとうございます。今後の参考にしたいと思います。

>183
察しの通り。

くぐってみると急性期入院加算に適合する病院とは

1.紹介率が100分の30以上あること
2.一般病棟の入院患者の平均在院日数が17日以内であること
3.診療録管理体制加算に係る届出を行った保険医療機関であること
4.医療安全管理体制の基準を満たしていること
5.詳細な入院診療計画が作成されていること
6.退院指導計画を作成し、退院後の治療計画、退院後の療養上の留意点について説明や指導を実施していること
など、急性期病院にふさわしい医療の質と安全を備えている場合に認められるものです。

とあるがウチの場合では”看板に偽りあり”で5と6に疑問あり、特に6では退院を促すばかりだったが,,,

191 :182:2006/05/16(火) 00:24:20 ID:3Yl6BOoT
>>190
5.の「詳細な」についてはどこまで説明すれば「詳細」になるかは
現実には微妙なところでしょう。

残念ながら「急性期病院」は、多かれ少なかれ
>>190のお父上が入院した病院のような性質を持っています。
「初めの2週間だけ何とかする」病院です。
もし、病状がひとまず落ち着いた後も誰かが入院していたら、
一人分、本当に状態の悪い人が入院して専門治療を受けられなくなり、
命に関わる事態に陥るかもしれないのです。
そういう修羅場の病院なのです。
譲り合いの精神で利用しなければ早晩救急医療は崩壊します。
急性期病院はどこも、それほど綱渡りのベッド繰りをしているのです。

退院時の対応に問題はあったのかもしれませんが、
この点を少しご理解いただければ、と思います。

192 :無責任な名無しさん:2006/05/16(火) 05:52:46 ID:Arr5KlcT
75才男性が精神病院で死亡しました。かなりボケていて暴れるので、入院しました。
急に肺炎になって亡くなりました。体は丈夫だったです。
これは院内感染ではないかと思うのですが、そういうのは医療事故になるのでしょうか?


193 :無責任な名無しさん:2006/05/16(火) 08:02:13 ID:wlgN/LJC
>>192
おそらく自分の唾を肺に吸い込んで起こした嚥下(えんげ)性肺炎です。
ご自宅で看ていたとしても、肺炎になった可能性が高いです。

194 :無責任な名無しさん:2006/05/16(火) 15:39:09 ID:6JZ/ssqp
人はいつか死ぬのですよ。
その人の死をお金に変えようとする人たちは
可哀想な人たちですよ。

195 :180:2006/05/16(火) 18:58:47 ID:y/exLiy/
>191
丁寧なレスありがとうございます。せっかくのレスに噛み付くようでごめんなさい。

どのような説明、解説をされても、今後私の気持ちの晴れることはないでしょう。
一生忘れることは出来無いと思います。多忙を理由に不適切な医療が横行したのでは
正に本末転倒です。こんな急性期病院ばかりではないのでしょうが、急性期加算を得
たいが為に予定調和(あらかじめ結果が分かっている場合、その結果までの過程は「儀式」
となる。)のごとく患者を死に至らしめている感は否めません。当該病院、担当医師には
廃業して欲しいです。誰も困ることはありません。他の適切な医療を提供する病院の受診機会が増えるのですから。

いつか淘汰されればと願っているのですが、その前に何とか一矢報いたいのです。

196 :無責任な名無しさん:2006/05/16(火) 19:20:16 ID:I+m5dnhP
当該病院、担当医師には 廃業して欲しいです。誰も困ることはありません。
他の適切な医療を提供する病院の受診機会が増えるのですから。
↑↑
急性期病院、医師は一般市民にとって必要不可欠な存在です。
医師が減ることは医療水準の低下を招きます。
逆に医師が充足することで、医療の充実が図れるのです。
ですから、誰も困ることはあるのです。

197 :191:2006/05/16(火) 20:04:14 ID:lxxHxjF+
>>195
そう力まなくてもこの数年内にその病院もなくなるんじゃないでしょうか?
医師の間のネットワークも最近は全国規模になってきましたので。
現在の過重労働環境に不快を感ずるわずかな+αがあれば、
近々その病院からも医師の逃散が始まると思います。
そしてその病院が潰れたら、次は過重な負担がのしかかる近隣病院が
同様に次々と崩壊します。
地域ドミノと言われる現象です。

京都府舞鶴市がそのいいモデルです。

一矢報いたい気持ちはわかりますが、
その後何が起ころうと覚悟はなさっていた方が良いと思います。

198 :無責任な名無しさん:2006/05/16(火) 21:28:57 ID:4/QsYUZJ
スレ違いだったらスマンが、最近ふと思ったことがあるので、だれか気が向いたら相手してください。

以下仮定↓
ある薬品Aは強い毒性があり、人間に投与すれば10人中1人は即死する。
当然これを他人に飲ませれば、相手が死ねば殺人、死ななくても殺人未遂だろう。
一方、ある疾患Bは難病で、診断されれば患者の平均余命は半年である。
ここで、薬品Aに疾患Bの進行を止める作用があることが明らかになった場合
現行法の元で、疾患Bの患者に薬品Aを投与することは免責されるのか?



199 :無責任な名無しさん:2006/05/16(火) 22:25:49 ID:FCcl98mL
>>198
薬なんて、そんなもん。
大量に飲めば、たいがいの薬は死ねるよ。

200 :180:2006/05/16(火) 22:29:57 ID:y/exLiy/
>197
いつもアドバイスありがとうございます。実は周囲からも諦めるよう言われております。
>196
質の問題。一般論ではもちろんあなたのおっしゃることに異論はありません。ただ
国が提示する最も厳しい条件をクリアした急性期病院が『悪貨は良貨を駆逐する』であってはいけません。


201 :無責任な名無しさん:2006/05/16(火) 22:42:26 ID:wQTO0KYU
>>198
その薬の効能・効果として証認されてなければ、飲んでマズいことになれば傷害(致死)
つまり、免責はありえません

202 :無責任な名無しさん:2006/05/16(火) 23:29:47 ID:Q/N0jUlI
>>200
質を確保するには投資がいります。
システムとしての質を保つためには、パイロットのように就業時間の制限をすることも必要です。
当直明けでほとんど寝ていない医者の外来にかかりたくないでしょ?
診る方もいや。
この間も血圧測って、カルテに書くまでに忘れちゃてたことがあった。
この時は56時間勤務の最後の方。
スタッフを増やせばよいのだが、病院自体も赤字。
さらに診療報酬が下げられる。
医療の質と料金とアクセス時間を同時に満足させることはできない。
政府は徐々に国の医療レベルを下げるつもりだよ。
人口当たりの医師数63位で、世界一の長寿と、
WHOお墨付きのコストパフォーマンスを誇っていた日本の医療は、これから変わるよ。
これから医療費のかかる団塊の世代は、早く死んでもらいたいってのが本音だろうね。

203 :無責任な名無しさん:2006/05/16(火) 23:32:16 ID:4/QsYUZJ
>>201
レスどうも。いきなり妙なことを聞きましたが、例えば他人の身体を傷つければ傷害ですが、
採血で患者に針を刺すのは傷害ではありませんよね。この根拠は医療行為の違法性阻却ですが
ではこの違法性阻却は医療の不確実性によって一部の患者のみに生じる不利益までカバーするのか
というところに興味がありまして。

で、このケースでは「薬の効能として認証されている」ということが
ある疾患で半年後に死亡する患者が、1/10の確率で即死するリスクを取る引き換えに
その疾患で死亡することを回避できるという状況において、1/10のリスクに当たってしまって
医師が残り半年の生存期間を奪うことの違法性を阻却する条件になる訳ですね。

では、公的認証制度のない外科治療はどうでしょうか?
ある疾患Cは難病で、診断されれば患者の平均余命は半年である。
ここで、D法という手術を行なえば疾患Cは根治できる。但しD法はとても難しい手術であり
統計的に10%の患者は手術の合併症で死亡する。この場合
現行法の元で、疾患Cの患者にD法の手術をすることは免責されるのでしょうか?




204 :無責任な名無しさん:2006/05/17(水) 00:21:43 ID:+011QgH1
>>203
で、あなたはどっちの方が良いと?
ハムラビ法典の下で医師は増えましたか?

205 :助手:2006/05/17(水) 00:26:16 ID:yS6xQHTy
始めまして。今、歯科助手やってます。初めは、主ソを聞いたり印象とったりしちゃいけないと知らなくて『あれやって、これもやって』と言われて、言われるままにやって来ました。(患者さん…ごめんなさい)が、色々調べてくと、かなりの違法行為ばかりしてました。情けない…
最近では『インレーSet、テックもできるように』とまで言われてます。罪悪感いっぱいでもう嫌です。違法わかってて行為してた場合、逮捕されたりしますか?
あと、辞めてからその医院を訴える(無知な助手に違法とわかってて色々させ、罪を犯させた)事はできますか?

206 :無責任な名無しさん:2006/05/17(水) 00:53:33 ID:Su7vFAOY
>205
受付にこけしでもおいとけば?


207 :無責任な名無しさん:2006/05/17(水) 01:15:53 ID:CC2vj96r
>>204
いや、私がどちらがいいと言うより、この辺りがはっきりしていないのが
ここ数年で医師が過剰に萎縮したり、特定の分野から撤退する原因になってる
のではないかと思いまして。
・・・とか言ってたら法学板でもっと適したスレを見つけたので、そちらに移動します。
スレ汚しすみませんでした。


208 :無責任な名無しさん:2006/05/17(水) 13:21:11 ID:UwLU9MiG
>>195
あなたの書き込みから、その医療機関が不適切な医療行為をしたということが
推測できる部分はどこにもありませんよ。保険医療では、儀式は当然のことです。
国が出す点数をとる基準は、医療費抑制のための言い掛かりの要素が強いです。
その病院を悪貨扱いもしていますが、ほんのわずかの例外を除いて、全ての
急性期病院は同じことをしています。例外は二つ。一つは保険の効かない
高額な差額ベッドで料金を割増している病院。(一日5万プラスの病院に
入りたいですか?)もう一つは、採算を無視して赤字を垂れ流している
病院です。(まあ、公立でなければ潰れますし、公立も最近は採算性に
うるさくなっているので希少でしょうね)

現在急性期をうたうくらいの病院なら、患者に来て欲しくてたまらないなんて
いう病院はありません。(零細診療所は別)経営的な観点からみるならば、
採算性の悪い患者は来てもらうと赤字になるので、切り捨てたくて仕方が
ありません。赤字の原因は、患者が来なくておこるのではなくて、来る患者の
内容が悪いためにおこるのです。(国の決めた保険点数というのは、
それくらい安く設定されています)

まとめです。
○その医療機関に過失と思われる点は何もない。
○法的に正当な方法で、一矢むくいることは不可能。
○契約行為において、相手の便宜をはかる義務はない。

209 :無責任な名無しさん:2006/05/17(水) 13:25:12 ID:UwLU9MiG
>>205
無資格者に何かやらせる場合、監督下でやらせているという名目に
なります。学生の研修なんかもそういう名目でやってますよね。
あなたがやってはいけないことをして、患者に被害が出て、さらに
その患者が訴えない限り、何もないでしょう。

210 :被害者の本村くん:2006/05/17(水) 19:57:48 ID:+vUduMIM
大阪の中津皮膚科で、3つのかさぶたの治療時、Qスイッチルビーレーザー使用の希望に対して、手塚正医師
が、Vビームレーザーを使用し、13箇所の場所(10箇所はなにもない所))に、Vビームレーザー
を照射し、説明なしに、直径7mmの赤黒い内出血した紅班を作った。処置の説明に対して、医師はいきなり通報
した。関東の医者によると、出血の説明なしに照射するのはおかしいとの事。なお、最新のVレーザーでも出力を
変えると出血するとの事。何の賠償もせず、傷害・医療過誤を犯した医師が、被害者を通報して、何食わぬ顔で、
診療を続ける事は、おかしいと思う。頭がよければ、犯罪をしても無罪になるのか。顔に醜状を作ったこの医者は、
悪いと思う。
もうブラックジャックは有害図書だ!手塚傷害医師に医者の資格ない!
http://page.freett.com/looks/hada/
吉田美容形成外科http://www.y-biyo.com/shinryou/d0702vbeam.html
出血なし)や、かんだ皮膚科http://www.r-kanda.com/clinic/ 
http://www.r-kanda.com/clinic/(照射レベルを選択できる)、
くめ皮膚科http://www.kume-clinic.com/html/3_plastic_surgery/1_kizu.htm
(出血しないレベルの照射)、広尾プライムhttp://www.hiroo-prime.com/menu/laser06.html
(めったに出血しない)など証言を集めたが、中津のVビームはおかしいぞ!
Vビームレーザーの動画 ぜんぜん出血してないぞ。中津のVと同じメーカーだけど 
http://www.candelalaser.com/products/index.cfm?task=vbeamVideos

211 :195:2006/05/17(水) 22:08:00 ID:yTFGWuKP
連投スマソ
>208
かなり説明不足だったことは認めますが、、、、、、
補足すると
ICU入室数日後、担当医より説明したい旨があるも直前に「急を要する話ではないから」
とキャンセルされ、数日が経過。この間毎日面会に行くも担当医は姿をみせず。
ICU入室から10日、個室に移され担当医と初見。詰め寄る私に医師は「お母さんから聞いてない?」、
「本当はキーパーソンであるお母さんが居ないと説明できないんだけど...息子さんだし」と渋々説明開始し、
数種類の抗生物質を使うも解熱しないこと、意識混濁の検査はしていなかったこと、
積極的な治療はしていなかったことが再入院から28日後、ICU入室10日経過した時
点で判明し、あげく「人工呼吸器はどうしますか?心マはどのくらいの強さでしますか?」と聞かれ
延命は医師であればやるのは当然と反論する私に「そんなにいうのなら転院してもらってもいいんですよ!」
と逆ギレされてしまい、「今は動かせる状態じゃないのでお願いします。」と何故かこちらがなだめる始末。
その7時間後には逝ってしまいました。

医師の発言より意図的に私を外した説明があり当時65歳の母にのみ責任を科す手口には悪意を覚えます。
また昨年3月末の入院当初より説明が少なかったのは上記の医師の口ぶりから4月から施行された
個人情報保護法を意識してのことだったと感じます。
個人情報保護法は医療業界にも非常に迷惑な悪法と聞きますが、法律以前にカルテに家族構成の記述もあるだろうし
今後はどなたにお話すればよいですか?と一言お話しておくだけですむような気がしますが・・


212 :無責任な名無しさん:2006/05/17(水) 22:22:57 ID:8L9qVZC+
>>203
そもそもとして、そんな薬は認可されません。

213 :無責任な名無しさん:2006/05/18(木) 00:25:18 ID:PkJfzHCW
>>211
>>この間毎日面会に行くも担当医は姿をみせず。
救急担当の医師は、通常忙しい物です。まじめな医師ほど。
また、患者は一人ではない。
ちゃんとアポはとりましたか?
面会時間=必ず医師が面会できる時間ではありません。
患者と家族との面会の時間です。

>>「本当はキーパーソンであるお母さんが居ないと説明できないんだけど...息子さんだし」
通常、医師はキーパーソンに対してのみ、話します。
さもないと、後から後から家族親戚がやってきて、俺にも聞かせろ、俺は聞いてないと大混乱になるからです。
それによる時間の損失は、患者の治療時間を圧迫し、患者自体への不利益になります。
患者の妻であるあなたの母親がキーパーソンであるのは当然であり、あなたがきちんとした話を聞きたければ、
母親と同席して聞くべきでした。
治療方針は医師が患者とキーパーソンの同意がえられれば、決定事項となります。
その後の方針の変更は、少なくともキーパーソンの意向がない限り、堅持されます。
当然ながら、キーパーソンの同意なく、外野の声を聞くことは、キーパーソンに対する違反になります。
「お母さんから聞いてない?」と言われたことは、あなたの家族内のコミュニケーション不足があったのではないでしょうか。

214 :無責任な名無しさん:2006/05/18(木) 00:52:09 ID:tgM/Cjs2
>>211
ICUへ入室および数種類の抗生物質を使っているという点で積極的な治療を行っていると思いますが。
血液製剤などの必要性や投与の有無までは推測できませんけど。
また延命は医師であればやるのは当然というのは大きな間違い。状況によりけりです。
文章を見る限りでは色々と治療を行ったが、結果としては残念ながら改善の見込みのないEnd stageであると判断できます。
そのような状況での延命を一概に否定はしませんが、時代の流れでは延命をしないという家族の選択の方が頻度としては多いと思います。

215 :無責任な名無しさん:2006/05/18(木) 00:54:37 ID:P2qwxVpZ
>>211
医師からキーパーソンとはみさされていないこと。
初対面の相手に対し突然「詰め寄る」ような姿勢を見せていたこと。
延命は医師ならやるのは当然とか思っていること。
2週間で退院を強制退院と思っている事。
これらは医師が総力あげて治療をする上で、治療経過の説明をする相手としてヲマエは不適格である証拠。
その医師は治る見込みのない病魔に冒される夫とキーパーソンであるその妻が主体の治療を行っており、
幸運にも自宅退院に至った場合、世話をしそうな家族に重点的に話をするのは当然。
ヲマエはもともと蚊帳の外だったものと思われる。不適格者は黙ってなさいってこと。

> 意識混濁の検査はしていなかったこと、
これはお前が質問して医師に無理やり言わせたんだろう。
脳梗塞で治る見込みのない香具師に意識混濁の検査は無駄。

> 医師の発言より意図的に私を外した説明があり当時65歳の母にのみ責任を科す手口には悪意を覚えます。
要求ばかりで、世話に何の協力をしない香具師に話をするのは時間の無駄。
脳梗塞の急性期を乗り越えることが出来なければいくら頑張ったところで死ぬので、医師の労力の浪費にもなる。
仮にお前の言う通りに延命治療したら、喉と腹が掻っ切ってそれぞれ太い管が入れることまで必要となる。医療費の無駄。
医師の悪意ではなく無駄を減らす努力であろう。

最初は抗血小板薬にこだわり、反論があると病院のシステムにいちゃもんつけ、それが覆されると、
自分に説明不足ではないかと、あくまで病院をクレームを付ける上で自分の都合のいい揚げ足取りを続ける。
オヤジが死んだ後、入院治療費のあまりの多額さに驚いて正常な思考回路がないと見える。

結局、一連の書き込みは治療費を踏み倒す目的に病院に因縁つけようとする悪意のみが残ることになる。

   病  院  恐  喝  ・  死  体  換  金   乙w

216 :無責任な名無しさん:2006/05/18(木) 01:05:48 ID:tgM/Cjs2
>>211
病院恐喝するならもうちっとまともな理論武装しよーぜ。


217 :無責任な名無しさん:2006/05/18(木) 08:39:37 ID:1iefyT1B
>>211
他の人がほぼ全部反論してくれたみたいですが、説明不足でもなんでもなく、
病院側に全く過失はありません。あなたの意見の中で、正しいのは、
個人情報保護法が悪法という部分だけですね。ただ説明不足は保護法の
ためではないですよ。

218 :無責任な名無しさん:2006/05/18(木) 13:06:17 ID:tgM/Cjs2
他にも正しいと思われる一文発見
>>211

>「今は動かせる状態じゃないのでお願いします。」と何故かこちらがなだめる始末。
その7時間後には逝ってしまいました。
おそらくMOFであり、動かせる状態じゃないというのも正しかったと思われます。
しかし延命を望むならば、転院の方向で話を進めるというのも理論的には正しいので
病院の対応を否定するには及ばずってところですね。実際に転院させたわけでもないことですし。

219 :無責任な名無しさん:2006/05/18(木) 13:47:35 ID:1iefyT1B
>>218
挿管も人工呼吸器もお願いしますって言っていたら、やってくれたんじゃないか?
俺のところにもとにかく一秒でも長く延命をって言っている家族がいて、
(彼らの中には珍しい意見を言っているという意識はない)肺癌末期なのに
気切、呼吸器ですでに○ヶ月。まあ、家族は生きているだけで喜んでいるので
悪くないとも思うのだが、患者本人(意識あり)にはちょっと気の毒な気がする。

220 :無責任な名無しさん:2006/05/18(木) 22:35:33 ID:cHaMNFSp
>>219
ちょっとどころか、生き地獄ですな。

221 :無責任な名無しさん:2006/05/18(木) 23:29:53 ID:D0w2+fyk
日本○床
最低
早く倒産しろ

222 :195:2006/05/18(木) 23:33:42 ID:VpWptQR1
皆さんから多くのレス戴けたことありがたく思います。綺麗ごとを言うつもりは毛頭
ありませんが、お金じゃないんです。一矢報いたい一心でいろいろと調べていくうち
にいろいろと思うところが出て来たものですから、、、、、、
>219
>挿管も人工呼吸器もお願いしますって言っていたら、やってくれたんじゃないか?
はい。やってくれたと思います。ただ一度装着したら外せないし、「外したら殺人になるんですよ」
と力説された結果付けませんでした。
>214
>血液製剤などの必要性や投与の有無までは推測できませんけど。
最期の説明時、今後の治療方針を聞くと免疫グロブリン療法を試行しますか?と
今更のようにおっしゃりました。
>213
>あなたがきちんとした話を聞きたければ、
母親と同席して聞くべきでした。
返す言葉もありません。10年前に何度か世話になり当時は実績のあった病院のため安心していました。

>治療方針は医師が患者とキーパーソンの同意がえられれば、決定事項となります。
父は意識混迷、母も若干認知症もあり、元来の天然気質もあってかそれ程病状を重く
みていなかった様です。私がでしゃばってでも早い段階で医師に会うべきでした。


223 :無責任な名無しさん:2006/05/19(金) 00:28:04 ID:SRg1laG8
>>195
>>213です。
明らかにボケていればともかく、軽度の認知症の判断は困難です。
説明時にハイハイと頷かれたら、説明した医師側としては、十分説明責任を果たしたと判断するでしょう。
今回のトラブルは、医療内容云々より、情報の伝達不足が原因です。
医師側は急変の可能性を説明するも、あなたには伝達されてなく、急激な状況変化に対応できなかったことによるものと思われます。
悲しみは理解できますが、その昇華のために医療機関を攻撃しても、解決するものではないでしょう。

きつい例えかもしれませんが、患者さんが亡くなられた後、ずっと付き添っている家族からクレームを受けることはまずありません。
患者さん、ご家族、医療従事者は一緒に病気と闘い、敗れたわけですから。
通常、亡くなられた直後に我々に罵声を浴びせるのは、ほとんど来なかった家族です。
その声を黙って聞きながら、だったら生きている間にちゃんと付き添ってやれよ、話を聞きに来いよ、と心の中で呟いております。



224 :無責任な名無しさん:2006/05/19(金) 08:05:15 ID:eUUW74o1
ということで、一矢報いたいなどと見当違いの考え正し、
病院および主治医に感謝しましょう。
自分の見当違いを認めることが第一です。

225 :195:2006/05/19(金) 22:18:57 ID:0kncyUay
医療は診療契約(含口頭)をもってはじまりますが、その契約履行には患者への治療
に関する説明義務が不可欠であり、もしそのことを怠れば、即債務不履行又は不法行為となります。

たぶん医師であろう一部過剰とも思われる意見も散見するが、何かうしろ暗いことでもある
のかな?
でなければスルーすればいいわけだし。

226 :無責任な名無しさん:2006/05/19(金) 22:30:21 ID:Hked22LQ
>>225
意識のない(あるいは混乱してきちんとコミュニケーションができない)患者さんが
運ばれてきた場合は説明義務を果たせないので、診療契約が結べないことを理由に
治療を放棄してもよかですか?

227 :無責任な名無しさん:2006/05/19(金) 22:41:17 ID:TcneIiTP
195理論であれば、いいんだろうな。
まあ、病院に対する強請たかりのたぐいなので、てきとーに相手をしてやってちょ。

228 :195:2006/05/19(金) 23:15:21 ID:0kncyUay
>226
診療拒否に正当事由があれば可能らしいが、これってそうか?屁理屈ヤメロ!
それじゃ無気力医療だろ!
>227
お前頭だいじょうぶか?何でいいんだよ。

229 :無責任な名無しさん:2006/05/19(金) 23:39:58 ID:X4ZumKVi
説明義務を果たさずに医療行為をすることが不法行為に当たるなら
説明義務を果たせない患者に医療行為をしたら・・・不法行為じゃないの?
言葉の専門家じゃないからわからんけどさ。

230 :無責任な名無しさん:2006/05/20(土) 00:15:14 ID:QQf/QG2e
>>225
> 医療は診療契約(含口頭)をもってはじまりますが、その契約履行には患者への治療
> に関する説明義務が不可欠であり、もしそのことを怠れば、即債務不履行又は不法行為となります。

>>228
> 診療拒否に正当事由があれば可能らしいが、これってそうか?屁理屈ヤメロ!

楚人有鬻楯與矛者。譽之曰、吾楯之堅、莫能陷也。又譽其矛曰、吾矛之利、
於物無不陷也。或曰、以子之矛、陷子之楯何如。其人弗能應也。夫不可陷之楯、
與無不陷之矛、不可同世而立。今堯舜之不可両譽、矛楯之説也。

231 :230:2006/05/20(土) 00:17:33 ID:QQf/QG2e
ごめん、何でかわからんけど文字化けしちゃったみたいだな。

232 :無責任な名無しさん:2006/05/20(土) 00:31:22 ID:H7byxJnR
なぜ195さんは急にファビョり始めたのですか?昨日までは内容はともかく、理性的なレス
だったのに?


233 :無責任な名無しさん:2006/05/20(土) 00:37:26 ID:IgjOi5eQ
>>223 で、正鵠を射られたから。
>患者さんが亡くなられた後、ずっと付き添っている家族からクレームを受けることはまず
>ありません。
>患者さん、ご家族、医療従事者は一緒に病気と闘い、敗れたわけですから。
>通常、亡くなられた直後に我々に罵声を浴びせるのは、ほとんど来なかった家族です。
ここの部分ね。

234 :無責任な名無しさん:2006/05/20(土) 04:16:52 ID:fm+P/MjO
現実が時分の思い道理に行かないと気付いたら言い返せなくなって逆切れ。
こういう人間にはなりたくないですね。



235 :無責任な名無しさん:2006/05/20(土) 15:25:15 ID:M4bYnWSM
>>225
他の相談に対し、医師らしくないと批判された過激な意見もありましたが、
あなたに対するレスには過激なものはありません。ほとんどが誇張のない
適切なものです。全面的にあなたの言い分が間違いであることを、適切に
指摘していると思います。
また、誰かが間違っているのを見つけたら、つっこむのが2chです。
スルーするなんてとんでもない。まともな反論もせずに、印象操作で
誤魔化そうとするのは感心しませんね。

患者への説明は重要ですが、キーパーソン(患者の代理人)以外に対する
説明は不要です。この場合、母親が禁治産者又はそれに準ずるものでない
限りそうなります。
それから、医療法における説明義務は、努力義務であり、明確にどのような
説明をすべきという内容はありません。怠られたと主張したところで
即医療契約上の不法行為や債務不履行が成立するわけではありません。

236 :無責任な名無しさん:2006/05/20(土) 15:27:41 ID:M4bYnWSM
>>235
×キーパーソン
○患者又はキーパーソン

237 :無責任な名無しさん:2006/05/20(土) 16:45:56 ID:AH92dE2I
ホレ

患者向け添付文書として、薬の副作用と禁忌に関する情報を開示することは求められても、
製薬会社は反対する必要などない。反対はすでにアメリカ医師会が行ってくれている。医者は
「患者との信頼関係が損なわれてはいけない」という名目で、患者に副作用をかなり控えめな
表現で伝えるか、あるいは完全に隠し通したままなのである。医者がよく口にする言い分は
こうである。「患者に薬について説明していたら、いくら時間があっても足りない」「患者が
副作用についてすべて知ってしまったら、薬を絶対飲まなくなる」医者が守っているのは患者
本人でなく、患者との信頼関係であり、しかも、その関係は患者に本当のことを知らせないこと
で成立している。医者と患者の信頼関係というのは、患者の盲信に依存しているのである。



238 :無責任な名無しさん:2006/05/20(土) 17:33:32 ID:IgjOi5eQ
>>235
禁治産者って。。
法律相談板だから突っ込んどくが、もうとっくにそんな制度はなくなっとる。
成年後見制度だ。
まあ、精神科のせんせならよく知ってると思うが。

239 :無責任な名無しさん:2006/05/20(土) 22:01:13 ID:AH92dE2I
>232
それはですね金だとか、恐喝だとか心無いレスが多いからなのでは?
私も家族を亡くしました。みんな強者の論理ですね。

お医者様に質問です。自分の施設が絶対大丈夫だから安心して身内を入院、治療でき
ますか?
知人のナースは自施設は絶対嫌だと言っておりましたが、、、

240 :無責任な名無しさん:2006/05/20(土) 22:33:27 ID:Y4db/Kyv
>>239
残念だが板違いだ。
医者・歯科板へ行ってくれ。

241 :無責任な名無しさん:2006/05/20(土) 23:49:01 ID:4r/qxxqo
>>240
患者側が相談を持ちかけると
金が欲しいのか、恐喝する気か、などと見当違いな回答を返す人が居たが故の質問なんだから
>>239の質問にはきちんと答えてあげてほしいよね

242 :無責任な名無しさん:2006/05/20(土) 23:53:40 ID:IgjOi5eQ
>>241
そもそも、このスレ自体が板違い。
また、そういった見当違いの回答を返す回答者も医者板から来てる人だから、そっちに移って
やってくれ。って話だが。

243 :無責任な名無しさん:2006/05/21(日) 00:00:00 ID:CT6XyQY4
しばらく放置してたけど、削除依頼する?

244 :無責任な名無しさん:2006/05/21(日) 00:08:29 ID:KrZJ3nBf
どこにも法律相談とその回答は見あたらないので、削除相当だと思慮いたします。

245 :無責任な名無しさん:2006/05/21(日) 00:16:48 ID:QLGuylvm
>>239
232です。
なるほど金とか恐喝とか言うレスはひどいですね。ただ医者達のそれ以外の文、貴方の疑問に対する
答えの文は論理的だとも思いますよ。ここで煽られるのは貴方が医者のミスを首尾一貫した文章で
指摘するのではなく言い返されるたびに論点をコロコロ変えるから、失った悲しみを何とかして
医者の責任にしたい人にしか見えないからではないでしょうか。あと、「強者の論理」と「お医者様
に質問です・・・」の文は意味不明です。

最後につらいでしょうが頑張ってください、とも言っておきます。


246 :239:2006/05/21(日) 07:24:35 ID:49vKQoVP
232はじめ、今まで参考になる回答、ご意見をしてくださった方々、本当にありがとうございました。

ある弁護士の方の言葉を最後としたいと思います。
 
●患者は医師を頼って来ている。頼り、そして信頼して来ている。だからこそ、医師に対し「あまり、質問しないことが多い」。
 質問しないことをもって、「すべてを任せている」と考えるとトンデモないこととなる。
 治療の内容ないし結果について、仮に「医師に対し不信の念を抱いた」としたら、患者は豹変する。
 牙をむく。
 「愛するがゆえに憎し!」という場合と似た関係となり、医師に対する攻撃は強烈な形をとる。
 このような患者という人間の心理を十分理解する必要がある。
●「患者にとって、重要と考えられること」は面倒がらずに説明する。その一言が紛争を防止するのである
●患者に対する説明、そして心の触れ合いが紛争を防止する。


247 :232:2006/05/21(日) 16:41:09 ID:Pq44p7vo
>>246
ガンバ!!

248 :無責任な名無しさん:2006/05/21(日) 22:44:56 ID:ayFiqsRU
身内を亡くして気持の行き場が無いときに心の隅に引っ掛かってた疑問が頭を大きくもたげ始めたんだと思います。
きちんと答えてくれた人もいるけど中には医師と思われる心ない言葉も。
まさか相談した方もそんなことを言われるとは思ってもみなかったと思います。まだ気持ちが揺れ動いてる時期に、そんな心ない言葉を数々浴びせられて動揺せず冷静に終始一貫した考えを述べられる人はいないと思います。
しかも相手は理論武装の達人だらけなんですから。
実際もし私達が同じような立場になったら、病院側の対応がもうちょっとこうだったら、ああだったらと思わずにはいられないと思います。その辺は人間としてわかってあげるべきではないでしょうか。
いくら完璧な理論でも相手の気持ちを少しでもわかってあげようとするのと、しないのとでは読んでても受け取り方が全然違うと思いました。
理論武装という言葉以外に上手い言葉が見付からなかったので気を悪くされた方がいたらすみません。
短大生のつたない文章で読みにくい箇所等お許し下さい。

249 :無責任な名無しさん:2006/05/21(日) 23:29:51 ID:KrZJ3nBf
>>248
あのさ、どうせ書くのなら、ちゃんと読もうな。
>医師と思われる心ない言葉も。
この間は火病ってはいなかった。
登場から、>>222 までの間の事な。
で、>>223 のすげーまっとうな意見の後で、逝っちゃったんだよ。
わかった?

250 :無責任な名無しさん:2006/05/22(月) 08:26:50 ID:a9S1e4TG
>>248
可哀想だから間違っていても許されるべきだとかは、よい社会にするために
どんどん排除すべき理屈だと思う。可哀想な事と間違っていることは
別に考えるべきだ。あなたのような理屈で、同和利権とか在日利権とか
慰安婦強請とかが成り立っている。最近、一般人もこれに気付いて
通用しなくなってなってきているんだけど、逆に医療ではこの手の
理屈での強請りたかりが増えているんだよね。

251 :無責任な名無しさん:2006/05/22(月) 08:30:07 ID:a9S1e4TG
>>238
ご指摘どうも。
それが適応されうる範疇の人間の意味でよろしく。

252 :無責任な名無しさん:2006/05/22(月) 08:34:47 ID:a9S1e4TG
>>237
普通に間違っている内容なんだが、その内容に対して論破して欲しくて
貼ったのか?つーか、どのレスに対しての反論なんだ?

253 :無責任な名無しさん:2006/05/22(月) 22:28:36 ID:s4ughPcn
亀レスですが
>>233
患者さん、ご家族、医療従事者は一緒に病気と闘い、敗れたわけですから。

私は以前、ある手術の後、片方の聴覚を失いました。その時の医師のセリフと似ています。
でもこれって詭弁じゃないでしょうか? 伝家の宝刀、水戸黄門の印籠よろしく何も言い
返せなかったとです。

すいませんここ相談スレですよね。ちょっと気になったもので。




254 :無責任な名無しさん:2006/05/22(月) 22:33:16 ID:xsQFWo0f
>>253
相談スレではない。
相談したいのであれば、医者板へ移って。

板違いのスレのため、本板で相手をしてもらえない人が集う場所になってしまっています。
よって、まともに機能していません。

255 :無責任な名無しさん:2006/05/22(月) 22:56:05 ID:zorhh7o4
>>246
この弁護士の発言はかなりレベルが低い。
しかしながら弁護士であるということで、一般人が信用しそうで怖い。

頼っているのは外れていないかもしれないが、信頼しているとは限らない。
最近問題になっているのは最初から信頼せずに疑い、断片的な知識で思い込む輩だ。
質問しないのは、質問する内容が思い浮かばないからであるし、医師は
それはよくわかっている。まかせてもらっているからとは思っていない。
一部の患者の攻撃性は、無知で非理性的な人間の特性である自分の信じたい
ことしか信じないということに他ならない。愛すれば云々は的外れも
甚だしい。
説明が云々も心の触れ合い云々も、とてもお粗末な性善説としか
言いようがない。現場でそんなことが通用することはない。

こんな的外れなことを貼ったところで、全面的な誤りの一部でも
正当化されることはない。何の反省もせずに逃げ出したんだなぁという
感想を持たれただけだ。

256 :無責任な名無しさん:2006/05/22(月) 23:07:26 ID:HOLbLN+Z
>>253
真剣に闘病した患者や家族には詭弁にはならない。

ヲマエのように病気からサンザン逃げ回った挙句の果てに病院内でツンボになった不運な香具師は
病院やら医者やらに八つ当たりし、騒ぎに巻き込んでやろうと画策するであろう。
逆に、形式的に闘病したことにしてやって励ましてやっても詭弁にしか聞こえないだろう。
>>175のようにファビョって病院恐喝の手口をネットで聞くような偽医療被害者家族と同類。

少なくとも病院内で騒ぎ出すのを水戸黄門の印籠並みの威圧でもって抑止するのは常套手段。
ツンボな椰子は声でかいし、他の患者への迷惑になるならば止むを得まい。

257 :無責任な名無しさん:2006/05/22(月) 23:28:19 ID:s4ughPcn
>>235
医療法という業法がインフォームド・コンセントについて努力規定を置いたというのは,
業法の性格上やむを得ないというか,インフォームド・コンセントしなかったから免許
について停止をするとか,そんなサンクションはなかなかかけられないから努力義務に
しただけであって,民事上のルールとしては,インフォームド・コンセントをしなかったら
損害賠償責任を負わされるというのはほぼ確立しているわけです。そうすると,業法で
努力義務になったから,民事上のルールでは責任まで認めるのはおかしいというのは
ロジックとしては成り立たないのではないかと思います。
とありますが、、、

258 :無責任な名無しさん:2006/05/23(火) 00:35:01 ID:UrEb8rnd
>>256
お前、さすがに痛いよ。

259 :無責任な名無しさん:2006/05/23(火) 01:23:51 ID:T20E5ML8
>>258
同意
俺もいちおう医者だけど

260 :無責任な名無しさん:2006/05/23(火) 07:00:39 ID:8tLD2eJK
第十四条 荒らし及び煽りは徹底的に無視又は放置して下さい。

261 :無責任な名無しさん:2006/05/23(火) 07:55:19 ID:3rQj1LgA
荒らしも煽りも無いのに書く人ははじめて見た。

262 :無責任な名無しさん:2006/05/23(火) 07:57:50 ID:iqFXS6Uv
>>260
ただ、このスレでは当の相談者が無視できないわな

263 :無責任な名無しさん:2006/05/23(火) 08:30:13 ID:E4ExQDSG
>>257
判例は法律ではない。(現実はともかく)日本は判例を法とする立場
をとっていない。だから即不法行為や債務不履行が成立するわけではない。
本人及びキーパーソンでないのだから債務不履行が無理なのはともかく、
不法行為も裁判をおこした上で、その裁判官が認めて初めて成り立つ。
即成立するというのは明らかな間違いだ。

ところで君はインフォームドコンセントの歴史も知らないんじゃないか?
医療法上の説明の規定ができたのは、インフォームドコンセントという
概念自体が日本になかった時代だ。当然判例もかなり後の時代まで
出てこないし、完全に民事裁判で認められるようになるまで、
さらに時間を要している。
(説明義務は形は原告勝訴、実質被告勝訴の方便として使われることが
多い。請求1億判決500万とかね)

264 :無責任な名無しさん:2006/05/23(火) 12:21:35 ID:DgKtV7+K
>>263
>(説明義務は形は原告勝訴、実質被告勝訴の方便として使われることが
>多い。請求1億判決500万とかね)
弁護士のセンセイにとっては「500万」ははした金なのね...

265 :無責任な名無しさん:2006/05/23(火) 13:34:33 ID:E4ExQDSG
>>264
裁判官も弁護士も医者は金持ちという先入観があるので、
医療訴訟の金額は、他の場合の相場より高い。

266 :無責任な名無しさん:2006/05/23(火) 14:51:14 ID:Arfr7/vn
医療訴訟の原告勝訴率は、他の民事訴訟に比べて低い。なぜ?

267 :無責任な名無しさん:2006/05/23(火) 16:17:41 ID:tgFlaC3a
原告が自分は被害者と思い込んでいる勘違い率が高いからではないでしょうか。

268 :無責任な名無しさん:2006/05/23(火) 21:37:37 ID:WwDUd2DS
交通事故=クライアントは絶対的被害者
医療事故=クライアントは絶対的被害者?

このアナログが勘違い率を押し上げていると思われ。
「人が死んでんねんで」というやつですね。

269 :無責任な名無しさん:2006/05/23(火) 21:39:45 ID:rlXVr/Qa
                _∧_∧_∧_∧_∧_∧_∧_∧_
     デケデケ      |                         |
        ドコドコ   < 次 の 相 談 ま だ 〜 ?          >
   ☆      ドムドム |_  _  _ _ _ _ _ _ _ _|
        ☆   ダダダダ! ∨  ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨
  ドシャーン!  ヽ         オラオラッ!!    ♪
         =≡= ∧_∧     ☆
      ♪   / 〃(・∀・ #)    / シャンシャン
    ♪   〆  ┌\と\と.ヾ∈≡∋ゞ
         ||  γ ⌒ヽヽコ ノ  ||
         || ΣΣ  .|:::|∪〓  ||   ♪
        ./|\人 _.ノノ _||_. /|\

         ドチドチ

270 :さや:2006/05/23(火) 21:48:31 ID:szv0OgFu
ふざけんなうつ病じゃないのにうつの薬だされた。その薬はねむたくなって、一日中寝る薬だった。クリニックを変える勇気がなかった。

271 :さやだ:2006/05/23(火) 21:54:04 ID:szv0OgFu
原因はね、そういうおかしい薬を出す、先生に問題があるんだよね。なんで普通に生きていて精神障害者の薬だすんだろうね。金儲けかな?

272 :さやだよ:2006/05/23(火) 21:58:09 ID:szv0OgFu
親の対応にも、問題があると思う。その薬を飲むと、髪の毛が抜けるんだよね。セロクエルしかださない医者を変えたいとかどんなにいってもだめだった。

273 :さあ:2006/05/23(火) 22:04:55 ID:szv0OgFu
そして、26歳でやっとクリニックを変えた。24歳とかのとき、親の知り合いとかおねえちゃんにそっくりな人をそのやぶ医者クリニックで見た。どうやらこの二人拉致られたらしい。はっきり言って、一番若くて楽しい時期に、人の人生に入り込んでくる変な女医なんていらない。

274 :さぁ:2006/05/23(火) 22:09:44 ID:szv0OgFu
お父さんの弟の嫁の石原啓子というおばさんに思いっきり、精神障害者って言われた。その息子石原直樹は、ひきこもりなのに。石原啓子一生恨んでやる。人の気持ちがわからない看護婦だな。

275 :さぁ:2006/05/23(火) 22:15:03 ID:szv0OgFu
病院にいくのを辞めても、その女医は、家の周りをうろついて、ストーカーしてきた。一番むかつくのは、薬を減らして、専門学校に行きたかったのに、薬を減らしてくれなかった事だ。また親もいやだったらクリニックを変えるという事を許してくれなかった。ある意味さやは被害者だ。

276 :さや:2006/05/23(火) 22:38:33 ID:szv0OgFu
ついこの間うちの姉がたくさんいると聞いたがうちの姉は人を馬鹿にして敵を作りすぎると思う。もう少しうまく生きて欲しい。

277 :さや:2006/05/23(火) 22:41:32 ID:szv0OgFu
クリニックを変えるという事を許してくれなかった親も問題だ。もっと柔軟性をもって欲しいものだ。

278 :さや:2006/05/23(火) 22:49:04 ID:szv0OgFu
さやが勉強できないのは小さいころから、毎年一ヵ月夏休み期間、長崎に旅行にいかなければならなかったことだ。残念ながら夏休み勉強できる環境ではない。親の配慮は全く無い。

279 :さや:2006/05/23(火) 22:53:44 ID:szv0OgFu
お母さんは生きているのに、生きてないと言ったり、おねえちゃんは、妹を怒鳴りつけるだけ怒鳴って、周りと仲良く連絡をとろうとしない。もっとうまく生きて欲しいものだ。インターネットに期待しよう。

280 :さや:2006/05/23(火) 23:00:54 ID:szv0OgFu
夏休み必ず長崎岡山に行くとかやめて欲しかった。お勉強したかったな。うちの親は欠点だらけだ。みなさん考えてみて、夏休みずっとおばあちゃん家に行かせて遊ばせるんだから、勉強できないに決まってんじゃん。頭悪いよ、本当に。

281 :無責任な名無しさん:2006/05/23(火) 23:27:00 ID:wcNVt6sV
                _∧_∧_∧_∧_∧_∧_∧_∧_
     デケデケ      |                         |
        ドコドコ   < 次 の キ チ ガ イ ま だ 〜 ?       >
   ☆      ドムドム |_  _  _ _ _ _ _ _ _ _|
        ☆   ダダダダ! ∨  ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨
  ドシャーン!  ヽ         オラオラッ!!    ♪
         =≡= ∧_∧     ☆
      ♪   / 〃(・∀・ #)    / シャンシャン
    ♪   〆  ┌\と\と.ヾ∈≡∋ゞ
         ||  γ ⌒ヽヽコ ノ  ||
         || ΣΣ  .|:::|∪〓  ||   ♪
        ./|\人 _.ノノ _||_. /|\

         ドチドチ

282 :無責任な名無しさん:2006/05/24(水) 00:23:41 ID:3KkluJxB
電波強杉。

283 :無責任な名無しさん:2006/05/24(水) 00:40:38 ID:LF2AQyWA
このスレみると、医者の汚さがよくわかる。

284 :無責任な名無しさん:2006/05/24(水) 06:51:56 ID:UQrmfiFT
医療過誤と闘う方法論を語るスレ

1 名前: 卵の名無しさん 投稿日: 02/06/17 14:20 ID:kbjdPTYM

医療過誤を不幸にして受けてしまった人達へ。
ここはあおりの医者しかいませんから、戦うなら法律板でないと議論になりません。
ですが、全く方法論が示される場がないというのもいけないことです。

結論から言うと、医療過誤は一刻も早く弁護士へ!
遅くなればなるほど不利です。
弁護士に相談するなら何でも早いに越したことはないですが、
特に医療過誤訴訟の場合は、本気で闘う気でしたら、一刻も早く
弁護士に相談してください。個人ではとても闘い切れません。
なぜ急ぐかと言うと、大切な証拠書類(カルテや看護日誌など)が
訴訟を察知した医療機関によって改ざんされる虞があるからです。
実際、これは医療過誤訴訟の現場では実によくあることです。
それを防ぐため、訴訟を決意したら一刻も早く信頼のおける弁護士に
相談し、直ちに「証拠保全」という手続きを取ってもらってください。
証拠保全だけは、できれば地裁ではなく簡裁に申し立てることを
お勧めします。その方が期日を早めに入れられるようです。

証拠保全について簡単に説明しますと、裁判所の執行官が病院へ行って突然
「○○裁判所です。証拠保全に参りました。」と決定書の正本をイキナリ送達して
証拠書類を提出させます。病院側の準備のために20〜30分の猶予時間をおいた
後に、申立人代理人弁護士が裁判官や書記官、そして予め雇ってあるカメラマン
などを引き連れて乗り込み、カルテや検査データ、看護日誌などの証拠を保全します
(コピーを撮ったり、写真に撮ったり)。これで改ざん等を防ぐわけです。
保全記録が出来次第(通常1〜2ヶ月かかります)裁判所から連絡がありますから
今度はそれを元に弁護士さんとよく検討し、訴訟に踏み切るかどうか相談してください。
訴えを提起するときは、地方裁判所に起こします(合議事件になります

285 :無責任な名無しさん:2006/05/24(水) 08:15:54 ID:5OZhS8Li
>>283
おいおい、どこが汚いんだ?(無責任なことを言わずに具体的にね)

このスレでわかることは、素人が医療過誤を疑う時、それがいかに
的外れである確率が高いかということだろう。
ちなみに患者側専門の弁護士でさえ、裁判にすべき内容である率の低さ
(特に最近多くなったそうだ)については指摘している。そして、
そんな勘違い素人を説得することの苦労も。

286 :無責任な名無しさん:2006/05/24(水) 13:07:26 ID:UQrmfiFT
256の一連の書き込みは充分きたないでしょう。(面倒がらず、ちゃんと読んでね)

被害者側には資料は何もないんです。それなのに、あなたが自分で原因を立証しなさいと言われます。
これが原告勝訴率の低さの第一理由。それでも、被害者が訴えなかったら、仮にどんな間違いをされても
過失はなかったことになりますから。

多くの医療過誤裁判は民事訴訟ですので、勝訴すれば相手側から金銭的な賠償を受けることができます。
その意味では、民事訴訟裁判は「金銭的賠償」が主な目的と捉えられがちです。
しかし、訴えた側にとって失われた命や身体的自由などを「損害=金銭」に換算して賠償してもらうため
にのみ訴訟を起こすわけではありません。(ここ大事)裁判には、「制裁」的な意味もあります。裁判の過程で事実が明
らかにすることや、金銭的賠償以外に相手側に望む対話の姿勢などの「民事訴訟でできる何か」の重要さも見過ごせません。


287 :無責任な名無しさん:2006/05/24(水) 13:38:47 ID:5OZhS8Li
>>286
明らかな例外を取り上げたところで反論にはならないよ。
(それに彼は、明らかに煽って楽しんでいるが、主張には多くの
真実が含まれている)

資料が何もないのが勝訴率が低い第一の理由というのは君の思い込みにすぎない。
俺は医療関係の訴訟はざっと目を通しているが、これは医療側のミスだろうと
思えるものは、はっきり言って少ないぞ。こんなことを言うと馬鹿な素人は
庇いあいだなどと言い出すことが多いが、その発言の全てにおいて具体的な
根拠や例が示されたことはない。

裁判が金銭的な目的だけでないのは、子供でもわかることだ。
実際に赤字になっても一部の原告が頑張るのは、不運を受容できずに
何かを敵にしたてて攻撃しようとする愚かな行為に他ならない。
原告がよく口にする、事実をしるためとか、相手の反省云々は、
自分の言っていることを正当化しようとしているだけであり、
愚かな行為を何ら正当化するものではない。

288 :無責任な名無しさん:2006/05/24(水) 16:02:59 ID:ZYW066Yy
>>286
>裁判には、「制裁」的な意味もあります。
たとえ勝訴しても被告側は多大な損失(金銭だけではない)
しかも医師免許100枚につき1〜2件の訴訟

逃散

医師なくんば医療訴訟なし

289 :無責任な名無しさん:2006/05/24(水) 16:20:54 ID:ZYW066Yy
埼玉県越谷市に8900万円の賠償命令 医療過誤訴訟
2006年05月19日21時35分
http://www.asahi.com/national/update/0519/TKY200605190341.html
> 埼玉県越谷市立病院(山本勉院長)で卵巣がんの手術を受けた女性(22)が
>慢性腎不全になったのは、抗がん剤を長期間、漫然と投与したせいだとして、
>女性と家族が越谷市を相手取り、約1億円の損害賠償を求めた裁判の判決が
>19日、さいたま地裁であった。近藤寿邦裁判長は「医師は腎機能の低下を見逃
>し、適切な治療をしなかった過失がある」と認め、市側に総額約8900万円の
>賠償を命じた。
>
> 同市に住む女性は、9歳だった93年11月、同病院で卵巣がんと診断され、
>卵巣などの摘出手術を受けた。翌年3月に退院し、その後2年間、抗がん剤を
>投与された。96年11月、女性は治る見込みのない慢性腎不全で、いずれ
>透析をしなければいけないと診断された。
>
> 判決は、入院当初、女性に腎疾患がなかったことなどから、長期間の抗がん
>剤投与で腎不全を発症したと認定。遅くとも女性の腎機能が入院時の半分に
>低下した95年6月ごろ、抗がん剤の投与を中止して治療を始めていれば、
>慢性腎不全にならなかった可能性が高いと判断した。
>
> 市は19日、「承服できない。内容をよく検討したうえで控訴したい」との談話
>を出した。

化学療法を止めたらおそら今ごろは生きていないはず
薬剤性の腎不全で中止以外にどのような治療を行えば
腎機能低下を回避できるのか教えて欲しい>>近藤寿邦裁判長

ま、何だ、イチかバチかで化療なんかする方が悪いということか
救急、産科、小児科に続いては血液内科や腫瘍内科も逃散促進
外科系各科でやってた自科での化療も根絶するんだろうね

290 :無責任な名無しさん:2006/05/24(水) 19:08:48 ID:77cGgB5t
>>289
> >抗がん剤の投与を中止して治療を始めていれば、
> >慢性腎不全にならなかった可能性が高いと判断した。

慢性腎不全にならずに、今ごろどうなってたんでしょ? > サイバンチョ殿
つか、法律板の人はこの判決をどう解釈するんでつか?

> ま、何だ、イチかバチかで化療なんかする方が悪いということか

だね。しかし今回もあとだしじゃんけんで「結果責任でお前が悪い。俺がそう決めた。
今後どうすればいい(法的な裏付け)なんて話は知らん」とかゆうジャイアニズム。
懲罰はあるけど根拠はなし。いつ誰が訴えられて負けてもおかしくない状態。

これもひょっとして医療費削減(姥捨て山政策)の一環なのかな。

291 :無責任な名無しさん:2006/05/24(水) 21:27:19 ID:9AqClXiO
>>288
>実際に赤字になっても一部の原告が頑張るのは、不運を受容できずに
何かを敵にしたてて攻撃しようとする愚かな行為に他ならない。

このような攻撃を受けた際に、逆に名誉棄損等で反撃できる時代が早くこないかな・・・。

292 :無責任な名無しさん:2006/05/24(水) 21:33:57 ID:9AqClXiO
>>286
資料なんて、希望すればいくらでも開示される。無いのは知識だけだろ。


293 :無責任な名無しさん:2006/05/24(水) 21:44:03 ID:Isy1rg61
>>286
本来ならば医療という贅沢品は賤民が享受できるものはない。
死ぬ前からカラダが腐っていって、阿鼻叫喚しながら死んで道端に捨てられ蝿にたかられ烏についばまれるのが当たり前。
一方、病気した賤民が分不相応にも病院内で死ぬことができるのは日本の医療制度が優れている証拠。
スラム街がふさわしい汚い乞食ですら医療を受けれるのは世界で類を見ない。
今や、逆にスラム街に生息する賤民が医療資源を食いつぶしている構図となっている。

病院内でカラダが腐っておっ死んだ賤民の身内が病院から多額の賠償金を手にする姿はどう見ても不自然。
ましてや酒・タバコ・クスリにどっぷり浸かって病気になった賤民のカラダに価値なんぞ本来はないはず。
従って、卑しい者共による病院恐喝・死体換金であること、すなわち100%金銭目的であること明白。
腐ったモノを他人に売りつけてカネにするが如く、病院を脅して死体を換金しようと必死に騒ぐ賤民の賤民たる所以がそこにある。

賤民遺族の悲しみとやらのは一夜でなくなっているはずだが、感情で訴えるのは病院恐喝するための方便・口実。
賠償金は賤民らしくパチンコとかにでも使われてあっという間になくなるであろう。
車でも買おうもんならその車で他の賤民を轢き殺すであろう。そしてまたその遺族が病院を恐喝するであろう。
最近、医療訴訟が増えているのは不景気で食い扶持無くした賤民が溢れかえる日本国の一現象。

> それなのに、あなたが自分で原因を立証しなさいと言われます。 これが原告勝訴率の低さの第一理由。

病院恐喝目的の立証なら自分でするべき。原告勝訴率が低いのはダメモトの言いがかり訴訟が多いからだろう。
そんな訴訟で勝訴率があがるようならこの国終わり。

> (ここ大事)裁判には、「制裁」的な意味もあります。裁判の過程で事実が明らかにすることや、金銭的賠償以外に相手側に望む対話の姿勢などの「民事訴訟でできる何か」の重要さも見過ごせません。

正当な理由なき制裁は単なる暴力行為。乱訴は法治国家への迷惑行為。
裁判の過程で事実を歪曲・曲解した上で、病院側に無理矢理対話を強要するなら総会屋まがいの恐喝。
「ここ大事」って言っているわりには病院恐喝の手口そのままだな。

294 :無責任な名無しさん:2006/05/24(水) 22:04:07 ID:9AqClXiO
>>293
是非あなたが裁判官になって、賤民とやらに制裁を。
それもある意味この国終わりかもしれませんが・・・。

295 :無責任な名無しさん:2006/05/24(水) 22:41:53 ID:ym6QF0eC
TBS RADIO 954 kHz
BATTLE TALK RADIO アクセス バトルトーク
https://tbs954.jp/CGI/ac/btt/btt_talk.cgi
山本モナ/宮崎哲弥
ゲスト:南淵明宏(心臓外科医)

2006年05月24日(水)のバトルテーマ

患者を死なせた福島の産婦人科医逮捕では、
「不可抗力か」「犯罪か」議論が分かれる!
あなたは医療事故を警察が犯罪として捜査することに賛成?反対?

受付電話番号:03-3584-0954
受付FAX番号:03-5562-9540
メール:access@tbs.co.jp

296 :無責任な名無しさん:2006/05/24(水) 22:42:45 ID:UQrmfiFT
原告勝訴率の低さの理由。他にもあるけど

判決が出るまでに時間がかかるから、担当裁判官が替わることが多い。その結果、裁判の過程を知らない裁判官が鑑定書をもとに判決を下すことになる。

医療訴訟=病院恐喝と一切疑わない姿勢はある意味素晴らしいが、そこまで拘る理由を知りたい。何かトラウマでも?

297 :無責任な名無しさん:2006/05/24(水) 23:17:37 ID:M+7iCOZr
>>296
> 判決が出るまでに時間がかかるから、担当裁判官が替わることが多い。
時間がかかるのは医療裁判だけじゃないだろよw

> その結果、裁判の過程を知らない裁判官が鑑定書をもとに判決を下すことになる。

治療の過程を知らない、病院で見た事もない家族が病院恐喝を始めるのと一緒だな。
そして原告敗訴の流れがあっても原告勝訴の判決を下すことがまれにあると。
でも逆もしかりだから結局勝訴率は左右されることなく低いまま。

> 医療訴訟=病院恐喝と一切疑わない姿勢はある意味素晴らしいが、そこまで拘る理由を知りたい。何かトラウマでも?
ない

298 :無責任な名無しさん:2006/05/25(木) 01:47:51 ID:JE9mOcWJ
>>293
4ねや

299 :無責任な名無しさん:2006/05/25(木) 08:13:35 ID:pNYXvwQF
病院・医者板、マスコミ板、法学板が鯖落ちしてるな
他にも落ちてるところはあるけど隣の板は落ちてなかったり斑落ち
陰謀じゃないと思うが

300 :無責任な名無しさん:2006/05/25(木) 08:47:33 ID:A6pFtDTS
>>296
君は馬鹿か。根拠のない君の言い張りと違ってちゃんと説明してやるよ。

証拠を医療側が握っているということは、勝訴率の要因としては大きくない。
改竄は薮蛇だし、改竄しなくても多くの医療機関は勝てると思って
裁判に臨んでおり、また証拠がなく原告と被告の意見が食い違った時、
医療裁判では原告の意見が採用されている。だから現在の防衛医療では
しっかりと証拠を残すことが推奨され、さっさと治療すれば患者が
楽になる場合でも、わざわざ家族を呼び出して署名捺印させるまで
治療が延期されることが多くなっているんだよ。
ちなみに、勝訴率の第一の原因ではなくて、医療訴訟を起こす際の
たいへん面倒な部分ということなら間違いではない。

判決を出すまでに時間がかかるからというのは、はっきり言って論外。
お涙頂戴の感情的な主観の方が、科学的事実より重要であることはない。
裁判官も可哀想だから勝たせるなんてことは、彼らの誇りにかけて絶対に
しないし認めない。
そもそも他の裁判でも長ければ被告が勝つなんてデータないだろう。

301 :無責任な名無しさん:2006/05/25(木) 09:27:55 ID:pNYXvwQF
自己レス
>>299
いちおう運用情報見ると鯖移転作業中みたいだな

302 :無責任な名無しさん:2006/05/25(木) 19:29:25 ID:Ja4SYgaP
産科・小児科医療崩壊は医療訴訟が原因Part3
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1148552708/
2 名前:法の下の名無し[] 投稿日:2006/05/25(木) 19:26:05 ID:yQdtF+/Z
157 名前:133[sage] 投稿日:2006/04/29(土) 21:29:29 ID:W0DF3RAP
>>152
>訴えられた者の身になってみ? というご趣旨と思いますが、
半分はそうですね。
もう半分は、千万円単位で賠償しなければならない可能性を持つ訴訟を
数十人に1人が持つ業界で、保険料を含めた費用の負担が及ぼす影響が
無視できなくなってきていることです。
現に救急指定を取り消す中小の個人病院が急増しています。
今春の診療報酬改定が最後の後押しになったとは言え、
「トラブル回避」の側面が多分にあることは否めません。

何かを変えないとこのままでは皆が不幸になってしまいます。
医者も患者になるし(現に私も三十台ですがいろいろ持病を持っています)、
弁護士の先生も患者になります。
個人的な感触ですが、この1年が本当に崩壊を食い止められるかどうかの瀬戸際でしょう。
弁護士の先生方にも当事者意識を持っていただきたいのです。
決して対岸の火事ではありません。

具体的には以下の事項がそれぞれセットで必要と考えます。
・医業の刑事免責
・独立した専門医/法曹による医療事故調査機関

・無過失補償制度
・訴訟保険/無過失補償の負担に耐え得、かつ国民も納得できる診療報酬体系

・病院勤務医の労働条件(時間外労働/当直)の改善
・臨床医の質の担保

お花畑でしょうか?

303 :無責任な名無しさん:2006/05/25(木) 21:31:34 ID:vg6YW/ix
>>300
100%手術記録改ざんというフジTVに抗議する
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1147873389/

カルテ改ざん・疑い、患者側6割「あった」 弁護士調査 - asahi.com 社会
http://web.archive.org/web/20040711043512/http://www.asahi.com/national/update/0709/023.html

 医療過誤訴訟で、医療機関のカルテや看護記録が改ざんされたと認定されたり、改ざんが疑われたり
したケースについて、大阪の弁護士グループが全国アンケートしたところ、延べ109例の報告があった。
6日、同グループが結果をまとめた。

 医療過誤訴訟に取り組む石川寛俊弁護士(大阪弁護士会)らが、昨年12月から今年1月にかけて調査した。

93〜02年の主要な法律雑誌に判決が掲載された裁判で、患者側代理人を務めた弁護士約700人に
アンケート用紙を郵送し、96人から回答を得た。

 医療機関側が記録を不当に消したり、訂正したり、書き加えたりといった改ざんを裁判所が認めたか、
自身が疑ったことがある人は57人で、事例は109件あった。

 西日本の裁判所で訴訟が続いているケースでは、岡山県内の公立病院で麻酔中に死亡した患者につ
いて、遺族が証拠保全前に入手したカルテと証拠保全で入手したカルテ、病院側が裁判所に出したカル
テの3種類があり、医師は「どれが本当のカルテか分からない」などとあいまいな説明をしているという。

 関西の大学病院であごの手術を受けて障害が残った男性のケースでは、術前に危険性の説明を十分
にしていたかが争点になっている。裁判に出されたカルテの中には、きちんと説明したことを強調する言
葉をカルテに書き加えるよう、担当医が若手医師に指示したメモが紛れ込んでいて、その通りに書き加
えられていた。

 疑いを含めて改ざんを経験した57人のうち4割は「記載内容が不自然、不合理」「医師に有利に書き加
えられていた」と感じていた。改ざん方法として、「修正液による抹消」「該当ページだけ用紙が新しい」
「最も大切な時期の記載がない」といった例が寄せられ、「看護師が法廷で看護記録の書き直しを暴露し
た」という報告もあった。

304 :無責任な名無しさん:2006/05/25(木) 21:32:20 ID:vg6YW/ix
>>303
 疑いを含めた改ざん経験者のうち、判決で改ざんを認定されたことがある人は15%にとどまる。
患者側が改ざんを指摘したのに裁判所が判決で判断しなかったと答えた人が33%いたほか、改ざんを
指摘したものの和解したケースや裁判が続いている例もある。

(07/09 14:47)

305 :無責任な名無しさん:2006/05/25(木) 21:33:23 ID:vg6YW/ix
>>304
<個人情報保護法>4月全面施行 医療カルテ開示義務化(毎日新聞)
http://beyond.2log.net/akutoku/news/2005/0305-12.html

 ■改ざん続々 疑い例109例

 しかし、いくら開示されても、中身がでたらめなら意味はない。

 大阪弁護士会の石川寛俊弁護士らのグループは、93年以降に医療過誤訴訟を担当した全国の弁護
士約700人を対象にアンケートを実施して昨夏、結果をまとめた。96人から寄せられた回答を分析すると、
カルテ改ざんが疑われる例が少なくとも109件あり、判決で改ざんが認められたケースも9件あった。

 兵庫県内で係争中の裁判では、弁護士が証拠保全で入手したカルテと、患者が直接入手したカルテ、
裁判で病院側が証拠提出したカルテの間で、血圧のグラフが違ったり、病名が違っているなど明らかに
不自然な点があった。

 「間違いを訂正したため」と病院側は弁明したが「どれが本物のカルテか分からない」と証言したという。
 
 その他の例でも「医師の申し送り事項が修正液で塗りつぶされていた」

「看護師が見回った事実はないのに『3〜4回見回った』という紙が差し込まれていた」

「裁判で問題になっている時間帯の分娩(ぶんべん)監視記録の記録紙が行方不明」

「肝臓がんの見落とし事件で、『慢性肝炎』を『肝硬変』と書き換えて症状が悪化していたように見せかけた」――
など、抹消や加筆、抜き取りといったさまざまな手口があった。

 しかし「カルテが改ざんされた」と裁判で患者側が主張しても、立証は極めて難しい。

診療記録などは病院が握っているのに、立証責任は原告である患者側に負わされるからだ。
裁判で改ざんが認定されるのは、病院側から内部告発の証言がある例などに限られる。

306 :無責任な名無しさん:2006/05/25(木) 22:55:13 ID:mE5SN8Xh
>300
>君は馬鹿か。根拠のない君の言い張りと違ってちゃんと説明してやるよ。

その言葉そっくりそのままお返しするよ。君の言う根拠とはかなり偏っており、先入感に満ち満ちている。客観的な視野に立てず、偏狭な視野で情報を分析し結論を出してしまう
なんともはやな考え方だ。 そんな説明は無意味であり、反対のための反対でしかない。他の住人もカルテ改竄薮蛇発言に反応しだしたみたいだし、皆の意見もぜひ論破するんだろうな?

>証拠を医療側が握っているということは、勝訴率の要因としては大きくない。改竄は薮蛇だし、改竄しなくても多くの医療機関は勝てると思って 裁判に臨んでおり、また証拠がなく原告と被告の意見が食い違った時、 医療裁判では原告の意見が採用されている。

かなり痛いぞ君は。改竄は表向き稀であっても記載の欠落はかなりある。後日にカルテが改変されたと認められる等の特段の事情がない限り、当該事実の不存在を事実上推定させる。つまり裁判所がカルテや指示簿の記載が不十分であるとの一事から被告に不利な心証
をとらなければならないというものではない。忙しい裁判官は心証重視?よく言われている事だが、判決は先に決まっているというのは周知の事実?よって現状では原告ではなく被告の意見が採用されている。ちなみに原告勝訴率の低さには医療に明るくない裁判官に
とって被告側の意見が判決文に引用しやすいということも関係している。

>現在の防衛医療では しっかりと証拠を残すことが推奨され、さっさと治療すれば患者が 楽になる場合でも、わざわざ家族を呼び出して署名捺印させるまで 治療が延期されることが多くなっている。

いったいいつの時代のことを言っているのか?そんなのは今に始まったことではない。昨今の医療情勢の中で、医療者はあらゆる可能性を考えて患者に説明をし、それを踏まえた上で患者が治療法を選択をするという時代になってきている。反面、医療者が自分の意見
としてどの治療法がよいかをアドバイスするという姿勢が少なくなってきた。このことが問題。医療者はいろいろな選択肢を示した後で、自分はこの方法をおすすめしますといった姿勢が求められている。

>彼らの誇りにかけて絶対に しないし認めない。

事件の消化率が出世の秘訣とも聞くが?

307 :無責任な名無しさん:2006/05/26(金) 00:13:15 ID:U4FQOeBc
>>303>>305
つまり6割の患者側は、改ざんがあったと思い込んでいるという
内容の記事だね。しかしその中で、改ざんが判決で認定された
≒改ざんの可能性が高い例は15%(0.6×0.15で一割以下)
に過ぎない。改ざんは心証最悪で、決め手がない場合だけでなく、
DQN判決がそこから誘発された例もある。だから戦術として
原告も改ざんを主張するのは間違ったことじゃない。

しかし何と言うか、読解力のない人間が、多くの原告の疑いにすぎない
例全てにおいて、改ざんがあったかのように捉えかねないダメ記事だね。
君が根拠があると勘違いして貼ってしまったのは、素人だから
仕方ないというところかな。専門家なら物笑いだけどね。

308 :無責任な名無しさん:2006/05/26(金) 00:20:32 ID:raWt/7Ss
>>302
お花畑。
それは、弁護士や裁判官に言う事ではない。
政治家に陳情する事である。
そのために日医連があるはずなんだが。
君の意見は、日医連へどうぞ。

309 :無責任な名無しさん:2006/05/26(金) 01:39:04 ID:U4FQOeBc
>>306
勇ましく始めた割には、最初の方のコメントは、抽象的且つ冗長で無駄だね。
内容がない。

>改竄は表向き稀であっても記載の欠落はかなりある。
カルテは書かなければいけないことが、明確に規定されているわけではない。
だから、改竄と欠落は全く次元の違う話である。
(そもそもカルテは裁判のためにつけるものではないため、裁判に
とっての欠落だらけは当たり前の話だ)
実際肝癌の訴訟では、記載の欠落によって原告の意見が採用されている。
また、欠落によって実際の不利益が生じる可能性は、医療訴訟防止の
勉強会で弁護士が再三強調するものなのだがね。
つまり君の被告の意見が採用という主張はあやしい。

>引用しやすい
引用しやすいも何も、再三言っているように、医学上の正当性の
差は明らかにあるだろう。裁判官は文章のプロであり、結論が
出たならば、それに合わせて引用するのは、どちらの場合でも
容易いだろう。

>いつの時代
実際少し前は違っていた。急速にそうなったのだよ。しかももともと
君の書いていることの形式的な弊害についての話だろ。それから
アドバイスが少なくなっているというのは事実誤認だ。多岐に
わたる可能性を説明した際には、普通に皆医師としてお勧めの
選択肢を示すものだが。この部分の君の意見は論外だね。

>出世
まるで明後日のことを言っているように思えるのだが。
ちなみにその部分は、昔の弁護士(と思われる人)のレスの転用だ。
(「しないし」と「認めない」の間に「少なくとも」が入る)

310 :無責任な名無しさん:2006/05/26(金) 01:41:09 ID:raWt/7Ss
>>309
君が、医者でも無ければ、法律に詳しい人間でも無い事が解った。
ニュー速にお引き取り下さい。

311 :無責任な名無しさん:2006/05/26(金) 07:38:18 ID:Ud9aJMmk
>>310
君が、疱瘡でも無ければ、医学に詳しい人間でも無い事が解った。
ハゲ・ズラ板にお引き取り下さい。


312 :311:2006/05/26(金) 08:01:31 ID:Ud9aJMmk
>>310
>>311のような無意味なレッテル貼りは止めた方がいいんじゃないんですか?
あなたの品性を貶めるだけですよ

あなたが法律にどれだけ詳しい人かは知りませんが
司法も加担して都市部でも病院医療の崩壊が加速している事実を
心のどこかに入れておいて下さいな

40過ぎればがん・脳卒中・虚血性心疾患どれが起きても不思議じゃないし
30代でも希じゃない
119をコールして迅速に救急車内に収容されても
行き先が決まらない限り出発できないんですよ
バックドアを閉めたあと赤色灯を回転させたまま
じっと誰かの家の前から動かない場面を
見たことがないようですね

医師がいなければ医療訴訟なし
病院がなければ被告病院開設者なし

313 :無責任な名無しさん:2006/05/26(金) 08:05:33 ID:raWt/7Ss
>>311
>>310 では、無意味なレッテル貼りなど行っていない。
>>309 の書き込みを一瞥すれば、医師法を読んだ事の無い人間の書き込みである事は明白。

314 :311:2006/05/26(金) 08:15:24 ID:M4Iufd+v
>>313
ならばその旨を>>309に伝えればいいだけでは?

「無意味な」に反応しているようですが
「有意味」だったとして「レッテル貼り」そのものは
お好きなようですね
それともあなたの職種には、あなたのような対応を取る方が
多いということですか?

315 :311:2006/05/26(金) 08:21:16 ID:M4Iufd+v
>>313
あ、もしかして医師法24条の
>医師は、診療をしたときは、遅滞なく診療に関する事項を診療録に記載しなければならない。
を取り上げているとか?
この条文と>>309
>カルテは書かなければいけないことが、明確に規定されているわけではない。
は全く矛盾しないと考えます

316 :無責任な名無しさん:2006/05/26(金) 08:23:30 ID:viWu6CGM
>>308
むしろ弁護士や裁判官にいうべきことだろう。
多くの不当判決や不要な医療訴訟は、彼らの誤解からはじまっている。
自分たちにも関係のある社会問題として興味を持たせて、勉強してもらう
ことは悪いことではない。
ちなみに、医師会はすでに死に体と言っていい。
例えるならば、教師が提言するなら日教組にと言っているようなものだ。

317 :無責任な名無しさん:2006/05/26(金) 08:26:43 ID:viWu6CGM
>>315
先に種明かししちゃダメだよ。
きっと今頃恥をかかなくて済んだと、胸をなでおろしているよ。

318 :無責任な名無しさん:2006/05/26(金) 09:55:20 ID:Vuv6Zg+R
しかし何だ、医療過誤訴訟で負けた原告や、
勝ったけど満額賠償してもらえなかった原告は
弁護過誤訴訟をどんどん起こせばいいんでね?
「勝てるし、勝てたらこれだけもらえる」ということを
文書で公言して、原告に期待を持たせたわけだから。
「絶対勝てる」と言われなかったとしても
「確かにそう言われた」と言えば誰にも証明できないし、
「何を説明されたかさっぱりわからないまま
書類にハンコを押した」とか言えばいいんでね?

今の日本では「提出書類の不備のために裁判を
受けられなかった」とかの凡ミスでしか訴えられていないようだけど、
それはあくまでも「今の日本」の話。
医療過誤訴訟も30年ぐらい前まではそんなもんだった。
翻って今のアメリカはどうか。

別に弁護士側に過失がないなら、裁判所が適正に判断して
却下・棄却するか原告敗訴して弁護士の無実が証明されるだけだから、
どんどん訴えるべき。
民事訴訟を起こす権利は制限できない。
現に医療過誤訴訟では原告側弁護士はそういうスタンスだしね。

もし弁護士が誰も代理人になってくれなかったり、
原告側証人に誰も立ってくれなかったりしたら
「法曹界の閉鎖性・かばい合い体質を暴く!」とか叫んでHPを立ち上げ、
本人訴訟すればいいんだし。

319 :無責任な名無しさん:2006/05/26(金) 18:50:48 ID:hgUaI3RN
test

320 :無責任な名無しさん:2006/05/26(金) 23:19:43 ID:9qBuSs9i
                _∧_∧_∧_∧_∧_∧_∧_∧_
     デケデケ      |                         |
        ドコドコ   < 次 の 死 体 換 金  ま だ 〜 ?>
   ☆      ドムドム |_  _  _ _ _ _ _ _ _ _|
        ☆   ダダダダ! ∨  ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨
  ドシャーン!  ヽ         オラオラッ!!    ♪
         =≡= ∧_∧     ☆
      ♪   / 〃(・∀・ #)    / シャンシャン
    ♪   〆  ┌\と\と.ヾ∈≡∋ゞ
         ||  γ ⌒ヽヽコ ノ  ||
         || ΣΣ  .|:::|∪〓  ||   ♪
        ./|\人 _.ノノ _||_. /|\

         ドチドチ

321 :無責任な名無しさん:2006/05/26(金) 23:25:01 ID:zpzDOnvi

『  弁  護  士  の  先  生  』

弁護士の先生が安心して仕事に打ち込めるための保険を御案内しております

弁護士が日本国内において、業務遂行に起因して他人に損害を与え、
法律上の賠償責任を負担した場合の損害について補償する保険です。(20%の団体割引があります。)

1973年安田火災(現株式会社損害保険ジャパン)と共同で、
東京都弁護士協同組合に弁護士賠償責任保険の開発を提案、1975年4月大蔵省(当時)の認可を取得。
以来、全国弁護士協同組合連合会の制度商品として、普及に取り組んでおります。

http://www.kaito.co.jp/imgt/law_mi.gif


322 :無責任な名無しさん:2006/05/27(土) 00:37:56 ID:6C5j4s4/
>309
やっぱり君は痛い人だったのか?

>実際少し前は違っていた。急速にそうなったのだよ。しかももともと
>君の書いていることの形式的な弊害についての話だろ。それから
>アドバイスが少なくなっているというのは事実誤認だ。多岐に
>わたる可能性を説明した際には、普通に皆医師としてお勧めの
>選択肢を示すものだが。この部分の君の意見は論外だね。

いいかげんなこというんじゃないよ。急速?こっちは20年も前に経験済みだ
自分の不勉強を形式的とか言って誤魔化すんじゃないよ。
正に水かけ論。アドバイスの少なさも昨年実体験済み。君は医療難民とか知らないのか?


>まるで明後日のことを言っているように思えるのだが。
>ちなみにその部分は、昔の弁護士(と思われる人)のレスの転用だ。
>(「しないし」と「認めない」の間に「少なくとも」が入る)

これこそ論外。転用だったら何か?しかも医療過誤にあった人の意見ですが、

もともとあなたの発言です。括弧ばっかしで言い訳は見苦しい。

323 :無責任な名無しさん:2006/05/27(土) 10:01:19 ID:zGvoZwwt
>>322
医療難民を増やす活動乙
着々と成果が上がってますね
僻地医療Map
http://www.misaki.org/medical/map/fuel.html
これからもがんがって下さい


324 :無責任な名無しさん:2006/05/27(土) 10:31:31 ID:Q0xRnRYL
>>318
「期待権」の侵害だ!ということで弁護士を訴えるわけですね。

325 :無責任な名無しさん:2006/05/28(日) 22:48:11 ID:sv51lBdU
>>322
見苦しいだの痛いだの書いたところで、君のお粗末な論理が正しくなることはない。
俺の反論に対し、全く具体的な反論が無いのはどういうことだ?
(20年前に何を経験したのか書かなければ全く価値は無い)
それから経験したんだということを、反論にしているのはかなりレベルが低い。
医療界全体のことを俺が語っているのに対し、個人的な体験が反論になるわけも
なかろう。さらに君は、アドバイスが減ったと主張している。それならば
昔はアドバイスが多かったが、今はなくなったという話でなければならないだろう。

ところで、医療難民を経験したと推測される。これは普通に自業自得だと
ほとんどの医者が判断するだろう。治療契約の対象とならなかった相手に
何かしてやる義務はない(この部分はアドバイスの少なさの例として
出されたことからの判断)。また、医療難民になることは、経済的な
問題にすぎないという事実を理解できていないようだが、その辺りも
医療従事者から見れば、相手にするのに値しないものだ。

素人の医療過誤にあったと主張する場合の多くが、単なる思い込みである。
もちろん本当にあったという可能性はわずかながらはある。
とはいっても、具体的な書き込みが何も無ければ、誰も信じないだろう。

326 :無責任な名無しさん:2006/05/29(月) 00:01:25 ID:GMkYnMVa
漏れも医療従事者だが、
何を言っても曲解されるだけでしょ。
具体的な書き込みは他の住人のエサになるだけかと。

提訴する前にこれを嫁!

またまた「日経メ 50の医療事故・判例の教訓」より(無断掲載)
・・・・請求原因が不自然であるにもかかわらず、遺族側が提訴した
のは、以下のような経緯があったのではないかと考えられる。
医療事故は、「医療における以外な結果」とされる。この結果について
の「意外性」の認識は、医者と患者でしばしば食い違う。
医師には、医学が進歩した現在でも、依然として人体は未知の秘境であ
り、何があってもおかしくないとの基本的認識がある。このため、最善
のことを実施した場合でも、やむを得ず悪い結果が発生することがあると考える。
他方、患者や家族はそう思わない。とにかく「考えてもいない、説明もされて
いないことが起った」「自分の例も病院の『過誤』ではないか」「他の病院を受診
していればこんな結果にならなっかった」
・・・・などと考えるのではないだろうか。この点での両者の食い違い
が、紛争の最大要因となる。

「過誤」があった可能性を考えるなら、「過誤」が無かった可能性も
考えるべきでしょう。
よく検討しないで提訴するのは、「医師の誤診」と同じでしょうな。
敗訴の場合、代理人への着手金、実費、印紙代など、パーです。



327 :無責任な名無しさん:2006/05/29(月) 06:33:21 ID:N2KPyYS4
訴訟は医療過誤を防止しない
 訴訟とは原告と被告とが「法的」議論を闘わせるものであり,過誤の事実があったかどうか,賠償の必要があるかないかを「法的に」認定するのは陪審員や判事である。
担当弁護士の訴訟技術の優劣など,「科学」以外のさまざまな要因がその決定を左右する以上,訴訟の結果が「科学」が認定する過誤の有無と乖離することは避けようがない。
 しかし,訴訟の勝ち負けは過誤の事実とはまったく関係のないところで決まっているというHMPSのデータが正しいとすると,過誤訴訟の結果が,医療「過誤」を防止する努力や医療の質の向上をめざす努力を奨励するという学習効果を及ぼすことは期待しえない。
医療の質を本当に向上させることよりも,訴訟に負けないことが優先されることになり,だからこそ,米国の医療にDefensive Medicineが横行するのである。
 過誤の被害を受けた患者が訴訟を起こさなければ被害に対する救済を受けることができないという制度は,救済制度として機能していないだけでなく,医療過誤の防止という観点からも矛盾だらけの制度なのである。

http://www.igaku-shoin.co.jp/nwsppr/n2002dir/n2489dir/n2489_05.htm#00

328 :無責任な名無しさん:2006/05/29(月) 08:12:02 ID:EYqW2c1D
322 VS 325
325に一票

329 :無責任な名無しさん:2006/05/29(月) 08:25:38 ID:1QucXbxT
>>326
このスレで曲解されている例ってあるか?
(確信犯で煽っている奴は別として)
そういう疑問を生じるような話は、具体的に何番のレスで
見られるようにとか、具体的に書くべきでは?

330 :無責任な名無しさん:2006/05/29(月) 22:50:07 ID:FKyCVqxX
以前裁判官は文章のプロであり、結論が
出たならば、それに合わせて引用するのは、どちらの場合でも
容易いだろう。
の発言があった。でもこれおかしくないか?結論の出し方が問題であって
どちらの場合でもと含みをもたせてはいるが、
基礎知識のない裁判官に対して、原告は言い掛り。仕事を増やして面倒な奴
という風に印象づけられるケースは多々あり、訴訟の勝ち負けは過誤の事実
とはまったく関係のなく決まること(事実誤認)を肯定、容認するかのような発言である。


331 :無責任な名無しさん:2006/05/29(月) 23:10:04 ID:R52koi+M
>>330
それはある程度仕方のないことではないのかな?

医療過誤があったかなかったか、という争いのそもそもが本人または親族等の
『思っていたことと違う』に根ざしていることから来てるからね

明確に『この点が契約不履行だ』という指摘のしかたじゃないんで、マスで考えれば
実際にも言い掛りが多いってのは避けられないでしょう

ここでの論争でも、医療側も、法曹の側もたぶん意図的にそれを除外しないで
争おうとしてるから噛み合わないのだと思う

数の上では大半は言い掛り、しかし、そうでない事例の中には本当に悪質なものも多い
(診療内容、事前事後の説明、提訴前・後の改竄などいろいろな次元で)

皆さん、敢えてだと思うけどそういう種々雑多な事例を1色に塗ろうとしているのは何故なの?

332 :無責任な名無しさん:2006/05/30(火) 08:08:32 ID:tKgLQlwO
>>331
ほとんど同意なんだが、ここに具体的に出ている例は、あえて分けるならば
前者に属するものばかりだと思う。だから、それらにコメントすれば
勘違いの修正だけだから、自ずと一色に塗るように見えるのでは。
皆の主張は、あくまでマスとして数の上は圧倒的に前者が多いという
主張であり、ダメな医療機関の存在を否定するものではないよ。

333 :無責任な名無しさん:2006/05/30(火) 08:22:44 ID:tKgLQlwO
>>330
その部分は、あくまで引用しやすいから被告が勝つという意見に
対しての反論。心象がいかに重要かという常識からみても、裁判官が
意外と主観で判断している印象は拭えないが、建前では証拠等から
客観的に判断すべきものであり、主観的に判断することは全くいいこと
ではない。
ちなみに、医療裁判の記録をみていると、裁判官は医療裁判において
仕事を増やした面倒な奴というより、マスゴミに洗脳された庶民と
同じく、悪徳な医者によって被害をうけた可哀想な弱者という先入観を
もって裁判に臨んでいるように思える。でなければ、非科学的な
言い掛かりを正当と認めるような変な判決を乱発させて、自分たちの
仕事を増やそうとなどしないでしょう。その裁判官が言い掛かりだと
判断するような内容なら、それは最初から言い掛かりの度合いが
強いということでは。

334 :無責任な名無しさん:2006/05/30(火) 18:01:52 ID:CdOXuDJL
>>331

悪質な事例への鑑定意見書(抜粋)

医師や患者が納得できる審理を願う。



医療訴訟というものは、推理小説を解くように調べていけば、医師が嘘をついている場合、必ずボロを出していくものです。

本件のF医師の主張は、しっかり検証すれば支離滅裂なものですが、裁判官殿はなぜこれほどまでに、裏付けのないF医師の主張を採用したのでしょうか。

我々は裁判所を信頼しています。しかし、この訴訟で、その信頼を見事に裏切られたと思っております。

判決文には、医学的部分、ほぼすべてに理解不可能な記載が書かれていました。

医師としての常識が裁判所では全くの非常識になる恐怖を感じましたので、少々、苦言を申し上げたいと思います。

医師の「カルテは記録にしかすぎず」として我々の仕事を侮辱し、素人ゆえの裁判官殿の独自の解釈で、医学、医療界の常識を変えられては、患者さんはもちろん、真っ当に働く医師も救われません。

本件の裁判所の判決は、単なる無知ゆえの過失で、これでは、真面目な医師のやる気も損なわれますし、不幸な患者が増えていきます。

再度、審理をし直し、我々医師、そして、裁判所を信じる者に対して、納得できる正しい医学解釈で判決文を期待したいと願う次第です。

以上。


>皆さん、敢えてだと思うけどそういう種々雑多な事例を1色に塗ろうとしているのは何故なの?

自分が施したまたは施すであろう仕事内容を正当化したいが故としか思えない。
例えば問題のあるだろう医師は自分が指摘されたと思い必死になり、同法曹の方も同様の理由かと

335 :無責任な名無しさん:2006/05/30(火) 18:09:57 ID:2+valHoY
>>334
多くの医師の立場としては、むしろ
「自分が真っ当にこなしている仕事内容で逮捕されたり敗訴するのはゴメンだ」っていうことだと思う

その発端が一部の悪質な医師の行状によることは明白なんだけど、昨今の情勢はそういう輩を
断罪する代わりに、手近にいる普通の善良な医師を捕まえて憂さ晴らしをしてるようにしか見えない

336 :無責任な名無しさん:2006/05/30(火) 21:31:23 ID:FQekmtJk
>>334
自分に問題があるから必死になるわけではない。
濡れ衣だからこそ感情的な反発は強い。

つーか、1色に塗ろうとしていると既成事実化するなよ。
それから抽象的な部分の抜粋だけではどちらが正しいか判断できないぞ。

337 :無責任な名無しさん:2006/05/31(水) 00:09:00 ID:ZYbnppGI
弁護士のため息
http://t-m-lawyer.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/post_01be.html
2006年5月28日 (日) 患者と医療の深い溝

 ただ、不幸にして医療ミスが起きたとき、医師が環境のせいにしても患者は絶対に納得しない
(これは弁護士も同じことで、忙しかったからでは理由にならない)。

 個々の医師が匿名で訴えるのではなく、もっと連携して組織的に訴えられないのだろうか。

 こういうことは、どうやら医師も弁護士も同じように困難なようだ。

 しかし、医師の世界の方が、封建的なところで、より困難なようだ。

 弁護士が困難なのは「忙しい。金にならないことをやっていては食べていけない。」という困難さなのだが、
医師の場合「忙しい。」だけではなく「逆らっては医師を続けていけない。」という困難さのようだ。

 こういうところは、本当にお気の毒だ(医師のブログは、弁護士のものよりはるかに多く、
最近では医師のブログだけを集めたサイトもある。
 
しかし、そのブログのほとんどが「匿名」だ。これに対して、弁護士のブログは営業をかねたものも多く、
記名の方が多い。こんなところからも、医師の方々のおかれた状況が垣間見られる)。

 しかし、そのために切り捨てられる患者はもっと気の毒だ。

338 :無責任な名無しさん:2006/05/31(水) 10:11:48 ID:FNZZh8qC
弁護士のため息 勤務医の忙しい理由ー3時間待ち3分診療の原因<患者側の要素>
ttp://t-m-lawyer.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/post_0b04.html

> 私も一患者として、非常に耳の痛いご指摘である。私の場合、
>特に2のビタミン剤などを欲しがる、3の服薬遵守、6の暴飲暴食、
>運動不足、が痛い。


339 :無責任な名無しさん:2006/05/31(水) 21:43:47 ID:jQikqVgA
                _∧_∧_∧_∧_∧_∧_∧_∧_
     デケデケ      |                         |
        ドコドコ   < 次 の キ チ ガ イ 相 談 ま だ 〜 ?   >
   ☆      ドムドム |_  _  _ _ _ _ _ _ _ _|
        ☆   ダダダダ! ∨  ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨
  ドシャーン!  ヽ         オラオラッ!!    ♪
         =≡= ∧_∧     ☆
      ♪   / 〃(・∀・ #)    / シャンシャン
    ♪   〆  ┌\と\と.ヾ∈≡∋ゞ
         ||  γ ⌒ヽヽコ ノ  ||
         || ΣΣ  .|:::|∪〓  ||   ♪
        ./|\人 _.ノノ _||_. /|\

         ドチドチ

340 :無責任な名無しさん:2006/06/02(金) 07:01:12 ID:y/9Cfjcw
後医は名医は確かな表現と思います。
あとから診察した医師のほうが情報が多いので、
正しい診断をするのは当たり前のことです。
しかしながら、明らかに誤診している場合もあって、
非常に対応に困ることがあります。
私の場合、近隣の開業医2軒(70歳と47歳)が信じられない診断や治療をして、治らないため紹介状の持たずに私どもの総合病院を受診されます。(かならず月に2〜3人)
患者さんに現実を説明し、もしその患者さんが訴訟に
持ち込みたいと希望したなら100%その開業医が敗訴するような症例も多数あります。
その開業医のひとりは私の卒業大学の33年先輩になるため、
私自身も何もできないのが実情で、結局は自分で対応し治療してうやむやにしております。
私の勤務する総合病院の医師はほとんどが臨床のみならず研究活動や学会発表をしており最新の治療を患者さんに提供していると思います。
しかし、近隣の開業医の先生たちはもっぱらお金を稼ぐことと、ゴルフや海外旅行に行くことを考えております。(特に借金のない50歳以上の開業医の先生)
同じ医師免許を持っていても、総合病院との知識の差が大きすぎて、病診連携がうまく機能していません。
一番言いたいことは開業医の先生たちは勉強不足です。
にもかかわらず政治家をバックアップしているのは裕福な開業医たちなのです。
後医の重要性からは脱線気味ですが、初期治療を担う開業医の先生方がもう少しきちんと診断をつければ、
医療過誤も減らせるはずです。
弁護士の先生方達にも医療の現実を知って欲しいという希望から、コメントをした次第です。

これも抽象的とかレアなケースとかいって一蹴されるのでしょうか?
問題のある医師は自分が問題があるなんて思っていないでしょう。これこそ第三者機関が必要かと。

341 :無責任な名無しさん:2006/06/02(金) 16:26:07 ID:nfRL7p+F
>>340
そんな状況はどこでも一緒。
医療過誤は個々の責任問題であり、他人は関係ありません。
あなただって、最初から近隣の開業医の先生たちの診断を信用して
治療を進めているわけではないでしょ。
自分に火の粉がかからないように、患者さん個々について様々なリスクマネージメントを
行い、インフォームドコンセントを行っていくことが大切です。
あなたのおっしゃる近隣の先生方がその調子で個々が訴えられて、時期尚早に消えていくことを祈ります。
そうなれば法の裁きによって医療過誤が減るでしょう。

342 :無責任な名無しさん:2006/06/03(土) 01:25:45 ID:TcxOEBuk
前医がほっぽらかしにして、手遅れ状態で後医のとこに運び込まれて死亡して。
なんてので後医が訴えられるなんて結構あるね。


343 :無責任な名無しさん:2006/06/03(土) 19:42:03 ID:oW9XHncM
産科・小児科医療崩壊は医療訴訟が原因Part3
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1148552708/
211 名前:法の下の名無し [] 投稿日:2006/06/03(土) 01:11:16 ID:FAoTyNYm

実証するという概念が存在しない日本の法学では、不可能かも
知れないのだが、
>産科・小児科医療がが全国で崩壊の危機に瀕しているのは、
医療訴訟において理不尽な判決が続出していることが
真の原因です。

と言う命題が真なのか偽なのか、知りたいとは思わないか?

218 名前:法の下の名無し[sage] 投稿日:2006/06/03(土) 11:06:43 ID:DkwasepW
とりあえず罵りあいは据え置いて
>>211を検討してみることは有意義かと。
民事・刑事双方で。

それが真ならば
どのような要件で医師に免責を認めるか(認めてほしいか)
おそらく民事と刑事で程度が異なると思うが。

その辺のお医者さんの意見が聞いてみたいのです。

344 :無責任な名無しさん:2006/06/03(土) 19:42:37 ID:oW9XHncM
>>343
219 名前:法の下の名無し[sage] 投稿日:2006/06/03(土) 12:01:43 ID:Ugl0T3o3
似非法曹さんたちがいなくなって、一気に過疎ったかと思ったら
えらく高尚なスレになってきましたね。
望むところです。

>>218
医師です。法律に関しては素人ですので、補完をお願いします。

私の考える刑事免責の条件は
1.明らかな故意を除いて警察、検察は医療事故にはタッチしない
2.専門医、弁護士(or/and 検事)、(+一般有識者?)で第三者機関を設置し、これが調査にあたる
3.第三者機関の権限としては罰金刑、医師免許停止/剥奪、検察への刑事訴追指示を可能とさせる
4.第三者機関を評価するためのシステムの構築(これは裁判所でいいのかもしれない)
です。
民事免責に関しては、第三者機関による調査が十分行われるなら
それがある程度、民事訴訟乱発の抑止力になると思います。
しかし産科限定で、無過失補償制度の策定は必要だと思います。
この無過失補償制度を利用する患者は同じ案件に関しては民事訴訟は行うことができないようにすれば
産科の民事訴訟による負担が軽減されると思います。

ここで問題になってくるのがその財源です。
医師、患者両方から徴収し、国が補助する形が良いと思います。
医師には第三者機関設置、維持に要する費用の納付を義務付け、これを怠るものは医師免許の停止する。
患者からは外来受診時、入院時にその費用を徴収すれば良いでしょう。
さらに足りない分は国庫からの補助でまかなうでいけると思います。

問題は産科の無過失補償です
第三者機関の要する費用とは比べ物にならない莫大なものになる可能性があります。
これを医師、患者(妊婦)からの徴収でまかなおうとすると、それぞれの負担が大きく、
結局、産科離れ、少子化に繋がりかねません。
少子化対策費として広く国民に負担してもらわないといけないかと思います。

345 :無責任な名無しさん:2006/06/03(土) 21:09:17 ID:IqPyZ92x
>>337
このスレでは疑いも含め医療過誤の存在があったとしても、過誤そのものが否定され
その原因や対処まで至らず、それを語る人は極少数だった。

1を見る限りスレ主も望んでいると思うが、やっと医療行政、医療周辺領域についての
話になってきましたか?


346 :こんな医師もいますが何か?:2006/06/04(日) 17:51:53 ID:fD4iKjIP
88 :法の下の名無し :2006/05/30(火) 23:59:28 ID:rjlfXkqJ
一人二人じゃない。
全国で産科、小児科、救急に携わる医師がいなくなっている。
外科、脳外科、循環器内科も減少中。
眼科、皮膚科が人気上昇中。
一昔は、「眼科皮膚科が医者ならば、蝶やトンボも鳥のうち」ってぇ感じだったが。
アメリカも同じ。今や眼科は優秀な連中が行く、激戦区。
新人がいないだけではなく、新人を教えるべき中堅どころが大量にいなくなっている。
技術が伝わらない。
ここ数年、ゆっくり世界が崩壊していく感じだな。
数年前までは、それに対して何とかしよう、がんばろうとの雰囲気もあったけど、今は無いね。
俺自身も。
自分の所では産科小児科全滅、内科半減。麻酔科寄り付かず、外科事実上ope不可。
病棟も半分閉鎖。
一人二人いなくなった時には、何とかカバーしようとしたけど、こうなるともうだめだね。
気力も無くなる。
防衛的医療を中心に日々をこなしつつ、安くてもいいから老人病院でも行こうかと思っている。

347 :無責任な名無しさん:2006/06/05(月) 10:22:58 ID:RqPZvx9H
医師の大都市流出は続いているんだよ。で、少なくなった地方では、リスクが高くなっている。
法律論とは関係ないが、どの都道府県のどの町も同じ医療レベルを期待するのは困難に
なっている。例えば、同じ高速道でも区間によって、交通事故死亡率は変わる可能性がある。
田舎に行くのは探検に行くぐらいに思った方が良い。

348 :無責任な名無しさん:2006/06/05(月) 16:21:45 ID:DoJiNJ/h
>>342
そりゃ、後医の家族への説明が不足してるからでしょう。
死んでしまってから実はこうでしたなんていっても後の祭り。
来院時の状況から今後起こりうるリスクと対策を説明して
しっかりと説明内容をカルテに記載しましょう。
家族の矛先が適切な方向に向かうように・・・・

349 :無責任な名無しさん:2006/06/05(月) 23:04:31 ID:b0zGwaaq
              ☆ チン     マチクタビレタ〜
                         マチクタビレタ〜
        ☆ チン  〃 ∧_∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ヽ ___\(\・∀・) <  次の医療過誤まだ〜?
             \_/⊂ ⊂_ )   \_____________
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        | .佐賀みかん.  |/

350 :無責任な名無しさん:2006/06/07(水) 18:40:07 ID:cnFSEYmw
>>345
つーか、素人が勝手に疑っているだけで、過誤でないのが明瞭な例ばかりだし。
君の発言は勘違いがひどすぎる。

351 :無責任な名無しさん:2006/06/08(木) 07:03:58 ID:mW/9D2y0
>347
>医師の大都市流出は続いている。
>少なくなった地方では、リスクが高くなっている。
>どの都道府県のどの町も同じ医療レベルを期待するのは困難.

地方在住なので医療レベルはそれほど期待していないが、いざという時には「ウチでは無理
です。他所で適切な治療を受けて下さい。」とは言って欲しい。っていうか今後は言わせる。
だらだら囲うようなことは止めてくれ。



352 :無責任な名無しさん:2006/06/08(木) 08:25:39 ID:8Jja2iwI
>>351
どうやって素人がその施設の医療レベルを判断するのかな?
面倒な患者や採算に合わない患者は、むしろ簡単に他所にやれたらと
思って医療従事者は日々診療している。
君の言っていることは、多くの医療従事者にとって笑止レベル。

353 :無責任な名無しさん:2006/06/08(木) 16:05:28 ID:4Naagx4+
死ぬかも知れないような重症患者は全員
他院に回せたらどんなにいいか。
オレはそう思う。

354 :無責任な名無しさん:2006/06/08(木) 16:43:13 ID:UHOXJrKU
>>353
もう全員坊主のとこ送ったったらええやん
どうせそこに世話になるんやし
あっちの方が間違いなく金持ってるし、税金面で優遇されすぎてるし
棺桶に両足突っ込んでるような患者はもう死人扱いであっちで責任持ってもらうことにすればいいやん
学会員なんか本部に送ってやれば「ありがとうありがとう」と言いながら喜んで逝くんじゃないの

355 :無責任な名無しさん:2006/06/08(木) 18:26:22 ID:ZuJxCzx+


356 :無責任な名無しさん:2006/06/08(木) 21:35:21 ID:mW/9D2y0
>>352
事前に施設のレベルが解らないのが問題。玄人であろうキミの勤務先レベルは当然把握していると
思うが、でどうよ。自分はかかりたくないくせに他人には勧めるんだろうな

>面倒な患者や採算に合わない患者は、むしろ簡単に他所にやれたらと
>思って医療従事者は日々診療している。

それが本音かと。では質問。簡単に他所にやれない理由は何故?


357 :KILL ◆Yem0w0G/Eo :2006/06/08(木) 23:21:58 ID:WTEk7xX0
>>356
> 事前に施設のレベルが解らないのが問題。
> 簡単に他所にやれない理由は何故?

処分すべきゴミがあまりにも危険だったら、どこのゴミ処理屋も処分を嫌がるし
処分すべき汚物があまりにも汚かったら、どこの汚物処理屋も処分を嫌がるだろよ
でも自分の所で処理が嫌だといって簡単に他所に回したら、回した先に迷惑だろよ。

結局は病人が大病院に群がるが如く、ゴミはデカいゴミ処理場に集められ処理されることになる。
その前にゴミの分別がされていないと処理に莫大な費用と労力が必要となってくる。
そこで自前でなんとか分別つけてデカいゴミ処理場に運ぶのがゴミ処理屋の仕事。
またゴミ処理屋を通さずにデカいゴミ処理場に直接ゴミ捨てるのもご法度となる。
ゴミ処理屋のレベルはデカいゴミ処理場には関係あるが、ゴミには直接関係あるまい。

ところで「理由は何故」って何て読むの?w

358 :無責任な名無しさん:2006/06/09(金) 13:32:01 ID:mjKqZjzv
>>356
事前どころか事後でも素人にはわからんだろ。
君のような素人の言動で実際失笑することは少なくないよ。
ちなみに自分の病院にかかりたくないと医療従事者が言う時は、
知り合いで気をつかうからとかの理由が多い。もちろん医療機器や
専門医がいないなどの事情で他医にすることもあるがね。
特殊な疾患を除けば普通に自分のところを皆利用しているし、
スタッフの家族も利用している。便宜をはかってもらえることや
内情がわかっていることから、その方がいいのは当たり前。

簡単にやれない理由は簡単。
来た患者を断ることの方が、はるかに強く非難されることが多い。
応召義務の観点で若干問題がある。最近は判例で転送義務を
示したものがあるので、それを方便にして転送しているが、
まだ少し抵抗があるよ。
少なくとも君は、採算の面だけから言えば、医療機関が一人でも多くの
患者を診たがっているわけではないことを理解する必要がある。
君がその施設で治療を受けるように説得されるのは、理解力のない
素人だからという医療機関側の温情に過ぎない。
君の主張が医療従事者にとって笑止である訳がわかったかな?

多分君又は君の家族が受診して、馬鹿なことを堂々と主張したら
こういう話になると思うよ。
「ウチでは(あなたの希望に合うような医療をすることも、あなたで採算の
合う医療をすることも)無理です。(そんなところがあるかどうか
わかりませんが、自分で探した)他の所で適切な治療を受けて下さい。」
そう言われても君はいいのかな?

359 :無責任な名無しさん:2006/06/09(金) 15:24:44 ID:VHlRVebq
相談しろボケカス

360 :無責任な名無しさん:2006/06/09(金) 21:18:35 ID:N4E0hcFc
              ☆ チン     マチクタビレタ〜
                         マチクタビレタ〜
        ☆ チン  〃 ∧_∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ヽ ___\(\・∀・) <  次の医療過誤相談まだ〜?
             \_/⊂ ⊂_ )   \_____________
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        | .佐賀みかん.  |/

361 :無責任な名無しさん:2006/06/10(土) 17:57:10 ID:eHyHuY+J
>>358
簡単にやれない理由は簡単

自分の施設のレベルが知れるからの間違いでしょ。
実話ですが、他医に数ヶ月入院するも、黄疸症状の良くならない人が自らの意思で退院、
当時母の入院していた病院に入院してきた。肝硬変
寸前だったとかで後医もビックリしていた。

笑止、笑止って多くの医療従事者はそこそこ真面目にやってると思うぞ。いまどきコスト
意識のない医療従事者は少ないと思うが、それでも事務方ほど露骨ではないのでは?

>「ウチでは(あなたの希望に合うような医療をすることも、あなたで採算の
合う医療をすることも)無理です。(そんなところがあるかどうか
わかりませんが、自分で探した)他の所で適切な治療を受けて下さい。」
そう言われても君はいいのかな?

ぜひそう願いたいところだ。今はインフォームド・コンセント
(一方的で限定された説明等)が否定され、「インフォームド・チョイス」
の時代に突入したらしいが、意図的がどうかは別として、そこまで説明やアドバイスしないことが問題。
個人的なことだが、患者家族はリアルタイムで施されている治療のレベルを把握することは難しい
仮に文献、ネットで調べても、疑問に気づいた時点でタイムアップとなってしまった。

362 :無責任な名無しさん:2006/06/11(日) 00:29:23 ID:dpzbegKY
このスレで答えてる人の考える医療過誤の定義って何?

故意・過失・偶発症・低成功率処置をどう分類して相談アドバイスしてるのか目安を書いてみそ




363 :無責任な名無しさん:2006/06/11(日) 00:32:38 ID:dpzbegKY
何でもかんでも説明義務違反で因縁訴訟に持ち込む輩が増えそうでやだな




364 :無責任な名無しさん:2006/06/11(日) 08:31:33 ID:djje9FbX
348から引用
死んでしまってから実はこうでしたなんていっても後の祭り。
来院時の状況から今後起こりうるリスクと対策を説明して
しっかりと説明内容をカルテに記載しましょう。
家族の矛先が適切な方向に向かうように・・・・

このような施設ばかりだったら言葉は悪いが、因縁訴訟は起こらないし、起こっても
数は減るでしょう。よって訴訟を心配しているのは普段の診療に何か問題でも?

365 :無責任な名無しさん:2006/06/11(日) 11:31:04 ID:rNsUepMz
>>364
世の中にはどうやっても通常の会話が成立しない方々が
ゼロでない割合で居住してらっしゃいます

殺人犯がなくならないのと同じ

366 :無責任な名無しさん:2006/06/11(日) 22:58:48 ID:5deCXJbg
何を幾らやっても因縁訴訟は起きるんだよ。

どんなに説明しても聞く耳持たない人はいるし,病院入った患者が
死んだら医療過誤があったに決まってると思いこむ人って
本当に居るんだから。

まあ努力で減らせることはできるだろうけど,ゼロにはならん罠。
カルテの記載etc.はむしろ紛争後に備えての予防だよな。

367 :無責任な名無しさん:2006/06/12(月) 00:38:17 ID:QKFudOt7
>このスレで答えてる人の考える医療過誤の定義って何?
>故意・過失・偶発症・低成功率処置をどう分類して相談アドバイスしてるのか目安を書いてみそ

結局これに答えられる人はだれもいないのに医療トラブル相談なんて、論理的に成立しない嘘っぱち相談

ついでに説明義務違反も加えて、故意・過失・偶発症・低成功率処置・説明義務違反をどう分類して相談アドバイスするの?


だれも答えられないんだろ
すべて説明義務違反で処理するつもりか?

それこそスタンス自体が因縁訴訟以外の何者でもないな

ローで大量生産された愚者迎合の食詰弁護士ばかりになる前にどうにかしろ



368 :無責任な名無しさん:2006/06/12(月) 00:42:08 ID:QKFudOt7
こちとら肉体労働で日銭を稼いでるようなもんなんだよ

弁護士が100%勝訴しないようにすべての処置が上手くいくなんて幻想以外の何者でもないだろ

ある確率で事故が発生することを業務の前提として織り込まないと仕事なんて出来るわけがない



敗訴した弁護士は聞き取り不十分・説明義務違反でどれだけ賠償金払うッつーんだ? おい



369 :無責任な名無しさん:2006/06/12(月) 08:19:53 ID:TkRptTrp
>故意・過失
とうぜんアウトで過失しょ

>偶発症
それぞれの処置や治療には、それぞれある確立で偶発症は必ず起き得ます。
これを医療過誤とするなら、なにもできなくなるね。

>低成功率処置
現代の医療水準に照らし合わせて、ある個人が特別に低成功率であれば問題。

偶発症に関しては、起きてから説明しても後からとってつけたように
受け取られてもしょうがないけど。
だから説明してなければ、説明義務違反で処理されちゃうんでしょ。
いちいちすべての処置や治療の偶発症を説明するのも大変だな。



370 :無責任な名無しさん:2006/06/12(月) 10:29:31 ID:33Eag1Ak
あなたは死にます。当院での治療で助かればラッキーです。
それでよろしいですか。ご家族の方もよろしいですか。

371 :無責任な名無しさん:2006/06/12(月) 13:26:40 ID:FtMWJAwW
>>370
大怪我とか大病の場合の医療ってのはそういうもんだと思ってたがなぁ
他の人は違うんかなぁ

372 :無責任な名無しさん:2006/06/12(月) 13:59:59 ID:IMUE/2Ii
>>361
医学的なことは素人だから仕方ないとしても、君は論理的な思考も、
きちんとした読解もできないようだね。問題が知れるから転送したくない
などということは普通ありえない。医療は診断がつかないことなどいくらでも
あるし、それ自体は全然問題ない。わからない、手におえないならさっさと
送って何のデメリットもない。むしろわかっている(又はわかっていると
思っている)から何ヶ月も引っ張るわけだよ。
その母の実例とやらだが、専門医から見れば、患者側の勘違いの臭いが
ぷんぷんしているんだが、もう少し詳しく説明するつもりはないかね?

君が笑止なのは、立場をわきまえずに逆のことを言っているからであり、
医療側のコスト意識は関係ない。君の願い通りになった場合、
君には何のチョイスも与えられることなく、その病院を去り、自分で
次の病院を探す羽目になる。現状としてそうなっていないのは、
医療側のコストを無視した温情又は遵法意識ゆえに過ぎないのに、
自分が来て欲しがられている客なんだと勘違いしている点が痛いんだよ。

373 :無責任な名無しさん:2006/06/12(月) 21:54:16 ID:2PUFgUY8
>372
>むしろわかっている(又はわかっていると
>思っている)から何ヶ月も引っ張るわけだよ。

これこそ勘違いかと、逆でしょ。解っている、解っていたつもりで引っ張る。ことが問題かと
結果症状の悪化を招き転院説明のタイミングを逸っしている。担当医は自分の判断ミスが招いた結果なのでカミングアウトして楽になりたいのだが、自施設の体面上、上司や他の医師が患者を囲ってしまう。


>立場をわきまえずに逆のことを言っているからであり

立場って何だよ!一般人だから解るってこともあると思うのだが、
逆って ハァ?何にでも反対意見があるのは当然だろう?医師か法律家かは知らんが自分に有利なロジック?をふりかざすあなたはさぞ立場のある方なのでしょうね。過去の文面からも現在の医療における問題点を正当化し過ぎ。もし医師だったら恐いな。免許返して廃業してね。

>自分が来て欲しがられている客なんだと勘違いしている

んなこと言ってないし、行きたいとも思わない。全てアンタの勝手な思い込み
温情で診療し症状悪化、死亡はキツイだろ!
そんな温情はいらない。そんな温情又は遵法意識とやらは何でもアリか?
罪にはならんのか?

肝硬変患者の症例は又聞のため詳細は不明。またもや勘違いで一蹴ですか?
それこそお得意の御都合ロジックで解説してくれ。


374 :無責任な名無しさん:2006/06/12(月) 23:36:35 ID:IMUE/2Ii
>>373
一般人だから解るということもあるという一般論は否定しないが、
あくまでもそんなこともあるというくらいの話だろ。
反対意見があって当然という話で自分の意見を正当化するにのに至っては
なんだかため息すらでるレベルなんだがなぁ。
医療の問題点と素人が出してくる話は、大抵素人が陥りやすい知識の盲点に
由来する。そんなものは全て否定されて当たり前だ。同じ人間の意見だから
同等だなどとゆめゆめ思わぬことだよ。具体的に、どの部分の正当化が
おかしいという意見でなければ価値はない。

読解力のない君に説明するのはかなりしんどそうだが、とりあえず。
君のようなスタンスの患者は、全ての病院から断られるはずということだ。
そうされない現状が温情だという話。たまたま行った施設で、予期した
結果がえられない事自体はどんな病院でもありうる。それが理解できない
君はどの病院にも行くべきでない。全ての病院が喜ぶだろう。

肝硬変になる原因というのはそれほど多くない。
また、そうなる経過も治療法も想像がつく。
一番多そうなパターンは前医入院当初から肝硬変というものだ。
次は、重症の肝炎で、これは基本的に安静にしておくしか治療法はなく、
しかしながら肝硬変になるのもある。
詳細は不明だからこんなところだが、無知な素人とは違うのだよ。

375 :無責任な名無しさん:2006/06/12(月) 23:49:36 ID:noGR50mY
>>373
>一般人だから解るってこともあると思うのだが、
プロサッカーやプロ野球の采配と全く同じ

376 :無責任な名無しさん:2006/06/13(火) 01:14:23 ID:NZxbteOn
>374
たまたま行った施設で、予期した
結果がえられない事自体はどんな病院でもありうる。

そんなことは百も承知。、ただアナタの無気力医療、防衛医療を容認する発言が目立ち、
それがさも当然であるかのように解説しているのが鼻につく。他の多くの医師は違うとおもいたいが。

ご自分を随分と評価されてるようだが、一般人とか素人とか言ってる時点でどうかと?
ちょっと調べりゃ解ることを自慢されても困るのだが、っていうか患者側の勘違いの臭いが
ぷんぷんしていることの解説になっているのか?それこそどの部分が勘違いかを説明しなければ
価値はない。


377 :無責任な名無しさん:2006/06/13(火) 08:40:44 ID:IyzwYtwa
>>376
百も承知なら、君の一連の馬鹿な発言はありえないだろう。
鼻につこうが、違うと思いたかろうが、それが絶対に近い現実。
つーか、現実に則った、具体的な反論はないのかね?

はっきり言って、素人でもわかるような説明をしたつもりだ。これで
わからない学力の人間が、ちょっと調べれば解るなどとコメントするのは、
片腹痛い。(小学生でもわかるような説明でも希望するかね?)
今世の中には、ちょっと調べれば解ると勘違いしている素人、一般人が
増殖している。彼らは出鱈目を主張した挙句、こちらに論破されると、
素人だからわからなくてもしかたないとか、相手の説明が悪かったとか、
病者に対しての思いやりが足りないとか言い出すのがお決まりのパターン。
医療従事者はそんなのにウンザリしているんだよ。論理的でないことを
平気でやる恥知らずや、論理すらない馬鹿(多分君は前者でなくて後者だね)
には医療機関に受診してもらいたくない。

378 :無責任な名無しさん:2006/06/13(火) 10:05:43 ID:IMFhCKql
お前ら暇だな

379 :勘違いしている素人:2006/06/13(火) 10:19:29 ID:5MwR5VXm
ちょっと調べた結果、私は癌に対して免疫療法やってみます。
これならまだ初期癌なのできっと治ると信じています。
抗がん剤は副作用で死ぬのでイヤです。手術は麻酔が怖いのでイヤです・・・。

380 :無責任な名無しさん:2006/06/13(火) 10:24:52 ID:5+BANbPz
>>379
癌恨みながら死ねばいいじゃん

381 :自己主張のみで意見を聞く耳持たない素人:2006/06/13(火) 10:33:41 ID:5MwR5VXm
どうして手術をもっと強くすすめてくれなかったのですか!!
今になって手遅れだなんて・・・(T_T)
免疫療法では治らないといってくれれば、手を出さなかったのに。
訴えてやるーーー!!



382 :無責任な名無しさん:2006/06/14(水) 10:24:02 ID:mmV4r5K+
免疫療法だって副作用で死ぬかもよ。

383 :無責任な名無しさん:2006/06/15(木) 21:53:54 ID:x/PiV4iw
温情診察等云々は治療はしますが、治療の質は選べません。仮に後遺症、死亡した場合でもこの病院に来たあなたが悪いのです。ということなのか?質を問わない医療機関の存在を容認し患者及び他の真面目な医療従事者をを愚弄している。
この点が正当化の匂いプンプンだな

最初から医療に疑問を持っている人はいない。少なくとも私はそうだった。ただ人生を経て成長する過程において医療機関で被害を受けたり、医療過誤の報道を見聞する度に疑問を持つに至るのだと。

●自称VIPであろう374は常にレベルの高い医療を受けているはずなので医療過誤の存在を認めないし、認めたくない。
●本物のVIPは身分をわきまえており、まして他人に身分をわきまえろ等と言うだろうか?。
●医療の質を云々言うのは下々の者のことで自分には無問題。もしくは考える必要がないと思っている。

よってあなたの発言はあなたの脳内での事実、現実であって多くの一般人のアドバイスには相当しない。

でいいか?


384 :無責任な名無しさん:2006/06/16(金) 00:25:07 ID:dM4dAPI7
>>383
温情というのは、選べるかどうかとは関係がない。温情がなければ、
質の悪い患者は医療機関にかかれなくなるということだけだ。多くの
医療機関が温情を持っているから、現実として質の悪い患者でも
かかることも選ぶこともできる。と普通の学力の人間なら読解できるはずだよ。
当然質を問わない医療機関の存在を容認しているわけではないし、
他の医療機関を愚弄してもいない。患者の中でも、最近よく見かけるように
なった勘違いした馬鹿を蔑んでいるだけだ。君の学力の低さは目に余るなぁ。

中には本当に被害を受けた人間も稀にはいるが、このスレで具体的に且つ
明確に多くの素人が否定されているように、多くの場合それは自称被害者の
思い込みである。マスコミのひどさは、言うまでもない。つまり君が
疑問を持ったことを正当だと裏付けるものは何も無い。

最初の●⇒理由自体がもともと成立していない上に、理由が正しかったとしても、
この結論の根拠にはならない。結論自体も事実ではない。
二つめの●⇒身分又は能力の低い人間が、僻みから時々発するお約束の理屈。
現実はそんなに甘くない。
三つ目の●⇒誰にとっても医療機関選びは重要だろう。私には可能だが、
能力の低い君にはおそらく無理だろう。

というわけで、君の言っていることは100%否定されたわけだ。
つーか、普通それだけ長く書けば一部くらいは正しいことも入っている
ものなのだがねぇ。その能力から推測される君の実生活の哀れさを
想像するとちょっと可哀想になってくる。

385 :無責任な名無しさん:2006/06/16(金) 10:26:36 ID:HG93ZX4h
元検弁護士のつぶやき
http://www.yabelab.net/blog/2006/06/15-170330.php
2006年06月15日 慈恵医大青戸病院医療過誤事件判決

 本件の被告人の医師らは、それらのいずれもが欠落していたように思えますが、
上記の「はーい、生まれました。男の子でーす」という言葉からは、万全の準備
以前の医師としてのモラル、責任感、使命感、自らがメスを振るうことに対する
おののきのようなものの欠如を感じるのです。

 言葉尻を捉えた揚げ足取りだという批判もあろうかと思いますが、私は、言葉
尻の中にこそその人間の本音が表れる場合があると思っています。

 医療過誤事件として立件された事件が何件かありますが、その中には警察・検
察の立件のあり方自体が批判されているものもあります。

 その中で、この事件は医療関係者の間ではどのように見られているのでしょうか。


386 :無責任な名無しさん:2006/06/16(金) 20:58:38 ID:1tBwuEYC
バカ会社、日本○床潰れろ
私にはその力がある

387 :無責任な名無しさん:2006/06/16(金) 21:29:46 ID:8lfaZt8e
>385
リンク先拝見しました。一介の、或る内科医の独白。医療系トラブル相談スレ
として大変参考になりました。この様なお医者様
もいるのですね。ソースありがとうございます。

>医師国家試験は、出題範囲も限られていますし、普通に勉強していれば一発で合格可能です。
>しかしながら、ペーパーテストでは、人間性や医師としての資質が、判定できないところに
>問題があることは、ご周知の通りです。

このスレ見る限り激しく同意。特にキミだよ。分かるね?

388 :無責任な名無しさん:2006/06/17(土) 08:43:15 ID:A7Q2Yypv
>>387
このスレに青戸の事件を擁護している奴がいたか?
(手術時間から判断するに流石に拙いだろう)

しかし、自分を馬鹿にするような奴は人間性に問題ありと簡単に決めつける
その頭の悪さはどうにかならないかね?

389 :無責任な名無しさん:2006/06/17(土) 11:41:47 ID:Ey15lIek
>>388
委員会の活動じゃないんですか?
いいレスだと思いますよw

390 :無責任な名無しさん:2006/06/17(土) 17:16:48 ID:n6K7Pjb9
すみません。相談させてください。

私の父は自治体に勤めている医者です。つまり公務員兼医者ということに
なります。医療ミスといいますか、トラブルがありまして、大きな過失は
していないようなのですが判断ミスのせいで、患者に後遺症を残すことに
なってしまいました。

そして家に度重なる嫌がらせ、怒鳴り込んできたり、電話で散々、あたり
ちらされたり。そして、とうとう訴えられることになりました。ものすごく
たくさんの書類が送られてきて法律素人の私は何が何やら、わからないの
ですが、ものすごく不安です。

自治体と一緒に訴えられる形になったようなのですが、この場合、医師免許を
剥奪されたり巨額の賠償金を支払わないといけなくなるのでしょうか・・・。

391 :無責任な名無しさん:2006/06/17(土) 17:52:19 ID:A7Q2Yypv
>>390
嫌がらせに関しては録音するなり、された日時、内容を記録しておくべし。
(後でお父さんの役に立つかもしれないからこれはやっておこう)
被害者であれば何をしても許されるわけではないし、そもそも被害者か
どうかだって現時点ではわからない。

君のお父さんはそれなりの立場にいるだろうし、対策を何もしていないとは
考えられない。医師であっても公務員の立場はそれなりに強いしね。
その件はお父さんと自治体の人にまかせて、君は家庭でお父さんに負担を
かけないようにしているだけでいい。

392 :無責任な名無しさん:2006/06/17(土) 18:16:57 ID:n6K7Pjb9
>>391

警察官が訴えられるときは自治体、国を通して行われるのと一緒な原理
なのでしょうか・・・。

そうですね。恐らく自治体(病院)も、専門の弁護士等とコンタクトを
とりつつ対策を練ってはいるとは思うので家族の私は、見守ろうかと
思います。嫌がらせだけ黙々と記録して。

393 :無責任な名無しさん:2006/06/17(土) 18:23:24 ID:aDQ0FutD
ID:A7Q2Yypvの正体

お客様は神様。
医療施設擁護を得意とするイソ弁ってとこか?







394 :無責任な名無しさん:2006/06/17(土) 20:59:52 ID:A7Q2Yypv
>>393
医者の世界にも弁護士の世界にも「お客様は神様」なんて言葉はないよ。
理を最優先しない人間は、どちらの場合でも適正がない。

395 :無責任な名無しさん:2006/06/17(土) 21:02:50 ID:4bS1AHZe
私の叔父が町立病院の医師の医療ミスで手術後1週間でなくなりました。
実は、ある看護婦さんから聞いたのですが、主治医と執刀医の検査からの
経緯を口頭で聞きまして、明らかに認識不足での手術だつたそうです。
私は、その看護婦さんに証人になって欲しいとなんども懇願したのですが
拒否されました。
私は、医師の不法行為による損害賠償請求権に基づき民事訴訟をしようと思っています。
そこで質問なのですが。
@所謂カルテは民事訴訟法220条で文書提出義務に該当しますか。
 町は提出しなければならないと考えますがいかがでしょうか。
 つまり公文書で地方公共団体が組織的に持っているものに該当しますので
A立証責任については、原則は、原告にあると思いますが、裁判官の釈明処分に
 より町側に負わす事はできないのでしょうか。
以上、よろしくおねがいします。

396 :無責任な名無しさん:2006/06/17(土) 21:02:59 ID:AURfsQgD
>>390
産科・小児科医療崩壊は医療訴訟が原因Part3
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1148552708/

542 名前:法の下の名無し[sage] 投稿日:2006/06/17(土) 19:36:47 ID:8v6T7v3a
国家賠償法では公務員個人に対する直接請求は棄却されるから、安心しる。
賠償金を支払った自治体から求償請求される可能性は法的にはあるが、医者を大事にする病院なら、そんなことはしない。
求償請求してくるような冷たい自治体の病院は、辞めて転職したほうが吉。何かあった時にスケープゴートに仕立てられる危険がある。

怒鳴り込みされたら、警察を呼んで、住居侵入(+恐喝)だと言って排除してもらう。
家の固定電話の線は切っておけ。携帯からでも110番はできる。
嫌がらせのために精神病に追い込まれたので、傷害罪だと告訴する。

397 :無責任な名無しさん:2006/06/17(土) 22:09:54 ID:aDQ0FutD
>394
医者の世界にも弁護士の世界にも「お客様は神様」なんて言葉はないよ。
理を最優先しない人間は、どちらの場合でも適正がない。

理を最優先するがゆえ、黒いものでも白ってか?悪徳弁護士なる言葉があるが、医師もそうなのか?






398 :無責任な名無しさん:2006/06/17(土) 23:09:46 ID:Tcn4nkKT
ID:aDQ0FutD が論理のかけらも持ち合わせていないことは分かった。

399 :無責任な名無しさん:2006/06/17(土) 23:10:17 ID:vdDsM3H1
>>390
> そして家に度重なる嫌がらせ、怒鳴り込んできたり、電話で散々、あたりちらされたり。

それ本当に医療過誤被害者かね、医師個人の自宅に押しかけるなぞ尋常ではありえない。
自宅をどうやって調べたのかが疑問が残る。
昔からいる恐喝・たかりが生業の賤民の可能性が高い。過去の当たり屋業務で古傷が一杯ついているだろう。
障害者に見えるからと言って騙されず、毅然とした態度で接すること。
例えば「足が悪くなった」と言って、いきり立って他人を責めているが、
自宅ではスタスタ歩いているような当たり屋と同類と思ってよし。
逆制裁を加える心積もりをこれからも忘れずに。

> たくさんの書類が送られてきて法律素人の私は何が何やら、わからないのですが、ものすごく不安です。

それ正当なルートを介した書類かね。架空請求の文調に似ていないか?
病院の専門弁護士に見せるのを忘れずに。

> 自治体と一緒に訴えられる形になったようなのですが、この場合、医師免許を
> 剥奪されたり巨額の賠償金を支払わないといけなくなるのでしょうか・・・。

過失なければ、その賤民らの医療過誤「でっちあげ」であると認定される。
逆訴訟をかますときはさすがに病院や自治体は協力しづらくなるだろうが、バックアップはして欲しいよな。

400 :無責任な名無しさん:2006/06/18(日) 00:28:38 ID:pTOcwV5o
弁護士リレーエッセイ えせ医療被害者との闘い
http://www3.ocn.ne.jp/~mmic/benngosi.htm#002

集団ストーカーは、裁判(特に医療事故)妨害方法2
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1148966576/

401 :無責任な名無しさん:2006/06/18(日) 01:43:29 ID:x0njDEdK
>>395
> 私の叔父が町立病院の医師の医療ミスで手術後1週間でなくなりました。
手術死=医療ミス?ばかですか?

> 実は、ある看護婦さんから聞いたのですが、主治医と執刀医の検査から
> 経緯を口頭で聞きまして、明らかに認識不足での手術だつたそうです。
認識不足での手術?肺やら心臓やらが腐った不摂生患者に家族の希望で手術して死んだってパターンだな。
つーか、医者から説明を受けていない家族ではないヲマイが騒いでもウザいだけ。
ヲマイの行為はこの板のトレンド、すなわち遠い親戚による病院恐喝・死体換金行為だよww

> 私は、その看護婦さんに証人になって欲しいとなんども懇願したのですが拒否されました。
病院恐喝幇助行為をその病院の職員がするかよ。常識で考えろノータリン。

> 私は、医師の不法行為による損害賠償請求権に基づき民事訴訟をしようと思っています。
不法行為をしているのはヲマイ。損害賠償請求権やら民事訴訟たぁご大層なw

> そこで質問なのですが。
> @所謂カルテは民事訴訟法220条で文書提出義務に該当しますか。
>  町は提出しなければならないと考えますがいかがでしょうか。
>  つまり公文書で地方公共団体が組織的に持っているものに該当しますので
はぁ?公文書の閲覧の権利は誰でも持ってはいるが、不法行為目的なら拒否されるし裁判所も許可しないぜ。
提出の強要とかやらかしたら、下手したら警察に通報されるぜ?

> A立証責任については、原則は、原告にあると思いますが、裁判官の釈明処分により町側に負わす事はできないのでしょうか。
恐喝行為を正当化する権利はヲマエにもありはするが・・・町が正当な医療行為をしている以上は無理。
お前が立証せよw少ないアタマを練ってでもできるならなww

> 以上、よろしくおねがいします。
板違い。駆け出しの詐欺師は裏社会板に帰れ。裁判が脅し文句の「振り込め詐欺」の手口としては甘いとだけは言っておこう。

402 :無責任な名無しさん:2006/06/18(日) 08:13:51 ID:x/u3eMRb
23 名前: 6 投稿日: 02/04/29 03:30 ID:x1cYMFLb

日本の応召義務ってのはホントに厳しいよ。
かなり無理してでも、患者を診なければ法律違反。

一方で、無理してたくさん受け入れて、ポカやったら訴えられる可能性がある。

医師の権利は守られてるのか?
日本は医師の人権が守られていない可能性はないか?


403 :無責任な名無しさん:2006/06/18(日) 08:19:46 ID:qFO8McC2
>>395
たまに義憤にかられた看護婦が患者家族に知らせるといったようなことが
聞かれるが、その多くはそこの医師等に個人的な恨みがあって、第三者を
たきつけていることも少なくないが大丈夫か?まずは本当に医療ミスかどうか
きっちりと検討することだよ。(余程の初歩的ミスや改竄等の類ならともかく
医療の踏み込んだ内容でミスだと判断できる程の医学知識は看護婦にはない)
証拠を保全する実費だけでも数十万の費用がかかるらしい。
繰り返すが、踊らされる前にしっかり検討だ。

よければ具体的な内容をちょっと書き込んでみないか。
このスレは患者側の思い込みミスの相談が多いため、なんだかわからないけれど
医療が悪いはずだと思い込んでいる奴には、医療側を正当化ばかりしているように
見えるかもしれないが、多くは妥当な内容のレスをしているぞ。
否定された場合でも、いろいろ参考になるはずだ。

404 :無責任な名無しさん:2006/06/18(日) 10:38:31 ID:leO9u23B
>>403さんへ
>まずは本当に医療ミスかどうかきっちりと検討することだよ。
とのご指摘ですが、@カルテについて訴訟前にそのカルテを取得することは
          裁判所の命令かで方法はありますか。
         A民事訴訟に成った場合には、自己保有文書ではなく
          町が組織的に保持している公文書=カルテなので
          文書開示命令を裁判官が出せば応じる義務があると
          思いますが。
         Bまた、裁判官の釈明処分によって立証責任は町側
          に負わす事が可能ではないでしょうか。

具体的な内容は、目の手術の緑内障の事案から発生したものです。
人間ドツクで眼圧が高く、平均値は通常20以下なのですが25ありまして
通常は、視野検査の必要があるのですが、それをしてくれと言ったにもかかわず
必要ないといわれたそうです。
単に眼圧が高い=緑内障ではないのです。
しかし、その町立病院の医師は手術の必要のみを言って、これをしないと失明する
と言われ、手術を行いましたが、結果は、手術ミスで手術の途中でメス等が眼球を
突き破って脳に達し脳出血をおこし意識不明で1週間後になくなりました。


405 :無責任な名無しさん:2006/06/18(日) 14:38:12 ID:QBE21bwB
眼科の医師ではないので、手術の必要性、方法について詳しくなく一般的な認識ですが、
眼球は眼窩といわれる骨に囲まれた中にあって、神経が通る穴があいてるだけのはずです。
メスを脳まで到達させようとするとかなり深く刺す必要がありますし、簡単に骨を通過するとも思えません。
緑内障でレーザーでなくメスを使う手術は、目の前方にある線維柱帯を切開、切除するはずなので、
深くメスを入れる必要もないはずです。

病名が緑内障でなかったということでしょうか?その原疾患で、脳出血を起こしたのでしょうか?
それならば、話がかわりますので、もう一度きちんと確認した方がいいですよ。

406 :無責任な名無しさん:2006/06/18(日) 15:02:48 ID:ODhePG64
>>405
ありがとうございます。早速、叔母に聞き合わせたところ検査の結果緑内障といわれ
このままでは失明するので手術の必要を迫られ、手術の方法は教えて貰い、その通り
でされたかどうかわかりませんが、亡くなる2〜3日前から頭痛がして、医師に言ったのですが、
これは、手術の後の一次的な痛みで心配はいりません。とのことを言われたそうです。
カルテには真実が記載されていると思います。ですから、カルテを証拠として裁判所に
提出させる方法として

@カルテについて訴訟前後にそのカルテを提出させることが、 裁判所の命令かで方法はありますか。
A民事訴訟に成った場合には、自己保有文書ではなく町が組織的に保持している公文書=カルテなので
 文書開示命令を裁判官が出せば応じる義務があると思いますが。
Bまた、裁判官の釈明処分によって立証責任は町側に負わす事が可能ではないでしょうか。



407 :無責任な名無しさん:2006/06/18(日) 15:39:24 ID:Akq8/TF3
>>406
カルテを見たいだけなら普通に病院に診療録開示請求するだけでいいのでは?
訴訟を起こすのが目的ならまず弁護士を通した証拠保全ですが。

眼科手術の際、0.1mm単位で動かしている「メス等」が
眼窩を突き抜けて頭蓋内に達することは通常考えられない話。
術後の説明時にあなたも同席していたのですか?
主治医の説明が伝言ゲームで曲解されている可能性が高いように思われます。

408 :無責任な名無しさん:2006/06/18(日) 16:18:38 ID:x0njDEdK
>>406
何回も同じ質問コピペして楽しいか恐喝屋。

不法行為に役出つような決定を裁判所が出すわけないだろ。常識で考えろノータリンw

緑内障手術とお前のジジのポックリ死は無関係であること明白。
ここは病院恐喝・死体換金の手口を聞くところではない。
どんなに借金で困っているのか知らんが、町や病院からカネ取ろうなぞ100万年早いw
さぞやいいネタを掴んだとほくそ笑んだことだろうが、残念、残念ww
別のネタを病院に張り込んででも探せw。
(多分のお前の叔父とかいうのもウソだろうからなww)

409 :無責任な名無しさん:2006/06/18(日) 18:02:16 ID:SeIdpAPa
私の息子は柔道をやつていて、地元の三流高校でて、都会で知り合ったあまり
頭がいいというほどでもない女と結婚して、女の子を出産しました。
出産しても見た目がいわゆる知恵遅れと小児科の先生にいわれました。
これは親からのDNAが原因でしょうか。出産時の医師の医療ミスが原因でしょうか。
DNAが原因であれば誰を訴えればよいのでしょうか。

410 :無責任な名無しさん:2006/06/18(日) 18:23:41 ID:6AMiS4ak
>>409
おまいのDNAも4分の1入ってるよ。と釣られてみる。

411 :無責任な名無しさん:2006/06/19(月) 08:47:14 ID:dD+xAkMg
>>404
視野検査云々は誤り。しなければ診断がつかないわけではない。

他の人も指摘しているように、眼球を突き破って脳出血は絶対無い。

唯一問題がある可能性は、偶然発症した脳出血に対してどんな処置を
したかだけだろう。

(つーか、このスレはなんで眼の症例が多いんだろう)

412 :なんちゃって看護師:2006/06/19(月) 12:06:26 ID:TESDR335
409
えっと、息子が結婚したのが許せないのかしら?頭がいい人と結婚したら息子は幸せだったのだろうか?
お孫さんは確かに知恵おくれなんて言われたのかしら。。悲しいですね
DNA検査して誰かのせいにしたいのですか?せめても仕方がないことと思います
嫁のせいにしたいのかしら?子供は生んでみないとわからない。でてくるまで
5体満足で生まれてくることを望み母親は不安と期待で妊娠期間を終了する
DNAの検査するなら夫婦の検査しかないんじゃないかしら?
息子のDNAならあなたにも責任があることになってしまうんですよ
今後の子供を作るに当たって息子夫婦が不安なら
息子夫婦に検査させて当事者達の問題じゃないかしら。。
確かに子供を育てるのは大変。若い夫婦だけで育てていくわけでないのですから。。
祖父母も協力しなきゃデスものね
スレノ様子からは誰かのせいにしたいだけのように取れます
あなた自身の考え方少し見直してみてください。

413 :自己主張のみで意見を聞く耳持たない素人:2006/06/19(月) 12:45:59 ID:Kpn64wuQ
>>404
具体的事実とやらが、あなたの一方的な思い込みで
事実とはまったく異なるものの可能性が非常に高い。
ようは現場に居合わせなかった輩ということを証明しているような
勘違いであり、死体換金といわれてもしょうがない。
換金方法ばかり考えるのではなく、まずは事実を知ることが先決だな。

414 :無責任な名無しさん:2006/06/19(月) 18:08:35 ID:pCI7I2sJ
>>411
あなた医師ですか。医学部出身ですか。どこの医学部?
私は、旧帝大の医学部出て今、研修医をしていますが。
そのような事例はたくさんありますよ。


415 :無責任な名無しさん:2006/06/19(月) 21:17:48 ID:9fi+rpnR
>>411
あなたはいしゃですか。はいしゃ学部出身ですか。どこのはいしゃ学部?
私は、旧帝大のはいしゃ学部出て今、研修医をしていますが。
そのような事例はたくさんあるかしりませんよ。

416 :無責任な名無しさん:2006/06/19(月) 23:36:34 ID:TKSkLCox
>>415
大阪大学医学部口腔外科ですが なにか??

417 :無責任な名無しさん:2006/06/20(火) 08:27:23 ID:2Bc0Ny7W
>>414
他の人が具体的に説明しているだろう。物理的にありえないことを。

医師を騙っても具体的に医師らしいことを言えなくては意味がない。
お笑いなことは、君が騙った身分が現実でも俺よりずっと下なんだが。

418 :無責任な名無しさん:2006/06/21(水) 12:57:48 ID:SlWGvo12
>>417
>物理的にありえないことを。
 いや医学的にはありえる(視神経や血管に沿って脳に達しえる)。
 どちらにせよ、術後に脳出血の診断を決めたCTのコピーをもらって、放射線科か
 脳外の医師に出血部位を診てもらえば、外傷性か血管性か明らかになるだろう。

419 :無責任な名無しさん:2006/06/21(水) 13:57:03 ID:dvYS12HS
>>418
喩えて言うなら、3歳の子供が投げてストライクを取れるかと言えば
無理なのと同じような話だ。>>405氏が具体的に説明しているように、
手術の際におこりえないことは明瞭である。
(沿って脳に達しえるって?馬鹿か)
さらに間違いを指摘すれば、もし緑内障の手術には決して使わない
眼窩から脳内に到達する専用の特殊な器具を使って、脳内の血管を
破壊したと仮定して、その場合と通常のSAHとどう鑑別をつけると
言うんだ?清潔な器具で脳を刺しても、実はそれ程致死的ではない。
専門医が見ればなんて、CTをみて診断したことのない人間の
戯言だな。

素人が医師を騙っても無駄だよ。

420 :無責任な名無しさん:2006/06/21(水) 21:42:06 ID:CFj5LKDE
>>418
喩えて言うなら、物理的(解剖学的)にはありえるが、
医学的にはありえない(常識を逸脱している)といったところじゃないだろうか。

421 :無責任な名無しさん:2006/06/22(木) 11:52:40 ID:7TX/2FKR
414,418私は眼科だが、緑内障に限らず目の手術で脳に達することなどありえないよ(腫瘍など眼窩壁まで開窓するまれな場合を除いて)。君達は本当に医者か?手術に使う器具がそもそも眼のサイズに合わせて小さいのに。

422 :無責任な名無しさん:2006/06/22(木) 11:54:44 ID:7TX/2FKR
眼の手術後に頭の痛みを訴えるのは珍しくないから争点とすれば脳出血を疑うべきだったか、治療が適切だったかかな。結局看護婦の善意を装った告白がいかにおかしいか、それをまにうけてとんでもない思い込みをする患者がいるという実例だな

423 :無責任な名無しさん:2006/06/22(木) 11:55:28 ID:7TX/2FKR
眼の手術後に頭の痛みを訴えるのは珍しくないから争点とすれば脳出血を疑うべきだったか、治療が適切だったかかな。結局看護婦の善意を装った告白がいかにおかしいか、それをまにうけてとんでもない思い込みをする患者がいるという実例だな

424 :無責任な名無しさん:2006/06/22(木) 11:58:05 ID:7TX/2FKR
二重書き込みになってしまって申し訳ない。理解できないのはこの人が訴訟を起こそうという際に全部伝聞で知ったことを根拠にしてることだ。落ち着いて主治医にまず経緯を聞きにいけ。変に感情的にならなければきちんと説明してくれるはず

425 :無責任な名無しさん:2006/06/22(木) 17:09:24 ID:LbkPxyPd
この例で、馬鹿ことを言った看護婦っていうのも見えてきたね。
細部にわたる原理も知らずに、いつもやっていることや、部分的な知識を
拠り所にして医師のやっていることにケチをつける馬鹿看護婦の典型だろう。
緑内障で視野検査をよくやることや、眼圧が高いだけでは確定診断ではない
という部分的な知識で、専門医を断罪したわけだ。
当然、その施設では普段の仕事ぶりから医師から馬鹿にされているだろうから、
逆恨みしていても不自然ではないだろう。

ここで相談してよかったね>相談者

426 :コピペ:2006/06/25(日) 06:38:33 ID:InK8pBP3
訴訟は医療過誤を防止しない
 訴訟とは原告と被告とが「法的」議論を闘わせるものであり,過誤の事実があった
かどうか,賠償の必要があるかないかを「法的に」認定するのは陪審員や判事である。
担当弁護士の訴訟技術の優劣など,「科学」以外のさまざまな要因がその決定を左右
する以上,訴訟の結果が「科学」が認定する過誤の有無と乖離することは避けようがない。
 しかし,訴訟の勝ち負けは過誤の事実とはまったく関係のないところで決まっていると
いうHMPSのデータが正しいとすると,過誤訴訟の結果が,医療「過誤」を防止する努力や
医療の質の向上をめざす努力を奨励するという学習効果を及ぼすことは期待しえない。
医療の質を本当に向上させることよりも,訴訟に負けないことが優先されることになり,
だからこそ,米国の医療にDefensive Medicineが横行するのである。
 過誤の被害を受けた患者が訴訟を起こさなければ被害に対する救済を受けることができない
という制度は,救済制度として機能していないだけでなく,医療過誤の防止という観点からも
矛盾だらけの制度なのである。

427 :無責任な名無しさん:2006/06/25(日) 06:45:34 ID:ys4Ytqaw


428 :無責任な名無しさん:2006/06/26(月) 00:59:44 ID:VWz1//6G
              ☆ チン     マチクタビレタ〜
                         マチクタビレタ〜
        ☆ チン  〃 ∧_∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ヽ ___\(\・∀・) <  次の医療過誤相談まだ〜?
             \_/⊂ ⊂_ )   \_____________
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        | .佐賀みかん.  |/

429 :コピペ:2006/06/28(水) 18:34:38 ID:Rf29p/FM
附帯私訴!? 2006年06月27日(火)

 刑事訴訟で、被害者が被告人に対する損害賠償請求の民事訴訟も
同時に行う「附帯私訴」制度について、10月にも法制審議会に諮問し、
早ければ、来年の通常国会にも法案提出されると日経新聞が報じて
います。

被害者保護をうたっていますが、現場を知らない学者による「机上の
空論」というほかありません。

 訴因以外の被害事実の立証は、誰が、どのように行うのでしょうか。

例えば、業務上過失致死事件では、刑事訴訟では、死亡の結果が立
証されれば足りますが、民事訴訟では、逸失利益や葬祭料などの損
私訴によって、裁判が長期化するのではないのでしょうか。まったく、
制度設計が見えてきません。

 こんな制度を導入するよりも、公判廷で取調べ済みの証拠でさえ、
民事訴訟での文書送付嘱託に応じない検察庁の姿勢を少し改善する
だけで、充分に被害者保護に役に立ちます。目新しいことにとらわれ
ず、現在の制度を活性化することを真剣に考えてほしいものです。




430 :無責任な名無しさん:2006/06/29(木) 06:22:29 ID:+CkuDXSq

     ■□■【いつもの絡み罵倒軍団警報発令中】■□■

…お客さん《カモ》、ネギ背負って早く来ないかなぁあ…  ワクワクドキドキー…  
―――――――――――――〇―――――――――――――――
                  o
:::::::::::::::::______________:::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::/ / / / / / / / / / / /ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::/ / / / / / / / / / / /= 、ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::/__./__/ / / / / / / / / /__、ヽ:::::::::::::゚:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|やさ法l ノ ̄ ̄|ノ ̄ ̄|ノ ̄ ̄|| ||  .|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::__..|歓迎 !!|/__ノ_____ノ_____ノ| ||   |::::::::::::::::::::::::::::::゚:::::::::::::::::::::::::::
  |  | └ー┘  グツグツ   ∧_∧ |  ||   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
|三|  \     | ||=┻=   (・∀・ )  ||   | ___::::::::::::::::::::::::::::::::::::
|三|   \ ┌┴┸―――┴――┴┬┴┐/   /:::::::::゚::::::::::::::::::::::::
|三|      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ○ / ::::::::::::::::::::::::::::::::
|三|  【悩める相談者よ、迷わず来たれ!!】  /:::::::::::::::::::::::::::::
  \(二二二二二二) 第180絡み粘着丸 /:::::::::::::::::::
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::゚:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

やさしい法律相談part180
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1151411752/
吉と出るか凶と出るかは時の運!  相談者は、自己責任で行動してください


431 :無責任な名無しさん:2006/06/30(金) 06:56:47 ID:LglzLqbr
これからのトレンドは、

  防 衛 医 療

全ての臨床医療は、この概念で行われる。


なお真剣な質問は弁護士等の専門家に相談しましょう。


432 :無責任な名無しさん:2006/06/30(金) 07:20:01 ID:Vx9aSgPq
いや、これからのトレンドは、

  法 律 オ タ ク 医 者

ものすげぇイヤだ。

ソクラテスの誓いと法律倫理が葛藤しそうだ。


433 :無責任な名無しさん:2006/06/30(金) 17:52:05 ID:Z2/fM3nu
平成4年5月。
第1子を出産。未熟児の為、保育器へ。
5ヵ月後、体重も増えて保育器から出る事に。
保育器から出た当日、子供の顔色が悪く、看護師に相談。
看護師Aは認めたが、看護師Bは「こんなもんだ」との事で医師に連絡せず。
その数時間後、容態が急変して死亡。未熟児突然死症候群として片付けられた。

平成4年9月。
第2子の妊娠がわかり、前回のような早産の気があるので11月(妊娠5ヶ月)の
時点で入院。
入院2ヶ月(妊娠7ヶ月)の時点で生まれそうになり、転院となる。
転院先の病院で言われた言葉「とっくに破水しているのになぜもっと早く来なかったのだ!?」
もうすでに入院しているのにもかかわらず、転院先の病院からこう言われるとは
思いもよりませんでした。

この2件。どういう問題がありますか?
また、今からでも訴える事はできますか?

434 :無責任な名無しさん:2006/06/30(金) 17:55:29 ID:E4k3xbEl
>>433

自分ではどこが問題だと考えておられますか?
それが分からなければ訴えようがないのですが。

435 :433:2006/06/30(金) 18:21:17 ID:Z2/fM3nu
1.看護師Aが「顔色悪い」看護師B「こんなもんだ」
それで医師に伝えず、そのままにされた。保育器に戻らなかった。
その結果、容態急変で死亡。これは病院側の患者管理ミスから起きた事故では?
と思い、相談させていただきました。

2.妊娠がわかった時点で入院していたにもかかわらず、破水を見抜けず(見抜いて
いたがごまかしてる?)、他院に転院。(転院も、病院の指示で。病院の救急車で移動)
転院先でショッキングな言葉。緊急手術となった。
これも最初に入院していた病院の患者管理ミスから起きた事故では?と思い、相談
させていただきました。

こちらとしては、入院して病院に全てをお任せしていたのに裏切られた気分なのです。
この件からかなり時間が経ちましたが、どうしても許せなくて…

436 :433:2006/06/30(金) 18:27:39 ID:Z2/fM3nu
きつい言葉で言ってしまえば…
1の件。看護師がきちんと医師に報告してくれていれば突然死とならずに
助かったかもしれない。報告しなかった為に我が子を殺された気分です。

2の件。破水してるならそれなりの処置や帝王切開など手順がきちんとある
のではないでしょうか?
破水してる母体の中にいつまでも子供がいて、それで子供が弱って…
きちんと対処してくれていたら子供が死なずに済んだのでは?と。これも
殺された気分なのです。
破水してるのを本当にわからなかったのならば、病院はそれで済む問題なの
でしょうか?

437 :無責任な名無しさん:2006/06/30(金) 21:53:32 ID:P5PLxn2v
99.999%必要の無い妊婦でも0.001%の訴訟が怖いから帝王切開。
それが現在のアメリカ。5年後の日本。

438 :無責任な名無しさん:2006/07/01(土) 22:54:39 ID:v1+nZ+Jg
スレ違い許してください。
うちのペットがお腹の調子が悪く食欲もなく、えずいてばかりいるので
動物病院に連れて行ったのですがレントゲンの結果、腸になにかが詰まってる
ようなので「手術で腸を開いて取りましょう」って言われました。
命に関わるようなので、手術に承諾しました。どうせ全身麻酔をかけるのだから
ついでに避妊手術(メス)もやりましょう、って事になり結局、避妊と腸の手術を
行ったんですが、病院から連絡があり、腸に異物はなく原因がわからないとの
事です。異物が詰まってる可能性が強くこのままでは、命にかかわると言われたので
金欠なのに手術までしたのに、、、お腹まで開けられて、家に帰ってきても
原因がわからないのでほとんど、病気も治ってない可能性がつよいし、、
なっとくがいかないので医療費(約10万円)を払わないつもりですが、、、
やはり支払うべきせしょうか、、、、??


439 :無責任な名無しさん:2006/07/01(土) 23:58:25 ID:Pp9ZD1dZ
>>438
マルチするな。

440 :無責任な名無しさん:2006/07/02(日) 00:08:14 ID:ZWhI1xLT
>>439
ご主人さまぁ〜  まるち、がんばりますぅ

441 :無責任な名無しさん:2006/07/02(日) 00:42:08 ID:Q6WkTPhk
>>439
マルチ見乙。

442 :無責任な名無しさん:2006/07/02(日) 02:00:44 ID:MgMUbsHq
医療過誤に苦しむ患者とその家族。
医学の壁に立ち向かうその胸中を思うと少しでもその負担を減らして
あげられればと思う。
弁護士は社会的にも経済的にも恵まれている立場にあるのだから
医療過誤訴訟にはボランティアで望むべきだ。
ボランティア以外の弁護士はいくらいいこと言おうとも
訴訟を長引かせ金をせしめようとしか考えていないと思われても仕方ない。




443 :無責任な名無しさん:2006/07/02(日) 10:18:29 ID:0u28IUne
>>438
マルチにマジレススマソ

請負契約か委託契約か考えてみれ
支払わない場合、獣医側はあなたを訴えることもできる

444 :無責任な名無しさん:2006/07/02(日) 13:43:58 ID:SY9DjBZO
>>433
未熟児でも体重が増えた後で死ぬことはそれほど多いことではないから、
未熟児である他に、命に関わるような奇形を持って生まれてきていて、
それを見抜けなかった可能性は確かにある。ただし、これは憶測に過ぎないので
裁判となれば患者側が証明する必要がある。また、万が一それを証明できたと
してもそれを見落としたことが過失と言えるかどうかについても争わなくては
ならず、最初の例は勝訴の見込みはないだろう。

破水を患者が感じ、それを前医に伝えていたにも関わらず放置され、
その後しばらく経って搬送ならば、裁判する価値はあるかもしれない。
後医の言動には、しばらく前に患者は破水を感じていたはずだという
先入観が感じられる。
患者自体が感じないような特殊な例ならばしかたないと思われる。
もしそのような例なら、殺されたは言い過ぎである。

445 :433:2006/07/02(日) 17:37:45 ID:EOBdMot+
夫にこの時どうだったか聞いてみました。私は保育器から出たばかりの子供を抱いて興奮、
そしてその後すぐに子供が亡くなったのでさらに興奮が冷めない状態だったもので。

第1子が亡くなった後、病院側と説明会がありました。
病院は看護師の報告ミスを認め、処分をしたと。産婦人科、小児科とのフロアが違う事、
新生児を小児科ではなく産婦人科で預かっていた事で小児科医がすぐに来れない状態
であった事を認めた。産婦人科の看護師の判断で小児科医への連絡が遅れたために
こうなった可能性もあると。だが、最終的な診断名は「未熟児突然死症候群」。

第2子を身篭った時、この第1子の件の続き(産後検診で妊娠を知った)だったのです。
病院側は、前回の件で私が未熟児で子供を産みやすい体なので早めに入院を勧めて
きました。前回の件を踏まえ、しっかりと体制を整えて診てくれると言うので。
ずっと点滴を打っていました。誘発剤ではなく、抑える方。それでも出産真近になり、
入院していた病院ではここまで未熟児だともっと設備の整った病院で出産された方が
良いとの病院側の判断で市立病院へ転院となりました。救急車に乗って病院から病院へ。
市立病院で「なぜもっと早く病院に来なかったのだ?」と叱られました。私としては叱られ
るのは納得いきません。入院していた病院は気づいてなかったのか?なんの為に前から
入院していたのだろうかと。
子供も母体も危ない状態にある。緊急手術しないとどちらも危ない。と言われ、すぐに帝王
切開手術をしました。が、第2子は産まれたその日(数時間)で亡くなりました。

私は「産まれそう」という感じはありましたが、破水してたかどうかは…私も覚えてないのです。
超未熟児(帝王切開時の子供の体重=600g)でした。病院に全てを任せていたので。

この件を市立病院に話しました。が、市立病院は「病院同士でのトラブルには関与できない」
と言ってとりあってくれませんでした。なので、今日までこの件をそのままにしていました。

446 :433:2006/07/02(日) 17:46:37 ID:EOBdMot+
>>444
破水してるかどうかは医者はわからない、患者の申告と言う事になるのですか?
痛みは訴えていました。毎日、検診もしていました。
なんのために陣痛を抑える点滴をずっとしていたのでしょうか?
この点滴をしていたら痛みが少し治まりますよね?
妊娠がわかってずっと入院(妊娠発覚〜転院までの2ヶ月)していたのかわかりません…

447 :433:2006/07/02(日) 17:48:01 ID:EOBdMot+
もう1つ質問です。
この件は平成4年の出来事。
時効はもうすでに過ぎているのでしょうか?

448 :無責任な名無しさん:2006/07/02(日) 19:34:43 ID:LicvpsWD
>>447
民事ですと2年で時効ですね。

449 :無責任な名無しさん:2006/07/02(日) 20:14:49 ID:SY9DjBZO
>>445
>市立病院で「なぜもっと早く病院に来なかったのだ?」と叱られました。
>私としては叱られるのは納得いきません。
納得いかないのは当たり前だと思います。先ほど述べたように、後医の
勘違いでしょう。時に妊婦の過失で同様の状態で運ばれる場合が
多々あるのだと思います。

>ここまで未熟児だと
この言葉で、すでに無理にでも出産させなくてはいけない状態であることが
強く推測されます。前医はやるべきことを、むしろやっていたと思われます。
(最初の話の印象よりも前医はしっかりとした病院であると思いました)
前医は破水を否定したのですか?言わなかっただけなのでは。

陣痛を抑える治療は、どこでやっても大差ありません。薬も必ず効くとも
限りません。2ヶ月の入院とそこでやっていた治療に関しては、それ以上の
治療はありえず、市立病院に入院していても600gでの早産(そして
第二児死亡)は免れえなかったと思われます。

時効でなくても、カルテの保存義務期間が過ぎているので、
過失の証明は無理でしょう。又当時は今ほどインフォームドコンセントの
意識はありませんから、今ならば説明不足であると言えるでしょうが、
病院の対応としては、特に変ではないと思います。

450 :無責任な名無しさん:2006/07/02(日) 20:45:12 ID:Jt3DTeSY
>>447
残念ながら民事・刑事とも時効でしょう。
法律的にはあきらめてくださいとしか言いようがない。

451 :433:2006/07/02(日) 20:53:00 ID:EOBdMot+
みなさま、質問に答えてくださってありがとうございます。

二人の子供を失った後、しばらく子供を授かる事ができなかった時期は
2回目の妊娠・出産での「母体に危険が…」で妊娠できない体になってし
まったの?と思ったほどでした。
その後、二人の子供に恵まれすくすくと育っています。
ある意味、良い経験したと思い、次からは医者選び、自分でも少しは
医療の知識を持っていこうと思っています。

452 :433:2006/07/02(日) 20:56:38 ID:EOBdMot+
>>449
破水の事実については…
市立病院への紹介状コピーが残っておりまして。そこには一切そのような記載は
ありません。
市立病院でのカルテのコピーなら手元に残っております。

453 :無責任な名無しさん:2006/07/02(日) 21:12:26 ID:LicvpsWD
>>452
自分が病院ならば「移動中に破水した」と主張します。
とにかく時効にかかっているから悩むだけ損ですよ。
それに医療の素人が読んでも、ある程度運命だったようにも見えます。
今の生活を大事にしましょう。

454 :433:2006/07/02(日) 22:32:53 ID:EOBdMot+
>>453
運命で片付けるのでしたら、ガンを見抜けずに誤診して
ずっと間違った治療をしてて亡くなったケースはどうなる
んですか?となります。
「移動中に破水した」は通じないかと。とっくに破水していて
母体内感染し、母体も危ない状態なので。そんな寸前の事
ではないとなります。

時効ですし、どうにもならない内容ですし、それに今の生活
を大事にしています。
でも>>453の発言はおかしいと思われますが?

455 :無責任な名無しさん:2006/07/02(日) 22:41:10 ID:LicvpsWD
>>454
それでは、弁護士さんに相談に行かれると良いでしょう。
30分五千円からで話だけは聞いてくれますよ。

456 :無責任な名無しさん:2006/07/02(日) 23:18:59 ID:EOBdMot+
ふむ…

457 :無責任な名無しさん:2006/07/02(日) 23:19:18 ID:r6Cf1HNV
>>454
>>453氏の意見は至極まっとうですよ
そのガンの誤診では例えになってないでしょう

そんなにここの回答が不満であればお金を払って弁護士さんに相談されるといいでしょう

ただあなたの書き込みを見ていると結局、自分の望んだ回答が出ない限り納得されない方のように見受けられます


458 :無責任な名無しさん:2006/07/02(日) 23:23:27 ID:EOBdMot+
1つだけ言っておきますね。
>>453の「発言はおかしいと」ですが、運命で終わらせるので
あれば相談も裁判も警察もいらないよね?そういう言い方は
おかしいんじゃ?です。
人の命をそう言ってもらいたくなく、つっこんだ訳です。

相談内容についての結果はよくわかりました。
これはこれで行くしかないなと。

459 :無責任な名無しさん:2006/07/03(月) 00:38:21 ID:DucpaYur
>>458
あんた馬鹿じゃないの?
全ての事件、事故について運命だったって言ってるわけじゃないだろ。
なんで「相談も裁判も警察もいらない」ことになるんだ?

ちょっと頭使えばスグにわかることじゃないか。

460 :無責任な名無しさん:2006/07/03(月) 12:58:28 ID:3oKjsUzg
>>452
紹介状は極めて簡便に書かれていませんか?
緊急で送る時は特にそうですが、しばしば見ればすぐわかるようなことは、
紹介状に書きません。
>>451
後遺症と言うより、母体側のもともとの要因を疑ったのですが、その後に
2児を授かりましたか。よかったですね。何らかの理由で体質が変わったのかな。
繰り返す人は可哀想なことにどのようなケアをしても繰り返します。
逆に、それまでのことが嘘のように突然正常になる人もいます。
>>454
見抜けなくても必ずしも罪にはなりません。診断が医療水準に達しているか
どうかのみが有責の根拠となります。死亡したかどうかは全然関係ありません。

461 :無責任な名無しさん:2006/07/03(月) 16:28:52 ID:kkFuv2+S
> 健康保険法 第七十四条  
>
> 2  保険医療機関又は保険薬局は、前項の一部負担金の支払を受けるべきものとし、
> 保険医療機関又は保険薬局が善良な管理者と同一の注意をもってその支払を受けること
> に努めたにもかかわらず、なお療養の給付を受けた者が当該一部負担金の全部又は一部
> を支払わないときは、保険者は、当該保険医療機関又は保険薬局の請求に基づき、この
> 法律の規定による徴収金の例によりこれを処分することができる。

この条文は、支払いを拒否する患者に対して、医療機関が十分説明しても支払いを拒否する
場合、保険者が債務を負うという意味か?

462 :無責任な名無しさん:2006/07/03(月) 19:35:09 ID:7bB3oDQt
>458感情的になるのはわかるがミスが関与してないと思われるから運命という言い方をしたのではないの?こういう人は致命的な怪我で医療機関に運ばれて甲斐なく亡くなっても運命という考えを持てなくて責任を医療機関に転嫁して訴訟とか起こすんだろうな

463 :無責任な名無しさん:2006/07/03(月) 19:48:41 ID:o3JvvrOC
>>461
結局、医療保険の被保険者は、自己負担を支払わなくても、保険者が支払義務を
持つ以上、道義的責任以外の責任を問われない、ということだな。

464 :無責任な名無しさん:2006/07/04(火) 10:19:59 ID://jVQMSu
>>463
債権者が病院から保険者にうつるだけでしょ。

465 :無責任な名無しさん:2006/07/05(水) 02:14:40 ID:tYqTVVoo
しねえええええええええええええええええええええええええ????????・

466 :無責任な名無しさん:2006/07/05(水) 22:18:34 ID:P5CW8fj1
              ☆ チン     マチクタビレタ〜
                         マチクタビレタ〜
        ☆ チン  〃 ∧_∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ヽ ___\(\・∀・) <  次の医療過誤相談まだ〜?
             \_/⊂ ⊂_ )   \_____________
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        | .佐賀みかん.  |/


467 :無責任な名無しさん:2006/07/05(水) 22:20:27 ID:P5CW8fj1
              ☆ チン     マチクタビレタ〜
                         マチクタビレタ〜
        ☆ チン  〃 ∧_∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ヽ ___\(\・∀・) <  次の医療過誤相談まだ〜?
             \_/⊂ ⊂_ )   \_____________
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        | .佐賀みかん.  |/


468 :無責任な名無しさん:2006/07/06(木) 03:19:23 ID:I0k5vkeY
>>461
結局、保険診療の自己負担なんて踏み倒して良いってことか。

469 :無責任な名無しさん:2006/07/06(木) 22:38:06 ID:mEhOaIAO
初めまして。

医療事故とは違うと思いますが、病院内でのことなので質問させていただきます。

妻が、入院先で心肺停止状態の末、蘇生後脳症になり、後遺症として、大声で叫んだり無理なわがままを言ったり
何事にも無気力になったり、さらに入院先の看護師さんなどに手を挙げるなど性格が激変してしまいました。
この病院で妻は、手に負えなくなり、精神科病院を紹介され、現在はそこの閉鎖病棟で治療中です。

先日、この精神科病院で、病院の理事長先生が、妻の挙動を見てこのようにわたしと妻に言いました。
「あなたの妻はサルだ。人間じゃない。ここの病院におけない。人間じゃないから今すぐ病院を出て行って
動物園に行け。それか、旦那が一緒にいると妻は甘えて良くならないから、今すぐ旦那と妻は離れて暮らすべきだ。」
わたしはこの理事長の発言に驚き、一刻も早くこの病院から妻を退院させて、そして自宅療養しようと決めました。
そして、この理事長を訴えようと考えています。

でも、訴えたとしても、口で言った言わないの争いになりそうだし、看護師さんに事のいきさつを説明しても、
「カルテに記載されていないので、そういう事実はわかりません。」の一点張り。証人が誰もいない。ただし、
理事長の言葉が周りの数人の看護士には聞こえていたはず。

侮辱罪か名誉毀損になると思うのですが、訴えたとして勝てる見込みはあるのでしょうか?

470 :無責任な名無しさん:2006/07/06(木) 23:25:50 ID:tBpcbKCY
>>469
病院内で心肺停止した経緯は?

471 :無責任な名無しさん:2006/07/07(金) 07:16:45 ID:EViUuHeS
>>470
病院で出された朝食を食べて誤嚥しました(焼売を喉に詰まらせた)。
監視カメラ付きの内科病棟の個室部屋で一人で食べていたときに起こったことでした。

誤嚥した事については、医療事故問題研究会というところの弁護士先生に
意見を伺いに行きました。しかし、今までむせたりしたことも特になく、予測される事態で
ある事を証明するのが非常に難しい出来事だから訴訟を起こしても勝訴する事は無理という
アドバイスを受け、わたしも無駄だということを納得しました。

472 :無責任な名無しさん:2006/07/07(金) 08:49:21 ID:4w24t9R4
>>471
誤嚥の既往もない患者に焼売を給食として提供するのは社会通念上、著しく
逸脱した行為とは思えないけれど。不可抗力としか言えない。

473 :無責任な名無しさん:2006/07/07(金) 13:34:28 ID:VQJH62CV
訴えたいのは転院先の精神科病院でしょ?
そこのDrの発言は訴えれば勝てるんじゃないのかな。
こっそりボイスレコーダーを忍ばせて、再度面会を申し込み
「退院したくないのですが・・・」
とか理事長先生の気を逆なでるようなことを言えば証拠とれるでしょ。
それでテープをもって弁護士さんに相談。

474 :無責任な名無しさん:2006/07/07(金) 15:57:17 ID:wNmbUjsm
本当だとすればひどい発言だ。しかし精神科医というのは時に自分自身が(ry

名誉毀損だと取れる金もたかが知れているから、弁護士ものってこなかったんだろうね。

ところで監視カメラ付き個室って、いったいもともとの疾患は何だろう。

475 :無責任な名無しさん:2006/07/07(金) 18:17:29 ID:EViUuHeS
>>473
あのときの発言をボイスレコーダーで録ることができれば、と悔しく思います。

理事長(兼医院長)と直接会って話すことは患者の家族の立場ではなかなか難しく感じます。面会の
目的とか、ちゃんとした理由が必要ですし、今の担当医と理事長とは血縁関係があります。
先日は、たまたま廊下を歩いていた理事長が、妻を見て、わざわざこっちに来て怒鳴り立てた
もので。。。理事長を直接見たのもそのときが初めてでした。額に入った理事長の
顔写真が至る所に飾られた病院なので、一目で理事長だとわかりましたが。

精神科閉鎖病棟内で、理事長と面会をして、さらにその記録をこっそりテープに録るというのは
わたしの力量では恥ずかしながら、すぐにばれるに決まっていると思う。

>>474
ここの病院はアルコール依存や薬物依存患者を更生させるようなところなので、
うちの妻も叱責すれば更生するとでも考えたのでしょう。
わがままを叫んでいる今の妻を見れば、何も知らなければ薬でラリっていると思われるのは承知してます。
ただ、妻の名前も担当医が誰かもよく知っていたので、こういう障害だということも知っているはずなのに。

この件で、弁護士先生との相談はまだしてません。取れる金はたかだか知れてますか。。。
個人的には、お金を請求するのではなく、なにか辱めてやりたい(土下座してるところを写真に撮るとか)。

あと、以前の内科の病院では、個室にはすべて監視カメラがついていました。

476 :無責任な名無しさん:2006/07/07(金) 19:32:50 ID:V0ZMXcUu
>>475
>この件で、弁護士先生との相談はまだしてません。取れる金はたかだか知れてますか。

解っていらっしゃる様子なので相談はすべきで無いです。

>個人的には、お金を請求するのではなく、なにか辱めてやりたい(土下座してるところを写真に撮るとか)。

法的には無理です。

477 :475:2006/07/08(土) 10:29:05 ID:+51ODHpV
>>476
どうもありがとうございます。
もうちょっとだけここで相談させてください。

今回のトラブルについて、病院名と理事長の氏名を公表した上で、ブログ上で発言内容を
公開した場合、何か罪に問われますか?
公表したいと思った理由は、単にわたしの自己満足だけですが。。。
もちろん、事実だけを書くのみで、憶測/私情に基づくわたしの個人的な意見は書きません。

478 :無責任な名無しさん:2006/07/08(土) 19:58:03 ID:JKETEHvv
>>477
名誉毀損に問われえます。

479 :無責任な名無しさん:2006/07/08(土) 20:05:10 ID:6yyw6HFD
病院側と話し合いする場合は
弁護士や専門家の方に相談してからの方がいいのかな
もしくは同席してもらうとか
治療方法について聞いたら話し合いって事になったんだけど。
訴訟とかは考えてなくて納得できない事を説明して欲しいだけなのに
なんだか険悪な雰囲気。
法律とか治療とか、こっちは素人だからとっても不安です。


480 :無責任な名無しさん:2006/07/08(土) 20:06:11 ID:JKETEHvv
そうですか。

481 :無責任な名無しさん:2006/07/08(土) 20:14:21 ID:yFCOgTpQ
>>477
>>ブログ上で発言内容を公開

気持ちは分かるよ。

482 :無責任な名無しさん:2006/07/08(土) 21:01:33 ID:GoLal/6u
裁判所から病院にカルテを含む文書の提出命令があり、上司がこの部分はまずいから
と除くように言われ、除いた分を提出しました。
私としては、上司の命令で仕方なくのけましたが、提出名は病院名で提出しました。
これが、つまり、不利になる部分をのけて提出したわけです。
病院には、何か罰則が適用されると思うのですが、どのような罪名になりますか。


483 :無責任な名無しさん:2006/07/08(土) 21:07:08 ID:JKETEHvv
>>482
はい。

ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%87%E6%9B%B8%E6%8F%90%E5%87%BA%E5%91%BD%E4%BB%A4

484 :無責任な名無しさん:2006/07/08(土) 22:01:46 ID:MOo0eGpB
>>483
ありがとうございました。
文書命令が出たにもかわず>>482の行為をした場合の罪名を知りたいのですが。
また、病院内では弁護士が院長に指示したという噂もあるのです。
この2点について罪名はなにになりますか。

485 :無責任な名無しさん:2006/07/09(日) 15:00:44 ID:ji0wwVp+
>>484
民事訴訟法224条参照 心証上不利になるから素直に当該文書提出したほうが良い。

486 :無責任な名無しさん:2006/07/16(日) 01:10:34 ID:vR+Mpwxu
聞いた話
心肺停止で搬送の90過ぎの人に蘇生をするも一度も反応せず。
病院到着から30分以上経って、蘇生中止を家族に説明しはじめたら、
「まだ温かいのに」「かわいそう」「他人だからそんな冷たいことを言える」
と家族が怒り出し仕方なく蘇生を続ける当直医。
(その間に救急車の要請を1台断る)

後からきた家族に説明しても
「生き返らせることがあなたの仕事でしょ」「もっと頑張って下さい」と。
(その間に激しい胸痛の50代の受診を断る)

結局2時間近く心マ続けたらしい。
(その間当直医と当直師長で慎重に説得)

死亡診断できるのは医師だけだが、トラブルが怖くてやめられなかったと言ってた。
そのかわり、普段なら自分で死体検案書を書くところを、時間はかかるが警察を
呼んで監察医に書いてもらうよう突っぱねたと言っていた。

この業界はおかしいよ。
一般人の無知が訴訟で通る可能性があると思うと最良の事が選択できないことがある。
それで2次被害も出ている。

スレ違いスマソ。ニセ医師の煽りはいらんからな。

487 :無責任な名無しさん:2006/07/16(日) 10:34:11 ID:6+sq50g+
当直医本人の話だったら未だしも
聞いた話=伝言ゲームレベル

488 :KILL ◆Yem0w0G/Eo :2006/07/16(日) 18:19:15 ID:6cPtUNlh
>>487
一般人の無知が目に余るってのに同意。

道端の死体には蝿がたかるというが、CPAの蘇生現場では死体に家族・親戚がたかるなぁ。
蘇生を止めないでとかいうのは、見るからにアタマ悪そうなジジィ・ババァどもだったりするなぁw。
卑しい家族ほど老醜の生に執着し、スキあらば死体換金を目論む。
1−2時間粘らされることもあるが、時間・労力の浪費と思う。
思う事は、「カネにはならんから諦めな」「とっとと火葬場に持っていって燃やせ」


>>488
病院に嫌われている葬儀屋か?w

489 :KILL ◆Yem0w0G/Eo :2006/07/16(日) 18:20:18 ID:6cPtUNlh
アンカー間違えた。

490 :無責任な名無しさん:2006/07/17(月) 23:28:15 ID:AnQtW1u9
>>487
というか、俺の同僚が最近あったことなんだよ。
2,3日違っていたら、俺だったかもしれない。
救外の看護師も同情していて、当直師長とかいろんな人が話題にしてた。

>>488
時間・労力の浪費というのは言い過ぎかもしれないけど、
医学的な判断を期待して病院にきているにも関わらず
医師や看護師が医学的常識をもって説明しても、自分の思い通りにならないと、
納得しなかったり、トラブルだと思いこむ人が多いんだよね。

ホテルのコンシェルジェのようになんでも言うこと聞いてられるわけじゃない。
それが望みなら、自費診療でお抱えの医師でも雇えばいい。
そうすりゃいくらでも心マ続けてくれるだろう。

限られた人員で、ライフラインを保とうとすれば、限界や制限があるのは当たり前

脅しに近い「トラブル」をほのめかす家族には、ホント途方に暮れるよな。

491 :無責任な名無しさん:2006/07/17(月) 23:30:48 ID:AnQtW1u9
ちなみに俺は来年この公立病院を辞める予定。
もうご奉公にはこりごり。

問題のある患者家族ばかりじゃないけど、それに便乗するバカ議員と
それを頼りにする(利用する)一部の家族には辟易したよ。
トラブルでないことがトラブルとなるこの風土に嫌気がさした。

他にも同じように考えている医師がいるので、もしかしたら
うちの科は崩壊するかもしれないけど、やむを得ない。
新天地で頑張ります。

492 :無責任な名無しさん:2006/07/18(火) 13:28:59 ID:s/jRP377
>>491
仲間を連れてうちに来ないか?

僻地で(国の基準では僻地ではないらしい)、住民の教育レベルは低く、
所謂DQN患者家族がいないわけではないが、住民はこちらの激務に理解を
示してくれるし、院長は率先して医師のQOML向上に努めているし、
首長は住民のご機嫌は伺ってもこちらに無茶を押し付けることはないし、
給与は公立病院として頭一つ抜きん出ているし、事務長は2chでは
知る人ぞ知る名事務長だし。どうよ。

493 :無責任な名無しさん:2006/07/18(火) 17:49:25 ID:agaD9Nt7
>>492
もしやスロープタウン病院?

494 :無責任な名無しさん:2006/07/18(火) 20:11:48 ID:8xQXqbp5
>>492
ありがとう。声を掛けてくれて嬉しいよ。
ひとまずね、自分の時間を持つ生活を少ししたいんだ。
今まであまりにも仕事に費やしてきたし、
トラブルとは言えないようなトラブル(言いがかり)で悩まされてきたから。

それで喰うに困らない程度の仕事しつつ、ゆっくりと次の仕事探します。
きっと向こうも、いきなり雇うのはリスクだろうから、
バイトで自分を見てもらう方がいいしね。

492さんの病院がそんなにいい病院であれば、
全国のモデルになるよう祈ってます。

495 :無責任な名無しさん:2006/07/19(水) 08:34:38 ID:Ih0yC/KN
>>494
大正解だと思う。
自分も昔同じような生活をして、今の病院に決めたんだよ。
20件以上オファーが来て、私立で金銭的にはすごい条件のところもあったが、
あまりにもヒマ過ぎ、低レベルすぎで選べなかった。

とにかくお疲れ様。御幸運を祈ります。

496 :無責任な名無しさん:2006/07/19(水) 10:31:44 ID:DZBDD2CA
>>486
俺も経験した事ああるぞ。医者なら恐らく何回かはそのような経験した事ある筈だよね。
30分も正規にCPRやってて医学的にはここで蘇生を中止しても問題ない・・とは分かっていても
家族の態度や言動次第では家族のほうから「もういいです」と言うまで延々とやらざるを得ない雰囲気がある。
そういう場面では、家族の方から蘇生中止の意思表示があれば後日のゴタゴタは起こらないだろうしと思うと延々とやるね、他の急患を断ってまで。
結局、他の急患にそのしわ寄せが来るわけだが、そうすると今度は「あそこの病院は急患で行っても忙しいとかで診てくれなかった」という噂が出たりして・・・。

497 :無責任な名無しさん:2006/07/22(土) 15:50:14 ID:QA/uojET
歯列矯正関連の訴訟で、患者側が勝った判例ってあるのですか?

498 :無責任な名無しさん:2006/07/22(土) 19:17:18 ID:gfvOdA+n
>>497
判例検索システム>検索条件指定画面
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0010?action_id=first&hanreiSrchKbn=01

499 :無責任な名無しさん:2006/07/22(土) 22:27:57 ID:2P9fPD/C
どう思いますか?

《胸腔ドレーナージのない療養型病床での出来事》

鼡径から入れたCVがカテーテルの破損のためか漏れたため交換。
(事前にリスクなどに関してIC済み。)

鎖骨下より挿入したが気胸を起こし容体急変。
救急車にて転院するも車内にて呼吸停止。転院先にてCPR行なうも回復せず死亡。

医師のミスになりますか?

500 :無責任な名無しさん:2006/07/23(日) 10:45:11 ID:46jJc7+v
>>499
>医師のミスになりますか?
相手次第

501 :無責任な名無しさん:2006/07/23(日) 10:51:19 ID:46jJc7+v
>>500
ついでに言うと療養型に入院させてる時点で
「自分は楽したい。臭い年寄りはあっちに行け」
的家族である可能性が十二分に高いからね
実は、療養型は本質的にハイリスク

502 :無責任な名無しさん:2006/07/23(日) 18:12:26 ID:+SU6/Rjr
>>500
ありがとうございました。

503 :無責任な名無しさん:2006/07/23(日) 18:26:13 ID:0Qp+F12Z
今日、成人病に関する医師会主催の先端医療に関する講演で「公衆衛生と公共の福祉」違反しなければ云々と
言われた言葉が忘れませんでした。
医療の分野では「公衆衛生と公共の福祉」とは具体的にどのような意味で用いられるのですか。


504 :無責任な名無しさん:2006/07/24(月) 00:26:35 ID:bjMFif3V
>>499

その患者の年齢、ADL、認知症の有無、CVラインを入れていた理由がかかれていないから、
その情報だけでは 「わからん」。


505 :無責任な名無しさん:2006/07/24(月) 04:48:24 ID:x7kGyJOQ
>>504
ミスかどうか聞いているのに、なぜその情報が必要かが『わからん』。

しかも解決したように思える。

506 :無責任な名無しさん:2006/07/24(月) 08:19:55 ID:Pm54JSVL
>>505
一般人?
なら>>501の通りだな

507 :無責任な名無しさん:2006/07/24(月) 12:47:39 ID:ue3cKt5e
>>499
その情報だけでも「ミス」だと思うが。
Chest tubeが無い状況で、鎖骨下からtryすること事態が無謀といわざる得ない。
リスクマネージメントが全く出来ていない。
ICの内容に関わらず、医療事故だと思います。

508 :無責任な名無しさん:2006/07/24(月) 17:52:06 ID:CFLV8Wwf
>>507
用意しておくのは当たり前としても、
そこまで含めてICなんだと思うけどね。
(例えば、用意できないけれどやりますか とかね)

509 :無責任な名無しさん:2006/07/24(月) 18:31:11 ID:zhYAKpBq
寝たきり 姥捨て状態だったんだろ。

510 :無責任な名無しさん:2006/07/24(月) 19:59:36 ID:oGAB6lzl
ICで了承を取れば、死体換金されないとは限らない。
またCV気胸で急変死までする可能性など話している可能性は非常に低い。
リカバリーで出来ない状態で、鎖骨下に強行するほどの必要性も推測することすら困難。
いくら家族に説明していようと、医師として間違った行為(間違った選択)をしていることにかわりはない。
しかもその行為に死亡との因果関係ありでは、言い逃れなど笑止。
ICは契約書ではありませんのであしからず。


511 :無責任な名無しさん:2006/07/24(月) 20:10:41 ID:oGAB6lzl
(例えば、用意できないけれどやりますか とかね)
→言いかえらば、死んでもいいけどやりますか となる。
CVで一般常識より高率な(回避も出来るはずの)死亡リスク犯すような
行為はいくらICがあってもアウト。
間違った選択を家族に了承させているにすぎない。

その施設では、CVが必要なら内径静脈もしくは大腿静脈を選択するか、
他院でのCV挿入を依頼する以外の選択肢はない。

512 :無責任な名無しさん:2006/07/24(月) 21:00:04 ID:bjMFif3V
>>509

無駄に医療費を食いつぶす、寝たきり 姥捨て状態のジイサン(バアサン?)に、
引導を渡して、医療費の削減に大いに貢献したとして、
国民を代表して小泉首相から担当医に感謝状と金一封を贈呈。


513 :無責任な名無しさん:2006/07/25(火) 18:12:27 ID:V3a+N82V
>>511
言い換えは、ちょっと的外れだが、あえて死んでもいいからという話をすれば、
例えば肺癌でいちかばちかのイリノテカンとかありではないのか?
それから、そもそもCVでの重篤な合併症自体は、確率としてはかなり低いものだろう。
高率の死亡リスクを犯しているという判断は成り立たない。
何らかのいい合併症対策があるとしても、それを準備すべきかどうかは、
必ずコスト等を含めた総合的な判断が必要である。明確にそれが必要である
という根拠がなければ、それを準備しないことを過失とは言えないはずだ。

裁判所がこんなことも理解できずに判決を下してきたとか、
それ故JBMに基いた医療ということではどうすべきか、
ということなら君の言う通りだがね。orz

514 :無責任な名無しさん:2006/07/25(火) 19:51:11 ID:NRyvzdzX
>>513
ちゃんと読んでる?あんた馬鹿じゃないの?
CV挿入(輸液手段の選択の一つ)と肺癌の治療では比較の対象にならない。

>それから、そもそもCVでの重篤な合併症自体は、確率としてはかなり低いものだろう。

あなたの言うとおり!!
だからこそ今回は問題は、回避できるリスクをあえて選択して合併症を起こしているという点である。
今回の件において、死亡という結果を考えればコストは微々たるものにすぎない。
まだ反論を述べていただけるのであれば、
リカバリーで出来ない状況で、『鎖骨下』に強行するほどの必要性を推測して述べて頂きたい。

515 :無責任な名無しさん:2006/07/26(水) 12:31:02 ID:bpJjy1j5
>>514
なんだ。分かって書いていると思っていたんだが、単なる天然みたいだな。
それなら遠慮なく君の書いていることを全否定させてもらおう。

反論できないからといって、根拠のない決め付けはダメだ。
輸液も癌治療も治療手段の選択にすぎない。当然比較の対象だろう。
つーか、AだからBという君の主張に対しての、Aは必ずしも正しくない
という例Cに対し、BとCは違うって言われてもしょうがないのだけどねぇ。

曲解して「その通り」などと言っても、反論にはならない。
(鎖骨下で重篤な合併症自体がおこることの確率も低いのであって、
他のCVや対処まで考慮した確率を言っているのではない。君の完全な誤読だ)
また回避できるリスクを選択したからというのは、全く理由にならない。
子供でもわかるように例えるならば、移動手段に飛行機を選んだことを
飛行機が落ちた時に過失だと騒ぐようなことだ。
手段の選択の過失を問うのであれば、まず選択の是非だけから判断すべきで、
結果を入れて考えてはいけない。

鎖骨下CVなど、抹消点滴と大して変わらない手技だよ。
君は鎖骨下の危険を過大評価している。さらにtubeがあればほぼ大丈夫
というのも勘違いだし、逆にtubeがなくてもリカバリーできないとは言えない。
(この症例は、ブラ等の患者側要因で発生した緊張性気胸だろう。
気胸の治療なら何百例もしているかもしれないが、緊張性気胸の経験が
君にはどれほどあるかね?)

鎖骨下のデメリットは気胸だけだろう。固定、感染で他のものに勝るため、
鎖骨下に熟練した医師も少なくない。(俺もね)

出来る限り分かりやすく説明したつもりだが、理解できたか?

516 :無責任な名無しさん:2006/07/27(木) 06:54:36 ID:OijwyPpD
暇?

517 :無責任な名無しさん:2006/07/27(木) 08:05:23 ID:B8GuTKIx
馬鹿降臨?

518 :無責任な名無しさん:2006/07/27(木) 20:09:37 ID:rFHI8oil
医師が職務上のことで訴えられ負けることが多発すれば、次に
世間に叩かれるのは、法律家集団の番だろうな。
あの裁判で負けたのは弁護士のせいだ、他に勝てるやりかたがあったはずだ。
2審で無罪だったのに、1審の判事や弁護士は何をしていた?といった調子。
時間も問題か。

519 :無責任な名無しさん:2006/07/27(木) 23:44:24 ID:OijwyPpD
医師が萎縮しないでかつ医療事故の被害者を救済する立法的な手立てが必要だ。

520 :無責任な名無しさん:2006/07/28(金) 01:14:44 ID:xRM6rdIp
そんなことは10年くらい前から言われとる。
おまいが政治家になって実現しる。


521 :無責任な名無しさん:2006/07/28(金) 08:04:57 ID:t2SYdCEO
>手段の選択の過失を問うのであれば、まず選択の是非だけから判断すべきで、
>結果を入れて考えてはいけない。

結果に関わらず、選択の過失。
鎖骨下のデメリットは気胸だから。
準備不測。

>鎖骨下CVなど、抹消点滴と大して変わらない手技だよ。

どんな要因が隠れていようと、抹消点滴と大して変わらない手技で
死亡とあっちゃまずいですね。換金の適応。



522 :無責任な名無しさん:2006/07/28(金) 08:46:58 ID:usfyLWpm
>>521
肝腎の部分には全く反論ができないようだね。

鎖骨下のデメリットが気胸だからという理由だけで、選択の過失は
成り立たない。君は馬鹿じゃないのか?
内径静脈もしくは大腿静脈だって動脈刺したり多くのトラブルが
おこり得るだろう。抹消点滴だって、数千万の賠償が発生するような
トラブルがないわけではないよ。拍動を感じない抹消血管に刺したら
動脈だったなんてことも、ないわけではない。

現在の司法の暴走に拍車をかけているのが、君のように経験も知識も
ないくせに、勘違いして他医を断罪する鑑定医の存在なんだよなぁ。

523 :無責任な名無しさん:2006/07/28(金) 10:26:53 ID:t2SYdCEO
君は馬鹿じゃないのか?

鎖骨下のデメリットが気胸だから,気胸に対応できない状況での
選択の過失は成り立つ。


524 :無責任な名無しさん:2006/07/28(金) 12:25:24 ID:usfyLWpm
>>523
鎖骨下穿刺で気胸を起こしても通常は大したことないんだよ。
ここでおこったのは、緊張性気胸。
起こる確率は、航空機事故程度。

525 :無責任な名無しさん:2006/07/28(金) 12:32:32 ID:usfyLWpm
>>523
ついでに言えば、いくらでもあの準備が必要だったとかは
後から言うことができる。
全治胎盤でどれだけ輸血を用意すべきだったとかね。
治療法の選択は、確率を踏まえて総合的に考えるべきものだ。

526 :無責任な名無しさん:2006/07/28(金) 12:54:24 ID:t2SYdCEO
手段の選択の過失を問うのであれば、まず選択の是非だけから判断すべきで、
結果を入れて考えてはいけない。

527 :無責任な名無しさん:2006/07/28(金) 13:00:07 ID:t2SYdCEO
ついでに言えば、508の言うとおり用意しておくのは当たり前。

528 :無責任な名無しさん:2006/07/28(金) 13:57:22 ID:usfyLWpm
>>526-527
何を言いたいのか意味不明だな。
どちらも俺の言ったことなのだが。

君は物事をあるかないかだけで考えていないか?
矛盾を感じるとしたら、そんなところだろう。

529 :無責任な名無しさん:2006/07/29(土) 09:33:41 ID:gNXD2on2
>>524
>ここでおこったのは、緊張性気胸。起こる確率は、航空機事故程度。
 緊張性気胸はもっとよくあるよ。問題はそれを疑うか否かだ。
 胸カテなくても、肋間にエラスター入れれば死ぬことは無い。


530 :無責任な名無しさん:2006/07/29(土) 23:41:00 ID:Tsji3Nqx
>>499です。
久しぶりに覗いてみたら たくさんレスついてました…
ありがとうございました。

531 :無責任な名無しさん:2006/07/30(日) 10:12:26 ID:SeShkiUe
>>529
頻度以外はまさに俺も同じ意見だが、「よく」はないだろう。
(CVでの気胸の頻度のデータはあっても緊張性のデータはない。研修医が
バンバン鎖骨下をやっていた大学病院でもなかなかお目にかからないことを
考えると、そのぐらい低くないか?前に航空機の比喩を使ったので
不正確なのは承知での表現だ)

532 :無責任な名無しさん:2006/07/30(日) 21:05:22 ID:P3gcfaFJ
>>531
わたくし通りすがりですが、あなたちょっと脳ミソ足りないよ。
これ以上の発言は、見苦しいね。乙。

533 :無責任な名無しさん:2006/07/31(月) 10:44:03 ID:KlIta7w1
>>531

> >ここでおこったのは、緊張性気胸。起こる確率は、航空機事故程度。

> 頻度以外はまさに俺も同じ意見だが、「よく」はないだろう。

> 考えると、そのぐらい低くないか?前に航空機の比喩を使ったので
> 不正確なのは承知での表現だ)

(゚Д゚)ハァ?

534 :無責任な名無しさん:2006/07/31(月) 13:41:36 ID:uHC1dLny
>>532-533
どこがそうなのか具体的にどうぞ。
(まあ、無理だから具体性のない表現になるのだろうが)
君のような発言は、むしろ議論相手を貶める発言だよ。

535 :無責任な名無しさん:2006/07/31(月) 16:22:04 ID:MbdvZHQW
私が見つけたところですと・・・
>>508 準備しておくのが当たり前と言いながら、
>>525 問題を他の症例に置換して、準備の必要性に関しての言及を避けている。

>>515 手段の選択の過失を問うのであれば、まず選択の是非だけから判断すべきで、
  結果を入れて考えてはいけない。と言っておきながら選択の過失に対して
>>524 結果から考えて反論している。

>>531 大学でのCV挿入での緊張性気胸の頻度が低いのは当然でしょう。
   今回の問題の例のように気胸を放置することはありませんから。
   しかも、不正確なのを承知での表現だとか開き直ってんじゃないよ。

脳ミソ足りなくて左遷された一人医長君にも理解してもらえたかしら?

P.S.
>>499 両側気胸作成しました・・・・とか今更告白しないでよね。

536 :無責任な名無しさん:2006/07/31(月) 19:40:05 ID:uHC1dLny
>>535
>>508では、準備をするのが当たり前と「しても」と仮定しているんだが、
君の国語力は相当お粗末だね。さらに言えば、当たり前なことを
しなかったらすぐに過誤になるわけでもなかろう。
繰り返しになるが、準備しなくても普通の気胸なら後から十分に
対応できるし、緊張性に気付けば逆に開放してやればよい。
言及を避けているのではなくて、既に言及済みということだ。
(もっとも、このような文章での遣り取りで答えが分かっている場合は、
簡単にこうすればよいなどと言えるが、実際の場で、特に経験の少ない
医者の場合に、それができることを要求するのは酷だと思われる)

結果を入れて考えてはいけないという意味は、選択に際して
起こりうる結果の確率を考えて判断してはいけないという意味では
なくて、起こった結果から、起こる以前の時点の選択を断罪することが
いけないということだ。航空機事故の比喩で理解できるのが普通の
知性だと思うが、これでも理解できずに矛盾だと思うような馬鹿だと
手に負えんな。

537 :無責任な名無しさん:2006/07/31(月) 19:41:06 ID:uHC1dLny
>>535
緊張性気胸は放置しないから起こさないのではない。実際に起きる
頻度が低い。普通の気胸は時間が経って起こってくる場合もあるし、
経過観察で十分な例もある。君は圧倒的に知識経験不足。
それから今回の例は、何だか経過が速そうに見えるのだがね。
放置された例と表現するのは、軽率な気がする。Chest Tubeが
なかったという話(君ではないかもしれないが、こんなにお粗末な
国語力の人間が複数いるとは思えない)も確実な話ではない。

開き直るも何も、かなり低いというニュアンスを伝えるのが目的であり、
最初から何の問題もない。

自分の経験不足や無知を理解できない医局員というのは本当に困りもの。
(君の場合は学力不足もね)君のオーベンはかなり苦労しただろうね。
(植民地に天下った同期から聞いた話では、やっと医師免許をとれた
くらいの私大医師にはこういう馬鹿もいて困っているそうだ)
見つけたとか書いて、簡単に論破された気分はどうだい?

538 :無責任な名無しさん:2006/07/31(月) 21:30:14 ID:RAEz9ILk
航空機事故の比喩がすでに適切でないことに気がついていないの?
当たり前のことをしないで、アクシデントが起きれば過失なのは明快。
なにせ現代の医療では当たり前のことなのだから。
甘ちゃんの田舎育ちは恐ろしいですな。
インシデントとアクシデントでは当然社会の対応も違う。
今回はアクシデント。
死亡してしまっては、どんな理由も通らない症例であろう。

さらに499が与えた情報に対する意見を皆が述べている中で
Chest Tubeがなかったという話も確実な話ではない・・は無いでしょう。
自分にとって都合のよい症例に作り変えようとしているのかな?
なんなら複写しましょうか?

499
《胸腔ドレーナージのない療養型病床での出来事》

鼡径から入れたCVがカテーテルの破損のためか漏れたため交換。
(事前にリスクなどに関してIC済み。)
鎖骨下より挿入したが気胸を起こし容体急変。
救急車にて転院するも車内にて呼吸停止。転院先にてCPR行なうも回復せず死亡。
医師のミスになりますか?


自分にとっては不可抗力でも、相手にとって大きな損失を与えれば罪を償わなければ
ならないという現実を知りましょう。
血胸などで死亡は医師および患者も不運だと思いますが、
緊張性気胸は救い得ます。
まあ一人医長なら、自己中でもやれるのかもしれませんが。

539 :無責任な名無しさん:2006/07/31(月) 21:37:35 ID:RAEz9ILk
当たり前のことをしないで結果的に患者が死亡した場合過誤にならないはずがないだろ。
サル山で一人で吠えて、周囲の人々を論破した気分になっている一人医長には伝わらないかも知れないけどね。

540 :無責任な名無しさん:2006/07/31(月) 21:44:19 ID:RAEz9ILk
>緊張性気胸は放置しないから起こさないのではない。実際に起きる
頻度が低い。

根拠のないコメントは控えましょう



541 :無責任な名無しさん:2006/07/31(月) 21:57:23 ID:RAEz9ILk
鎖骨下のデメリットが気胸だから,気胸に対応できない状況での選択の過失は成り立つ。

524
鎖骨下穿刺で気胸を起こしても通常は大したことないんだよ。
ここでおこったのは、緊張性気胸。
起こる確率は、航空機事故程度。 (だから無罪とでもいいたいのかな?)

この反論って起こった結果から述べているんじゃないの?
結果的に緊張性気胸だったから、準備の過失は認定できないと述べているように聞こえるのですが。
日本語の使い方勉強しましょうね。○朝鮮出身のDrならしょうがないか。







542 :無責任な名無しさん:2006/08/01(火) 05:47:50 ID:w0vPJBJj
東大理学部数学科卒の弁護士が文系馬鹿を痛烈に罵倒しています
http://www.atmarkit.co.jp/fsecurity/column/ozaki/29.html

>>理系では常識とされる論理思考・論理的直感が法曹などの超文系世界では非常識
>>とされることにしばしば驚く。

>>「論理感覚」は法曹界の人材の大多数にはないものと思った方がよい

結論:暗記馬鹿の文系は能無し。影響力の大きい馬鹿ゆえに社会に与える害悪の大きさは看過できない。

543 :無責任な名無しさん:2006/08/01(火) 08:07:36 ID:Kym1SsVb
              ☆ チン     マチクタビレタ〜
                         マチクタビレタ〜
        ☆ チン  〃 ∧_∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ヽ ___\(\・∀・) <  粘着な言い争いはやめなさい
             \_/⊂ ⊂_ )   \_____________
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        | .佐賀みかん.  |/

544 :無責任な名無しさん:2006/08/01(火) 08:50:36 ID:Kym1SsVb
              ☆ チン     マチクタビレタ〜
                         マチクタビレタ〜
        ☆ チン  〃 ∧_∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ヽ ___\(\・∀・) <  次の医療過誤相談まだ〜?
             \_/⊂ ⊂_ )   \_____________
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        | .佐賀みかん.  |/


545 :529:2006/08/01(火) 10:50:09 ID:S2jr+rhv
>>541
>結果的に緊張性気胸だったから、準備の過失は認定できないと述べているように聞こえるのですが。
 準備の過失なんてないでしょ。ただ裁判所がこの医師に緊張性気胸の
 診断と対処能力を要求するか否かですね。
 昔に集中治療室のお助け医をやってた10年間2000例で、鎖骨下穿刺原因
 の緊張性気胸は2例でした。直接関わった症例では、当直医が朝施行した
 患者を日勤で引き継いで胸Xpが上がってきて診たら、右胸部真黒、血圧も
 下がり始めていたので、すぐにエラスターで脱気、助けました。
 エアバッグ装着前には、自動車のハンドル外傷では常に緊張性気胸を疑い
 見逃すなという伝承がありましたが、今はどうなっているやら。

546 :無責任な名無しさん:2006/08/01(火) 12:52:17 ID:jTlz0SCT
>>538-539
>死亡してしまっては>結果的に患者が

これこそが間違いなんだよ。馬鹿な素人がよく言っていることでもあるがね。
これがどうして間違いなのか2chやその他のブログでも多くの医者が
説明している。いくらでも引用できるが、一つだけ引用しよう。

例えばイチロー選手の所属するマリナーズが延長10回で負けたとします。
この試合で以下のことが事実認定がありました。

1;9回裏にツーアウトからイチローが出塁したが、盗塁に失敗してアウトになった。
2;10回表に相手に点が入る。
3;10回裏にノーアウトからマリナーズに2本続けてヒット。
4;しかし得点出来ずマリナーズは負けた。

これらの事実認定より、
「イチローが盗塁を試みて失敗しなければ、続く打者に2本のヒットが
でてマリナーズは9回裏にサヨナラ勝ちをしていた。したがってイチローの
盗塁を試みた判断は間違いであり、チームに敗北という重大な損害を与えた。
したがってイチローはマリナーズに罰金を支払わなければならない」
事実認定から導きだされたのこの判断の問題点は
「ツーアウト1塁の時点でイチローは何を考えるべきなのか」
を考慮していない事です。後方視的に事実認定された結果だけから理屈を
付ける事の欠陥はここにあります。

547 :無責任な名無しさん:2006/08/01(火) 12:56:02 ID:jTlz0SCT
>>540
日常診療で見かける気胸の頻度と、緊張性気胸の頻度から考えれば、
当たり前のこと。ここでも君は経験不足を露呈させてしまったね。

>>541
緊張性気胸だったから、鎖骨下を選択したことが間違いでないなどとは
全く言ってないだろ。その部分は、対応できないという部分が
誤りであるという説明だ。本当に君の国語力は情けないな。

548 :無責任な名無しさん:2006/08/01(火) 13:03:32 ID:jTlz0SCT
>>545
先生の解説でFAですね。(緊張性の例数が多い気もしますが)
私も若い頃、緊張性気胸の怖さは救急の専門医から聞かされました。
目の前で苦しんでいる患者(穿刺原因ではない)に、麻酔もそこそこ
急いで刺したのみて、驚いたものです。

549 :無責任な名無しさん:2006/08/01(火) 13:29:27 ID:F62/j/rS
真面目な話、これで有罪なら訴訟が怖くて鎖骨下穿刺どころか腰椎穿刺すら出来ないんですが・・・
目で見えないから常にカンと感触と脳内イメージ補完による推測でやるしかないからミスは絶対でます
これで敗訴するなら医療側は腰椎穿刺すらしないという防衛医療を行うしかないと思います

550 :無責任な名無しさん:2006/08/01(火) 13:47:16 ID:qIR6bP8g
そしたらおそらく「ルンバールしなかったのは過失」とする判決が(以下略

551 :無責任な名無しさん:2006/08/01(火) 15:00:46 ID:F62/j/rS
>>550
今の司法の流れだとそれも充分、考えられますね
となると応酬義務違反に問われても診療拒否したほうが結果的にいいという判断になるのでしょうか

やはり臨床医を続けること自体が間違いという気がしてきました
患者さんや家族の方の笑顔を糧に続けてきましたがそろそろ限界ですね

552 :無責任な名無しさん:2006/08/01(火) 15:58:52 ID:5fvO7/Bo
スレ違いかもしれないけどさ、診療所って看護師を雇わなくても開業できるの?
ちなみに俺が働いてた診療所は看護師が一人もいなかった


553 :無責任な名無しさん:2006/08/01(火) 23:11:31 ID:LlgdDapq
>>542
文系法曹相手ならまだいいが
この弁護士は論理どころか感情100パーセントの一般人の顧客を
満足させられるのかな?


554 :無責任な名無しさん:2006/08/01(火) 23:34:35 ID:IzXoI/2V
妊婦が死亡した件で相談します。
 @カルテ改ざんが行われた。
  37週における前置胎盤とのエコー写真の所見が、死後低置胎盤と書き換えられた。
  改ざんでではないかと指摘すると、誤った記載を正しく直したに過ぎない。むしろ
  誤った記載を放置するほうがよほど悪質と考えると院長が放言。
 A病理解剖について医師が説明をしない。
  病院は民事裁判で不利になるから説明はしないと回答。
 B生まれた赤ん坊に3時間も面会できなかった。
  赤ん坊の安否すら一切説明無く、生後3時間まで一切面会も、状
  況説明も無かった。
  産婦人科医師は、そのような指示をしていないと病院側は説明。では誰の指示で赤ん坊との面会が
  拒否されたのか?

このような場合、どのような法的手段が考えられますか?
すべて、今の日本のある総合病院での現実の事件です。


555 :無責任な名無しさん:2006/08/02(水) 03:31:15 ID:J7ppQNzS
>>553
お前らはDQN一般人を納得させる能力が論理的に正しく考える能力より重要だと考えるのか?
さすが、法曹。
ソクラテスもお前らにかかると無能扱いだろうな。

556 :無責任な名無しさん:2006/08/02(水) 04:53:09 ID:r73ImyUm
去年の8月に兄が死んでしまいました。
直接の死因は浴槽での溺死ですが、
兄は東大病院精神科に通っていて脳の発達障害があると言われていました。
で、薬と酒を毎日飲んでたんですが、この飲み合わせに問題があったのではないかと
考えております。この場合医者側を相手に責任を追及することはできるんでしょうか?
ちなみに服用してた薬は朝食後に、
テグレトール錠 200mg
セレネース錠 3mg
アキネトン錠 1mg
夕食後に何飲んでたかは今分かりませんが調べときます。
お酒は夕食前に発泡酒350mlでした。
このくらいの酒量なら問題ないと医者には言われてたらしいです。
兄は薬の副作用でかなり肝臓を悪くしてました。肝臓の状態を見て
ギリギリの量で薬を出されてたようです。
何かご存知の方がいましたらレスおねがいします。

557 :556:2006/08/02(水) 05:45:21 ID:r73ImyUm
夕食後と言うより就寝前の薬でした。
上記の薬に加えて、ザンタック錠150mgです。
この薬の量だとかなり眠気を催すような気がするんですが、
溺死したのは薬のせいなんでしょうか?


558 :無責任な名無しさん:2006/08/02(水) 07:17:45 ID:GOgzRgT8
>>555
論理的に正しく説き伏せるよりも、
感情論で説き伏せたほうが、
納得する客もいる。
それだけのことだろ。

559 :無責任な名無しさん:2006/08/02(水) 08:17:25 ID:Q37ing7f
>>556
肝臓を悪くしていたと言っても、程度の問題もある。
薬を中止しない程度の薬による肝障害(多分確定診断でもないだろう)なら
効果が強くでた可能性は低いと思われる。
酒との飲み合せも、そこまで重篤な変化を来たす可能性は低いだろう。
発達遅滞があったなら、自ら大量に服薬した可能性が高いと思われるが、
解剖所見はどうだったの?血中濃度は?

精神科のミスの可能性はほとんどないし、おそらく弁護士にも
断られるくらいの内容だと思うよ。

560 :無責任な名無しさん:2006/08/02(水) 08:40:31 ID:Q37ing7f
>>554
医療における説明義務というのは、その説明をされなかったことによって
患者側が治療の選択をする機会を奪われ、且つその治療で患者に何か
損害が発生した時に、それ相応(全額賠償ではない)の賠償をする
判決が下りる可能性があるということで、事後に説明しなくても
それは単に不親切とか不誠実という話であって、何らかの賠償を
求めることはできない。@〜Bの内容において病院を責めるのは無理。
(@も問題なし)

妊婦が死んだことに関しては、病院に過失(正しくはないが裁判で
そう判断されるものを含む)がある可能性はあり、それで裁判して
みるしかないと思う。(その内容からあるかどうかは全く判断できない)
しかしながら、勝てるかどうかわからない裁判に入る準備段階の
証拠保全でも、数十万の金が必要だろう。

561 :556:2006/08/02(水) 08:42:48 ID:r73ImyUm
>>559
そうですか・・・。残念です。
司法解剖はしていません。親が「切りきざむのは可哀想だ。」と言ってやりせんでした。
肝臓については血液検査で肝臓の数値が高かったらしいです。
単なる事故だとすると、風呂で若い人が事故死する例は年間どのくらいあるんでしょうか?


562 :無責任な名無しさん:2006/08/02(水) 08:54:42 ID:SmmCumNv
>>561
> 単なる事故だとすると、風呂で若い人が事故死する例は年間どのくらいあるんでしょうか?

風呂の事故件数はしらんが、知っていてもこの件の参考になるとはおもえんが。

563 :556:2006/08/02(水) 09:07:15 ID:r73ImyUm
>>562
ちょっとググった感じ風呂での事故死は交通事故死より多いらしいので。
ただ20代の人が死んだ例はそんなに多くないんではないかと思いまして。
この件で問題にしてもよくある事故として片付けられてしまうんでしょうか?

564 :無責任な名無しさん:2006/08/02(水) 09:30:14 ID:SWSWSb/X
俺が勤めてた診療所では無資格の人間が点滴の針を抜いてた
これは明らかな違法だよね?
内部告発を考えてる

あと>>552もお願いします○┓ペコ

565 :無責任な名無しさん:2006/08/02(水) 09:45:07 ID:w2eCRkeD
>>546
Matimulog 南山法科大学院から見た法・裁判・民事、そしてサイバー法
http://matimura.cocolog-nifty.com/matimulog/2006/07/jugement_0bec.html#comments
2006/07/27 jugement:出産事故と期待権侵害

コメント 21

投稿 産科のない病院へ移った小児科医 | 2006/07/31 21:30:23


566 :無責任な名無しさん:2006/08/02(水) 13:09:29 ID:Q37ing7f
>>552
全く問題なし。
>>564
資格の問題は話すと長くなるなぁ。医学生とか看護学生とかの行為とかを
考えてみて。大抵は医師の監督下の行為ということで行われている。
線引きが難しいのだが、抜くくらいはOKと判断される場合も多いと思う。

567 :前置胎盤?:2006/08/02(水) 16:01:55 ID:YHsN8fHW
別スレで見つけた相談ですが、最近産婦人科での事件が多いですね。

産科医絶滅史第13巻 〜奈良苦へ〜
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1152360161/l50

756 :卵の名無しさん :2006/08/01(火) 23:52:02 ID:rkQNM1aL0
妊婦が死亡した件で相談します。
 @カルテ改ざんが行われた。
  37週における前置胎盤とのエコー写真の所見が、死後低置胎盤と書き換えられた。
  改ざんでではないかと指摘すると、誤った記載を正しく直したに過ぎない。むしろ
  誤った記載を放置するほうがよほど悪質と考えると院長が放言。
 A病理解剖について医師が説明をしない。
  病院は民事裁判で不利になるから説明はしないと回答。
 B生まれた赤ん坊に3時間も面会できなかった。
  赤ん坊の安否すら一切説明無く、生後3時間まで一切面会も、状
  況説明も無かった。
  産婦人科医師は、そのような指示をしていないと病院側は説明。では誰の指示で赤ん坊との面会が
  拒否されたのか?

このような場合、どのような法的手段が考えられますか?
今の日本のある総合病院での現実の事件です。

568 :無責任な名無しさん:2006/08/02(水) 18:16:48 ID:SWSWSb/X
>>566
レスありがとう。
医師が監督の下だったら針を抜いても良いとは知らなかった。
告訴しても負けるよね?


569 :無責任な名無しさん:2006/08/02(水) 19:43:10 ID:NpFfywGm
>>567
>>554

最近多くなったのではなく
従来の日本人が問題にして来なかった事案を
裁判に持ち込む(持ち込もうとする)ようになっただけ

570 :無責任な名無しさん:2006/08/02(水) 19:59:02 ID:SmmCumNv
>>568
> 告訴しても負けるよね?

やってみなきゃわからんぞ。人柱キボン

571 :無責任な名無しさん:2006/08/02(水) 20:19:34 ID:SWSWSb/X
>>570
確かにやってみなきゃわからないよね。
告訴するか悩む
人柱って何?無知でスマソ


572 :無責任な名無しさん:2006/08/02(水) 22:00:14 ID:NpFfywGm
>>571
「告訴」は刑事事件を扱うときの言葉
おまいさんは犯罪被害者なのか?

ま、その何だ
民事で裁判を起こす権利は誰にでもあるわけだから
弁護士の先生と相談してどんどん訴訟を起こす(「提訴」する)よろし
勝っても負けても和解になっても弁護士の先生が儲かってくれるので
日本のGDPを押し上げてくれるでしょう

それによって医療が崩壊するかも、とかゆめゆめ思ってはいけません
今さえ良ければそれでいいのです

573 :無責任な名無しさん:2006/08/03(木) 00:13:51 ID:w+IN655U
>>572
なるほど『提訴』ですね。勉強になりました。
話すと長いしスレ違いなんですが、自分が働いてた診療所での給料を支払ってもらえないので
その給料を支払ってもらうために告訴を考えてます。
なのである意味犯罪被害者ですね。
ついでに無資格者の医療行為も訴えようと思っています。
でも医師が監督の下では無資格者が点滴の針を抜いても良いかもしれないとのことなので
これに関しては訴えようか迷っています。
長々と失礼しました。


574 :無責任な名無しさん:2006/08/03(木) 00:21:39 ID:kn6cRbEn
>>556
脳の発達障害のある椰子に一人で風呂入らせたヲマエ等家族に責任あり。
クスリと酒のせいで死んだなんぞ、何と苦しい責任逃れだことww

>>557
キチガイを薬使ってでも眠らせるのは社会治安を維持する精神科医の責務。
ヲマエの兄がキチガイ発作で人殺しても、ヲマエは責任逃れし
「薬が効いていなかった」とかいって医者に責任転嫁するんだろうなww
風呂で溺れ死んでくれるなんぞ、手が省けて何と有り難いことww

>>561
何が残念なんだよw。医者のミスを捏造して恐喝するなんざ、お前の才覚じゃ無理無理ww

>>563
キチガイがどこかで溺れ死ぬのはよくあること。
換金不能となるくらい腐乱した死体となって海の中で見つけられなかっただけ有り難いと思え。
そんなに死体換金したかったらキチガイを生んだ責任を追及してヲマエの親を恐喝せいw

575 :無責任な名無しさん:2006/08/03(木) 00:31:13 ID:kn6cRbEn
>>573
診療所で働いてもいない無職の患者が、「診療所で働いていた。だから給料くれ」
と言っても診療所が払うわけないだろがよ。
労働実態の証拠を捏造したらいかんぞ。
キチガイor恐喝者として精神病院・警察に身柄を拘束されるのみ。

くだらんことで診療所にケチつけて診療所で働いたことにさせようとする椰子がいたなあ。
例の「似非医療被害者」の恐喝屋、病院で高給で働いていたことにして貰っていたそうだ。

576 :無責任な名無しさん:2006/08/03(木) 00:46:01 ID:w+IN655U
>>575
いや短期間ですが働いてましたよ。
雇用契約書もあります。


577 :無責任な名無しさん:2006/08/03(木) 08:29:28 ID:pmp/k261
>>576
民事と刑事の区別はついているか?
明らかな犯罪行為でも、事件の大小等により、警察や検察に受け付けて
もらえないことは、一般的なことだ。
無資格云々は、例え違法行為でも、受け付けてもらえる可能性はない。
君の給料未払いの解決に役立つことはありえない。

給料未払いは、明らかに違法だが、警察も検察も労基も本当になかなか
動かないし、動いても自分の未払いの解決にはなかなかならない。
結局民事で提訴するしかないわけだが、未払い給与が100万を超えて
いないのなら、割に合わないと思うぞ。社会正義のため頑張ると言うのも
ありだけれどね。未払い常習で、他にもたくさん被害者を集められる
というならちょっと話は別。是非頑張れという話にもなるが、茨の道で
あることには変わりはないかな。

578 :無責任な名無しさん:2006/08/03(木) 09:52:38 ID:w+IN655U
>>577
ご丁寧にありがとうございます。
診療所の無資格者の医療行為を内部告発をして労基とか警察が動いてあわよくば業務停止
みたいなことを考えていました。無理ですよね。。。
労基に行ってきましたが確かにあまり動いてくれなさそう
自分が甘かったです。
未払い分だけでも取り返せるようがんばります。


579 :無責任な名無しさん:2006/08/03(木) 11:12:44 ID:FnMSrxlp
807 名前:卵の名無しさん 投稿日:2006/08/03(木) 01:28:09 ID:YZDHo91s0
フジヤマの著作をコピーして広げ、藤山本人から訴えられる。
→医療訴訟を受けた場合。
→藤山が万一裁判官に選ばれたら。
→「藤山自身が別件の裁判の一方の当事者であり、公正な裁判を受けられない」と申し立てる。
→藤山裁判長の忌避成立
→ウマー

580 :激務:2006/08/04(金) 07:35:18 ID:/uG7P80H
 
医師をやっています。
ちょっとご相談です。法律に詳しい方、ご教示お願いします。

つい先日、勤務病院の事務長と契約更改しました。
契約書ともう一枚の紙を目の前に出され、
契約書ではないほうの紙に「医師給与規定により次の年俸とする」と
書いてありました。
契約書にはその文言は書いてなく年俸だけ書いてありました。

今後どのように年俸が推移する見込みなのか知りたくて、
医師給与規定を見せてください、と伝えました。

事務長の答えは、「内部規定だから職員には見せない」でした。
こうした規定は、病院の職員である医師の請求で見ることは
法的に可能なのでしょうか?

つまり、職員の請求があった場合、
病院は給与規定を見せる義務があるのか、
それとも、見せなくてもいいのかどうか、ということが知りたいことです。

今後の人生設計もあるので知りたいですし、裏で給与規定が改訂されても
改訂されたこと自体を知ることができないのは不当だと思うのですが。 
 
ぜひご教示お願いいたします。
 

581 :無責任な名無しさん:2006/08/04(金) 08:12:51 ID:uMWNLyrf
信用できない職場なんて、早くやめれ。

582 :無責任な名無しさん:2006/08/04(金) 08:38:39 ID:mK6ZabH0
>>580
労働法のスレ(職場、賃金等のトラブル)Part46
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1153397867/

583 :無責任な名無しさん:2006/08/04(金) 12:36:21 ID:5qcps2cK
>>580
普通は契約書に給与額が必要だろ。別の紙にした上に、規定も開示しない
ということは、明らかにおかしい。今後の推移どころか、その年の
支払すらあてにならない。別紙が無効というわけではないだろうが、
トラブった時に余計な手間がかかりそうだしね。
それから規定自体ない可能性も高いと思われる。

584 :無責任な名無しさん>:2006/08/04(金) 13:13:45 ID:uMWNLyrf
>今後どのように年俸が推移する見込みなのか知りたくて・・・

昇進しなければ、年棒だってあがらないでしょ。
つまり推移の見込みなんてわからんのでは。

585 :激務:2006/08/04(金) 20:57:34 ID:/uG7P80H
580です。
ご教示いただきまして、ありがとうございます。
スレ違いの件、誠に申し訳ありませんでした。

586 :無責任な名無しさん:2006/08/05(土) 11:56:22 ID:6fvD4BeQ
>>584
通常は勤務年数や年齢が縦軸で等級あたりが横軸の職務別の基本給マトリックスくらいあるだろ
それをみれば平均的推移も見れるんじゃないか?

587 :無責任な名無しさん:2006/08/06(日) 18:39:20 ID:MmNUkrNq
>>586
小さな医療法人とか、本当にいいかげんだよ。経営者の言い値。
(逆に言えば、規定に縛られて臨機応変に対応できなければ、医師確保が
ままならないということもある)
それから、これからは多少変わっていくかもしれないが、医師の勤務って
医局の人事で2年くらいで次から次へ異動していくのが当たり前だった。
だから昇給とか、退職金とかとは縁のない給与体系であるとも言える。
さらに言えば、たとえ公立や大規模私立の場合でも、基本給部分に比べて、
資格手当等がはるかに大きいから、そちらが何かの原因で変動すると、
基本給の上昇なんてあまり意味のないものになる。

588 :無責任な名無しさん:2006/08/06(日) 22:10:03 ID:6kF8ImQ5
              ☆ チン     マチクタビレタ〜
                         マチクタビレタ〜
        ☆ チン  〃 ∧_∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ヽ ___\(\・∀・) <  次の医療過誤相談まだ〜?
             \_/⊂ ⊂_ )   \_____________
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        | .佐賀みかん.  |/


589 :無責任な名無しさん:2006/08/07(月) 00:20:52 ID:XyvCSs90
>>556 >薬と酒を毎日飲んでたんですが

抗精神薬と酒一緒に飲んでるとわかっててとめなかった家族の責任はないの?


590 :無責任な名無しさん:2006/08/07(月) 12:45:20 ID:MvwmF0ja
>>556
お風呂の責任は、追及していないの?
なぜ、どうしてなの。

水道局も責任問題だよ。溺死だろ。最も死因に近いじゃないの。
溺れない水を供給するべきだよね。

591 :無責任な名無しさん:2006/08/07(月) 13:05:25 ID:UzqPJBzQ
風呂メーカもだろ。
年間に数百〜数千人の死者を出しているって、それって凶器だろ。
死者が出る事は容易に予見できるにもかかわらず、出荷もやめず、
リコールもしないんじゃ怠慢の謗りは免れないよな。刑事訴追したほうがいい。

592 :無責任な名無しさん:2006/08/07(月) 13:22:12 ID:KAo9tu4P
>>590>>591
となると電気・ガス会社もそうだな

593 :無責任な名無しさん:2006/08/07(月) 20:10:00 ID:sZ9YwL0x
>>592
酒造会社が一番悪いだろ

594 :無責任な名無しさん:2006/08/07(月) 20:44:26 ID:GQ7f8TbS
>>556
兄を作った両親の責任じゃないのか。

595 :無責任な名無しさん:2006/08/07(月) 21:53:23 ID:mQFYkKUk
アダムの製造物責任を追及するべきだ。

596 :無責任な名無しさん:2006/08/08(火) 07:11:46 ID:GbCQpczN
どこか臨床を飽きてしまったドロッポ医を、パートで雇ってくれる法律事務所って
 ありますかね?

597 :無責任な名無しさん:2006/08/08(火) 08:00:31 ID:s8sKtl9D
>>596
給与額次第だろ。

598 :無責任な名無しさん:2006/08/08(火) 09:12:30 ID:lAUe246Z
日本は水難事故が他国に比べて、多い国なんだって。
理由は、日本人が風呂に入る習慣があるから。
風呂に入って死んだ人たちすべてが訴訟を起こしたら、もう風呂には入れないね。
そうなると、シャワーをするしかなくなるな。

599 :無責任な名無しさん:2006/08/08(火) 11:17:36 ID:K+/f7qR9
>>598
> 風呂に入って死んだ人たちすべてが訴訟を起こしたら、もう風呂には入れないね。

死んだ人が訴訟を起こすのは無理だろ。風呂に入るのもw

600 :無責任な名無しさん:2006/08/09(水) 08:08:32 ID:NJ4/EzSW
>>599
この国は野鳥とかが訴訟をおこすこともある国だからね。
無理とも言えないのでは。

601 :無責任な名無しさん:2006/08/11(金) 00:29:31 ID:9IGqwNyn
医療系トラブル相談マダァ-? (・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン


602 :無責任な名無しさん:2006/08/14(月) 22:30:05 ID:CVEdEJSq
交通事故患者です。

退院してから,保険屋が医療調査をしました。
搭乗者傷害保険が、3分の1に減額されました。
理由は,医師が虚偽の報告をしたからです。
検査しない…くすり飲まない…床ずれも無し・・
事実の逆ばかりでした。

減額分を医師に,請求をする事は,可能でしょうか?

603 :無責任な名無しさん:2006/08/14(月) 23:35:32 ID:6lnrSg7R
>>602
> 交通事故患者です。
ちょっと車がカスったくれぇで「交通事故患者」たぁご大層なw

> 退院してから,保険屋が医療調査をしました。
> 搭乗者傷害保険が、3分の1に減額されました。
医療調査されるようなクソぁゃsぃ入院だったんだろうが。
不要な入院、不正な休業補償、保険屋もお前を「当たり屋」と思っているぞww 図星か?
労働契約書や源泉徴収票も捏造したんだろうなw 早く自首せいww

> 理由は,医師が虚偽の報告をしたからです。
> 検査しない…くすり飲まない…床ずれも無し・・
お前が首痛いとか嘘ばっかりつくからだ。保険屋も医師も虚偽の申告は相手にしないだろよ。
床ずれは事故遭う前から働かずに寝てばかりだったから出来ていたものだろうな。

> 事実の逆ばかりでした。
お前が事実の捏造をして不正に保険金取ろうとしたんだろうが

> 減額分を医師に,請求をする事は,可能でしょうか?
保険屋から思うようにカネ取れんかったからって、医者から取るなぞホンマモンの「当たり屋」も真っ青。
もう一回これ読め

弁護士リレーエッセイ えせ医療被害者との闘い
http://www3.ocn.ne.jp/~mmic/benngosi.htm#002

604 :無責任な名無しさん:2006/08/14(月) 23:41:11 ID:6lnrSg7R
                _∧_∧_∧_∧_∧_∧_∧_∧_
     デケデケ      |                         |
        ドコドコ   < 次 の キ チ ガ イ 相 談 ま だ 〜 ?   >
   ☆      ドムドム |_  _  _ _ _ _ _ _ _ _|
        ☆   ダダダダ! ∨  ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨
  ドシャーン!  ヽ         オラオラッ!!    ♪
         =≡= ∧_∧     ☆
      ♪   / 〃(・∀・ #)    / シャンシャン
    ♪   〆  ┌\と\と.ヾ∈≡∋ゞ
         ||  γ ⌒ヽヽコ ノ  ||
         || ΣΣ  .|:::|∪〓  ||   ♪
        ./|\人 _.ノノ _||_. /|\

         ドチドチ

605 :無責任な名無しさん:2006/08/15(火) 05:36:44 ID:juPAal1M
名前: 無責任な名無しさん
E-mail:
内容:
>603さま 。  回答有り難う御座います。602です。
>ちょっと車がカスったくれぇで「交通事故患者」たぁご大層なw

12トン車に、80キロで、突っ込まれたので、私の,普通車はエンジン部分、 ボンネット部分が全欠損で、スクラップ状の即廃車でした。
相手の、12トン車は頑強なので、68万円程の修理で、すみましたが。

>医療調査されるようなクソぁゃsぃ入院だったんだろうが。

寝たきりで、排泄も,バルーン導尿で,食事も流動食をヘルパーが 口に沿って、静かに流してもらいました。

>お前が首痛いとか嘘ばっかりつくからだ。保険屋も医師も虚偽の申告は相手にしないだろよ。
床ずれは事故遭う前から働かずに寝てばかりだったから出来ていたものだろうな。

緊急搬送された病院は、田舎なので、運悪くリューマチ専門医で・・・・私の外傷名がわかりませんでした。 「僕には、わかりません。」と言わなければいけないところを、医療調査で「・・・・・・・・・・・」
と得意げに言い、自分を誇示しました。
仕事中の交通事故で、上場企業に、長年勤務して来ましたので、タイムカードがあります。
その後、別の病院で、RIシンチ、GD脳造影、MRI等の精査で、頚椎5〜胸椎2にかけ、脳脊髄液もれが 見つかり、早期膀胱集積もあり、小脳扁桃下垂、脳室狭小、静脈拡張等…の所見があり、
重症の、画像があります。

疾患名がわからなかった事をは、怒っていませんが、投薬や、検査の事実・・ 難儀した床ずれの治療まで・・・・目に見える事まで、全否定をして、虚偽の報告を
することが・・・このような2時被害を作り、困ります。
(もちろんカルテ上には、何ページにもわたり、床ずれ状況、投薬状況、検査状況は、 明記されています。)

国家試験に受かったかたでも、モラル欠如されているかたは、おります・・・ね。





606 :無責任な名無しさん:2006/08/15(火) 20:33:56 ID:j7qdLY9a
>>605
> 寝たきりで、排泄も,バルーン導尿で,食事も流動食をヘルパーが 口に沿って、静かに流してもらいました。

> RIシンチ、GD脳造影、MRI等の精査で、頚椎5〜胸椎2にかけ、脳脊髄液もれが 見つかり、
> 早期膀胱集積もあり、小脳扁桃下垂、脳室狭小、静脈拡張等…の所見があり、 重症の、画像があります。

そんな重症障害者が、スラスラと長文書いて、ましてや2ちゃんなぞで相談するわけねぇだろよ。
それに、どうみてもどっかのネット上に書いてあった障害者ネタをコピぺしたものとしか思えない。
医師相手の新手の振り込め詐欺のネタとしては、ヲ粗末としかいいようがないな
詐欺初心者は架空請求板に帰れ

盗んできた他人の画像は病院に返せよ。
ごみ捨て場から拾ってきたタイムカードとやらは脅しには使えんぞw

> 国家試験に受かったかたでも、モラル欠如されているかたは、おります・・・ね。
と、窓口で言って病院脅すつもりかぁ?詐欺師には言われたかねぇセリフやなぁ

607 :無責任な名無しさん:2006/08/15(火) 23:14:59 ID:juPAal1M
>606さん
605です。
心が荒れているのですね。
相談の出来るスレかと思ってしまいました。
お大事になさって下さい。
さようなら・・・・

608 :無責任な名無しさん:2006/08/15(火) 23:59:30 ID:KsauyS4l
質問スレとして機能してるか?

609 :無責任な名無しさん:2006/08/16(水) 14:33:52 ID:TvCTIQVo
法曹関係者が答えれば機能するんでない?
ってか、医療従事者から見るとツッコミどころ満載、ってのが多いから
そういうゲートキーパーはいてもいいんではないかと。
まぁ口が悪いのがちょっとナニだとは思うがw

610 :無責任な名無しさん:2006/08/16(水) 14:39:25 ID:TvCTIQVo
相談者が主観的、叙情的な記述を捨てて、客観的事実(書類での裏づけがあるもの)を
時間軸に沿って書き、それから、これからどうしたいか、を書くともう少し分かりやすいかと。
補足はともかく、情報の後だしをできるだけしなくて済むように。

あ、漏れは医療従事者側なんで法曹側だと必要な情報ってのはもう少し違うかも。

611 :無責任な名無しさん:2006/08/16(水) 21:11:49 ID:orvrHLGv
>>605
それ本当だとしたら社会復帰不可能なくらいの症状なんだけど・・・
いくらなんでもリューマチの専門医が診るような症状じゃないです

ド田舎でもそれは街の総合病院に搬送か転院しますよ
そもそも設備の揃った別の病院で見て貰ってるんでしょ
そっちのカルテとか所見で十分でしょ
もし本当ならここじゃなく即、弁護士へどうぞ

ご自身でネットして相談できるような体じゃないはずです
弁護士を代理人として動いて貰わなければ日常生活すら不可能な状態のハズでしょ

612 :無責任な名無しさん:2006/08/18(金) 01:00:06 ID:hZEnMFh2
産科医絶滅史第14巻 〜逃散期医療センター〜
507 :卵の名無し :2006/08/17(木) 21:41:43 ID:HH1SUG7C0
2ちゃんねるに書くようなことでは無いかもしれないが、匿名なので
昨日、死産に当たった。(福○県内ではないが)
警察に届けるか迷ったが、一応、届けた。
結果は、「業務上過失致死の疑い」となった。正当な医療行為の上でのこと
と思ったので、「医療上の適応、根拠」を自分なりに説明した。
しかし、警察は「自分たちは、医学のことはわかりませんが。被害者と加害者があることだけは確か
なので・・・」とのことだった。
20年以上、産婦人科医をやっていたが、これでやめる決断がついた。明日、辞表出します。
しばらくゆっり考えます。もしも逮捕されなかったとしても産婦人科はやめることになるでしょう。
日本の産科医療は、いや医療は、もうダメだと痛感した。

613 :無責任な名無しさん:2006/08/18(金) 16:47:12 ID:v1O52n+v
こんにちは^^持病に対して禁忌薬を医者から処方され、気づかず飲んでしまいました
。あとで見た処方薬局からの薬の説明書の、副作用にかかれていたので、調べたら禁忌でした。
それが原因かは定かではありませんが、持病が悪化し1ヶ月もの入院(うち人工呼吸器装着でICU10日含む)。
もちろん持病のことは医者はしってます。医者もしくは薬剤師に対して、責任は問えるでしょうか


614 :無責任な名無しさん:2006/08/18(金) 23:07:09 ID:7G1huUDG
>>613
たしかに重篤なキチガイにはリタリンは禁忌だがそれがどうかしたのか?
リタリン飲んでさらに奇声を上げて暴れる獰猛な動物となったお前を、麻酔銃で撃ちぬくがごとく
精神病院のICUに強制収容し全身麻酔をかけたことには何ら問題は無かろう。
ただ難治性のキチガイには投与の適応があるので、一概には医者の処方に問題あるとは言えないだろう。
それにヲマエのような獰猛なキチガイを診てくれてやっている医者に責任を問うのは酷ってことだなw

615 :無責任な名無しさん>:2006/08/19(土) 08:57:57 ID:CeyqawXh
>>613
その処方と持病とやらの詳細を明かせない理由でもあるのか?


616 :613:2006/08/19(土) 11:18:09 ID:qWeKHKca
すみません。説明不足で・・・。
持病は重度のぜんそくで、発作時にコデイン10倍酸を咳き止めで処方されました。
調べたら発作時に禁忌と書かれていたのでどうかと。
でも違う医者に入院し、助かったから今さら責任とかいう自分に今反省しています。

617 : :2006/08/19(土) 12:12:17 ID:esPSjnVa
>>613
 >それが原因かは定かではありませんが、
 因果関係が重要。
 発作時に服薬して呼吸困難でQQ車、緊急入院なら明らかだが、
 服薬中止後、数日して持病悪化なら不可。
 薬剤師は、配合禁忌の見落としでなけらば無罪。
 喘息発作にコデイン出すようなやぶ医者にはかかるな

618 :無責任な名無しさん:2006/08/19(土) 14:04:26 ID:0u0IP4J4
うはwwwwwwwww
情報後だし、ってか先のレスに情報何もなし。
喘息にコデイン?
こういう文章書く人にそういう薬出すって事は
つまり、そういうことだったのか。惜しかったな。


619 :617:2006/08/19(土) 15:06:21 ID:hrcsUuTe
>>618
 >つまり、そういうことだったのか。惜しかったな。
 もしよろしければ、脳内完結しないで、ご参加下さい。

620 :無責任な名無しさん:2006/08/20(日) 06:50:04 ID:WuFel7+J
かっつ事件
http://d.hatena.ne.jp/muffdiving/mobile?date=20060818
不来方祭BBS
http://bbs10.fc2.com/php/e.php/kozukatasaibbs/

621 :無責任な名無しさん:2006/08/21(月) 17:02:33 ID:C0uMzmQy
医者が書いたのかとオモタよ

592 名前:無責任な名無しさん 投稿日:2006/08/21(月) 11:17:28 ID:EWM9ko6r
法務省は、弁護士責任制限法を作ってくれ。
国選や扶助の採算割れ事件については、費用に見合うそれなりのやっつけ仕事でも弁護士
の責任を問わないという法案だ。そうすれば呆テラスと契約する弁護士も増えるだろ。
予算もいらないし、一石二鳥じゃないか。

622 :無責任な名無しさん:2006/08/21(月) 19:29:44 ID:vucGieEg
>>621
医師の責任実態についてなど、法学教室の今号、2006年9月号が詳しい。
それ以外の号でも、連載記事は要注目。

623 :無責任な名無しさん:2006/08/21(月) 19:31:34 ID:vucGieEg
あ、つまり、医師の責任実態と弁護士の責任実態の比較とかね。
医事法関係の書籍での統計比較なんかも参考になるかと。

624 :無責任な名無しさん:2006/08/21(月) 21:01:11 ID:rcXQVMLw
実は今日、血圧降下剤を1カ月にもらいに行っていたのですが
通常は20ミリグラムの処方箋を医師に書いてもらい、いつもの薬局に
行き、処方箋と違う40ミリグラムの降圧剤を薬局の担当が過失により
渡されました。私としても毎月のことで通常どう下り処方箋で、信用して
飲んだところ、動悸が激しくなり、数時間、床に蒸せっていました。

医師の処方箋と薬局の処方箋の過失による薬の配布に怒りが込み上げました。

このような場合、薬局に対する行政処分や業務上過失傷害罪は問われるのではないでしょうか。

625 :無責任な名無しさん:2006/08/21(月) 23:31:47 ID:en6USLuh
>>624
> 実は今日、血圧降下剤を1カ月にもらいに行っていたのですが

「1カ月」に血圧降下剤をもらったに行ったって変な日本語

> 通常は20ミリグラムの処方箋を医師に書いてもらい、いつもの薬局に行き、
> 処方箋と違う40ミリグラムの降圧剤を薬局の担当が過失により渡されました。

通常、20ミリグラムの処方箋があっても「いつもの薬局」とやらは40ミリグラムをヲマエに渡していたのか?
それがヲマエと薬局の店員との慣例でかつヲマエが20ミリグラム分しかカネ払ってなければ
ヲマエの担当店員による薬局への背任行為となる。
薬局や医師の過失にすり替えしてごまかそうたって無駄無駄。
それに血圧降下剤なんて嘘つかんで抗精神病薬だと正直に言えww

> 私としても毎月のことで通常どう下り処方箋で、信用して飲んだところ、
「毎月のことで通常どう下り処方箋」とやらを信用するお前が悪いだろよ。

> 動悸が激しくなり、数時間、床に蒸せっていました。

お前を蒸し焼きはいずれ腐乱死体となり、異状死体として警察にケツの穴まで徹底的に調べられるのみ。
クーラー買うカネもないからって薬局恐喝しても無駄無駄。留置所にはクーラーあるかもしれんぞww

> 医師の処方箋と薬局の処方箋の過失による薬の配布に怒りが込み上げました。

処方箋が過失したって処方箋という紙切れが薬を配布したのか?そりゃ奇妙な世界ww。

> このような場合、薬局に対する行政処分や業務上過失傷害罪は問われるのではないでしょうか。

日本語書けない椰子がいきり立って何やら騒いでも誰も相手にしないだろうよ。
ヲマエのナリからすると下手したら懲役や措置入院打たれること明白。
告発状書いたって、怪文書と間違えられてごみ箱行き確定だなww

626 :無責任な名無しさん:2006/08/22(火) 09:31:28 ID:Pa4ZmKrV
>>623
医事法、医療看護分野法令
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1155861925/

627 :無責任な名無しさん:2006/08/22(火) 09:34:42 ID:Pa4ZmKrV
>>621
「弁護士の在り方」に関する提言内容の整理
http://www.kantei.go.jp/jp/sihouseido/dai29/29bessi1.html

第6回 弁護士に文句をいう
http://www.venture.nict.go.jp/lawyer/lawy000006.html

医療訴訟レポート 第3回
http://www.houtal.com/journal/report/iryou/000815.html
医療訴訟−原告側代理人の風景
竹中 郁夫(もなみ法律事務所 弁護士・医師)

冒頭の事例のように、十分なインフォームドコンセントを欠いた弁護士活動は、
医療過誤と同様にクライアントによる厳しい指弾を免れることは出来ない。

現在、弁護過誤訴訟を免れ得ているのは、医療過誤訴訟の低勝訴率や弁護
士の相互監視(ピアレビュー)が緩いだけのことである。

弁護過誤を専門とする弁護士さえいる米国では、勝ち目のある医療訴訟をビ
ハインドに説明しただけで有責の判断をされた弁護士もいる。

医療過誤の被害を受けたと人々が集う市民団体のオブザーバーをしていてし
ばしば耳にする言葉は、「医者が許せない、そしてまた許せないのが弁護士だ」
というものである。

医師兼弁護士としてはまり込んだ蟻地獄のような困難を当面 三昧していく外ない。
私は逃げずに、この要求水準を満たして行こう。
医師に厳しい医療水準を要求するならば、弁護士も自らに厳しいバーを設定しな
ければならない。

628 :無責任な名無しさん:2006/08/22(火) 10:52:08 ID:Qy9+FIoR
 裁 判 ・ 司 法 板 終 わ っ た な
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/court/1156003712/


629 :無責任な名無しさん:2006/08/26(土) 17:36:50 ID:wI02wFxU
すみません質問です
先日病院で血液検査をしたところ、当日中に結果が出ないと言われて
後日指定された日に病院へ逝きました
しかし血液検査の結果が全部出てないと言われて
一部出た結果だけ医師から受け取り、今のところは問題なしと言われて診察終了
来週には検査結果全部出ているからまた来週来て下さいと言われました
再診療230円取られました。
これってまた次の診察の時も再診療払うんですか?
病院が検査結果をきちんと出してれば一回で済んだのでは?
無駄に費やした待ち時間と再診療は補償してくれますか?
私は病院に検査結果をもらいに逝く為仕事を半日休んだのですが

法的に補償は認められますか?
たった230円ですが不愉快で支払いたくありません

630 :無責任な名無しさん:2006/08/26(土) 18:42:34 ID:zsTnN+2Q
認められないと思うけど補償を求めてみたら?

そんなにイヤだったら行く前に電話で聞いてみるとかすればいいと思うけど。

631 :無責任な名無しさん:2006/08/26(土) 21:42:35 ID:wI02wFxU
>>630
電話して聞いたところ
向こうが回りくどい言い方で医師に見てもらった時点で診察となり
再診療かかる、もちろん次回も再診療がかかりますと言われて
ついカッと来て患者は病院の言いなりか?
ふざけるなクズ野郎等、汚い言葉を連呼して切ってしまいました・・・
一度支払っているのだから無料で検査結果は渡すべきでは?

次回は230円の支払いの断固拒否と待ち時間の補償を求めてみます


632 :無責任な名無しさん:2006/08/26(土) 23:07:14 ID:QWshquQo
>>629 >>631
何で病院にかかったか知らんが、血液検査結果だけ知りたきゃ健康保険使うなよ。
4−5万払って自費で健康診断を受けろ。

> ふざけるなクズ野郎等、汚い言葉を連呼して切ってしまいました・・・

お前もそう思われただろ、クズ病人君w

> 一度支払っているのだから無料で検査結果は渡すべきでは?

何の変な病気にかかった知らんが、診察代踏み倒しは無銭飲食と同じだぜ?

> 次回は230円の支払いの断固拒否と待ち時間の補償を求めてみます

変なナリした病人が「230円も払えるか。診察待ち時間の休業補償を出せ」
と窓口で騒いでいたら、誰から見ても病院を恐喝しているようにしか見えない。
法律云々よりお前の行為はれっきとした犯罪行為だろ。
恐喝の現行犯で間違いなく警察に逮捕されるぜ。
今や病人だからといって何ら容赦されない世の中だから、
ヲマエが首痛い、頭痛いと騒いだところで粛々と処分されるであろう。残念w

633 :無責任な名無しさん:2006/08/26(土) 23:48:52 ID:wI02wFxU
>>632
具合が悪くて病院に逝き、医者が血液検査すると言ったからした
指定された日に逝ってみたらまだ検査結果出てないのに金取られた
また次に来いと言われてまた金払えと言われた
向こうの落ち度で、本来一回で済むはずだったのに、もう一度金を支払うのですか?

毎回検査結果まだだと逝って患者から金取れそうですね

634 :無責任な名無しさん:2006/08/27(日) 03:51:30 ID:9vPkY+K8
>>633
230円の不払い宣言と病院恐喝行為は法律屋がいちいち介入することではない。
法律屋にいちいちお伺い立ててる暇あったら自分で行動せい。
もっともヲマエのとった行動に対しては法的介入が必要となるかもな。
そもそも通院するかしないかはヲマエが決めることであって、病院が決めることではない。
一方、ヲマエが勝手に決めつけている通院回数を病院に強制するのは無理。

635 :無責任な名無しさん:2006/08/27(日) 07:39:41 ID:loehUfSq
>>629
全くの言いがかりでしょう。
>しかし血液検査の結果が全部出てないと言われて
>一部出た結果だけ医師から受け取り、今のところは問題なしと言われて診察終了
血液検査には1日で結果が出るものから、1週間以上かかるものまである。
だからといって、次の診察を全部の結果が出るまで
待っている訳にもいかないから、一部の結果が出た時点で
一旦診察して、さらに全部の結果が出てから診察というのは
普通のこと。


636 :無責任な名無しさん:2006/08/27(日) 21:59:30 ID:qcA+vRCq
次回は電話で結果が出ていイルカ確認してから行きませう。
学習能力だ。

637 :無責任な名無しさん:2006/08/28(月) 13:00:59 ID:Ymz4sFk1
不快な気持ちをさせたのは病院の落ち度だが現実に訴訟に匹敵するか考えてみては?出てない結果は一部だけだし、その時点で心配ないという話も診察代に入ってるよ。苦情を言うというまでなら病院の方が悪いが払わないとか言い出した時点であなたの方がDQN患者決定。

638 :無責任な名無しさん:2006/08/28(月) 18:03:07 ID:PlTIw29l
>>629
病院における診察という行為は、診断治療をうけるという準委託契約であって、
検査をするという契約でも薬を出すという契約でもない。だから、結果が
出ていない状態で、途中結果だけを告げるために呼び出しても何ら
違法ではない。債務不履行により代価を払わないというのは無理。
もっとも、この日に全ての結果が出ることを病院が告げていた場合、
病院の過失(病院が委託している検査会社の問題である可能性も低くない)
により損害を与えられたということも言えるが、その場合でも、
料金踏み倒しは法的には許されず、一旦料金を納めた上で、損害賠償請求をする
必要がある。また、結果が出ることを告げられていたとしても、病院に
その検査の途中結果の内容から、はやめに途中結果を知らせる必要を
考えたために、来院日修正の連絡をしなかったという理屈も成り立つ。

>>633
診療所だと患者がいくら来てもよいが、病院だと低額の患者は赤字になる。
(受診者数によって医者を増やさなくてはならないため)
初診時はともかく、この230円の日は、超赤字。

639 :無責任な名無しさん:2006/08/28(月) 21:41:12 ID:5zh0GRaW
いよいよ我等がリーダー東京地裁の福田剛久さんが
最高裁の局長になるらしいよ。
だって、福田さんってALS患者の選挙権訴訟で
憲法違反って宣言してくれた人だし当然か。
最高裁で落雷の危険を予見しなかったサッカー部の
引率者に責任を認めたけど、そういう判決の流れを
作った人だよね。
スピッツ犬の医療過誤訴訟で慰謝料など80万円の支払いを
認めるような心優しい人らしい。
本命といっていいね。遅すぎたよ。

640 :無責任な名無しさん:2006/08/28(月) 21:41:56 ID:5zh0GRaW
医療過誤はありえても(業務上過失)、裁判過誤はありえない。
なぜなら、裁判過誤を裁くところはないからだ。
そもそも裁判官というのは人事以外に関心がない。
そしてその人事は脈々と受け継がれている極右の系譜によっている。
だから、裁判結果が社会に対してどのような影響を及ぼすかよりも、
役職につくためには禅譲によって地位につくことが定石となっている
ため、その役職を勝ち取るために上司にどう思われるかの方が関心事
なのだ。
三好達元最高裁長官。
最高裁長官時代に、司法予算をビール劵に換え、司法記者クラブに配るなど、
マスコミへの接待に使っていた。
http://www.incidents.gr.jp/0209/terasawa020915/terasawa020915.htm
「愛媛玉串料訴訟」最高裁大法廷判決で、「合憲」とする少数意見を述べた。
http://jinja.jp/jikyoku/jikyoku/tamagushi.html
現在、「日本会議」会長。

草場良八元最高裁長官。
1990年(平成2年)2月20日 矢口洪一長官の後を継ぎ、最高裁判所長官に就任。
1995年(平成7年)11月7日 退官。定年の3日前に、村山富市首相(当時)に
会いに官邸を訪ね、後任の最高裁判所長官に三好達判事を推薦したいと切り出
したところ、最高裁判所の判断を尊重すると、草場案があっさり通った。
この人事に関しては、前長官の矢口と現長官の草場との間で確執があったと囁
かれたが、真意は定かではない。草場を最高裁判所長官に決めるにあたり、
矢口前長官が周到に準備したことは杞憂に終わった。歴代最高裁判所長官の人事
について、吉田茂首相が田中耕太郎に固執し、佐藤栄作首相がリベラル派の田中
二郎を排して、保守派の大物石田和外を登用したのと比べ、村山首相は、何とも
安易な判断であったかと指摘されている。

641 :無責任な名無しさん:2006/08/29(火) 17:12:27 ID:8cd04ZPK
親戚が腫瘍ガンで先日亡くなりました。
半年前、地元の病院でお尻にできたイボ?を手術で切り、病院はイボ?を検査して「問題無し」と言いました。
7月に別の病院で腫瘍ガンだとわかりました。お尻の腫瘍が特に大きいので半年前のことを話すと、「わからないわけがない」と手術をした地元病院に問い合わせてくれました。
結果、地元病院は検査してないことがわかりました。
半年前にわかっていたら何か対処ができたんじゃないかと思うと悔しいです。
地元病院に対して何かできることあるでしょうか?

642 :無責任な名無しさん:2006/08/29(火) 17:20:22 ID:pDIyqkAn
断食すれば必ず病気が治ると勧誘されましたが、
これは、違法性はないのでしょうか?

643 :無責任な名無しさん:2006/08/29(火) 20:09:05 ID:gy5TLDHi
>>641 親戚ってつまりアカの他人だろ。

644 :無責任な名無しさん:2006/08/29(火) 22:17:08 ID:cfmEpK5X
妻が吐き気とひどい頭痛を訴え脳神経外科に行きました。
妻はある理由で違う医者にもかかっていましたが、そちらの医者からは頭痛の検査はしても良いが処方された薬だけはチェックしたいと許可を得ていました。
ところが行った脳神経外科ではその状態の身体では一切検査は出来ないと言われて、問診だけで偏頭痛と診断されました。
その六日後に妻は意識を失って倒れ、運ばれた別の脳神経外科でくも膜下出血と診断されました。
緊急手術をしましたが、妻は今も昏睡状態です。
このようなケースは医療過誤の範疇に入るのでしょうか?
今のところ訴訟までは考えていませんが、参考までに詳しい方の見解を聞きたく書き込みました。

645 :無責任な名無しさん:2006/08/29(火) 22:37:37 ID:TkeokfHv
どこを医療過誤と考えているのかさっぱりわからん

646 :無責任な名無しさん:2006/08/30(水) 03:51:43 ID:e6nPPBEq
医者は予知能力者ではありませんので、6日後に発症するくも膜下出血を予測することは不可能です。
なお、脳神経外科を受診した時点での吐き気と頭痛の症状と、その6日後に発症したくも膜下出血の
因果関係を遡って証明することは不可能です。
クモ膜下出血は、いつ、どこで、だれに起こってもおかしくない病気です。
それが発症する数日前に「たまたま」医療機関を受診していたからといって
見逃しと断定され責任を問われるようでは、医療そのものが成り立ちません。

647 :無責任な名無しさん:2006/08/30(水) 13:42:54 ID:EKpJt5aq
>>644
漏れの愛車が信号待ちでエンストするようになったので懇意にしているディーラーに行きました。
愛車はある理由で違う修理工場にも見てもらっていましたが、そちらからは他の修理工場で修理はしても良いが修理内容だけはチェックしたいと許可を得ていました。
ところが行ったディーラーではその状態では一切検査は出来ないと言われて、とりあえずプラグの交換で様子を見ましょうと言われました。
その六日後に高速道路を走っていると、突然タイヤが外れて中央分離帯に衝突し、愛車はひどく壊れてしまい、JAFで運ばれた修理工場ではほぼ全損の状態と言われました。
あきらめきれずに応急修理をして家まで持って帰ってきましたが、本当にひどい状態です。
このようなケースでディーラーの過失は問えるでしょうか?
今のところ賠償までは考えていませんが、参考までに詳しい方の見解を聞きたく書き込みました。

という質問が来たらどう答えますか?

648 : :2006/08/31(木) 10:38:28 ID:ivRuLikH
>>644
>ところが行った脳神経外科ではその状態の身体では一切検査は出来ないと言われて、
 無侵襲のCT検査ができないなんて不思議な身体ですね。不随意運動症状でもあったのですか?

649 :無責任な名無しさん:2006/08/31(木) 12:25:55 ID:NRdDkQg0
>>644
くも膜下出血では頭痛がおきる。妻はくも膜下出血だった。
だから6日前頭痛があったので、その時点で妻はくも膜下出血だったはずだ。
と素人は考えそうだけど、書かれた内容だけから判断すると、
6日前にはくも膜下出血はなかった可能性が高い。

逆に6日前にくも膜下出血があったと仮定しても、診断できなかったことが
過誤なのではなく、その時点での頭痛以外の症状や経過からして診療が
妥当かどうかにかかっている。

650 :無責任な名無しさん:2006/08/31(木) 12:32:55 ID:NRdDkQg0
>>641
腫瘍ガンってなんだよ。
想像で補える限度を超えて不正確な表現だからアドバイスしようがない。

651 :無責任な名無しさん:2006/08/31(木) 20:08:56 ID:Kr0omUaC
tumorous carcinoma

652 :無責任な名無しさん:2006/09/01(金) 15:08:38 ID:kOdVuixF
この場合は診療義務を履行しなかったことのほうが問題じゃねーか?
医師は正当な事由がない限り、患者の診察の求めを拒否できない。

653 :無責任な名無しさん>:2006/09/01(金) 16:22:19 ID:Jpa7VaO1
>>647
訳わからない喩えはやめろと答える。

654 :無責任な名無しさん:2006/09/01(金) 16:36:39 ID:QfKds/jy
>>652
どこにも応召義務違反なんてないぞ。

診察してくれ⇒嫌だ=応召義務違反
検査をしてくれ⇒嫌だ≠応召義務違反

655 :無責任な名無しさん:2006/09/01(金) 17:18:38 ID:GUR54Gim
>>644
>ある理由で違う医者にもかかっていました
>その状態の身体では一切検査は出来ないと言われて
あるとかそのとか肝心なところを隠しているからさっぱり分からん。


656 :無責任な名無しさん:2006/09/01(金) 22:05:51 ID:5q0br1YE
2005年04月22日(金) 12時01分
「医療ミス」記事の名誉棄損認めず=割りばし死亡事故で診察・東京地裁
(時事通信) 東京都杉並区で1999年、転倒した男児=当時(4)=の
のどに割りばしが刺さり死亡した事故をめぐり、診察した男性医師(37)
=業務上過失致死罪で公判中=が、医療ミスと断定する雑誌記事で名誉を傷
つけられたとして、「主婦と生活社」に300万円の損害賠償を求めた訴訟
の判決で、東京地裁(小池裕裁判長)は22日、請求を棄却した。
 小池裁判長は「男児の死因は社会的関心が高く、公益目的だった」と指摘。「過失を断定しているとはいえず、『ミスを隠ぺい』という表現も相当性を逸脱するとまではいえない」と述べた。 
(時事通信) - 4月22日12時1分更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050422-00000617-jij-soci









657 :無責任な名無しさん:2006/09/01(金) 23:49:47 ID:/WY1ZQ0Z
どこに質問すればまよつたのですが、
私は現在5つの病院で同一神経薬の処方を受けています。
薬ガ足りなくて知らないうちに5つの病院に行くようになりました。
各病院に置いては、法定の量の薬を処方していただき法的には問題はないのですが
5つの病院の量を合計すると法定量以上の薬を飲んでいるわけです。

これは、薬事法とかその他の法律に違反していますか。
5つの病院には各々他の病院のことは言ってはいませんし、保険組合からも
なにも言ってきません。

658 :無責任な名無しさん:2006/09/02(土) 00:02:15 ID:/aheUgpT
>>656
昨日割り箸事件の判決が東京地裁で出た。無罪との判決。筋だけからすれば妥当な判決だとは思う。
福島の産婦人科医の裁判にも影響を与えるだろう。

ところで、医師が刑事裁判で起訴される場合は、カルテ改ざんや証拠隠滅が行われていたケース
が多い。割り箸事件でもカルテ改ざんの疑いがあったし、判決ではその部分を認めているとのこと。

一方で、輸血ミスなど明らかな医療過誤事件でも、医師が正直に届け出たケースでは殆どが正式
な形で起訴されず、青空駐車違反と同じような略式起訴などとなっている。

裁判となった事例から、医師サイドが得るべき教訓は、医療事故があった場合に、証拠隠滅を図
るような行為(カルテ改ざん、異状死届出をしないなど)がある場合、捜査関係者のやる気を俄
然増してしまい、起訴の可能性を非常に高めるということだろう。

以前も述べたが、こうした事故はひき逃げと同様悪質と捉えられ、遺族感情のためにも捜査関係
者は正義感に駆られるのだ。

刑事裁判の事例は、医師に対して、こうした隠滅行為は慎むべきであることを警告しているといえる。

さて、割り箸事件では、インターネット上で医師を支援する掲示板があった。
しかし、判決ではカルテ改ざんが疑われるなどの悪質な部分も存在したとされているが、多くの支援
者はその点はどう思うのだろう?

証拠隠滅をしたことまで支援したと思われるのは彼らも不本意だと思うのだが、、、

659 :無責任な名無しさん:2006/09/02(土) 00:03:09 ID:/aheUgpT
>>658
書きませんでしたが、この件に関してカルテの実物を拝見したことがあります。
記載内容にかなりの矛盾点があったことは事実ですこのケースでは、カルテ改竄の事実を認定しなければ、
医師に過失が発生し、有罪となりうるケースでもあったと思えます。

カルテ記載内容が正しいと認定すれば、「早い段階で髄膜炎を疑った→なぜその段階でCTを撮らない?→
撮っていれば助かったかもしれない→過失があった」という筋になってしまうのです。

2006/3/30(木) 午前 11:21 [ momohan_1 ]

裁判官も「この例では早期に髄膜炎を疑うことは困難だった。
だからこれは死亡しても仕方が無いケースだ」と認定したからこそ、無罪にしたのでしょう。
しかし、それにしてもカルテ記載がそれと矛盾するからこそ改竄に言及したのだと思います。

2006/3/30(木) 午前 11:22 [ momohan_1 ]

Yahoo!ブログ - 法医学者の悩み事 産婦人科の報道

660 :無責任な名無しさん:2006/09/02(土) 00:18:46 ID:/aheUgpT
>>659
×Yahoo!ブログ - 法医学者の悩み事 産婦人科の報道

○Yahoo!ブログ - 法医学者の悩み事 割り箸事件


661 :無責任な名無しさん:2006/09/02(土) 14:01:10 ID:bz9PkL8+
>>657
抗精神病薬と正直に言えキチガイ。
保険使うな全額自費でやれカス。

キチガイは抗キチガイ薬を100錠200錠飲んで野垂れ死ぬことは変わらん。
キチガイの行為を規制できるのは精神衛生法wのみ。薬事法やらは関係無い。

単純にヲマエの保険組合に対する詐欺行為であり、詐欺罪に問われる可能性がある。

662 :無責任な名無しさん:2006/09/03(日) 20:58:32 ID:Elitd03C
生活板からこちらの方が的確なアドバイスが頂けるとのことで誘導されてきました。

質問です。みなさんの主観でも法律的にでもいいので答えてください。

父が重度の胃潰瘍で入院していました。口から物を食べることができず点滴生活だったのですが、
胃ろう(手術で胃に穴をあけ直接胃に食事を与える)の手術をしようか考えてました。
また父は痴呆のため、わけがわからず点滴も勝手にはずしてしまったりしていたので、拘束していました。
胃ろうにするなら後2年、手術をしないなら後3ヶ月で亡くなるという状態でした。

そして胃ろうの手術をするかどうかを医師に相談された次の日、父は亡くなりました。
死因はタンが喉につまっての窒息死でした。
看護婦が定期的にタンの吸出しをするはずなのですが、
「患者は自分でもタンを飲み込むことができる」という判断で看護婦の見回りがおろそかになったようです。

ちなみに私が「看護のため私も病院に通った方がいいですか?」という質問に対して
医師は「いいえ、うちは完全介護ですのでその必要はありません」という返事でした。

もう一週間経ちますが一度も病院側から謝罪はされていません。

@病院側から謝罪がないということはよくあることなのでしょうか?(この問いに医師は無言でした)
Aこれは医療ミスと呼べるでしょうか?それとも老人がもちを喉につまらせたような事故なのでしょうか?
Bもし医療ミスなら、しっかりと謝罪はして欲しいと思います。
お金の問題ではなく気持ちの問題として私よりも母に頭を下げて欲しいと思います。
その旨を伝えるには口頭よりも文面の方がいいですか?
Cやはり専門家を通すべきでしょうか?

663 :無責任な名無しさん:2006/09/03(日) 21:59:42 ID:S8vgzhqD
>>662
それだけじゃ何ともいえない
とりあえずその生活板のスレを晒して。

664 :無責任な名無しさん:2006/09/03(日) 22:33:51 ID:Elitd03C
このスレですが、同じことしか書いてません・・・すみません。

誰かがどんなくだらない質問にもマジレスするスレ201
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1157005145/

基本的には医療関係の弁護士に相談するのが吉ですかね?

665 :無責任な名無しさん:2006/09/04(月) 00:30:26 ID:nrYVxSIY
先日、検査結果が全部出てないと言われた為
残りを貰いに病院に逝ったら
医者:あれ?今日はなんで来たの?
漏れ:前回の検査結果の残りを貰いに・・・
医者:あー、そうだったー。はい(紙出して)異常ないですよ
で、もう帰っていいですよと言われて
会計逝ったら保健適用210円取られました
前回も検査代払ったんだからタダじゃないの?


666 :無責任な名無しさん:2006/09/04(月) 10:25:05 ID:E+xxUfm5
>>665
その場で明細を病院に聞きなさい。

667 :無責任な名無しさん:2006/09/04(月) 17:59:12 ID:dfEvtYqn
>>662
>重度の胃潰瘍>胃ろうにするなら後2年、手術をしないなら後3ヶ月
この辺りはすごく変。君の病状に関する理解は、かなり低いと思われる。
まあ、それでも末期的老人ということは推測できるので、その前提で話をしよう。

同様の病院の医療従事者なら、これを医療ミスとは考えないだろう。
末期老人の痰による窒息は、定期的な吸痰や観察程度で防げるものではなく、
一定の確率として起こりうるからだ。もちろん米国のICUなみの看護を
すれば防ぐことは出来るだろうが、末期老人にそれをおこなうことは、
基本的な保険医療の範囲を逸脱しているだろう。(実際に自分にとっては
大事な人だからと、高度医療を求める家族も少なくない。しかし、もし
これに限度額がなくて、米国並に費用がかかるとしたら、本当に希望するか
考えて欲しい)だから@ミスでないから謝罪しないのは当たり前。
Aミスと呼べない。Bミスでないので、謝罪をもとめるのは間違い。

ただし、裁判ともなれば、医療についてさっぱり分かっていない裁判官。
介護施設での嘔吐だか誤嚥だかでの判例もあるから、上手くやれば
勝てる可能性もある。その場合、金は取れるかもしれないが、
心からの謝罪なんぞ決して取れないけれどね。

668 :662:2006/09/04(月) 18:38:39 ID:TKhQq42+
>>667
ありがとうございます。
なるほど、よくあることなんですね・・・
医者の口からはさすがによくあることとは言えないですもんね。

ですが
家族側としても「胃潰瘍で入院してなんでタンがつまって死んだのか」というのには納得できないので
謝罪とまでとは言わずに説明だけでもしていただきたいと思います。

>>667さんありがとうございました。

669 :無責任な名無しさん:2006/09/04(月) 19:57:49 ID:QQGIE22L
>>662
>口から物を食べることができず

この時点でノドの「気体と気体でないものを振り分ける能力」が極度に低下している
だからもともと唾や痰は気管・肺の方へ入り込み放題
それまで生きていたというだけで運が良かったとも言える

10秒あれば窒息できる
看護婦は他の患者も見回らなければならない
誰かに付きっきりになれば他の誰かが急変するかもしれない

基本的にこの手の「事故」は不可避
ヒトという生物の寿命と考えるべき

自分は医者だが実の祖母もそんな最期だった

670 :無責任な名無しさん:2006/09/04(月) 23:05:34 ID:nrYVxSIY
>>666
明細内訳は診察料のみ
会計曰く、受付通して医者と少しでも会話したら診察ですらしいです(>_<)
医者と挨拶しただけでも診察で国から保健料もらっているんですね・・・

671 :無責任な名無しさん:2006/09/04(月) 23:30:38 ID:ewqv+ohB
>>670
異常ないですよと医学的判断を下されているじゃない。

672 : :2006/09/05(火) 13:35:07 ID:/tfr7Mhj
>>670
>医者と挨拶しただけでも診察で国から保健料もらっているんですね・
 相変わらずひねくれてて楽しい方ですね
 ちなみに、私は血液検査結果は後日ファックスで送ってもらってますが、
 再診料も電話代も請求されたことはありません。


673 :無責任な名無しさん:2006/09/05(火) 18:13:03 ID:TFXWMJkf
>>672
すみません
でも検査当日に、もうお昼だから当日検査結果出ないと言われて
お金払って帰って、数日後逝ったら
ごめんまだ全部出てないよと言われて途中結果だけもらってまたお金取られて
3回目はえっ?なんで来たの?と言われたので・・・

検査結果は個人情報保護の為、患者さん本人にしか渡さない方針らしく
郵送もFAXもしないらしいです(>_<)


674 :無責任な名無しさん:2006/09/05(火) 20:18:35 ID:2QA2BQ4C
>>662
>>668
病状の理解ができない低脳に説明しても無駄無駄。
腐乱生体が病院で腐乱死体に変わったくらいで病院の謝罪だの説明だのあるかタワケ。

元々が寝たきりのボケボケ老人であったことも明白。
胃潰瘍とかいうのもヲマエが病院に入院を強要するための方便の診断であることも明白。

結局、そのジイを病院に押し付け、自宅に受け取るのを拒否したヲマエが悪い。

675 :662:2006/09/05(火) 20:31:53 ID:bXpx0cVp
いえ、寝たきりではありませんでしたよ。
普通に歩けてました。最近ではぼけて点滴とっちゃうから無理やり寝かせただけです。
点滴で3ヶ月というのは、太い血管に点滴をさすことができない(寝たきりでも上半身だとはずされてしまうので下半身にさした)ので栄養が足りないそうです。
きっと胃ろうにすれば、胃ろうははずれないにしてももっと生きていたと思います。
もともと初診では「ただの胃潰瘍ですので1週間ほどで退院できます」とのことでした。

676 :662:2006/09/05(火) 20:34:17 ID:bXpx0cVp
連レス失礼
あと、勘違いしてる様ですが、自宅に受け取るのを拒否してはいません。
むしろ私は家族の反対を押し切って家で看護したいと言い張ってましたし、
老人ホームに通ってはいましたが自宅で一緒にくらしてました。


677 :無責任な名無しさん:2006/09/05(火) 20:40:08 ID:4UJ0qY1J
>>670
それが国(健康保険組合)との契約です。
そのかわりありえない程の低額で診療をしています。

あなたは保険診療が崩壊して、医師との面会だけで1万円くらいかかる
世の中になることをお望みですか?(弁護士への相談を考えてみてください)

678 :無責任な名無しさん:2006/09/05(火) 21:13:01 ID:RG9+MgR6
>>676
> むしろ私は家族の反対を押し切って家で看護したいと言い張ってましたし、

家族は反対してたんだ。

679 :無責任な名無しさん:2006/09/05(火) 21:28:59 ID:duxmCwT9
現在毎月4ヶ所で同一抗不安剤を同一病名処方してもらっています。

自由診療ならともかく保険つかってたら共済組合にレセプト請求がいった
段階で精神衛生法の詐欺罪に該当しますか。

680 :無責任な名無しさん:2006/09/05(火) 21:40:26 ID:JkLWmBnM
>>676
> むしろ私は家族の反対を押し切って家で看護したいと言い張ってましたし、

家で24時間365日、吸引を片手に見守っていれば、死なずにすんだかもね。
残念ながら、今の日本の保険制度では、そのような管理ができる人員は確保できないよ。
物理的に無理。
さらに皆さんが選んだ小泉内閣は、医療費を削りまくっているし。

あなたが訴えるのは自由だけど、病院としてはもうやってられねー、ってとこかな。
そうなると次の手としては、寝たきりになりそうな患者の受け入れを拒否することになるだろうね。
寝たきり、胃ろう、癌の末期、気管切開、人工呼吸器、両足切断で失明で透析、etc
通院、往診、訪問看護はするけど、入院はだめよ、家族で診てねって。
実際人手がないので、うちの病院では、上記の患者を在宅にしている。

681 :無責任な名無しさん:2006/09/05(火) 22:46:54 ID:IbdggV0y
>>662 >>668 >>675 >>676
入院1週間後、退院間際に「ただの胃潰瘍」でヲマエらが「退院させたら困る」とゴネたことも明白。
ヲマエと他の家族とやらも騒いだから入院が延びたんだろうよ。
自分は頑張っていたはずから、悪いのは病院だ、とでも言いたいのかね。
もっとも家に連れて帰ったら虐待して頃していたかもな。

> きっと胃ろうにすれば、胃ろうははずれないにしてももっと生きていたと思います。
胃ろうに生命予後改善効果はない。干からびた死体とならないだけ。
点滴外すジイは胃ろうチューブも引っこ抜くだろう。
妄想癖のある椰子は精神病院へ。

> あと、勘違いしてる様ですが、自宅に受け取るのを拒否してはいません。
どういう状況であれ退院しなかったことは受け取り拒否だろよ。
物事の道理の分からん椰子は刑務所へ。

682 :無責任な名無しさん:2006/09/05(火) 23:24:46 ID:bXpx0cVp
ひどい言われようだが、こっちは素人ですよ。
単純な話ですよ「胃潰瘍で入院してなぜ窒息して死ぬのか」という疑問が残るだけです。
それがよくあることらしいので何も言いません。
別に賠償しろと言ってるわけじゃありません。
なぜそうなったか説明して欲しかっただけです。
それがミスであるならば謝罪して欲しかったのです。

683 :無責任な名無しさん:2006/09/05(火) 23:37:38 ID:JkLWmBnM
>なぜそうなったか→自然経過
>それがミスであるならば→ミスではない

まあ、不幸な転帰であったことは理解するが、
思い通りにならないことを全て誰かの責任にしようとするので、世の中がおかしくなってくる。

684 :無責任な名無しさん:2006/09/05(火) 23:48:22 ID:HgmNMqtT
>>680
>寝たきり、胃ろう、癌の末期、気管切開、人工呼吸器、両足切断で失明で透析、etc
>実際人手がないので、うちの病院では、上記の患者を在宅にしている。
正に現政府の進める医療制度改革を先取りされてますね。しかしどうやって家族を納得させてるんですか?
「ここからは保険適応外ですので全て自費となります、差額ベッドも含めて一晩約10万です。
払えないなら今すぐ連れて帰ってください」って感じですか?

685 :無責任な名無しさん:2006/09/05(火) 23:57:11 ID:IbdggV0y
>>662 >>668 >>675 >>676 >>682
> ひどい言われようだが、こっちは素人ですよ。

物事の道理の分からない馬鹿ですよ。の間違い。
あるいは病院を標的とする素人恐喝屋は架空請求板へ。

> 単純な話ですよ「胃潰瘍で入院してなぜ窒息して死ぬのか」という疑問が残るだけです。

ジジババ特有の人体腐敗があればそのうち窒息して阿鼻叫喚して朽ち果てるだろ。
ヲマエのジジの場合、生前の因果で、色はどす黒く、死後硬直で顔は引きつり、全身ガチガチな死体になったであろう。
胃潰瘍というもっともらしい病名が入院を正当化させる方便であることにいい加減気付け。
真の病名は「腐老体(切迫入棺)」
病院にいれば他の病気にはならないと、劣悪な思考回路を持つキチガイはやはり精神病院へ。

> それがよくあることらしいので何も言いません。
> 別に賠償しろと言ってるわけじゃありません。
> なぜそうなったか説明して欲しかっただけです。
> それがミスであるならば謝罪して欲しかったのです。

以上、金銭要求型クレーマーの常套口述の典型例。乙

686 :無責任な名無しさん:2006/09/06(水) 00:37:16 ID:yrR+b+vV
>>685
すばらしい医者ですね

687 :無責任な名無しさん:2006/09/06(水) 00:43:59 ID:Dt35q8C2
>>684
僻地で医者がいなくなり、にっちもさっちもいかなくなりまして。
ベッドを最小限にして、残りを閉鎖。
病棟も一つを残して閉鎖。
入院患者さんには、
@在宅
A峠を越えて山越えての総合病院に紹介
どちらかを選択してもらい、残った人たちを診ているだけです。

688 :無責任な名無しさん:2006/09/06(水) 01:00:18 ID:I+ZjVOSv
>>684
@退院→37度の微熱とか食欲不振とかで救急車で帰還し当直医を罵って脅す→再入院
A退院→家族が虐待→外傷で受診→自分で転倒したと嘘をつく→入院リハビリをせがむ→再入院
B退院→特養になんとか押し込む→特養で肺炎やら骨折やら→再入院

そして→ボケ・障害やや進む→適当なところで退院→繰り返しor死亡

老腐体を必死に受け取り拒否する家族はいつまでも「納得」はしない。
説明を聞く耳や画像を見る目や理解する脳はないが、退院を拒否するための人道を踏み外した言動や反社会的行為も辞さない勢いだけはある。
上のような経過を大部分の例でたどるので、説明は労力の無駄。
あらゆる手法で病院から叩き出すのみ。

689 :無責任な名無しさん:2006/09/06(水) 01:04:44 ID:0xMxVEZQ
>>682
病院で医者の説明をうけている筈のあなたの説明がワケワカランのよ
ここでこれ以上聞いても答えは出ないよ
医者に直接聞いてきなよ

690 : :2006/09/06(水) 02:46:42 ID:hOLi+3Re
>>682
 >「胃潰瘍で入院してなぜ窒息して死ぬのか」
 この前提の認識が誤っている。
 「胃潰瘍で入院していて水分が採れず、ボケのために点滴もできないのに、
 なぜ窒息して死ぬのか」だね。
 「水分不足により咯痰の粘稠度が上がり、老人患者さんが咳き込んでも出せなく
 なって気管支につまって窒息した」
 が1つの説明だが納得されるかな

691 :無責任な名無しさん:2006/09/06(水) 08:23:37 ID:yiYFsuzn
>>682
ミスでなさそうだとある程度納得できたのに、何故直接の説明に拘る?
当事者からの説明だと、どうしても弁明めいて聞こえるだろう。
胃潰瘍の病名で入院したからといって、その他の部分が健康であることを
保証しているわけではない。胃潰瘍よりも重度の痴呆老人という重い病気を
持っていたということだけだよ。傍からみて何の疑問もない。


君は取り繕ってはいるけれど、感情によって論理的な思考ができていない。
最初の自分の感覚に固執している。人間ある程度仕方ないとは思うけれど、
医療機関側としては、付き合っていられない。その類の人間には
病院に来ないで欲しいとまで、最近は思うようになっているんだよね。

692 :無責任な名無しさん:2006/09/06(水) 09:02:41 ID:bGnioFvx
>>682
> ひどい言われようだが、こっちは素人ですよ。

ここにいるのはみんな素人ですよ。少なくとも法律か医学のどっちかに関しては。

> 単純な話ですよ「胃潰瘍で入院してなぜ窒息して死ぬのか」という疑問が残るだけです。
> それがよくあることらしいので何も言いません。
> 別に賠償しろと言ってるわけじゃありません。
> なぜそうなったか説明して欲しかっただけです。
> それがミスであるならば謝罪して欲しかったのです。

全部済みましたね。
実はナチュラルコースにそういう難癖をつけてくるのはあなただけじゃないんです、リアルでは。
というかこの文章の流れから「『ひと一人死んでんねんで』→医療過誤→謝罪(→賠償)」が
ありありとみえるんで、医療者側は脱力感でいっぱいです。

つか、ここの医療機関の医者もDNARの説明きっちりしとけよな。

693 :無責任な名無しさん:2006/09/06(水) 12:06:00 ID:0xMxVEZQ
医は仁術ならぬ忍耐術だなコリャ

694 :無責任な名無しさん:2006/09/06(水) 14:44:26 ID:bGnioFvx
>>685
> 胃潰瘍というもっともらしい病名が入院を正当化させる方便であることにいい加減気付け。

今更気付いたが、愛情あふれる言葉だな。現場では「いい先生」で通ってたりしないか?

695 :無責任な名無しさん:2006/09/06(水) 22:47:19 ID:tLpwg8WS
>>692
DNAR (Do Not Attempt Resuscitation、蘇生不要)

クグッってみたら
患者が治療不可能な病気に冒され、回復の見込みもなく死が避けられない末期状態にある。ただし、回復不能、死期が迫っているという判断は主治医一人ではなく、指導医などのしかるべき医師に相談し判断する。
とあったが、現実問題として主治医がいちいち指導医にお伺いを立てることなんてあるの?施設によっては指導医なんていないだろうし、

ウチの場合は主治医一人が延々引張り、末期状態
にもっていかれた。



696 :無責任な名無しさん:2006/09/06(水) 23:25:23 ID:KAv2fSZe
>>695
主治医が判断し、家族に十分説明して、家族が納得すれば、無問題。

697 :無責任な名無しさん:2006/09/07(木) 21:36:59 ID:EhjT2yLN
充分な説明も何も末期状態では形式上納得するしかない。
施設によって治療格差があるのは事実。

末期になる前にちゃんと説明汁。

698 :無責任な名無しさん:2006/09/08(金) 09:04:14 ID:zeXeV0D3
>>695
> ウチの場合は主治医一人が延々引張り、末期状態
> にもっていかれた。

---状態の急な変化があった場合の対処についても考えておかなければなりませんが…そのとき、どうしますか?

「病院にいるのに急変なんてあったら、医療ミスでしょ?」

な悪寒

699 :無責任な名無しさん:2006/09/11(月) 20:21:07 ID:FCEFdCMq
僻地住民とマスゴミの求める医者は
年中無休72時間以上連続稼動、寝ない食べないミスしない
0歳児から90超の耳の遠い老人まで正確に問診でき
顔色を見ただけで病気・怪我・割り箸がどこに刺さっているかまでを超スピードで判断でき
池沼やDQNにも解りやすい言葉で丁寧に30分以上かけて病気・治療法・薬の説明するにもかかわらず
患者の待ち時間は3分以内で回せる時空を捻じ曲げる術を会得し
且つ、見習い・半人前期間などはなく免許を貰った直後から既に
患者の身体・精神をあらゆる病気・怪我に罹る前の状態に完全に戻すことができ
死人も生き返らせることができるドラクエ教会並みの腕を持つスーパードクター
これをできることならタダでこき使いたいと思っています

700 :無責任な名無しさん:2006/09/11(月) 22:53:43 ID:HjFAtwHp
求めるのはともかく、それが可能だと思っている所が問題だ。

701 :無責任な名無しさん:2006/09/15(金) 23:54:24 ID:l6dvPeYK
              ☆ チン     マチクタビレタ〜
                         マチクタビレタ〜
        ☆ チン  〃 ∧_∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ヽ ___\(\・∀・) <  次の医療過誤相談まだ〜?
             \_/⊂ ⊂_ )   \_____________
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        | .佐賀みかん.  |/

702 :コピペ:2006/09/16(土) 17:38:29 ID:XbN/6byD
日本の医療をドラクエに例えると……(1)

日本の医療をドラクエに例えてみようw
記念すべき第一回。

 
医療そのものの本質は、ザオラル。
同じ呪文で生き返る時もあるし、生き返らない時もある。
死んだキャラが生き返るんだもん。
失敗したって誰も僧侶を恨まない。
古き良き、レベルがまだ上がりきらない頃のザオラルの時代。

日本人が医療に求めるのは、ザオリク。
100パーセントの成功率。
いつのまにかそれが当たり前に思われている。
ザオラルのありがたみを忘れてしまった悲しい時代。

日本の医師が覚えた呪文は、メガザル。
我死して、皆を生かさん。
この精神。
「医者なんだから、メガザル唱えて当たり前」


703 :無責任な名無しさん:2006/09/17(日) 21:33:39 ID:umcsXVL3
そして、クレーマー、訴訟ゴロ、DQNなどのリスクの高い患者相手になると、
医者ははぐれメタルになる。すぐ逃げ出す。
が、その医者を倒せば大量のゴールド(経験値ではないが)をゲット

704 :無責任な名無しさん:2006/09/17(日) 22:49:49 ID:0JGqLLBo
精神科の病院で 容認する て書いてるある紙を渡されて
内容を読まずに容認してしまったのだが
これて病院側に頼めば却下できますかね?


705 :無責任な名無しさん:2006/09/17(日) 22:56:47 ID:m4bGAF1V
>>704
病院で聞いてください。

706 :無責任な名無しさん:2006/09/17(日) 22:58:39 ID:0JGqLLBo
>>705
はい、すみません。聞いてみます

707 :無責任な名無しさん:2006/09/18(月) 01:17:24 ID:RRq7Z5t7
>>704
内容にもよるが、却下と同時に、
病院を変える必要がたぶんあります。

708 :無責任な名無しさん:2006/09/19(火) 22:13:57 ID:eYd8HDMK
質問お願いします。歯科医院で充分な説明も無しに抜かれてしまい、抜いた後で別の方法なら保険も効いたのにと言われ でももう抜いてしまったから後は自費扱いと言われたのですが 事前に説明が不十分だったと、自費分を医者に請求する事は出来ますでしょうか?

709 :無責任な名無しさん:2006/09/19(火) 22:36:51 ID:etYE+rAw
>>708
情報不足だけど、請求だけしてみたら?

710 :無責任な名無しさん>:2006/09/20(水) 22:38:07 ID:sEkyJOOm
>>708
お金のことで細かいこと言うなよ。自分の心の小ささを反省しなさい。
相手はお金持ってる歯科医だからねぇ。
法的に争ったら相手の高級凄腕弁護士にやられて、損するだけかもよ。

711 :無責任な名無しさん:2006/09/20(水) 22:57:35 ID:NDMFc+1/
レスありがとうございます。やはり請求してもすんなり支払うとは考えずらいですよね 悔しいけど諦めます。今は医大の歯科に通院しています。開業医は適当で患者と接する時間も短く、数だけこなすという儲け主義なんだというのがわかって勉強になりました。

712 :無責任な名無しさん:2006/09/20(水) 23:58:56 ID:lvir8GmH
>>708
口開けたままヨダレを垂らしながらオノレの腐った歯を歯医者に見せて黙っているヲマエが悪い。
ヲマエがどうして欲しくて歯科医院に来たのか分からず、歯医者を困惑させたのであろう。
「こいつ、本当に人間か?歯を治療してまた誰かを噛みつくつもりか」ってな。
それに言葉が通じなさそうな香具師に説明なぞしようもんなら自分が噛み付かれて怪我するのがオチ。
猛毒のばい菌だらけだろうから下手したら自分が死ぬ。
その歯医者は正当防衛の手順として、まずヲマエの歯を抜いたのであろう。
防衛行動を取った歯医者にヲマエへの説明義務は発生しないし、
防衛行動に用いた手段の経費は加害者であるヲマエが自費で払うべき。
紛らわしいナリと振る舞いをもって歯医者を困惑させたことに係る慰謝料も必要であろう。

保険を使いたいんだったらヲマエが正当な理由で歯科医院を受診したという証拠が必要であろう。
それ以前に本当に人間かどうかの証明も必要かな。

713 :無責任な名無しさん:2006/09/22(金) 08:06:50 ID:qYhf4wwh
就職先に一般的な健康診断の結果を提出するために健康診断を病院に行ってうけてきたのですが
保険がきかないといわれました
交通事故の場合基本的に保険はきかないが使うこともできると聞いた事があったのでもしかして健康診断もそれと同じではないかと思い質問させて頂きました
医療の世界は無知な者は損をするといったイメージが強いのですよね…
使えないなら使えないで従うのですが
どなたか宜しくお願いします

714 :無責任な名無しさん:2006/09/22(金) 08:32:24 ID:hAZ6pwXd
>>713
絶対に使えません。
交通事故の場合とは全く別です。

715 :無責任な名無しさん:2006/09/22(金) 13:02:39 ID:qYhf4wwh
>>714
そうですか、、
ありがとう御座いました

716 :無責任な名無しさん:2006/09/24(日) 19:44:55 ID:YZwxiCTF
a

717 :無責任な名無しさん:2006/09/29(金) 12:24:34 ID:ieMJ7EUC
ハゲ

718 :無責任な名無しさん:2006/09/30(土) 22:19:24 ID:3OWZimT7
              ☆ チン     マチクタビレタ〜
                         マチクタビレタ〜
        ☆ チン  〃 ∧_∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ヽ ___\(\・∀・) <  次の医療過誤相談まだ〜?
             \_/⊂ ⊂_ )   \_____________
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        | .佐賀みかん.  |/

719 :633:2006/09/30(土) 23:31:12 ID:dvTSLiOt
歯科でのトラブルについての質問をさせてください。
いま一本の歯が抜歯することになりました。原因は歯の根元が砕けたからです。
問題はそうなるまでの過程なんですが…

<抜歯までの流れ>
1 虫歯が酷く抜くか残してかぶせるかの選択、残しても“長くはない”と言われつつも残すことに決定。

2 数週間後痛みが出始め、仕事の関係で“他の歯医者”にて診断、レントゲンなどにより「歯茎炎症」と診断され薬等をもらう。
※治療としては消毒。「抗生物質」と「痛み止め」の支給(一週間分)。

3 痛みはほぼ引いたものの、後日通院していた歯医者に炎症を起こしている旨を伝える…が無視、他の歯の治療をされる。
 何も見てもらえず、帰り際、薬さえくれなかったのでこちら側からお願いするも二日分ほどの痛み止めだけを支給。

4 数日後痛み始め、予約がなかったので嫁に薬だけを貰いに行いかせるがやはり「痛止め」のみ。抗生物質の支給無し。

5 前回から二週間後の予約日に通院、再度、痛みの部分について訴えたところ、
医者「○○さん、前に言っていた歯って右の歯ですよね?」
私「違います」
その後レントゲンなど撮り、一週間分の抗生物質と痛止めを受け取る。が、その時すでに歯茎は膿み、歯は割れて…抜歯決定。

問題は「3」の部分において、医者が“歯の場所についての勘違い”をしていたことで、適切な措置が得られなかったこと。
また、勘違いかどうかに関わらとも“炎症に対する適切な措置”が取られていたか曖昧なところかと思っています。
これについて損害賠償等請求することが可能でしょうか?



720 :無責任な名無しさん:2006/09/30(土) 23:31:51 ID:dvTSLiOt
633ってのは他スレでの番号です…スイマセン


721 :無責任な名無しさん:2006/10/01(日) 07:14:25 ID:p851FVuh
>>719
難しいね。
あなたの言う「適切な処置」をしていても抜歯を免れたかは疑問
あなたの言う部位の勘違いは5の時点だけなように思われるが、
3の時点でも勘違いしていたという根拠は?
(2と3の間の日数が不明だが)3の時点では炎症が治まっていたとすれば、
何もしなかったのは問題ない。
3から5まで痛みがあるにもかかわらず、受診しなかったのは、あなたの問題。
(4で家族が受診したのが議論になるが、家族の話だけで
抗生物質を処方しろと言うのは無理。唯一、そこで歯科医が
本人の受診を勧めていなかったのしたらそれが歯科医の過失か)


722 :719:2006/10/01(日) 13:26:27 ID:Jb2mUOW2
>>721
難しいですか…私なりに問題と思っていた部分についてなんですが、

3の時点では他の医者に診てもらった事を伝えたのみでそこで完治したとは言ってませんでした。
また3の場合、5の場合いずれにしても診てもらった時点では痛みは引いた状態でした。
ですので、場所についての勘違いが無ければ、5の段階で行われたようなレントゲン検査や、消毒などの処置が
3の時点でなされてるべきだったのかと…でもそれって医者の“相当な判断”ってことで一蹴されるんですかね…。

受診に関しては基本的に予約制なので無理でして、「痛めば薬を取りに来て」といわれる程度でした。

法律相談機関等は少ない上、平日利用でしたので不安をここでぶつけてしまいましたが、親切に答えて頂いて感謝します。
有難うございました。

723 :無責任な名無しさん:2006/10/02(月) 00:46:36 ID:drzyOL5o
>>719 >>722
> 問題は「3」の部分において、医者が“歯の場所についての勘違い”をしていたことで、適切な措置が得られなかったこと。

その汚いクチ開けたまま悪臭はなって聞き取れない音で何やら吠えているお前が悪い。
歯医者に逝くなら義務教育からやり直して言語能力つけてから
口ん中をバーナーで十分焼いて滅菌してから逝け。

> 炎症に対する適切な措置”が取られていたか曖昧なところかと思っています。
> これについて損害賠償等請求することが可能でしょうか?

結局抜く羽目になる腐った歯を、抜歯代けちって歯医者に残させたヲマエが悪い。
公衆衛生上ヲマエにとって適切な措置とは歯を全部引っこ抜いて口を縫合閉鎖すること。
ヲマエの歯を残したがため保健所から注意されることになった歯医者に対する慰謝料をヲマエが払っておけ。

テメエの不摂生が原因で歯が腐る→歯医者逝った→治りませんでした→
処置は絶対不適切です。→歯医者に損害賠償請求します。

病院恐喝の手法をここでここまで平然と相談する椰子もまれであろう。
歯のみならず頭ん中まで腐った恐喝屋はメンヘル板か裏社会板に逝け。

724 :719:2006/10/02(月) 15:15:28 ID:bxe/UI2I
>>723
なんか担当医に叱られてるみたいだ…。
辛辣なご意見ありがとうございます。

725 :無責任な名無しさん:2006/10/03(火) 03:23:07 ID:kHZxKKI4
歯科医が保険治療の患者に保険適用外のホテツを入れてるんだが どこへ通報したらいいでしょうか?また どのような責任をとらされるのでしょうか? 前装冠をすべて非貴金属(ニッケル)で作ったメタルボンドです。

726 :無責任な名無しさん>:2006/10/03(火) 08:12:26 ID:AIOYhKjj
>>725
で、あんたはにはどんなトラブルがあったのさ?

医療系トラブル相談スレ

727 :無責任な名無しさん:2006/10/08(日) 04:40:48 ID:o++wlmeC
70才になる叔母が生活保護を受けてましたがある日肺炎である病院に入院しました。
そこの院長が言った言葉が「役所からおりてるお金では足りないので人口呼吸器を今月中にはずします
。外したらこの人は1日ともたないでしょう。今がボランティアなんですから ハハハ」と9月いっぱいには
外しますと言われ先月亡くなりました。これは意図的な殺人行為になるのでしょうか?
これが普通なのでしょうか?

728 :無責任な名無しさん:2006/10/08(日) 10:17:39 ID:ldJ4ykLo
>>727
> 70才になる叔母が生活保護を受けてましたがある日肺炎である病院に入院しました。

なぜ生活保護を受ける羽目になったのかは書けないわけな。
扶養できる家族がいるのに、役所に虚偽申告して生活保護受給資格を得たこと明白。
そんなにヲバが死ぬのが嫌だったらお前が引き取って保険料払え。
70そこいらの年で致死的な肺炎になるのはタバコスパスパ・大酒飲み・糖尿やらで全身ボロボロであった証拠。
それじゃ生活費は足らんだろうし、役所に嘘ついてでもカネを引っ張る算段をするわな。

> そこの院長が言った言葉が「役所からおりてるお金では足りないので人口呼吸器を今月中にはずします

役所というモノに敵意剥き出しな椰子だからこそ、何でも「役所が云々」と言う風に聞こえるんだろうな。
「回復する見込みがなくコストがかかります。家族の了承を得て人工呼吸器を外します」が
「役所からおりてるお金では足りないので人工呼吸器を外します」に聞こえただけ。

> 外したらこの人は1日ともたないでしょう。今がボランティアなんですから ハハハ」と9月いっぱいには
> 外しますと言われ先月亡くなりました。これは意図的な殺人行為になるのでしょうか?

延命治療を中止したら殺人だといきり立って医者を送検したヲマヌケな警察があったな。
ヲマエがいきり立って病院を恐喝しても、今や警察も法曹も相手してくれんぞ、あら残念。

> これが普通なのでしょうか?

普通
そもそもナマポに延命治療するのは税金の無駄。延命治療続けて欲しければヲマエが身銭切れ。

729 :無責任な名無しさん:2006/10/08(日) 10:47:52 ID:AZxj0HdO
メル欄のブログよんでください。
死にたい。つらくて。助けて。

730 :無責任な名無しさん:2006/10/08(日) 16:36:36 ID:+RFFN3/C
>>729
多くの医者がいわれてきた言葉を、君に贈ろう。
「いやならやめろ かわりはいくらでもいる!」
つーかマジではやく退職しる。

731 :無責任な名無しさん:2006/10/08(日) 22:35:37 ID:kIUkmEUh
★茨城・つくば市の病院前で医療過誤訴訟を起こしていた69歳男性が焼身自殺

茨城・つくば市の病院前で、医療過誤訴訟を起こしていた男性が焼身自殺した。
5日昼前、つくば市の筑波メディカルセンター病院の前で、つくば市の男性(69)が灯油を
体にかけ、焼身自殺を図った。男性は病院に運ばれたが、6日午前2時すぎに死亡した。
男性は、この病院で直腸がんの手術を受けた際、後遺症が残ったとして、損害賠償を
求める裁判を起こしていた。

別件ですがこのような事件もあったようです
【医療過誤】医師3人を書類送検 術後管理の誤りで死亡 茨城県警[03/02]
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1141302616/ (2006/03/02(木) 21:30:16)

9 名前:管理人 投稿日:2006/10/07(土) 23:56:28 ID:

皆様の温かいご弔詞を賜り、亡き父に代わりまして篤く御礼を申し上げます。
本日滞りなく荼毘に付し、家族の待つ住まいに帰って参りました。

最期まで救命に努力してくださったICUの医師・看護師の皆様には、ご芳情のほど誠にありがたく深く感謝申し上げます。

先月5日以降、故人はまるでつき物が落ちたように穏やかになり、私に対する感謝、母親に対する愛情を口にするようになっておりました。
私はその物腰に対して、家族の絆が強くなったのだと身勝手な判断をしてしまい、故人が伝えたかった大切なシグナルを見落としてしまいました。
故人の耐えがたい苦しみ、悲しみを理解していたつもりなのに、実は何も感じ入ることができていなかった。

悔やんでも悔やみきれないことですが、心が折れてしまっていたことに気付くことができず迂闊でした。
今後も亡き父の鋼の遺志を引き継ぎ、真実の究明に向けて鋭意努力して参るつもりでございます。
皆様には、これからもご指導・ご鞭撻のほど切によろしくお願い申し上げます。

冨田将史拝

参考サイト
http://www003.upp.so-net.ne.jp/medical/


732 :無責任な名無しさん:2006/10/10(火) 02:22:16 ID:YHtcPlYh
父親、(74歳)が他界したことについて、相談にのっていただきたいです。10月5日に、新潟県弁護士会から紹介された味○申宰 弁護士に相談しました。
相談結果は、母親と二人で出向きましたが、上手く話を聞いていただけなかったです。
父親はおよそ10年前に、肝臓癌の摘出の際、細菌が入り、血栓ができて、脳梗塞になり、身体障害者2級に認定されていました。

それから、介護申請をしまして、黒埼病院の佐○介護支援専門員にお世話になっていました。
最終的に、有明園のデイサービスに入浴に週2回通っていました。
7月22日に肺炎を患い、信楽園病院に入院しまして、途中、7月下旬に退院しましたが、
デイサービスで入浴を行った晩に、熱を出し、肺炎を再発し、再入院しました。
2回目の退院は8月26日です。退院前に、脳梗塞の様子をみるために、CT写真を撮影した
とのことを聞いていますが、退院時に、介護支援専門員の○藤さんが、もし、そのCT撮影の
際に、新らたな致命的な脳梗塞ができていたら、信楽園病院に入浴や、今後の介護、治療の指示を受けるべきでしたし、
私が悪く考えれば、退院前のCTに脳梗塞ができていたことを信楽園病院で家族と介護支援専門員に告げないで、
故意に告げなかったことも考えられます。入浴は避けるべきでした。
新潟西警察署の検死の係の方に、8月30日に他界した際、司法解剖を御願いしましたが、外傷はなく、その後警察の方には
引き取っていただきました。
問題は、信楽園病院の医師と退院時に説明した看護師や介護支援専門員に殺人容疑と業務上過失致死が
かかる可能性があるということです。新潟西警察署の刑事課には多少いきさつは話しております。
信楽園病院のCTの写真を、担当医に説明を要求し、今後の対応を考えております。直接警察に訴えることも考えています。
適切なアドバイスがございましたら、よろしく御願いします。

733 :無責任な名無しさん:2006/10/10(火) 10:48:55 ID:dPJ+fWoQ
>>732
 8月30日の死亡時の状況の記載が欠如しています。
 入浴中に無くなられたとしても、外傷が無い(事件性が無い)と考えられる
 遺体を、司法解剖することはできません。また、退院4日後の介護入浴中の
 死亡に関して、入院時の医療従事者に業務上過失致死の求訴は無理です。

734 :732:2006/10/10(火) 12:03:19 ID:YHtcPlYh
回答ありがとうございます。
8月30日は、起床時から、意識朦朧とした状態で、すぐ救急車を呼びましたが、
救急隊が到着した時にすでに心停止して、病院に着くまでも心臓マッサージをして、
病院でもしました。電気ショックを与えると反応はありましたが、それをしないと
反応はありませんでした。瞳孔は開かなかったですが、光に対して反応がないため、
医師は死亡と診断しました。
外傷はなかったですが、デイサービスでぶつけたらしく、足の腿が赤くなって
いて、その部分の筋肉痛を前の日から訴えていました。司法解剖ではなく、病理解剖
をすれば一番良かったかもしれません。
退院前に、CTを撮影し、新らたな脳梗塞ができていたことをわざと知らせないで、
入院の病院の系列のデイサービスの施設に入浴させた疑惑があります。
本来ならば、サマリーに脳梗塞があるため、入浴はしばらく中止と指示を
出すべきではないでしょうか?

735 :無責任な名無しさん:2006/10/10(火) 15:22:45 ID:88imQPxW
早期の脳梗塞はCTに写らない。CTに写るような脳梗塞は
完成した脳梗塞。入浴したらいけないという根拠は?

736 :無責任な名無しさん:2006/10/10(火) 22:59:11 ID:ZHXCj9Kg
>728
オマエ バカか?医者バカか?

737 :無責任な名無しさん:2006/10/11(水) 04:26:08 ID:G+Z0D/0z
生活保護がそもそも延命


お金はだしますから最善を尽くしてくださいってのが普通だろ

738 :無責任な名無しさん:2006/10/11(水) 14:14:54 ID:Ti3irXTw
>>732
> 適切なアドバイスがございましたら、よろしく御願いします。

自首する事をお勧めします。

733 名前:無責任な名無しさん[] 投稿日:2006/10/10(火) 10:48:55 ID:dPJ+fWoQ
>>732
 8月30日の死亡時の状況の記載が欠如しています。

に対する答えは?

>>734
> 本来ならば、サマリーに脳梗塞があるため、入浴はしばらく中止と指示を

60代以降の高齢者は全員今後風呂に入るなと指示をだせと?

いいから早く警察行って洗いざらい白状したほうが、気が楽になると思うよ。

739 :無責任な名無しさん:2006/10/11(水) 19:33:42 ID:HquCMGsn
今出てる判例タイムズに,医師の過労うつ病自殺の労災事件判決が載ってましたね
眠いよー

740 :732:2006/10/11(水) 21:35:20 ID:G/ejHtFW
30日の朝は、素人からみてよくわからないけど、
起床した時に、意識朦朧としていて、舌がひっこんだ
状態でした。
いいかげんで高飛車な医療しかできない医師と看護師、ケアマネに
ついては、警察の刑事課に相談済みです。
司法解剖と思い立ったのは、前日のデイサービスに行った時、
右足の腿の筋肉痛と、赤くなっていたためですよ。

741 :無責任な名無しさん:2006/10/12(木) 00:30:15 ID:4tsh6BbO
>>732
> 相談結果は、母親と二人で出向きましたが、上手く話を聞いていただけなかったです。

基地外の相談は聞き流すのがデフォ。
その弁護士、ヲマエと母とやらを見て珍獣親子だと思ってずっと笑いをこらえていたと思うぞ。

> 問題は、信楽園病院の医師と退院時に説明した看護師や介護支援専門員に殺人容疑と業務上過失致死が
> かかる可能性があるということです。新潟西警察署の刑事課には多少いきさつは話しております。

脳やら肝臓やら腐った腐敗物結合体が死んだからって警察が相手にするわけねぇだろ。
殺人やら業過死やらご大層なw

>>734
> 司法解剖ではなく、病理解剖をすれば一番良かったかもしれません。

腐った死体は解剖しても無駄。ヲマエのヲヤジの腸に詰まった糞の臭いのせいで解剖は続行不能となるであろう。

> 退院前に、CTを撮影し、新らたな脳梗塞ができていたことをわざと知らせないで、
> 入院の病院の系列のデイサービスの施設に入浴させた疑惑があります。

腐ったモノは治療しても無駄。強制退院させられたからって病院を恨むのはお門違い。
腐らせたくなかったら、生前からその老いぼれのカラダに防腐剤を詰め込んどけ。
保険は利かんから自費で。安いけどなw



742 :無責任な名無しさん:2006/10/12(木) 00:32:49 ID:4tsh6BbO
>>740
> 30日の朝は、素人からみてよくわからないけど、
> 起床した時に、意識朦朧としていて、舌がひっこんだ 状態でした。

もう腐って崩れ落ちる時期だったんだろうな。多分ヲヤジの殺人的な腐敗臭にあきれ、消毒でもしようとしたんだろうな。
目やらケツの穴やらから蛆が沸いて出てきていたのであろう。
どうせなら生きたまま火葬場に持って言って焼却すれば良かったんだろう。

> いいかげんで高飛車な医療しかできない医師と看護師、ケアマネについては、
> 警察の刑事課に相談済みです。

刑事課は見るからに怪しいヲマエと腐った死体を見て、ヲマエを重要参考人にするであろう。
ロクに証拠もないのに必死に他人を犯人呼ばわりしているからな。
自分の鏡を見てそこに凶悪指名手配犯がいることを確認し警察に自首せよ。

> 司法解剖と思い立ったのは、前日のデイサービスに行った時、
> 右足の腿の筋肉痛と、赤くなっていたためですよ。

そんなんで司法解剖思い立つたぁ、抑制の効かない基地外の証明。
そんな発情期のミドリザルみたいな行動とってると、ヲマエが警察にマークされるぞ。
早く精神病院に入れてもらえ。そして二度と出て来んな。


743 :無責任な名無しさん:2006/10/12(木) 01:29:46 ID:fOyIRmUZ
>728>741>742
オマエが逝けよ〜
精神病院によぉ 

744 :732:2006/10/12(木) 03:14:42 ID:NITTc0Ok
>>741
>>742
誰が書き込んでいるかわからんが、人命の尊さもわからない
弁護士や医者だったら、患者や相談者も寄り付かないで
もうからないだろう。それこそ生活保護受ければ?
それ以外の職業か、医学生・法学部の奴だったら、
自分の親か、自分が人に嫌われて金を稼ぐことができなくなって
哀れな死に方しかできないんだよ。おまえは!!
これが2ちゃんだから良いけど、目の前におまえがいたら
殺して、俺も自殺するぞ。

745 :無責任な名無しさん:2006/10/12(木) 05:37:11 ID:JIrpEUMi
おまいらスルーを覚えろよな

746 :無責任な名無しさん:2006/10/12(木) 07:33:13 ID:NITTc0Ok
他の板ならまだしも、ネットでも言って許せないことってあるんじゃないか?
745も同類か。。

747 :無責任な名無しさん>:2006/10/12(木) 08:05:03 ID:TM09Gr0k
俺も同類だなぁ。
どちらかといえば732のように文面からは医学的な過失を認めない状況で、
素人が無理やり過失の理由を探している明らかな死体換金
のほうが許せないが・・・。


748 :732:2006/10/12(木) 09:06:38 ID:NITTc0Ok
文面的な表現が良くなかったかもしれないけど、
今、診療録の開示を求めて、真実を追究して、
専門家と相談するよ。
医師、ケアマネ、看護師に問題があったことは確か。
それを文面で説明するのは難しい。

ネットで書くと横やりしか入らないから、
もう書き込むの止めるよ。

749 :733:2006/10/12(木) 10:42:43 ID:6LtAxFLH
>>740
>起床した時に、意識朦朧としていて、舌がひっこんだ状態でした。
 意識レベルの低下→舌根沈下→窒息死なら、家族が人工呼吸すれば延命の可能性は
 ありますが、まずは典型的な自然死。人はみな逝くのですよ、御寿命ですね。

>今、診療録の開示を求めて、真実を追究して、
 カルテに何がかかれていても、自宅での自然死という真実は変わりありません。
 ご家族の死への悲しみを、医療従事者への怒りで紛らわせるのはお止めください。


750 :無責任な名無しさん:2006/10/12(木) 13:41:19 ID:SZ4/jdra
理屈が通っていない。
あなたみたいな人がいるから医療ミスが絶えないのです。

751 :無責任な名無しさん>:2006/10/12(木) 13:47:59 ID:TM09Gr0k
理屈が通っていない。
あなたみたいな人がいるから死体換金、医療訴訟が絶えないのです。



752 :責任とって欲しい名無しさん:2006/10/13(金) 00:27:45 ID:ICG4kYMb
現時点での医療現場では医療ミスの医療裁判が絶えないのは仕方ないと思う。

753 :無責任な名無しさん:2006/10/13(金) 00:56:45 ID:6jjEePDs
医者と弁護士にまともな対応を期待するのは虚しいか。。。

754 :無責任な名無しさん:2006/10/13(金) 12:50:17 ID:qk4+rNpb
まともな対応というのが死体換金の話なら期待しないでほしい。
あ、あと死人を生き返らせてくれってのもなしね。キリストじゃないんだから。

755 :無責任な名無しさん:2006/10/15(日) 18:09:57 ID:magnhqlr
>>753
専門家に否定された時は、自分の主張がおかしいことをまず考えるべきだと思うよ。

756 :無責任な名無しさん:2006/10/19(木) 22:29:31 ID:3abgM9m4
              ☆ チン     マチクタビレタ〜
                         マチクタビレタ〜
        ☆ チン  〃 ∧_∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ヽ ___\(\・∀・) <  次の医療過誤相談まだ〜?
             \_/⊂ ⊂_ )   \_____________
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        | .佐賀みかん.  |/

757 :無責任な名無しさん:2006/10/20(金) 02:15:57 ID:NaLFdynX
ーーーー終了ーーーー

758 :無責任な名無しさん:2006/10/20(金) 02:23:32 ID:NaLFdynX
ーーーーー終了ーーーーー

759 :無責任な名無しさん:2006/10/20(金) 22:24:52 ID:70dfblwZ
              ☆ チン     マチクタビレタ〜
                         マチクタビレタ〜
        ☆ チン  〃 ∧_∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ヽ ___\(\・∀・) <  次の医療過誤相談まだ〜?
             \_/⊂ ⊂_ )   \_____________
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        | .佐賀みかん.  |/

760 :無責任な名無しさん:2006/10/22(日) 23:32:48 ID:NwuwG/nQ
漏れら極悪非道の佐賀県民ブラザーズ!
今日もネタもないのに佐賀県してやるからな!
 ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧   ∧_∧    佐賀県
 (・∀・∩)(∩・∀・)    佐賀県
 (つ  丿 (   ⊂) 佐賀県
  ( ヽノ   ヽ/  )   佐賀県
  し(_)   (_)J


761 :実習生さん :2006/10/23(月) 00:21:49 ID:y84eU7Pj
>732.734
肝臓癌で手術して助かって
その上今度は 訴訟で金とりですか
くれーまーにもほどがある。

762 :お釈迦様:2006/10/23(月) 10:18:27 ID:ZDsF7jxz
肝臓癌から合併症で脳梗塞になったのを内科の医師が外科の医師のせいにするのもなんだかねぇ。

763 :無責任な名無しさん:2006/10/25(水) 21:18:31 ID:lG5nsX4C
<<732
文章が要領を得ないため集中砲火を浴びていますが、
「退院前のCT検査で新たな脳梗塞と診断しながら、
そのまま退院させてしまった。」のであれば医療過誤でしょう。
「退院直前の重大な検査結果を見逃した。」
という事例は、同じ新潟県のさる県立病院で、2件続けて報道されたことがあります。

764 :763:2006/10/25(水) 21:31:24 ID:lG5nsX4C
続き
ただし退院直後の急死については予見できるとは考えられない。
殺人容疑などがかかる訳がないし
情報を受け取る側の介護専門員にまで責任を追及するのは
正常な考え方でないと思う。

765 :日蓮聖人:2006/10/25(水) 23:00:02 ID:+eALXyU5
厚生労働大臣様

家族としては成仏してもらえば幸いです。
これ以上医療過誤が起きないように対策をどうかよろしくお願いします。
ただ、無知な母親が病院や介護支援専門員とやり取りしていたため、すれ違いが起きました。そこに付け込む介護支援専門員の仕事のやり方が、息子としてやるせないだけなのです。

南無妙法連経経…

766 :親鸞聖人:2006/10/25(水) 23:10:33 ID:+eALXyU5
南無阿弥陀仏

767 :無責任な名無しさん:2006/10/26(木) 13:22:56 ID:kyqdLOjO
割り箸事件はどうなった?

768 :無責任な名無しさん>:2006/10/26(木) 14:49:36 ID:+r/1bsKQ
>>763
お前馬鹿か。既述だと思うが、CT検査では新たな脳梗塞の診断は出来ない。
今回は陳旧性脳梗塞の評価で撮影しただけでしょう。
もしもMRIを撮影しました。そして新たな脳梗塞を放置されました・・・なら
話は別だが・・・。
また今回は文章からも新たな脳梗塞を推測するような症状も見られない。
よってMRIの必要もなし。
医療過誤はどれも似ているようだが、事例により全く違う。
本例は医療過誤を推測できる要素が見当たらない。




769 :無責任な名無しさん:2006/10/26(木) 19:00:32 ID:GwTe9wbv
>>767
【割りばし死亡事故裁判の無罪判決後、会見する両親の杉野正雄さんと文栄さん】  

1999年に東京都杉並区の保育園児杉野隼三(しゅんぞう)ちゃん(当時4歳)が綿あめの割りばしをのどに突き刺して死亡した事件で、
業務上過失致死罪に問われた元杏林大学付属病院医師・根本英樹被告(37)の判決が28日、東京地裁であった。
川口政明裁判長は診断ミスがあったことは認めたが、「治療したとしても延命の可能性が低かった」と述べ、無罪(求刑・禁固1年)を言い渡した。
隼三ちゃんは99年7月10日、割りばしをくわえたまま転倒し、同病院で診察を受けたが、根本被告は傷口に消毒薬を塗るなどしただけで帰宅させた。
隼三ちゃんは翌朝、頭蓋(ずがい)内損傷で死亡。その後の解剖で、約7・6センチの割りばし片が小脳に刺さっているのが見つかった。
判決はまず、耳鼻咽喉(いんこう)科の当直医として、隼三ちゃんを診察した根本被告が割りばしによる頭蓋内損傷を予見できたかについて、
意識レベルが低下した容体などから、「頭蓋内に異変があったことを疑うことが可能だった」と述べた。
さらに母親への問診などを行い頭蓋内損傷の疑いが強まれば、コンピューター断層撮影をするなどして、
最終的には割りばしが残っていることに気付くことができたと指摘。根本被告には、これらの診察や検査を行わなかった過失があると認定した。
しかし、その後の治療で、死亡を回避できたかについては、「脳神経外科医に引き継いだとしても、技術的に治療が困難で、
救命はもとより延命可能性も極めて低かった」と判断。過失と死亡の因果関係を否定した。
一方、判決は、根本被告が隼三ちゃんの死後、診断ミスに気づき、カルテに適切な診断をしていたかのように取り繕う記述を加えたと認定。
「患者の病態を慎重に観察する初歩的な作業を怠った」と指摘した。

(読売新聞) - 3月28日22時8分更新


770 :732:2006/10/26(木) 20:13:20 ID:U+lb5vFe
悪魔の天使のささやきで、「右腕の動きが悪くなっています」と看護師が意味ありげにつぶやいていました。
急性期の病院で忙しいから仕方ないと、言い訳出来るでしょうか?
父親がお世話になりましてありがとうございました。
お世話になった各病院の先生のところに、父親がご挨拶に伺うことでしょう。
アーメン

771 :無責任な名無しさん:2006/10/26(木) 21:05:33 ID:DiGFTD9T
敗北のない挑戦は人を腐らせる

772 :無責任な名無しさん:2006/10/27(金) 17:30:18 ID:sm0aWyyr
質問させてください。
倉敷中央病院の整形外科医の彼女がブログで漏らした医療ミスが

【土佐市】将来は白菊園理事長婦人^ー^v
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/doctor/1161172606/l50
【整形外科】倉敷中央病院
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1161345713/l50

のスレで取り上げられています。
ソースがあるならニュース速報+にスレがたつようです。
この件は患者さまは何も知らず連絡ミスから手術をされ、手術の医療費も請求されているんですよね?

http://school5.2ch.net/test/read.cgi/doctor/1161172606/208
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/doctor/1161172606/195
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/doctor/1161172606/196

↑をご参照の上宜しくお願いいたします。



773 :無責任な名無しさん :2006/10/28(土) 02:08:35 ID:JPq6s5la
>763
この人おかしい。




774 :無責任な名無しさん:2006/11/03(金) 18:03:34 ID:dGO1b3l1
詳しい状況は知らなそうだけと、なんかマスコミか官庁の人みたい。

775 :無責任な名無しさん:2006/11/05(日) 01:15:25 ID:FxV5nTYH
インフォームドコンセントだとか、説明義務だとか、
医療者の時間と、エネルギーが
無限であることを 前提にした
患者サイド、マスコミの要求が
あまりにも多い。

医療事故の裁判でも、医療側の行為には 人的、時間的、物質的に十分であったことが
証明されることが必須で、これが欠けていたことがわかった
だけで、医療側は 圧倒的に不利となる。

日本の医療は欧米に比べ、相対的に圧倒的に乏しい、マンパワー、経済で行われているにも
かかわらず、このような要求が常態化されている以上、
日本の医療崩壊は時間の問題であるといえる。


776 :無責任な名無しさん:2006/11/07(火) 15:25:47 ID:a9sZ8ASF
>>775

厚生労働省に直訴しよう!

777 :無責任な名無しさん:2006/11/07(火) 17:04:16 ID://DSnLb6
shikaku:法律勉強相談[重要削除]
http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/saku2ch/1028001146/214-

>>732
>>734
>>740
>>744 を削除したいそうです


778 :吉田:2006/11/07(火) 18:04:22 ID:a9sZ8ASF
削除して下さい。

779 :無責任な名無しさん:2006/11/08(水) 01:29:51 ID:SarSl85Z
>>775
専門職には説明義務はあるの
それが嫌なら辞めたら?

780 :無責任な名無しさん:2006/11/08(水) 01:37:53 ID:SarSl85Z
あと 医療訴訟で原告勝訴の確率は47%だからね。


781 :無責任な名無しさん:2006/11/08(水) 14:12:17 ID:XVaP+0/W
却下されました。削除人は自分が行った都合の悪い書き込みをなかったことにするための消しゴムではありません。

218 名前:吉田 真紀夫 投稿日:06/11/07(火) 23:54 HOST:p5135-adsau14honb8-acca.tokyo.ocn.ne.jp<8080><3128><8000><1080>
対象区分:[個人・三種]優先削除あり
削除対象アドレス:
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1144823102/l50
削除理由・詳細・その他:
再度の依頼ですが、732 734 740 744を削除して下さい。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。

220 名前:削ジェンヌ▲ ★[] 投稿日:2006/11/08(水) 14:06:28 0
>>218
自己責任です。残しております。


782 :732:2006/11/08(水) 14:42:35 ID:6YEWn2Gp
某介護施設から、個人情報の漏洩と名誉毀損を受けていたら、
訴えても良いですか。

783 :無責任な名無しさん:2006/11/08(水) 18:43:21 ID:Nu+mTuPF
>>782
GJ!
どんどん訴えましょう
介護施設も病院も

今のうちにもらえるものもらっとかないと
訴える先が消滅しちゃうかもよ>>ALL

それから弁護士への報酬はちゃんと払ってね
為念

784 :732:2006/11/08(水) 19:16:54 ID:6YEWn2Gp
事実確認と報告はしないのですか?
某施設の園長と相談員さん。後、事務長さん。
職場全体に私の勤めていた会社が知られていたなんて
信じられません。
送っていただいた職員さんが他界した父親に言ったそうですね。

これをみていたら、会長から何かコメントの一つや二つくらい
あっても良いと思うのですが!

785 :”削除”板野次馬:2006/11/08(水) 20:33:17 ID:OMJwh4Gf
>>784
ハッタリはいいのでとっとと訴えてください。
このスレでいつまでも粘着しても何も解決しませんよ?
このスレと削除要望板で粘着して何か解決しましたか?

786 :無責任な名無しさん:2006/11/08(水) 20:54:44 ID:icDbpnuq
>>785
どうせここでしか言えないんだから、ほっといてやろうや。

787 :感謝している弁護人:2006/11/08(水) 21:55:59 ID:6YEWn2Gp
他界したお父様は、消化器内科のM先生には
大変良くしてもらい、ご足労をかけまして、
感謝しています。ありがとうございました。
と申しているそうです。M先生の人柄には頭が下がるそうです。

それではみなさんお元気で。

788 :無責任な名無しさん :2006/11/08(水) 23:33:41 ID:iO4PGV3P
板違いかもしれませんがお聞きしたいと思います。
特別養護老人ホームにおいての機能訓練指導員は理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護職員、柔道整復師
または按摩マッサージ指圧師(他の職務との兼務可)になっていますが、現在の特別養護老人ホームにマッサージ士を置いているところが多いと思います。
もちろん、国家資格の按摩マッサージ指圧師であれば問題はありませんが、その協会のHPをみたら民間の資格でマッサージ士を名乗っている人がいるとの事で
困っているそうです。
聞きたいことは民間資格での機能訓練指導員はできないですよね?ということです。
おそらく、民間の資格で良いと思っている施設もあると思います。これは違法でしょうか?

789 :無責任な名無しさん:2006/11/09(木) 00:15:29 ID:VfCx/nWS
このスレには必死な医者がいますねw責任が持てないくらいなら辞めた方がいいですよ。


790 :無責任な名無しさん:2006/11/09(木) 00:44:00 ID:mJqMKC/L
>>789
責任が持てないので臨床医は辞めますた

791 :無責任な名無しさん:2006/11/09(木) 00:46:12 ID:VfCx/nWS
被害者がでなくてそりゃ良かったw

792 :無責任な名無しさん:2006/11/11(土) 18:56:17 ID:K4hvqRt6
CT被ばくで断面癌にさせられた弁護士

793 :無責任な名無しさん:2006/11/12(日) 23:27:25 ID:QG15pZYG
他の板から誘導されてきました。

 家族が医療保護入院で、精神科に入院して
退院の条件として、医療保険での訪問看護を受ける事と
主治医から指示があり、訪問看護の事業所と週2回の契約を交わし
やっと、退院できました。

 しかし、病識がない家族が訪問看護を拒んだ為、半月も訪問看護が
実施されていませんでした、そして、その半月でかなり病状が悪化してしまいました。

 問題点
 1、訪問看護を止めた事を、家族である私に事業者が報告しないのは
   訴えられるか?

 2、私に連絡をするな、と命令したのが主治医である事が判明、
   主治医は適正な治療を、放棄しているのではないか?
   (他の精神科のDrに相談したら、問題ありだと明言していた)

 3、民事、刑事のどちらで訴えるのが妥当か?
   (何らかの制裁を加えない限り、気が収まらないし、他にも
    被害者が出る可能性あり)

 以上、詳しい方いましたら、宜しくご教示お願いします。

794 :無責任な名無しさん:2006/11/12(日) 23:42:00 ID:BsuaERgV
>>793
保護者は誰?精神保健福祉法では、保護者は患者に治療を受けさせる義務がある。

病識がない家族が訪問看護を拒んだ ってわかりにくいけど、
保護者は、患者が訪問看護を拒むのを許してたの?

まず保護者(裁判所で選任されているはず、もしくは夫妻)と徹底的に話しあい、意見を調整しておいたほうがいい。
できれば家族・親戚間で完全に意見を統一しておくこと。まずはそれから。
法律的に保護者でもなんでもない者が、勝手に保護者をさしおいて訴えるのは問題ありあり。

795 :無責任な名無しさん:2006/11/12(日) 23:52:34 ID:82/8Y1kp
>>793
またまたカタワ換金厨出現w キチガイヴァージョンだなww

>  しかし、病識がない家族が訪問看護を拒んだ為、半月も訪問看護が
> 実施されていませんでした、そして、その半月でかなり病状が悪化してしまいました。

家族が訪問看護を拒否したんだったら問題なし。あら残念w
ただ単にヲマエが家で嫌われているだけ。面倒見ないくせに口だけ出すヲマエをな。
ヲマエらキチガイ一家間にコミュニケーションがないことが問題。
そもそも病識のないキチガイ・池沼・カタワ・メクラ・ツンボ等が中で大勢蠢いている、
目を覆いたくなるような家なんだろ?そりゃコミュニケーションも糞も無い罠w

>  問題点
>  1、訪問看護を止めた事を、家族である私に事業者が報告しないのは訴えられるか?

他の家族に報告しているから無理。

>  2、私に連絡をするな、と命令したのが主治医である事が判明、
>    主治医は適正な治療を、放棄しているのではないか?

ただ単にヲマエが主治医からキーパーソンとみなされていないだけ。
そもそも見るからに唾をかけたくなるようなナリしたヲマエには不適格であろうw

>    (他の精神科のDrに相談したら、問題ありだと明言していた)

キチガイであることを隠して相談したヲマエに問題あり。

>  3、民事、刑事のどちらで訴えるのが妥当か?
> (何らかの制裁を加えない限り、気が収まらないし、他にも被害者が出る可能性あり)

まずヲマエに制裁だな。措置入院打たれろw あるいは恐喝罪でムショに入れww


796 :無責任な名無しさん:2006/11/12(日) 23:54:14 ID:QG15pZYG
>>794
>>793ですが、纏まらなくてスマン
保護者は私で、訪問看護を断ったのは患者である
家族の一存でして、その事を最近になって実家に帰った際に
患者(=家族)から聴いて、寝耳に水、と言うわけです。

私が風邪を拗らせてしまい、患者である家族の様子を
逐一見れなかったのは、確かに落ち度だと思い反省していますが、
 主治医の「経過観察だから家族、保護者にしらせるな」と
訪問看護の事業者に言った事は、社会通念上おかしいと思い
こちらで相談させていただきました。

 因みに家族は片親、一人っ子なので、当然私に保護者の任が
廻ってきますし、何より家族の回復を望んでいます。

 そのため、今回の事業者、主治医の対応に納得がいかない
それが気持ちの殆どを占めています。

引き続きレスをお待ちしておりますので、ご教示お願いいたします。

797 :無責任な名無しさん:2006/11/13(月) 00:35:53 ID:5uo5/v7Q
>>796
情報後出しw ヲマエを育てた為にキチガイになった片親の末路だなw

> 保護者は私で、訪問看護を断ったのは患者である
> 家族の一存でして、その事を最近になって実家に帰った際に
> 患者(=家族)から聴いて、寝耳に水、と言うわけです。

保護者のくせして半年も家を空けたヲマエが悪い。
そのキチガイ親は、そのうち実家を燃やすぞ。

> 私が風邪を拗らせてしまい、患者である家族の様子を
> 逐一見れなかったのは、確かに落ち度だと思い反省していますが、

キチガイ・痴呆老人やらをテメェの家に引き取って面倒見ることをせず、
病院やら施設やらに世話を丸投げするエゴ家族の典型例。
キチガイがひどくなったからって病院のせいにして訴訟しようなんぞ、お門違いも甚だしい。

>  主治医の「経過観察だから家族、保護者にしらせるな」と
> 訪問看護の事業者に言った事は、社会通念上おかしいと思い
> こちらで相談させていただきました。

社会通念上おかしいのは、カタワ老人を一人で放置するヲマエの方。
ちなみに精神病院は一緒にいない保護者に治療経過やらを知らせる義務はない。残念。

>  因みに家族は片親、一人っ子なので、当然私に保護者の任が廻ってきますし、何より家族の回復を望んでいます。

ヲマエが家に引き取って面倒見れば済むことだろうよ。
嫌ならその片親は一人寂しくポックリ逝っても文句言うなよ。

>  そのため、今回の事業者、主治医の対応に納得がいかないそれが気持ちの殆どを占めています。

納得いかないなら病院変わるか、通院やめるかせい。そのうち措置入院打たれるかも知れんけどなww

798 :無責任な名無しさん:2006/11/13(月) 00:48:36 ID:owwN4oE8
>>797
無責任なレスに乾杯。
吉外な>>797に幸あらん事を

 まずはお前に生活をさらけ出せ、糞や郎
司法試験すら受けられない学力不足のお前の
御りょうしんに賛美のうたを

ハッキリ言ってお前、芯だ方がいいよ、吉外の医療費を
その分抑制できるからm9(^Д^)プギャー

799 :無責任な名無しさん:2006/11/13(月) 09:05:59 ID:VU4TtETJ
>ID:QG15pZYG
>ID:owwN4oE8

文章の癖が隠せてませんよ。

800 :無責任な名無しさん:2006/11/14(火) 14:49:53 ID:HXLbT+yP


801 :無責任な名無しさん:2006/11/14(火) 23:43:26 ID:vUEAeoCR
>>140

眼の外傷ではないか。

施設内で何らかの外力が加わったのだろう。

802 :言いたいことたくさんな名無しさん:2006/11/15(水) 03:32:02 ID:jXIJX52J
右手の動きが悪いことをH医師に告げたのか告げなかったのかわからないNs。H医師がS医師に相談したのか?そのことを把握してFcwは退院させたのか?N学館入れているようでは駄目だよ。悪いけど。


803 :それから名無しさん:2006/11/15(水) 03:59:46 ID:jXIJX52J
それじゃCMも怒るわさ。
N県から出て行くよ。母親連れてさ。

804 :しつこい名無しさん:2006/11/17(金) 01:01:05 ID:jH5VTUH8
刑事告訴するのにも弁護士になんか金払うかよ。
この現状で医療体制続けていけばいいんだよ。どうせ日本なんかそんな
国なんだから。
母親死ぬまで介護して、死んじゃったら抱いて海の沖へと歩いて行くさ。
なんとでも言えばいいさ。覚悟はできている。

805 :無責任な名無しさん:2006/11/17(金) 04:00:56 ID:DKfR2KZS
ちょっと質問なんですが、認可を取る前の薬を患者に使ったりするコトってあるんですか?

806 :無責任な名無しさん:2006/11/17(金) 04:08:12 ID:lOiFJSBM
治験なら同意とると思うけど・・・なんで?


807 :無責任な名無しさん:2006/11/17(金) 11:17:15 ID:ADHeAE7X
誤診されて障害残り職失いました。金もないです。いいアドバイスください!

808 :無責任な名無しさん:2006/11/17(金) 11:42:23 ID:h1wWGb7K
治験の同意書書いたなら辞めたい時に辞められるのでは?

809 :無責任な名無しさん:2006/11/17(金) 12:28:56 ID:h1wWGb7K
なんで死亡患者の次の予約表出す訳?N学館さん。

810 :無責任な名無しさん:2006/11/18(土) 02:49:49 ID:zkTzN/ME
昨日、N大学HPの検査室の前で何うろうろしているんだろう?
白衣着たDr.みたいなお医者様。

811 :無責任な名無しさん:2006/11/18(土) 10:05:57 ID:FRKTE69a
807
御愁傷様です

812 :無責任な名無しさん:2006/11/18(土) 10:21:39 ID:zkTzN/ME
ttp://www.threeweb.ad.jp/~hassan/face8/system1.html

医療システムの限界

813 :名無しさん:2006/11/18(土) 11:36:46 ID:FRKTE69a
アメリカのオープンセサミ

814 :無責任な名無しさん:2006/11/18(土) 14:00:48 ID:HZbLlCth
病院・医院の受診を拒否してバカ医者どもに鉄槌をくだせ!

受診すれば、それが悪徳病院を儲けさせることになる。
まして、救急車・入院・手術なんか論外。
悪徳?病院がどれだけ儲かることになるか。
それこそ医療費の無駄で、国の政策にも反する。

受診する人間がいなくなれば、病院・医院も滅亡する!。

最悪なのは、最初受診しないで、手遅れになってから受診することだ。
それこそ無駄な医療費がかかる。クズ病院・医院が金儲けしてしまう。
ちゃんと最後まで受診しないで医療費抑制がすばらしい。

だから
ぜったいに、どんな状態になっても病院・医院に行くべきではない!

815 :無責任な名無しさん:2006/11/18(土) 14:03:04 ID:QeNxHDiJ
なるほど。
症状が顕著なのに、そういう理由で病院に行かないわけだ。
自ら実践してるわけですな。

816 :無責任な名無しさん:2006/11/18(土) 21:23:08 ID:zkTzN/ME
そういうのは開業医や民間の変な病院に多いよね。

817 :無責任な名無しさん:2006/11/19(日) 04:45:23 ID:S3WSpK+Z
ニチイ学館マンセー

818 :無責任な名無しさん:2006/11/19(日) 04:52:51 ID:S3WSpK+Z
K地区地域包括センターマンセー
失語状態

819 :無責任な名無しさん:2006/11/19(日) 04:57:48 ID:S3WSpK+Z
ニチイ学館が看護助手?

820 :無責任な名無しさん:2006/11/19(日) 05:04:07 ID:S3WSpK+Z
怨みますー

821 :無責任な名無しさん:2006/11/19(日) 10:40:11 ID:FXw3lRHp

685,712,728,741,742,795,797のような

正論を聴くと、清々しい気分になる。


              ☆ チン     マチクタビレタ〜
                         マチクタビレタ〜
        ☆ チン  〃 ∧_∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ヽ ___\(\・∀・) <  次の医療過誤相談まだ〜?
             \_/⊂ ⊂_ )   \_____________
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        | .温州みかん.  |/




822 :無責任な名無しさん:2006/11/19(日) 11:29:33 ID:hxasZLgj
製薬会社とMR

統合された卸会社

モルモットになった動物

管理栄養士の助手にでもなるかな。
ハロワHPに行って来ます。

823 :無責任な名無しさん:2006/11/19(日) 19:35:50 ID:S3WSpK+Z
整形外科がない呼吸器科と人工透析が得意な病院と茶豆老人病院と殺された父親の息子が面接に行って可愛がってもらった某老人施設のこと?

824 :無責任な名無しさん:2006/11/20(月) 01:37:50 ID:n/dffLyr
医療過誤の裁判なんて、多くを期待しない方が良いよ。
患者側の勝訴率は、3割位。
専門性の壁の前に、弁護士からは追加着手金の嵐。
しかも、ほとんどが無能。
時間と金の無駄遣いに終わる事の方が多い。
それでも、やりたい方の前には、









裁判官というDQNが・・・。

825 :無責任な名無しさん:2006/11/20(月) 01:42:38 ID:n/dffLyr
草加事件は
犯人とされ起訴された少年の血液型がB型かO型で
被害者の女子中学生の血液がA型

・女子中学生(A型)の体に付いていただ液の血液型がAB型
・女子中学生の衣服に付着していた男性の体液の血液型もAB型

二審判決で「女子中学生の垢(A型)と少年のだ液(B型)が混合し、AB型を示した可能性がある」
として有罪を言い渡した

結局、少年達は抗告したが、東京高裁は抗告を棄却、
最高裁も89年7月、再抗告を退け 一般刑事裁判での再審請求に当たる
「保護処分の取り消し」を3度申し立てたが、
保護処分が既に終了したことなどを理由にいずれも退けられた

日本の裁判史に残る誤審・冤罪と言われてる

ちなみにこの事件を担当した検察には
行列が出きる住田弁護士もいた


826 :無責任な名無しさん:2006/11/20(月) 01:45:09 ID:n/dffLyr
A型の垢とB型の唾液がまざって、
AB型の体液!になった≪可能性≫で(あるか、そんな馬鹿な事が!!)、
少年を有罪にした裁判官ってすごいよな。

ここは、現在日本なのか。
中世の魔女裁判のレベルで、一庶民の生涯の大事である
離婚・相続・損害賠償を裁かれる日本国民は、
本当に不幸である、と思う。



827 :無責任な名無しさん:2006/11/20(月) 22:06:45 ID:0UAwJtwm
>>825
橋田弁護士ならもっとひどい?

>>826
法学部と法科大学院出て、司法試験に受かった優秀な弁護士の先生が
魔女裁判なんて・・・。2006年の今、人間が死んだのに
そんなのと一緒にされても。
まあ、ケアマネとかケースワーカーなんて魔女みたいなものなのは
わかるけどね。w

828 :無責任な名無しさん:2006/11/21(火) 02:28:28 ID:J42qdqwv
>>過去2%足らずの合格率が、法科大学院の場合、
48%になったそうだけど(ほとんど、司法試験に合格している)
それで、優秀といえるのかは、疑問。

といっても、旧司合格者もDQNである事には違いないが・・・。



829 :無責任な名無しさん:2006/11/21(火) 21:48:19 ID:y6gswIa6
それでは、神奈川にある某総合大学を出たDr.は・・・・・・・

830 :無責任な名無しさん:2006/11/24(金) 03:42:34 ID:B7QeTc2b
大きな電波通信塔のある大学の医学部・・・・・w

831 :無責任な名無しさん:2006/11/25(土) 11:07:03 ID:UYDKws7s
とりあえず終了

832 :無責任な名無しさん:2006/11/27(月) 00:33:27 ID:Yh9EBGOf
国公立病院は
一部の研究をおこなうところ以外は、
すべて 民営とすべきです。

理由はたくさんあります。

国公立病院には
莫大な公金が投入され
さらに 同じ医療行為をしても
医療事故や過失の場合、国公立に対して
巨額の損害賠償請求が認められ、
またそれを知って国民が
公立、大病院志向になり
壮大なモラルハザードを生じています。

選挙で問題にされる
一票の格差など、話にならない
驚くべき不平等です。


833 :無責任な名無しさん:2006/11/30(木) 00:58:46 ID:+awlc4H/
耳元で賠償金を囁く悪魔が、
医療訴訟を増殖させている。

悪い事に悪魔は、どちらについても、
儲かるようになっている。
その上、もともとが悪魔だから、自分達さえ金になれば、
日本も将来も、どうなってもいいと考えている。

弁護士という悪魔に、正義も人権も説いても無駄。


834 :無責任な名無しさん:2006/11/30(木) 01:05:50 ID:+awlc4H/
絶滅危惧種と言われながら休みも正当な報酬も無く、次々と力尽きていく
我が国の産科医師は虐待されているパンダそのものである。

本来パンダは大切に扱われ、
産まれてきたパンダの赤ちゃんは死なないように大事に大事にされる。

ところがこの国の医療界のパンダ(産科医師)は絶滅寸前であるにも関わらず、
押し寄せる観客に朝から晩まで芸を披露させられ、
それが終われば畑へ連れて行かれ、牛や馬でも できる仕事をさせられている。

あるパンダは嘆いた。
「どうして僕達だけこんなに芸や重労働をさせられるのだろう。餌だって生きていくのにやっとしかもらえない。
そうだ、パンダだからいけないんだ!白熊になれば楽になれる!」

早速そのパンダは折角の愛嬌のある白黒模様を捨て、
毛を全て白く染め、白熊の檻へと非難した。

「あー、白熊になって良かった。これでゆっくり休める。餌だってなぜか前よりちょっと増えたぞ。」




835 :無責任な名無しさん:2006/11/30(木) 01:08:24 ID:+awlc4H/
残ったパンダはさあ大変、少ない頭数で来る日も来る日も朝から晩まで芸と重労働。
また、その芸は完璧でなければならない。一生懸命難しい玉乗りをしていても、強風に煽ら れてこけたら大変。

「パンダのくせに芸を失敗した。」と観客から激しいブーイング。
ぶら下がっているミノムシからも
「そんな芸、ミノムシの俺でもできるぞ。何失敗してやがる。けしからん。罰を与えよ。」
と、ミノムシのクセに大声でやじる。観客が拍手する。「そうだ!ムチで打て!!」

玉からこけたパンダに手錠がかけられた。ムチが打たれる。
「お前が玉から落ちるから悪いのだー思い知れ!!」
ピシッ、ピシッ 容赦なくやせ衰えたパンダにムチが飛ぶ。

拷問の後で
「もう駄目だ、僕も白熊になろう。残された仲間達、ゴメン、もう限界だ。パンダを続けると死んでしまう。」



836 :無責任な名無しさん:2006/11/30(木) 01:09:18 ID:+awlc4H/
こうしてヨロヨロのパンダはまた一匹一匹と白熊になった。
子供ができにくいパンダはそんな環境では当然子供が増えない。どんどん数が減る。
全国の動物園からパンダがいなくなった。

観客は怒った
「どうしてパンダはいないの?最近のパンダは根性がない!芸が見れないなんて私達が困るじゃないの!そうだ、署名しましょう。」
観客はパンダを虐待するから減少していることに気づかない。

とある動物園が困り果てて、「十分に餌をあげるからパンダさん、来てチョウダイ。」
パンダがやってきた。命を削って芸と労働を行った。幸い失敗は無かった。

ところが観客から野次が飛ぶ
「何そんなに餌食ってんだよ。勿体無いじゃねえか!!」

疲れ果てたパンダはその動物園を去った。
今日もまた一匹、また一匹、パンダが動物園から逃げる。白熊になる。
でも不思議なことに、その原因が虐待であることをパンダやその周りの動物達いがいは誰も指摘しないし、 変えようともしないのである。


837 :無責任な名無しさん:2006/11/30(木) 18:51:42 ID:81/6dd/X
白熊に食われる前に病院にかからないで働き続けて、死ぬのが良いか。
検死の時だけよろしくお願いします。
とある病院で合併症になった患者は鬱を治療してくれた医師に感謝してますよ。
父親みたいな死に方しないで命尽きるまで必死に生きるよ。
白熊さん達お大事に。

838 :無責任な名無しさん:2006/12/01(金) 22:06:54 ID:7QV/3vdD
それからS医師と治療看護して下さった病棟の方々、ありがとうございました。
ドメスティックバイオレンスの原因も世の中にあるのか、自分にあるのか
恥ずかしながら言えませんが、世の中、時代は回ることばかりで繰り返す
ことばかりだけど、自分は自分。繰り返さないで頑張ります。
M先生、母親をよろしくお願いします。
もう、疲れた・・・・。

839 :無責任な名無しさん:2006/12/06(水) 00:15:59 ID:RDgQr0qP
              ☆ チン     マチクタビレタ〜
                         マチクタビレタ〜
        ☆ チン  〃 ∧_∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ヽ ___\(\・∀・) <  次の医療過誤相談まだ〜?
             \_/⊂ ⊂_ )   \_____________
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        | .温州みかん.  |/


840 :無責任な名無しさん:2006/12/10(日) 18:54:56 ID:7tMz/dGI
http://www.mainichi-msn.co.jp/science/medical/news/20061123ddm041100038000c.html

岡山の病院での出来事を、東京地裁に訴えています。
狙いは間違いなく「国破れて三部あり」の藤山雅行裁判官だと思いますが、
こういう訴訟って法的に認められてるんですか?

わざわざ遠隔地で裁判するなんて、地裁の意味が全くないと思うのですが・・・


841 :無責任な名無しさん:2006/12/10(日) 21:45:30 ID:YDhyT84v
この事例がどうだったかは知らんが、原被告代理人が共に東京の弁護士ってことは時々ある。

842 :吹田死民病院 悪徳医師 金光成 石山照二 医者として抹殺しろ!:2006/12/12(火) 07:56:07 ID:FuisZXhq
吹田死民病院整形外科の金光成と石山照二は、何件も医療事故(事件?)を起こしている
のに、事故隠しに長けていて、今でも医師の座に居座っている。
こいつ等は、機械いじりや、かえるを解剖する感覚で、医療に携わっている。
こいつ等が、処分歴のない奇麗な身でいるのは納得がいかない。
医道審議会の目をすり抜けて、学会で地位を得ているのは、不条理だ。
日本の医療現場はこんな医師を平気で蔓延らせているのか!
世も末だと思う。


843 :無責任な名無しさん:2006/12/12(火) 08:14:08 ID:kxUpuBmu
>>842
そう思うなら自分が行動起こせ。


844 :無責任な名無しさん:2006/12/14(木) 01:10:50 ID:QU3iuoCd
              ☆ チン     マチクタビレタ〜
                         マチクタビレタ〜
        ☆ チン  〃 ∧_∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ヽ ___\(\・∀・) <  次の医療過誤相談まだ〜?
             \_/⊂ ⊂_ )   \_____________
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        | .温州みかん.  |/


845 :無責任な名無しさん:2006/12/16(土) 19:37:48 ID:MIJQ76fe
ドクハラってどこまで法律的に対処できるんだろうか?
たとえば命に関わる話の中でほぼ誰が聞いても暴言だと思われる発言で
精神科に駆け込むようなことがあった場合可能なのだろうか?

846 :無責任な名無しさん:2006/12/17(日) 18:35:16 ID:NVQTrGD4
具体的病名を表示し治療をうたう気功治療は合法か?
ttp://www.kikou-kenkyujo.com/index.html

もちろん無資格
ttp://www.kikou-kenkyujo.com/hannou_1.html

遠隔治療、除霊もやってる。

聞いたことのない武道流派名も誇示している
(こちらも自称、本人が開祖)
ttp://www.daitouryu-aikidou.jp/

◎気功研究所
札幌市中央区北1条東4丁目大竹ビル2F
(札幌ファクトリー ユナイテッドシネマ札幌隣り)
TEL 011-251-1601 (お問い合わせ:年中無休9時~21時まで)

[種目]
●気功治療 *「一般向けと難病治療」
●気功教室 *本部は年中無休体制。

847 :無責任な名無しさん:2006/12/19(火) 00:52:19 ID:VC3xzCQw
そういうの気休めで西洋医学とは違うのじゃないの?社会保険も健康保険も使えないし。

848 :無責任な名無しさん:2006/12/22(金) 01:30:39 ID:mNLyvNss
>>842
しばしお待ち
来年祭になるので

849 :無責任な名無しさん:2006/12/23(土) 23:21:33 ID:7zhnHj4r
すいません。
やさしい法律相談板で法律相談をしてしまいました。

850 :無責任な名無しさん:2006/12/27(水) 23:53:15 ID:qWjTrJBc
asahi.com: 医療事故機関、全国8ブロックに 外科学会が来春から?-?健康
ttp://www.asahi.com/health/news/TKY200612190433.html

前から気になることだが、外科学会は、法曹における弁護士という立場を正しく認識
しているのだろうか?弁護士=法曹の代表と勘違いしているのではないだろうか?
もしそうだとしたら大間違いだ。

医師は、医師免許を持っていれば、ある程度の感覚は共有できる。
例えば、「国民一人一人に対して公平、公正に健康・安全・公衆衛生維持をもたらす
のが医師である」という点は、全ての医学領域で共通した概念だろう。

しかし、法曹では全く違う。

司法試験に受かったもの同士で何かを共有しているかといえばそうではないようだ。
法学者、弁護士、裁判官、検事では考え方が全く違うし、
医師から見れば驚くべきほどお互いの現場を知らないし、共有されている考え方も無いものだ。

そこにあるのは、単なる対立構図のみで、そうした対立の中で
法律を有利に使いたいという個人主義そのものが唯一共有された思想かもしれない。

法医学者は、立場上、色んな法曹関係者に会うが、
彼らのそうした共有する部分のなさには本当にあきれ返るほどだ。

だからこそ、弁護士だけに頼る外科学会の姿勢は奇異に感じる。

外科学会が異状死に関する声明を出したときもそうだった。
普段手術で多忙なせいだろうが、弁護士に判断を依存しすぎるあまり、
他の法曹や捜査関係者からみれば、変な方向へ流されているような気がしてならない。

今回の報道も、外科学会の気持ちは理解できるものの、果たしてうまくいくのかは疑問だ。
議論に、弁護士以外の法曹関係者や警察を入れずに
異状死や医師法21条の議論をしたところで、有益な議論などできるはずもない。

851 :無責任な名無しさん:2006/12/27(水) 23:53:50 ID:qWjTrJBc
>>850
むしろ、法曹関係者の間の対立の構図へと巻き込まれていくのではないだろうか。

新たな機関を作れば、警察や、検察を完全に排除できたように
一見思えるのかもしれないが、そうはいくまい。

外科学会が新たに作る機関も、厚生労働省の医療関連死モデル事業と
同じ点で頓挫すると予測する。

新しく作られる機関の人間も、実際に医療過誤が疑われる症例が来た時に、
警察に届け出ずにはいられないだろう。

まして、弁護士は、法を守ることはできるが、法を破ってまで行動はできない人種だ。
結局は、重大な医療事故では、警察に異状死届出をした上で、関与せざるを得ない。
それが法で決まってしまっている以上、どうしようもないことなのだ。

結局は、弁護士だけではなく、警察、検察、裁判所などとも協議した上で
新しい制度を作らなければ、何も良い方向へ向かわないと思われる。

地元の検視官に、「外科学会がこんな機関を作るって新聞に載ってました」と話したら
「それじゃあ、司法解剖が増えて我々が困る」とのことだった。

死因究明の現場からすれば、そんなものなのだ。
ただ、今回の動きも、外科学会が弁護士と協力して自助努力で動いてみて、
何らかの教訓を得るかもしれないといった意味では評価すべきだろう。

結果として、異状死や医療関連死の問題において、
悪いのは法医学会の異状死ガイドラインではないと
外科学会が気づくのなら、それは意義深いことだろうし。

Yahoo!ブログ - 法医学者の悩み事 外科学会の動き
ttp://blogs.yahoo.co.jp/momohan_1/25824641.html

852 :吹田死民病院 悪徳医師 金光成 石山照二 医者として抹殺しろ!:2007/01/04(木) 04:36:57 ID:JF+vQf3y
吹田死民病院整形外科の金光成と石山照二は、医療事故(事件?)を起こしても、
事故隠しに長けていて、今でも医師の座に居座っている。
こいつ等は、機械いじりや、かえるを解剖する感覚で医療に携わっている。
こいつ等が、処分歴のない奇麗な身でいるのは納得がいかない。
医道審議会の目をすり抜けて、学会(日本整形外科学会)で地位を得ているのは不条理だ。
日本の医療現場は、こんな医師を平気で蔓延らせているのか!
世も末だと思う。

853 :無責任な名無しさん:2007/01/04(木) 20:46:14 ID:Q+9YeUin
>>852
しばしお待ち

854 :無責任な名無しさん:2007/01/05(金) 22:42:13 ID:hxDZGshg
コンタクトレンズ(CL)を使用している愛知県内の男女4人が、CL販売店に併設する眼科診療所で検査を受けた際、割高な検査料を不正に請求されたのは、
詐欺罪に当たるとして、名古屋市西区にある眼科診療所の医師と、愛知県豊田市の眼科診療所を8日にも愛知県警に告訴することが分かった。
森本さんら4人の弁護士は「個々の金額は少ないが同様の事案は多いとみられ、被害額は膨らんでいる」として、刑事告訴に踏み切る。

この弁護士みたいに、不正請求してる医師の詐欺の告訴に協力してくれる首都圏の弁護士を教えてください。
医療問題に取り組んでる弁護士でも、断るふざけた弁護士が多いです。

855 :無責任な名無しさん:2007/01/14(日) 01:55:59 ID:+IaKiluo
              ☆ チン     マチクタビレタ〜
                         マチクタビレタ〜
        ☆ チン  〃 ∧_∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ヽ ___\(\・∀・) <  次の医療過誤相談まだ〜?
             \_/⊂ ⊂_ )   \_____________
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        | .温州みかん.  |/

856 :医療側ですが:2007/01/14(日) 23:18:22 ID:TUCiWHHf
テレビででてくる 医療訴訟おこす理由に
”真実をしりたい”ってよくあるね
医療側だって、死因とか合併症とか原因が特定できないのに
”全知全能の神”のごとく治療をしない医者は
ケシカランというのに聞こえる。

”謝罪してほしい”といったって 土下座してすむわけはなく
最後は ”誠意を見せろ”
となることが多い。

”誠意を見せろ”なんて
昔は暴力団の使う言葉だと思っていた。


857 :無責任な名無しさん:2007/01/20(土) 06:33:03 ID:CjyuSbaI
薬についてなんですが、私は統合失調症のための薬を貰ったのですが
服用すると寝ようとすると胃の上のあたりがシクシク痛みだし、とても眠れません。
医者の方に交換可能と聞くとダメだと言われました。
以前にも同じ症状でそちらで見てもらっていたので今回は薬だけにしたのですが
内容が同じため前回と同じ薬を貰いました。
この場合、再診断後に薬の交換が可能か、薬のみ貰う場合は医者の診察は不要なのか
を聞きたいのです。よろしくお願いします。

858 :無責任な名無しさん:2007/01/20(土) 11:25:11 ID:z6jnr3h8
薬をもらうには処方箋が必要。処方箋をもらうためには診察が必要。
よって、薬の種類を変える(前の薬は返せないだろうから交換とはならない)変えないにかかわらず診察が必要。

859 :無責任な名無しさん:2007/01/23(火) 05:43:08 ID:Ye3buxyn
携帯から失礼します。
約4年前に足の腫瘍を取る手術をしたのですが、退院後より足の一部に違和感を感じています。
その内治ると思っていたのですが未だ治らず、真剣に悩んでいます。
ただ、私の落ち度として抜糸後に病院に行かなかった、ということがあります。

私の落ち度もありますが、これは医者のミスになるのでしょうか?

860 :無責任な名無しさん:2007/01/23(火) 09:05:11 ID:him2iu/j
>>859 非常に萎える書き込み乙
「合併症」でググってみるよろし。
違和感程度を医療ミスというなら、予備校に通って第1志望に
落ちた受験生は全員予備校訴えれば勝てるなw

抜糸後に(病院に来るよう求められていたなら)病院に行かなかったあなたの一方的なミス。

あなたのような人が非常に増えているので、そのうち一般人は病院受診が
非常に制限されるようになります。デムパと思われるでしょうが割と現実味のある話です。

861 :名無しさん@おだいじに:2007/01/23(火) 22:43:58 ID:eKK7xXTt
女性の為のSelfDefence
WEN-DO(ウェン・ドウ)入門講座について

セクシャルハラスメント防止全国ネットワーク

WEN-DO(ウェン・ドウ)はカナダで生まれた`女性の為のセルフディフェンス(護身術)´です。暴力が迫った時に女性が自分自身を大切にし、身を守る為の様々な方法を心と体で気づくことのできるプログラムです。
ワークショックでは、暴力回避有効な自己表現やスキルを体験し、自分自身の持つ本来の力を実感していきます。
暴力から身を守る為には「私は大切な存在であり、私を信じていい」と言う感覚と具体策。WEN-DO(ウェン・ドウ)は女性から女性へと伝えられカナダから発信された女性の為のセルフディフェンスです。

862 :無責任な名無しさん:2007/02/02(金) 01:36:46 ID:WyR49eEN
>>852
ぜひ訴訟

863 :無責任な名無しさん:2007/02/02(金) 23:35:22 ID:PXQe6Gp/
65で子宮筋腫の手術を勧められて
「20分でおわります。旅行気分で入院してください」
と、そそのかされて手術をした女性が、術後すぐ、出血性ショックで死んだ。
これって明らかに医療ミスじゃないの?

864 :無責任な名無しさん:2007/02/03(土) 10:56:43 ID:b/5r2lBd
どのへんが明らかなのか、
医学的に説明してみ。

865 :無責任な名無しさん:2007/02/03(土) 11:09:19 ID:WmaM7JV4
術後に腹腔内出血があったのに適切な処置がされなかったから
死んだんじゃないの?
現場にいた人の話では、輸血もしてなかったらしいよ。

866 :無責任な名無しさん:2007/02/04(日) 00:27:55 ID:aRNsSjFa
>>865
不幸な「合併症」があったんだな。
その点、同情する。

867 :無責任な名無しさん:2007/02/04(日) 09:08:09 ID:wnbAbDGq
>856
暴力団だって、エライほうの人はいわないよ。
むしろチンピラの常套句。


868 :吹田死民病院の悪徳医師、金光成、石山照二を医者として抹殺しろ!:2007/02/04(日) 10:03:45 ID:wAY0jcdH
吹田死民病院整形外科の金光成と石山照二は、医療事故(事件?)を起こしても、
事故隠しに長けていて、今でも医師の座に居座っている。
こいつ等は、機械いじりやかえるを解剖する感覚で医療に携わっている。
こいつ等が、処分歴のない奇麗な身でいるのは納得がいかない。
医道審議会の目をすり抜けて、学会(日本整形外科学会)の専門医に納まっている
のは不条理だ。
日本の医療現場は、こんな医師を平気で蔓延らせているのか!
世も末だと思う。
http://www.mhp.suita.osaka.jp/dep/seikei/menu.html

869 :無責任な名無しさん:2007/02/06(火) 20:06:03 ID:8Bkq+UHX
あの〜〜、整形って骨大工。そんな深刻な医療事故ってないと
思うのですが・・・。たとえば、血管の位置って一定不変だと
思うでしょ。ところが、教科書どおりではなく、個人個人で違
っていて、その上、ひとりの人間でも変わる事もあったりして。
つまり、絶対という手術はない、訳で。そのあたりのリスクを
考えて手術にのぞむべきではないか、と。

でも、事実なら、さっさと裁判をして白黒つけた方が良いですよ。

ただ、医療過誤の訴訟って、死亡事故が多いじゃないですか。何
故とこの辺りを考えてみると、やはり、「悪徳弁護士」。大切な
死亡保険金を、弁護士にまきあげられた方が多くて、本当に気の
毒に思います。一生懸命やったのに、やむを得ないミスで敗訴し
たのなら、ともかく「無能・無責任・悪徳」弁護士の着手金詐欺に
等しい弁護過誤で時間と金を費やした上で敗訴では・・・。

でも、そんな方のために「下記スレ」がご用意されているので、
ゼヒガンがって下さい。


870 :無責任な名無しさん:2007/02/06(火) 20:18:33 ID:8Bkq+UHX
●悪徳弁護士
●こんな弁護士はイヤだ
●この弁護士の行動って許されるものなの?
●弁護過誤・弁護士被害と闘う人のスレ
●【無能】弁護士のくず【悪徳】

871 :無責任な名無しさん:2007/02/07(水) 00:58:18 ID:mH0DTY7b
>>869
それはひょっとしてギャグで言ってるのか?

872 :無責任な名無しさん:2007/02/07(水) 19:40:17 ID:F7I+x9aI
いえいえ、マジで。高度なイヤミのレトリックは、わかる人には
わかるのではないか・・・と。
でも、誤解をまねくようなので、以下に訂正。

X でも、事実なら、さっさと裁判をして白黒つけた方が良いですよ。

O でも、「さあて、医療過誤をおこして、患者に迷惑をかけてやるか!」
  と考えて手術にのぞむ石はいない訳で、みんな「少しでも治してあ
  げよう! 少しでも患者のQOLをあげてさしあげよう! よし、
  俺はやってやるぜ!!」と多少の功名心もあって、オペに取り組む
  訳で。しかしながら、患者様の特異な体質とかやむを得ない諸事情
  により、医療過誤が起こる可能性がある事も否定はできません。
  で、納得できないようなら、さっさと裁判をおこした方が良いですよ。
  ただ、医療過誤の原告勝訴率が3割(通常は7割)である事実が示す
  ように、医療に素人の患者様側のまったく客観性を欠いた思いこみ
  である場合が多いように思われます。
  その場合は、着手金目当ての弁護士の餌食になる事が多いので、くれ
  ぐれも、ご用心を。

  一例をあげると、主治医が「意見書」を作成した場合は、税込み5250円
  の事が多いのですが、弁護士に頼むと最低でも2・30万円かかります
  (酷すぎ!!!)
  


873 :無責任な名無しさん:2007/02/08(木) 00:13:52 ID:ZOOOzP17
いや、そうじゃなくて・・・まぁキチガイには何言っても無駄か・・・

874 :無責任な名無しさん:2007/02/08(木) 14:31:31 ID:fuOhOdty
はじめまして。
妻と両親とで自営をしている33歳です。

昨年 医療事故により片目を失明してしまいました。
病院側も手術が原因と認めており、
遺失利益の算出のため
平成17年度の所得を教えてほしいと言われました。
しかし給与は
両親との同居にあたっての改築費用、光熱費、
また仕事で使う自家用車のガソリン代などが引かれており、
給与は妻と合わせて25万円です。

私としては店の売上げに対する遺失利益の保障をしてほしいのですが、
こういった場合
どのような言い回しで交渉すればいいのでしょうか?

また仕事は ほとんどが父と私がしており、
母、妻の仕事の割合は かなり少ないので、
前年度の売上を4人で割った金額の保障でも
正直 割りに合いません。

失明が原因で私が事故などで死んだときに
遺された子供や家族にお金を残してあげたいので、
より良い交渉方法がありましたらよろしくお願いします。

875 :無責任な名無しさん:2007/02/08(木) 14:51:01 ID:mh9IPa7V
その手の相談なら、きちんと法律事務所に
相談して、依頼したほうがいいです。

自治体の無料法律相談から、弁護士を紹介してもらえますが
紹介された先では、相談料が必要になりますので、
事前に確認されると良いかと思われます。
話の進め方については、文書に残しておくと良いです。

その際、法律事務所に相談したこと。
相談内容は、病院側に伝えないでください。
弁護士や事務所の方針がありますので。

ここでは、相手方の病院が見ているかもしれませんので、
あまり詳細に書くことをお勧め致しません。


876 :無責任な名無しさん:2007/02/08(木) 23:15:02 ID:opZG0wna
>>874
> 妻と両親とで自営をしている33歳です。昨年 医療事故により片目を失明してしまいました。
> 病院側も手術が原因と認めており、

お前が恐喝屋の真似でもやらかしたら、その病院間違いなく前言撤回するぞw
後は泥沼の裁判にドゾw

> 遺失利益の算出のため平成17年度の所得を教えてほしいと言われました。
> しかし給与は両親との同居にあたっての改築費用、光熱費、
> また仕事で使う自家用車のガソリン代などが引かれており、
> 給与は妻と合わせて25万円です。私としては店の売上げに対する遺失利益の保障をしてほしいのですが、

潰れかけの店に遺失利益なぞあるかタワケ。土地やらハコやらモノやら全部汚れてんだろ?手形は無事か?ww
オノレの店の多額の借金返済目的に病院から法外な補償金取ろうなんぞ甘い甘いw

> こういった場合 どのような言い回しで交渉すればいいのでしょうか?

「いいから、俺の言う通りにカネ出せ、俺はお前の病院の被害者だぞ、誠意を見せろ」とストレートに言うべしw

> また仕事は ほとんどが父と私がしており、母、妻の仕事の割合は かなり少ないので、
> 前年度の売上を4人で割った金額の保障でも正直 割りに合いません。

「また仕事は 父と母、妻がしており、私は仕事をせずブラブラしていており、
家族からせめて病院から死んでもカネ引っ張って来いって言われたので」正直に書けw

> 失明が原因で私が事故などで死んだときに遺された子供や家族にお金を残してあげたいので、

メクラなカタワが死んでも残るのは借金だけってぇのがこの世の必定。あまり欲掻くともツンボにまでなるぞw
つーか、ここの1行からこの文全部が変なメクラになりすましたネタに見える。どっかの掲示板のコピペだろ?

> より良い交渉方法がありましたらよろしくお願いします。
ネタ乙

877 :無責任な名無しさん:2007/02/09(金) 00:13:28 ID:YjyMCqJe
>>874
その場合の所得は、絶対に、税務署に申告している所得と同額にしろ。

遺失利益の所得>税務署の申告所得 とすると、
税務署に対して虚偽の申告をしたことになる。
そうすると、翌年〜時効直前ころに、税務署の追徴課税が漏れなくプレゼントされます。

特にあんたは恨まれていそうだから、どこから税務署にちくりが入るかわからんよ。

878 :無責任な名無しさん:2007/02/09(金) 10:10:32 ID:y/mKRVFM
874です。
いろいろご指導いただきありがとうございました。

初めてのことで色々不安だったので助かりました。

879 :無責任な名無しさん:2007/02/13(火) 00:28:10 ID:tk/WlMCb
弁護士のような万能資格を増やすよりも部分的訴訟代理権の解放を広げてそのための特認試験拡充を行うべきだった
弁理士司法書士以外でも極限局的な訴訟代理特任資格試験を各種充実(不動産鑑定、土地家屋調査など以外にも医療、宅地建物取引きなどにも)していけばいいだけだったのに

弁護士のような下位包括万能資格の増員をやってしまい、モラルが一定以上下がればもう取り返しがつかない
しかも司法試験は判検弁共通の資格試験であり、弁護士の収入地位低下は日本司法の将来的腐敗に大いに寄与するだろう

人員が足りないなら弁護士数はそのままで各種特任資格を充実すればよいだけだったのだ
法曹増員は失敗だった・・・もう既にモラル低下の兆候が見え始めている

なんとかこの事態を回避する術はないのか、司法のモラル低下・暴走にだれがストップをかけられると言うのか・・・


880 :無責任な名無しさん:2007/02/13(火) 00:38:19 ID:tk/WlMCb
特任資格のような簡裁訴訟代理権みたいなのってあるじゃん
最近弁護士以外でも資格ごとに部分的訴訟代理権を解放されてきてる

医師歯科医師のような特定の職種にしか診断できない疾患に関する訴訟では、特任試験を設けて部分的に訴訟代理を任せるべきだよね
どうせ診断や処置の妥当性は医師歯科医師にしか分らないんだから


881 :無責任な名無しさん:2007/02/13(火) 01:46:55 ID:h6VA5R4V
損害論はどーすんの?

882 :無責任な名無しさん:2007/02/13(火) 08:26:10 ID:uvamSEGc
ニッセイ同和は 
投稿者:みと桜 投稿日:2007/01/11(Thu) 09:50 No.12749

ニッセイ同和は、私たちにしかけてきた債務不存在確認訴訟で
150万しか出さないとの判決を取りましたが、この判決を取
るために安部弁護士に計「250万円」を支払っておりました。

前に出てきた弁護士と入れると一体弁護士にどれくらい支払って
いたのでしょうか?

加害者のお父さんは「被害者に支払わないで、こんな大金を…。」
と言って驚いておりました。今まで気付かなかったようですが、
病院、調査会社等々にどれくらいのお金が流れているのか分か
りませんよね。

被害者に払いたくないので周りを固めるために周りにお金をバン
バン出費する…、何の仕事をしているのでしょうかこの人たちは。
そうか、被害者に支払う額が大きいとボーナスに響くのか!!

「無制限」とは、被害者追い込みの詐欺経費って事のようです。





883 :無責任な名無しさん:2007/02/13(火) 08:27:24 ID:uvamSEGc
Re: ニッセイ同和は
 総務担当 - 2007/01/11(Thu) 20:22 No.12779

この支払、正しくは「一枚はニッセイ同和が加害者側の
藤田さんに150万円支払った書類で、次がニッセイ同和
が藤田さんんの訴訟委任状を偽造して付けた、加害者の代理
人を勝手に、の阿部弁護士に対して、約125万円を支払した、
二枚の書類ですよ!」

つまり、ニッセイ同和が支払った相手と言うのは「加害側の藤
田さんに150万円!阿部弁護士には二人分の弁護料として
250万円弱!要するに”日本興亜除雪詐欺と同じく、加害
側と弁護士だけが金を貰って良い思いが出来るのが、詐欺自
動車保険である!の証明資料なんですよね!”」

この3枚の書類、エラク評判でした!「これ、詐欺では無いの
か!加害者と加害者の弁護士がこんな大金を被害者には一銭も
払わずに受領している何て!と、当り前の話をして、ですよ!」

良かったでしょ皆!「こいつ等の詐欺の実態が本当に良く分って
さ!これが詐欺でなければこの世に詐欺は無い!恐喝も医師法違
反も、健康保険詐欺も一杯つきますけどね!」

何のためにこいつ等に保険料を払っているのだ?ヤクザのみかじ
め両より遥かにたちが悪いぞ!加害者も被害者も、健康保険の金
も皆食いものにしているんだしね!




884 :無責任な名無しさん:2007/02/13(火) 12:21:08 ID:tk/WlMCb
>>881

特任試験を行うときに、医師歯科医師にも6法含め関連するすべての法律を必要に応じ薄く広く学んでもらう
司法修習制度に準ずる実務期間も設ける

訴訟代理出来るのは担当疾患とそれに付随する療養判断に関するものすればいい
とくに手術難易度とその予後評価について、現在なら説明義務違反にしか問えないようなケースで真価を発揮するだろう


ってかなりいいんじゃないかと思う


885 :無責任な名無しさん:2007/02/13(火) 20:11:58 ID:qx8KRgbZ
従業員の家族のことで相談なのですが
数年前、従業員の息子が自殺未遂を起こしその治療費が100万円ほどかかったそうです。
しかし、金も持たず国民健康保険もろくに払っていなかったことから
市との間で毎月5万円づつ割賦で支払うという約束を交わしました。
既に50万円ほどは払ったそうなのですが生活が苦しいことに変わりは無く
もう払えないと言ったところ、払わなければ保険証を停止すると言われたそうです。
子供も数人おり保険証が無ければたちまち困るということなのですが
このような場合、どの機関に相談すればよいのでしょうか?
また短期間でも保険証を得られる手立て等、解決策がありましたらアドバイスをお願いします。

886 :無責任な名無しさん:2007/02/13(火) 22:41:05 ID:ERmknytM
>>885
どのくらい払えないのだろうか。どのくらい生活苦しいの?
年収は?税金はどれだけ払っている?
従業員の家族は何している?何人家族で働いている人は何人?

タバコ吸うとか、酒飲むとか、働かずゲームやネット、2ちゃんをやっているなら
とりあえずそれらを売り払って働かせろ。
TVや電化製品ももれなく売り払って言ってるんだよな。
まさかケータイやエアコン、車とか持ってないよな。


887 :無責任な名無しさん:2007/02/14(水) 01:40:36 ID:siuzag3B
>>884
じゃ結局損害論については、そっち専門弁護士も一緒に加わる必要があるじゃない。
和解の話なんかは過失論と因果関係論と損害論併せて話しなきゃ進行しないし、
現実的には意味無い制度になるだろうな。


まあそもそも実現可能性がないから論じても意味無いけど・・・

888 :無責任な名無しさん:2007/02/14(水) 09:41:24 ID:RrLgQ6XG
ご指導宜しくお願いします。


昨年11月に動脈硬化治療で入院
プラチナコーティング治療中に他血管を損傷させ、くも膜下出血になり左半身麻痺、言語障害軽度あり
医療事故の認識はありましたが命を助けて欲しいばかりに事故には触れずに今まで来ましたがミスをしりながら入院治療を継続しているので今更責任追及は厳しいでしょうか?

なにぶん夫は大黒柱でしたから…。
今後の生活が大変です


889 :無責任な名無しさん:2007/02/14(水) 12:24:49 ID:F/dMhr7g
動脈硬化にプラチナコーティング?
多分勘違いして聞いているんだろうけど。あるいはそんな治療があるの?
治療の説明の時に「合併症」のリスクも聞いて、それでもやりますという同意書にサインしてるだろうから
損害とか責任とかは基本的に医療側にはないはず。はずなんだが…

んで、責任追求は可能。誰でも訴訟を起こす権利はあるからね。
ただ相手に無理やり(本来は筋違いだけど)責任を認めさせても
どうせ賠償金の類はほとんど弁護士に取られてくたびれもうけ。

それでもよければやってみたら?

890 :無責任な名無しさん:2007/02/14(水) 13:44:21 ID:Y6rHYSA/
>>887

医療職にも必要な試験(過失論と因果関係論と損害論その他併せて)を課せば「医療に特化した訴訟代理を特任医療職だけで行うことも可能」
もちろん金額に差をつけてもいいが、疾患別に代理権もたせるのが現実的

医療訴訟に司法試験のフルスキルが必要なわけじゃないからな
書士や弁理士は特任で独立して訴訟代理するだろ、それと同じ


891 :無責任な名無しさん:2007/02/14(水) 13:57:03 ID:gDNaVjZR
>>888
現在も入院されているのなら、ご主人が心配です。
転院先を、探す必要が出てくるかもしれませんが、
医療業界は、他の病院で医療事故やミスを抱えた患者を
敬遠する傾向があります。

当事者では、感情論になってしまったり、病院側が相手にしないこともあります。
あなたの代わりに、医療トラブルに慣れた弁護士に
病院側と話し合ってもらうのが良いかと思われます。

892 :無責任な名無しさん:2007/02/14(水) 15:06:27 ID:Y6rHYSA/
ステント治療のことだろ


893 :無責任な名無しさん:2007/02/14(水) 22:09:20 ID:CsESWji4
>>868
がんばれ

894 :無責任な名無しさん:2007/02/14(水) 22:57:59 ID:33GDEYeZ
>854

この弁護士を雇ってるのは
ライバルを店潰したい別の眼科チェーンなんですが。
証拠不十分で必死に電話相談室とかやったみたいね


895 :無責任な名無しさん:2007/02/14(水) 22:59:46 ID:33GDEYeZ
↑結局のところ、正義の弁護士面した「悪だくみ」
金持ち医者から、賠償金をふんだくっての着手金・成功報酬狙い。


896 :無責任な名無しさん:2007/02/14(水) 23:04:01 ID:33GDEYeZ
世間では、意外に弁護士を信頼している人もいるが、
実は、詐欺マガイの人間も決して少なくない。
多くは「カネ、カネ、貯金?」と、心底では叫んでいるようだ。

修習中に感じたことだが、裁判官は事件処理と人事が関心の的で、
ウソは言わない。
検事は、一応の法的正義を目指すが、組織には忠実で、
ウソは丸わかり。
弁護士は、ピンからキリまでだが、建前(正義)と本音
(カネと勲章)とを、器用に使い分ける人が少なくない。
要は、ウソつきの集まり。アメリカでは、最も軽蔑される
職業の一つだそうだ。

自負心はあくまで自分の主観。それを持たれる貴方を決して
軽んじる気はないが、やはり、客観的に見る目も時には・・・。

世間では、現在でも、三百代言という言葉が生きていますよ。
他方では、渉外弁護士とジャンルが、けっして軽蔑後ではなく、
ウラヤマシイーって使われているでしょう。

弁護士なんてのは、本来、生まれながらの金持ち(自分と子供!
の生活を心配する必要がない者)がやるべき職なのに、
日本では、底からはい上がってくる者でもなれるようになったので、
おかしくなった。

目的と手段とが、逆転しているのです。



897 :無責任な名無しさん:2007/02/14(水) 23:17:41 ID:ZGabTSOt
>>888

まず夫を在宅でひきとるのが先。
いまは国の政策も、在宅介護をうたって介護保険を実施している。
しかも夫だろ?見ず知らずの人でなくて。
なんでひきとらない?

しかも
>ミスをしりながら入院治療を継続している
ちがうだろ。
ミスをしりながら入院治療を継続「させている」んだよ。>>888おまえがだよ。

>>888は、そんなにその病院が嫌なら、
夫をとっととそんな「DQN病院」からはやく助け出せ!。

預けっぱなしでなにほざいてるんだ。
すげームカツク。夫をDQN病院に預ける虐待をするんじゃねーよ!>>888おまえがだよ!

898 :無責任な名無しさん:2007/02/14(水) 23:45:36 ID:gDNaVjZR
>>897
>預けっぱなしでなにほざいてるんだ。
>すげームカツク。夫をDQN病院に預ける虐待をするんじゃねーよ!>>888おまえがだよ!

そういう喧嘩越しの態度は、医療者の品格を下げるだけ。
普通は、この手の依頼は両者納得する結果にしている。
悪い弁護士も存在するけど、相談者は、こういうところに書き込まないで
弁護士に相談したほうがいいよ。
最近は、こういう言葉の汚い医療者が増えているし。


899 :888:2007/02/15(木) 00:32:36 ID:ErOcrAAz
>>889-891>>898
回答ありがとう御座いました。
承諾書を書いている事が全てを物語っていますよね。。
病院の選択を間違えた若しくは『運命』という事かも知れません。
裁判をする気持ちはないのですが何とか病院側から謝罪の形を願ってましたが現実はそう甘くないですよね。

なかなか現実を直視出来ず思わずココへ書き込んでしまいました。

お騒がせ致しスミマセンでした。



900 :無責任な名無しさん:2007/02/15(木) 10:47:34 ID:QqLDYgp7

元検弁護士のつぶやき 「弁護士のため息」関連エントリ
ttp://www.yabelab.net/blog/2007/01/27-204900.php

2007年01月27日
●「弁護士のため息」関連エントリ

弁護士のため息 協力医がいない。
ttp://t-m-lawyer.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/post_3792.html

弁護士のため息 患者側弁護士の仕事
ttp://t-m-lawyer.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/post_1e95.html


901 :無責任な名無しさん:2007/02/16(金) 15:50:58 ID:RjE91OQd
いまこそ特任医療職(医療訴訟代理医師歯科医師)を誕生させる時だ!!


902 :無責任な名無しさん:2007/02/18(日) 21:59:41 ID:Z0FSgSDk
医療過誤の裁判に関しては、裁判官を医師免許保持者に限定すべき。
医師法違反のDQN裁判官を駆逐しよう。
大体、医師が法律・司法版に関心を持つ事自体異常。
患者は、医師には臨床と研究を期待していると思う。


903 :無責任な名無しさん:2007/02/19(月) 01:11:54 ID:bDVG5sBk
弁護はすべて成功報酬にして、依頼者に損害出た場合は必ず弁護責任追求されるようにすれば安易に訴訟起こすこともなくなるよ

よし、そうしよう


(参考)
×××弁護士には防衛医療が妥当(法律板)×××

これから弁護士が余り、どんな些細な出来事も訴えるようになるだろう
弁護士家族が患者としてやってきたときは防衛医療が妥当であり、リスクのある処置を行う医療者は愚かである

即ち、
●主訴に対する処置のみ行う
●緊急時でも徹底的問診とリスク説明同意&了解された内容を逐一メモを取る
●わずかでもリスクのある症例は問診後紹介

これくらいはやらないと弁護士家族なんて怖くて診察できない・・・
http://school6.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1171723141/l50


904 :香具師:2007/02/19(月) 19:55:35 ID:+NL2rvSV
>>888
医療関係なんだが・・どんな承諾書にサインしたのです?
今から「よく理解していなかったのに、サインしないと治療しないし
・・となると動脈瘤が破裂して死ぬかも」と言われて動転してサイン
してしまいました。とか訴えてみてください。
どうなるのか興味ありです。
我は・・古いのかもしれませんが「病院の承諾書には、法的には意味が
ない」と認識しています。

905 :無責任な名無しさん:2007/02/19(月) 20:14:22 ID:gW3IeELd
>「病院の承諾書には、法的には意味がない」と認識しています

これが無茶苦茶な解釈だと思わないなら、逆に弁護士が敗訴後は弁護過誤で訴えなきゃな

本来は医療も弁護も成果を保証しない準委任契約のはずだが、正式に交わした文書まで無効を主張するなら(実際にそう言う判例もあるようだし)契約自由の原則をまったく無視したバカな判断だと言わざるを得ない

法曹は自らが拠り所とする自由契約社会を否定し、ご都合主義の判断をまかり通らせている

絶対許さん


906 :無責任な名無しさん:2007/02/19(月) 20:21:55 ID:gW3IeELd
貸し金訴訟でも、相続でも、クライアントが希望した成果を得られない場合は弁護士を訴えたほうがいい
事前に成果を保証しない旨の約束があったとしても、クライアントの心情でけしからんと思えば金をもぎ取れるという話になる

過去に似たケースで勝率5割を超えているなら絶対敗訴した弁護士を訴えたほうがいい
医療職は殆ど成功が難しいようなケースに緊急で対応させられても、後で責任取らされたりしてるからな


ぶっちゃけ、弁護士はいい加減な弁護でも責任取らなさ杉だろ?


907 :無責任な名無しさん:2007/02/19(月) 20:55:10 ID:gW3IeELd
>「病院の承諾書には、法的には意味がない」と認識しています

弁護士は自らの依って立つ、法治国家・契約自由の原則を捻じ曲げて喜んでいる大バカ者
準委任契約のなんたるかも分っていない無法者で裸の王様=弁護士

あいつらには然るべき報いを喰らわしてやらねばならん

弁護士が訴訟代理&敗訴した場合は、とりあえず説明義務違反で弁護士自身を訴えるべし


908 :無責任な名無しさん:2007/02/19(月) 21:04:26 ID:DSCs7we5
と思うけど、「情報の非対称性」「強者の一方的な契約」
という事で、同意書無効の判例が出てたという記憶が。。。

現実的には、同意書は「訴訟抑止力」程度の効力しか
ないよね。

909 :無責任な名無しさん:2007/02/19(月) 21:12:21 ID:gW3IeELd
>「情報の非対称性」「強者の一方的な契約」

これは弁護士の業務に正にあてはまる
これからどんな訴訟でも、敗訴の場合は担当弁護士を訴えよう


910 :無責任な名無しさん:2007/02/19(月) 21:15:36 ID:DSCs7we5
司法の弱みは、医師法・医療法・および関連法規に通じていない事。
医政局発令なんて、読んでいないと思う。
例のH病院の強制捜査の件では、地元の医師会が騒ぎ、
違法捜査ではと批判したら、不起訴処分になった。

3000人分もカルテを押収し、患者に多大な迷惑をかけた上で、
不起訴にするなら、最初から強制捜査なんてするな、と言いたい。


911 :無責任な名無しさん:2007/02/19(月) 21:16:44 ID:gW3IeELd
医師歯科医師には応召の義務があるから「治癒見込みの薄い治療を無理に引き受けさせられた」という説明が成り立つ

逆に、弁護士は待機事案がほとんどだからこの言い訳は通用しない

オレは絶対弁護士には頼まん、本人訴訟でいくし、弁護士に依頼して敗訴した知り合いには全員弁護士を訴えることをすすめるつもり


912 :無責任な名無しさん:2007/02/19(月) 21:24:57 ID:gW3IeELd
これからの最大の被告は、検事判事と違い公務員法でも国家賠償法でも保護されていない民間弁護士

ぜったい許さん


913 :無責任な名無しさん:2007/02/20(火) 12:53:54 ID:oC4Oh6bN
>>910
> 違法捜査ではと批判したら、不起訴処分になった。

あれは不起訴処分で終わらせていい案件ではないよな。
最低限行政不服審査(だっけか?)は出してもらわないと、
行政は紙切れ一枚で法律を曲げられることになってしまう。

914 :無責任な名無しさん:2007/02/20(火) 12:59:31 ID:S9dUZBJT
民事で弁護士が証拠保全にやってきた場合でも、すぐにカルテを見せてはいけない
証拠を提供するかどうかは任意であるし、そもそもやってきた弁護士が本物かどうか確認しなければいけない
受任通知を見せられたところで、受任通知のような日常的に見ないものを医者が本物と判断できるまでには相当の日数と手間がかかる
たとえ本人が同行している場合でも絶対にその場で診療の記録を渡すようなことをしてはいけない

国税でも警察でも礼状がない場合は任意協力なのだから、ましてや民事で勝手に押しかけてきた自称弁護士のペースに合わせてやる必要はまったく無い
電話番号でも聞いておいて以下のように伝える
「あなたが本物の弁護士か、受任証書が本物かじっくり検討してから2週間以内くらいには返事をする」
「受任証書も精巧なニセモノかもしれないしね」
「医者には守秘義務があるから徹底的な確認無しに迂闊に患者情報を渡すわけにはいかない」
「患者本人が同行しているから間違いないって? いやいや、患者さん自身があなたの口車に乗せられ騙されているのに気付いていないかもしれないし」
「そもそも守秘義務とは医療機関に課せられるものであって患者さんの義務ではないから」

こうして数週間かけてじっくり弁護士の本人確認と受任証書の信憑性を確認すればいい
こちらの言うことを聞かず受付に入り込んできたりすれば不法侵入で警察を呼ぶこと


915 :無責任な名無しさん:2007/02/20(火) 13:14:43 ID:S9dUZBJT
自称弁護士が受付で発言することはすべてメモに取り、できれば録音もすること
やり取りの中に恫喝的脅迫的なものが含まれていればあとで追求できるから
即ち
「いま言うとおりにしないとあとで大変なことになりますよ」
「事件になって営業できなくなってもいいんですか」
・・・等々はやり取りの前後関係から十分脅迫とされる可能性あり
自称弁護士が乗り込んできた段階から既に戦いは始まっている
自称弁護士を自分以外のスタッフと一切会話させてはならない、その上で相手の発言はすべて記録として残すこと


916 :無責任な名無しさん:2007/02/20(火) 13:32:26 ID:S9dUZBJT
民事は強制捜査ではなくあくまで任意協力なのだから、どの段階で相手を「本物の弁護士である」と認定するかの権限は医院側にある
医院側が怪しいと思えば、極端な話相手は自分が弁護士であることの証明を信用ある第三者(弁護士会など)からの内容証明などで別途証明しなければならないが、それとて完全ではない
(本人の持参する顔写真入り証明書偽造の可能性もある、つまり訪問途中でのすり替わりの可能性)

拘束力を持つのは裁判所からの命令だけ


917 :無責任な名無しさん:2007/02/20(火) 13:50:09 ID:S9dUZBJT
患者と自称弁護士が受付前に居座って帰らない場合、他の患者さんの受診を妨げたり信用を低下させれば威力業務妨害、警察を呼ぼう
自称弁護士にはこちらは逃げも隠れもしない旨を伝え、警察には民事で事件性がないことを伝えその場はおさめる

相手の受任証書、身分証明書、訴え内容など、相手方に関するものはすべて写しを取っておくこと
そして後日それらを吟味したのち、ゆっくりと返事すればいい

何度も言うがその日その場で何か言ったり渡したりしては絶対いけない
こちらは何も渡さず、逆に相手の持つ資料や証明書や発言などはできるだけ詳細に記録を取っておくこと


918 :無責任な名無しさん:2007/02/20(火) 23:11:11 ID:S9dUZBJT
342 :エージェント・774:2007/02/20(火) 20:26:33 ID:NybYXO5J
司法板(法律相談)に弁護士対処法書いたらカキコ規制されたが、なんで司法板(法律相談)って言論弾圧が酷いんですか?


919 :無責任な名無しさん:2007/02/21(水) 00:58:55 ID:KKinI/B1
このスレみてると弁護士コンプがどんなだけ哀れかよく分かる

920 :無責任な名無しさん:2007/02/21(水) 01:03:40 ID:1oFgZi3L
コンプって嫌われてるってこと? たしかにそうみたいだね

これから法曹余りになってくれば何でも訴訟に持ち込むトラブル屋としてますます厄介がられそう


921 :無責任な名無しさん:2007/02/22(木) 04:15:24 ID:ibhZ9qoI
てか昔から法律屋は好かれてない。
事の都度に敵を作ってるからなw

てか思うんだここ相談板なんだ関係のないレスが多いから削除依頼出す?
あんまり酷い荒らしは規制されるよ

922 :無責任な名無しさん:2007/02/22(木) 16:39:21 ID:4pk8wWcb
法律勉強板や資格板って弁護士や法曹に都合の悪いスレはすぐ削除されるよね
もうすぐリアル2CHである裁判員制度が始まるんだから気に入らないと排除ってんじゃなく、もっと慣れといて欲しいね
原告も意見述べるし、医者だって裁判員や鑑定人としてもっと出てくるだろう
匿名のカキコさえうまくなだめたり受け流せないならリアルではとても対処できないよ、みんな必死だろうし


923 :無責任な名無しさん:2007/02/22(木) 18:45:29 ID:ibhZ9qoI
>>922まず
このスレに関係ないんだから止めてくれないか?
何かに腹が立っているのは分かるが、少なくともルールぐらいは守ろうな。


924 :無責任な名無しさん:2007/02/22(木) 18:59:13 ID:4pk8wWcb
法律に関係あるスレでも法曹が気に入らないような内容だとスレごと削除される場合は?
そんなスレ結構あるよ、どうも放置ということも出来ないみたいで流れが気に食わないとすぐ削除、まあ無資格ベテの仕業かもしれんが
もっともディベート重視の職種のはずが言論封鎖のもっとも多い板になってるみたいなんだが
政府批判した放送局をすぐ放送免許取上げにするみたいな


925 :無責任な名無しさん:2007/02/22(木) 20:20:23 ID:UEL0e6mY
>>924
うざいんだけど。

926 :無責任な名無しさん:2007/02/22(木) 20:39:40 ID:4pk8wWcb
どうも削除してる張本人さん出現のようでw


927 :無責任な名無しさん:2007/02/22(木) 20:44:11 ID:cfiU1byn
●ローカルルール
    第一章 総則
 第一条 この板は法律に関する質問及びこれに対する回答を扱うところです。
 第ニ条 この板に初めて来た人は【ガイドライン】を熟読しましょう。
 第三条 司法試験の話題は【司法試験板】で、法律に関する学問の話題は【法学板】で、
    資格取得の話題は【資格全般板】でどうぞ。
 第四条 適切なスレが分からない場合は【案内板】 又は【自治スレ】を利用しましょう。
    第二章 質問者
 第五条 真剣な質問は弁護士等の専門家に相談しましょう。
 第六条 情報は有利不利を問わず、一通り揃えてから質問しましょう。
 第七条 スレを移動するときには移動元スレにも移動先スレにも移動したことを書いて下さい。
 第八条 回答が不要になったらその旨を該当スレで宣言して下さい。
 第九条 この板で得た回答を鵜呑みにしてはいけません。
 第十条 自分のためだけに単発の質問スレを立てることは禁止です。
 第十一条 同一の質問を複数のスレですること(マルチポスト)は禁止です。
    第三章 回答者
 第十ニ条 分からないときは回答しないで下さい。
 第十三条 回答するときは根拠のある条文を示すように努めましょう。
 第十四条 荒らし及び煽りは徹底的に無視又は放置して下さい。また回答者を装った荒らしに注意して下さい。
 第十五条 質問者が第六条から第十一条の規定に反する行為をしたときは回答しないで下さい。



928 :無責任な名無しさん:2007/02/22(木) 20:50:16 ID:4pk8wWcb
医療系トラブルの一方の当事者である医院側の視点で書くと無条件でアラシと言われることあるよねw
それじゃ相談じゃなく訴訟醸成が目的だと思われても仕方ないよ
弁護士は親切めかした言葉で患者焚きつけて金せびるマッチポンプ集団か

反論あればどうぞ


929 :無責任な名無しさん:2007/02/22(木) 20:55:40 ID:4pk8wWcb
まともな議論をしよう

1 医療トラブルを予防法務として解決するにはどういった体制を整えればいいと思いますか?

2 承諾書完全無視は異常事態だと思いませんか? また、どういった過程を踏めば有効な承諾書が浸透すると思いますか?


こういう議論こそ大事


930 :無責任な名無しさん:2007/02/22(木) 21:17:01 ID:4pk8wWcb
承諾書って緊急手術は関係ないんだよな、承諾書あるときはほぼ100%待機処置
つまり承諾書無視は、出資法&利息制限法問題やカード詐欺時の銀行責任問題のようにただの社会制度不備

承諾書無視を放置するってことは、クレサラ返還訴訟みたいに制度不備を利用して弁護士が稼ごうと思ってるということ・・・?


931 :無責任な名無しさん:2007/02/23(金) 23:39:25 ID:2hJ4251m
情報の非対称性とか 緊急避難的だとか 承諾書効力なくす論法でもうぐちゃぐちゃ
前近代的な医師法で(応召の義務)とかいって 一方的に
受診者に都合のいい契約が自然に成立するのもおかしい
配給制医療で量を無視して質を追求するなら
日本の医療精度は崩壊につづくのみ。


932 :無責任な名無しさん:2007/02/28(水) 22:21:26 ID:6Jx3doEt
              ☆ チン     マチクタビレタ〜
                         マチクタビレタ〜
        ☆ チン  〃 ∧_∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ヽ ___\(\・∀・) <  次のプラチナコーティングまだ〜?
             \_/⊂ ⊂_ )   \_____________
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        | .温州みかん.  |/

933 :無責任な名無しさん:2007/03/04(日) 20:24:12 ID:0FPv2n0U
NHKラジオ「ビジネス英会話」 2月25日放送テキストから〜
Title: Job Satisfaction

...There's a crisis arising in the medical profession. It's no longer true that parents who
are doctors lean on their kids to go to medical school. Around 70 percent of them now
tell their teenagers to choose some other profession.

Public prestige for doctors has dipped a bit over the past 30 years, so that professions
are now in the limelight. People shrug and say "so what?". What will they say, though,
when the number of doctors has declined by an estimated 100,000 in hospitals and
private practice? It's expected within the next 15 years.

I'm sorry to hear that.

Today it's not just a matter of job satisfaction and social standing. Some doctors admit
that that's not why they're discouraging their offspring from medical careers. The
deep-seated reason is the surging cost of lawsuits and malpractice insurance fees.

934 :無責任な名無しさん:2007/03/11(日) 00:59:08 ID:70YBWmfI
              ☆ チン     マチクタビレタ〜
                         マチクタビレタ〜
        ☆ チン  〃 ∧_∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ヽ ___\(\・∀・) <  次のプラチナコーティングまだ〜?
             \_/⊂ ⊂_ )   \_____________
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        | .温州みかん.  |/


935 :無責任な名無しさん:2007/03/23(金) 15:37:42 ID:P97S5TcI
ステロイドの副作用等説明なしに投与され一時中断、命令後、悪化後、またステロイド
挙げ句の果てにゾンビになりました 職も失いました           
薬害訴訟出来ますか

936 :無責任な名無しさん:2007/03/23(金) 16:02:13 ID:t8hNYlww
>>935
弁護士さんにご相談ください。

937 :無責任な名無しさん:2007/03/23(金) 23:18:25 ID:y8d7z9g2
最後まで諦めずに徹底的に戦ってくださいね

938 :無責任な名無しさん:2007/03/25(日) 01:23:34 ID:WSGrkokA
              ☆ チン     マチクタビレタ〜
                         マチクタビレタ〜
        ☆ チン  〃 ∧_∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ヽ ___\(\・∀・) <  次の無職ゾンビまだ〜?
             \_/⊂ ⊂_ )   \_____________
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        | .温州みかん.  |/

939 :無責任な名無しさん:2007/03/26(月) 01:40:47 ID:htg6lzDp
先日妻の母親が言動がおかしいので診てもらいました。
以前脳梗塞を患い、又、不整脈もありましたが、CTを撮り、所見が何も無いと言うことで、薬を渡され後日MRIを撮りましょうと2週間後の予約となりました。
その間は通常の生活で大丈夫と言われていました。
何故その場でMRIを撮らないのか疑問があったのですが、医者の言うこととなっていました。しかしその3日後急に倒れて今は意識不明です。症状は心房細動による脳梗塞という診断です。
初期段階においてCTで所見なし、で帰されるものなのでしょうか?
詳しく検査していれば、現状のようにはなっていないのでは?と親族一同思っています。
病院から損害賠償請求する方法を教えて下さい。

940 :無責任な名無しさん:2007/03/26(月) 06:43:59 ID:H5Ab2M08
なんでもかんでも損害賠償だな

941 :無責任な名無しさん:2007/03/26(月) 08:46:32 ID:AwWYN1jj
>>939
> 初期段階においてCTで所見なし、で帰されるものなのでしょうか?
> 詳しく検査していれば、現状のようにはなっていないのでは?と親族一同思っています。

CT以上にどんな詳しい検査をしていればAfでの脳梗塞を予見できたんでしょうかね?

> 病院から損害賠償請求する方法を教えて下さい。

弁護士さんに相談してみてはいかがでしょう?

942 :無責任な名無しさん:2007/03/27(火) 00:23:56 ID:9sEPfis0
待て待て。よく見ろ。
「病院から損害賠償請求する方法」なんだから、
病院が患者側に対して損害賠償請求するってことだろ。

943 :無責任な名無しさん:2007/03/27(火) 00:33:58 ID:iO89HLpC
患者が昏睡したから損害賠償か。
なんでもかんでも損害賠償だな

944 :無責任な名無しさん:2007/03/27(火) 02:34:13 ID:GYOS+PaV
>>931
>承諾書効力なくす論法

別に医療に限った話でもないけど

945 :無責任な名無しさん:2007/03/27(火) 02:36:19 ID:GYOS+PaV
>>929
>承諾書完全無視は異常事態だと思いませんか? 

藤山裁判長の判決でも承諾書の有効性が認められているケースがある
何をもって完全無視としているのか根拠を教えて

946 :無責任な名無しさん:2007/03/27(火) 11:27:06 ID:smNA+7Hx
美容整形で失敗され泣き寝入りしようかとも思いましたが、やっぱり悔しいです…


弁護士に相談したんですが、こういったケースは初めてだと言われ不安です。



弁護士に、
@他の医療機関での診察
A病院のパンフレット
B過去の訴訟例

の資料を用意するように言われました。

出来れば、裁判ではなく示談に持ち込みたいのですが良い方法はないでしょうか?


気が弱く、医者に誘導されるがまま手術してしまった馬鹿ですがマジレスお願いします。

947 :無責任な名無しさん:2007/03/27(火) 13:01:01 ID:+SpjLQ2O
>>945
> 藤山裁判長の判決でも承諾書の有効性が認められているケースがある

反例を一つ挙げても焼け石にぬるま湯。ぬるすぎる。

契約の概念をひっくりかえしておいて「こういう例外もある」と言われたからといって、
明日から安心して承諾書に乗っかれるようになるわけじゃない。

一例でも承諾書が無効とされれば契約者にとっては「完全無視」とほぼ同義。

948 :無責任な名無しさん:2007/03/27(火) 13:04:39 ID:+SpjLQ2O
>>946
> 美容整形で失敗され泣き寝入りしようかとも思いましたが、やっぱり悔しいです…

何を以って「失敗」と定義したかを、まず述べてください。
…それによってどういう風にバカにするか決めようと思ってしまったりw

ともかく、美容整形はまず「失敗」を他人に納得させるような客観的な論拠が必要だと思う。
日常生活に不便を感じるような機能不全とか、そういったレベルで。

949 :無責任な名無しさん:2007/03/27(火) 14:35:40 ID:se0zoqMN
なぜミスされてから時効があるのですか?しかも短気すぎです。カルテの問題なら常に捨てる前に欲しい患者に上げてください 欲しがったヒトのカルテはコピーしてから差しあげましょう

950 :無責任な名無しさん:2007/03/27(火) 15:10:19 ID:smNA+7Hx
>>948
バカにされちゃうんてすか?(汗


症状としては時々、鼻先が赤くなって痛みがあります。

他病院で診断書を貰わなきゃ難しいんですが、、

合併症等のリスク説明が無かった事が、担当医との話し合いで確認できました。


弁護士は、高額損害賠償とる気満々ですが、

私は元通りに戻して欲しいのと料金を返して欲しいだけです。


過去に事例は、探したけど少ないです…

951 :無責任な名無しさん:2007/03/27(火) 15:12:47 ID:smNA+7Hx
↑ちょっと文章おかしくなっちゃったんですが、お願いします。

952 :無責任な名無しさん:2007/03/27(火) 15:20:35 ID:C7ifZEEB
>>949
http://school6.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1174213261/636
http://school6.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1174213261/645
http://school6.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1174213261/662
http://school6.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1174213261/664
http://school6.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1174213261/667
http://school6.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1174213261/669


953 :無責任な名無しさん:2007/03/27(火) 16:07:54 ID:o4autiCW
>>947
逆に考えるんだ
つまり、契約ではなかったと

954 :956:2007/04/01(日) 00:46:42 ID:ekodwqwO
場違い、及び 全く医療に関する知識の無い質問なのですがどうかご容赦ください。

僕の父が骨の悪性腫瘍(がん)という事で手術により切断しました、
先々 死んで焼かれる時の為に 存在しているモノならば揃えて供養されたい為
切断された部位を返却 もしくはその事態が来たときにでも良いので、と
執刀した医師に申し出たのですが 「資料にするので返せない」と
頭ごなしに一蹴されたそうです。

自己の体の一部でも 手術をした病院・医師に所有権があるのでしょうか?

当人はあと十日程の入院予定です、何かご教授頂けるようでしたら
些細なことでも結構です、どうぞ宜しくお願いします。

955 :無責任な名無しさん:2007/04/01(日) 01:48:08 ID:PPuBZSw2
>>954
そういう事は術前に話し合いなされ。

956 :956:2007/04/01(日) 02:27:22 ID:ekodwqwO
>>955
勿論その通りなんですが、
当初(3ヶ月前)は大した事ではない とタカをくくっての長い検査の末
手術、切断と確定してからは幾日も無く当人にとって(家族も含め)まさかの事態でした。

切断後の部位については手術・執刀の前日に親父は思いついたそうです、
「切断された部分も成仏した後一緒に焼いて欲しい」と僕に告げました。

僕はただ、こちらの言い分も聞かず 説明も無い
偏屈な一方的な執刀医の決定や物言いに 親父への同情や
その高圧的な態度に腹を立てているだけなのかもしれませんが
できれば まっとうな方法で取り返したいだけなのです。


957 :無責任な名無しさん:2007/04/02(月) 12:58:38 ID:DN/u5Eq9
>>956
普通、返還されないのは理解出来るよね?
検体として切り刻んで検査される訳だし。
弁護士さんを入れてください。

468 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)