2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

出席停止処分賛成

1 :実習生さん:2006/11/30(木) 08:35:43 ID:QjqjBWXJ
いじめによる出席停止処分は効果的な処分であると思う。
その理由は3つある@いじめた側といじめられた側を隔離する
ことによりいじめ自体が解消される。A出席停止という厳しい
規則を設けることによる一種の脅し的効果が期待される。(例:
飲酒運転の罰金制度強化や危険運転致死傷罪の設置)Bいじめた側を
再教育機関に送致することによって個人的指導が可能になり、
学校側の風紀、教育体制の改善に繋がる。(再教育機関の設置により
公共教育の放棄には繋がらない。)

そもそも反対派(ワタミ社長など)は学校側の教育放棄に繋がると
熱心に訴えているがそれは完全に間違いである。賛成派(義家弘之氏
など)は再教育施設の設置を明言しており前述次項は一瞬にして否定
される。さらに前記した効果も得られる。導入しない理由が無いでは
ないか。アメリカの教育制度はここ十年で懲罰的制度導入により
急激的に発展・安定した。戦後復興によりアメリカの教育制度が
導入されている我が国日本の教育制度にも、もちろん効果は期待され
るはずである。反対派の意見が聞きたい・・・。

2 :実習生さん:2006/11/30(木) 08:55:39 ID:+fSRigaT ?2BP(0)
俺もマジで賛成。そのうえでなんらかの指導やフォローは必要。クラスの大半からいじめられているやつはクラス替えも検討汁!

3 :実習生さん:2006/11/30(木) 08:59:04 ID:+fSRigaT ?2BP(0)
ちょっと趣旨がずれた。済まそ。しかし私立では停学、退学処分までしっかりやってるのになんで公立だけあまちゃんやねん。おかしいわ。

4 :実習生さん:2006/11/30(木) 09:00:55 ID:QjqjBWXJ
うん。

5 :実習生さん:2006/11/30(木) 09:38:14 ID:dFduZn5Y
いじめる側(加害者)と、いじめられる側(被害者)を
誰が客観的に判定するんだ。
教員に判定権を委ねたら、自分の気に入らない生徒を、
陥れる危険がある。
「再教育機関に送致することによって個人的指導が可能」
教育勅語へ逆行だ。それよりたちが悪いのは、教員養成
が甘いから、教員の倫理観が欠如した現代では、学校が
奴隷村のなるぞ。(ただでさえ、初等中等教員はおやま
の大将なんだから)


6 :実習生さん:2006/11/30(木) 09:40:18 ID:BjMbYEko
>>5
タコ、現場にいたら簡単に判断できるわ。担任は絶対わかる。

7 :実習生さん:2006/11/30(木) 09:48:32 ID:dFduZn5Y
初等中等の学校や教員に、一定の権限を与えるなら、
その行使にあたっては、第三者機関による、十分かつ
客観的な審査が絶対条件だ。
ただでさえ、初等中等の学校は主観や意見力だけで物事が
決まっているので、容易に職権乱用が予測できる。

8 :実習生さん:2006/11/30(木) 09:52:06 ID:+fSRigaT ?2BP(0)
濫用したら懲戒処分にすりゃいいんだよ。そんな教員はイラネ。それに、採用する前に司法研修みたいな、教員研修をやらせて社会で実際に働かせたり、社会通念、一般常識、倫理を身に付けさせることを義務化しろよ。

9 :実習生さん:2006/11/30(木) 09:56:54 ID:QjqjBWXJ
>>5
スレ主で〜す。それでは反論しま〜す。
面白いことを言いますね(笑)。貴方はいわゆる厨房、いや中学生ですか?
まず、教育勅語は明治天皇下で出されたもので、昭和23年に失効が
決議されており現行法に一切の影響は及ぼしません。ですから議論に関係
ないのです。さらに教育勅語(朕惟フニ我カ皇祖皇宗國ヲ肇ムルコト宏遠
ニコヲツルコト深厚ナリ我カ臣民克ク忠ニ克ク孝ニ億兆心ヲ一ニシテ世世厥
ノ美ヲ濟セルハ此レ我カ國體ノ精華ニシテ教育ノ淵源亦實ニ此ニ存ス爾臣民
父母ニ孝ニ兄弟ニ友ニ夫婦相和シ朋友相信シ恭儉己レヲ持シ博愛衆ニ及ホシ
學ヲ修メ業ヲ習ヒ以テ智能ヲ啓發シコ器ヲ成就シ進テ公益ヲ廣メ世務ヲ開
キ常ニ國憲ヲ重シ國法ニ遵ヒ一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ以テ天壤無
窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ是ノ如キハ獨リ朕カ忠良ノ臣民タルノミナラス
又以テ爾祖先ノ遺風ヲ顯彰スルニ足ラン斯ノ道ハ實ニ我カ皇祖皇宗ノ遺訓
ニシテ子孫臣民ノ倶ニ遵守スヘキ所之ヲ古今ニ通シテ謬ラス之ヲ中外ニ施
シテ悖ラス朕爾臣民ト倶ニ拳々服膺シテ咸其コヲ一ニセンコトヲ庶幾フ)の
どこに逆行しているというのですか?
さて次に行きます。客観的判断ですがそれはいじめ調査委員会を第三者機関
として設け詳細ないじめ調査をさせ刑法に反するもの(暴行・傷害等)か否か
の判断により序列化し(勿論精神的攻撃が明らかに認められるものも含む)
その序列と現場の判断で決定します。第三者機関の設置によって主観性
が排除されます。また、教員養成が悪いというのも一理はありますが
それよりも、現場の教育環境及び教師の裁量権縮小が主要原因であると
思われます。おばかですね

10 :実習生さん:2006/11/30(木) 10:11:13 ID:dFduZn5Y
>>8
「司法研修みたいな、教員研修」は賛成だ。
おざなりな教育実習ではなく、採用試験の
一環として制度化すれば、不適格者を未然に
防げるなぁ。

>>9
ほんとに、教育勅語よんだ??
「義勇公ニ奉シ以テ天壤無 窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ是ノ
如キハ獨リ朕カ忠良ノ臣民タルノミナラス 」
これって、どういう意味かわかってんの??
君、教員じゃないよね・・・
教員だったら、職務中に2chやってて、しかも
暴論吐いていたら、ほんとに教員失格だよ。
もう少し、教養を身につけなさい。
生徒、学生だとしたら、着眼点はよかったが、
大人をからかうには、もう少し知識が必要だよ。

11 :実習生さん:2006/11/30(木) 10:17:11 ID:dFduZn5Y
追伸
>>9
>さて次に行きます。客観的判断ですがそれはいじめ調査委員会を第三者機関
>として設け詳細ないじめ調査をさせ刑法に反するもの(暴行・傷害等)か否か
>の判断により序列化し(勿論精神的攻撃が明らかに認められるものも含む)
>その序列と現場の判断で決定します。第三者機関の設置によって主観性
>が排除されます。また、教員養成が悪いというのも一理はありますが
>それよりも、現場の教育環境及び教師の裁量権縮小が主要原因であると
>思われます。おばかですね
「第三者機関」私の提案ですよ。「序列化」が不明瞭。
「現場の教育環境及び教師の裁量権縮小が主要原因」
戦後から現代まで、「教師の裁量権」は変わっていません。


12 :実習生さん:2006/11/30(木) 10:27:52 ID:QjqjBWXJ
>>10
教育勅語の該当部の訳は「非常事態の発生の場合においては、
真心をささげて、国の平和と、安全に奉仕せよ。そして、
これらのことは、善良たる国民としての当然のつとめであるばかりでなく」
です。なぜこれが私の発言にひいては学校の教育放棄の否定に
逆行するのですか?また、なぜこんな中途半端な箇所を
抜粋したのですか(笑)内容を理解されてないのでは(藁)?
>>11
おばかですね2。第三者期間の提案が共通したことに何の問題があるのですか(藁)?
序列化が不明瞭とはどのように不明瞭なのですか?ここで私が序列システムを作るの
ですか(藁)?序列システムの構築は諮問機関である教育再生会議及び司法関係者
によってなされれば良いものであり、今私が前文提起するものではありません。
さらに、法体系を伴えば序列化は明瞭なはずです。裁量権ですが私は「現場の」
と言っており「法においての」とは言っていません。昔に比べ体罰による教育的指導が
認められなくなったほか、授業に関係ないことを教えたものは処罰といった厳格な
規則性を纏った教師の構築が裁量権を事実上縮小させてきたことに異論は無いはずです。

13 :実習生さん:2006/11/30(木) 10:29:46 ID:QjqjBWXJ
期間⇒機関

14 :実習生さん:2006/11/30(木) 10:42:10 ID:dFduZn5Y
>>12
ググルのに手間取ったようだけど、的を得ていない
から教えてあげるね。
「皇国の繁栄に尽くし」の部分が、戦前の師範学校
で教員養成の根幹をなしていたの。それでね、師範
出の先生は毎日天皇を拝んで、国民は天皇のために
尽くすものだって、鞭をもって、児童生徒に叩き込
んだの。でもね、厳しい指導のもと、専門養成機関
を出た戦前の「先生」は、確りと威厳をそなえ、
突っ込みどころがない職務を遂行していたの。
だから、いまのおざなり教員に鞭を渡したらとんでも
ないでしょ。

15 :実習生さん:2006/11/30(木) 10:55:24 ID:QjqjBWXJ
「再教育機関に送致することによって個人的指導が可能」に対する逆行として
いたはずが何時の間にか教員問題に転換されているのですが(笑)
「再教育機関に送致することによって個人的指導が可能」と教員問題の
関係性は?さらに、《教育勅語は明治天皇下で出されたもので、
昭和23年に失効が 決議されており現行法に一切の影響は及ぼしません。
ですから議論に関係 ないのです。》に対する意見は?一兆歩譲って
教育勅語に逆行していたとする。それがどうしたの(笑)?

16 :実習生さん:2006/11/30(木) 12:04:03 ID:w3Mu759w
ここのスレ主は小学校でいじめをうけてますた

17 :実習生さん:2006/11/30(木) 12:10:57 ID:QjqjBWXJ
はずれ

18 :実習生さん:2006/11/30(木) 12:12:39 ID:T5iG4r4t
出席停止処分にするとしても、担任の一存では決められないような制度に
なるはずだから、ほとんど問題は発生しないよ。きっと。

19 :実習生さん:2006/11/30(木) 12:18:40 ID:Ok/5WsoR
いじめた生徒は出席停止に…教育再生会議が緊急提言へ
ttp://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20061125it06.htm?from=top

「出席停止」見送り 教育再生会議、いじめ問題緊急提言
ttp://www.asahi.com/edu/news/TKY200611290245.html

出席停止、「いじめ」で適用わずか…基準不明確の声も
ttp://www.yomiuri.co.jp/national/news/20061129i105.htm

20 :実習生さん:2006/11/30(木) 12:21:07 ID:QjqjBWXJ
教育勅語の馬鹿ゾウはどこ行った(笑)

21 :実習生さん:2006/11/30(木) 12:40:20 ID:YzT+jdvN
>>14
今どきまだこんな昭和30年代の軍国主義反対から
抜け出ていない人がいるんだなぁ。

22 :実習生さん:2006/11/30(木) 13:09:35 ID:A5F3tfxx
>>5
加害者被害者もそうだが、いじめの認定する線引きもはっきり決まらないと賛成できない

子どもが冤罪で出席停止になる事だけは許されないよな

23 :実習生さん:2006/11/30(木) 13:22:54 ID:P80y1idJ
ここで「人権、人権」ってうるさい勢力が出しゃばって来そうだが、いじめる
ような人間の人権なんて後回しにしろと面と向かって言える教師、政治家は
いないのか。

24 :実習生さん:2006/11/30(木) 13:41:40 ID:Ok/5WsoR
>>18
校長か市区町村教育委員会の判断でしょう

25 :実習生さん:2006/11/30(木) 13:44:25 ID:Ok/5WsoR
>>23
君は人権について知識が足りないようなので
憲法13条と公共の福祉について調べてください

26 :実習生さん:2006/11/30(木) 13:59:15 ID:Ok/5WsoR
>>21
天皇主義万歳の自称保守じゃないの

27 :実習生さん:2006/11/30(木) 16:31:34 ID:RFsqra9s
いじめてる側→A
いじめられる側→B
A「Bにいじめられた〜」
先生「何!? よし分かった、Bを出席停止にしてやるから心配すんな」
A「wwwww」
って利用されんのがオチじゃねえの?
ちょうど女共が電車内で
「この人セクハラー 慰謝料10万払ってよねーw」
ってやってるみたいにさ

28 :実習生さん:2006/11/30(木) 17:08:58 ID:V+mka7oc
むしろ「こいついじめっ子だよ」と校内で晒し者にした方がいいと思う。
出席停止なんてかくまってるのと同じ。

29 :実習生さん:2006/11/30(木) 18:58:12 ID:T5iG4r4t
最大の問題は親が理解を示すかどうかだろうな。

30 :実習生さん:2006/11/30(木) 22:15:26 ID:1Cbnjq8h
ドシロウト和民の糞社長は最低だな。再生委員クビだ。ついでに、さだまさし似の杉並区の民間上がり校長、ヤンキー先生、糞ばかり

31 :実習生さん:2006/11/30(木) 23:24:14 ID:MLK6Mzqe
>>27
あほ。裏は取るさ。

32 :実習生さん:2006/11/30(木) 23:30:52 ID:C3dKRZCt
>>27
そこらへんの担任では無理だろう。
校長が直接事実を確認して認められた場合。つまり相当な問題が起きている場合に限られるだろう。
1ヶ月以上毎日注意しても授業中静かにしないとか、暴力で入院(あるいは学校に来れないほどの)するような怪我をさせた上反省がないとか。

33 :実習生さん:2006/12/01(金) 11:03:41 ID:onuWwzRu
次の4月から娘が小学校1年生なので心配だなあ

34 :実習生さん:2006/12/01(金) 11:52:00 ID:mk3dB9nu
みのもんた「いじめは出世停止や厳罰化で根絶せよ」熱弁するも四面楚歌

具体的にどうしていいか分からないときに、厳しく、断固として、毅然として
、徹底的に、しっかり、さっきゅうに、とかいう副詞ばかり使う人。
「ぼくははっきり言うけど、厳しく、断固として、毅然として、徹底的に、しっかり、
さっきゅうに、きちっとした成果を出さなくちゃだめ!」
http://www.youtube.com/watch?v=mceYAiSnOlc

みのもんた「いじめるやつはつぶせばいい」
自殺連鎖の責任棚上げ
http://www.youtube.com/watch?v=Su5qPrB6_Ck

35 :実習生さん:2006/12/01(金) 12:00:05 ID:mk3dB9nu
いじめを厳罰化すれば、学校やPTAは子供を
かばっていっそういじめは隠蔽されると思う。
だって、いじめる側が多数派なんだから。

36 :実習生さん:2006/12/01(金) 17:21:37 ID:4wgpvu2E
>>27
スレ主です。誰も教師の一存で決定させるような機構を想像していない。
君だけだよ。第三者機関の設置は当然の義務だ。

37 :実習生さん:2006/12/01(金) 17:38:35 ID:dimW3Cc6
>>36
「スレ主です。」っていちいち言うくらいなら「1」もしくは「スレ主」って名前にしたら?

38 :実習生さん:2006/12/02(土) 11:42:08 ID:UiraelX1
スレヌシです。
それって重要(笑)?

39 :実習生さん:2006/12/14(木) 01:20:26 ID:fhuoOIfK
「先生の負担」で意識の差 保護者は肯定否定割れる

 「やりがいはあるが忙しく負担が重い」と多くの小中学校教員が考えているのに対し、保護者は「負担の重さ」に関する意見が
肯定と否定に分かれていることが11日、両者を対象にした文部科学省の意識調査の中間報告で明らかになった。

 調査は10月、全国354の公立小中学校で行い、校長を含めた教員約8000人と保護者約6700人が回答。質問に肯定的な
方から順に5−1点の5段階で回答してもらい平均点を算出した。

 教員では「やりがいを感じている」が4・23点、「誇りを持っている」が4・27点と仕事への充実感や満足感が高い一方で、「残
業が多い」が4・41点、「以前より忙しくなった気がする」が4・30点と負担の重さも浮かび上がった。

 これに対し、保護者では、教員の負担の重さに関する質問への回答が分かれ、「先生は忙しくなった」が3・05点、「仕事は難
しくなった」が3・21点と中間点に近い結果となった。

(共同)
(2006年12月11日 21時59分)
ttp://www.tokyo-np.co.jp/flash/2006121101000763.html


40 :実習生さん:2006/12/14(木) 01:21:19 ID:fhuoOIfK
中2女子が教諭の腕にかみつき逮捕

 岐阜県警多治見署は13日、瑞浪市立瑞浪中学校で、女性教諭の左腕にかみつき、けがをさせたとして、
傷害の現行犯で同中学2年の女子生徒(14)を逮捕した。女性教諭は5日間の軽傷。


 調べでは、生徒は授業中の午後2時半ごろ、廊下で消火器を噴射しようとして数人の教諭に取り押さえら
れ、注意されていた際、女性教諭(56)にかみつき、負傷させた疑い。

 生徒は午前中から授業を受けず、校内をぶらついていたという。

[2006年12月13日22時27分]

ttp://www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20061213-130021.html


41 :実習生さん:2006/12/14(木) 03:09:52 ID:gjkXC3ir
>>6
教師に分からないような巧妙なイジメもあるし、
現場にいても生徒に興味持たない教師もいるじゃないか。
片親の子とかに偏見持って冷たく接する教師もいるし、
仮に分かってたとしても教師が公正な判断をするとは限らないよ。
判断力のある公正な教師だけじゃない。

42 :実習生さん:2006/12/14(木) 03:12:46 ID:1UXOHlb1
>>41
>判断力のある公正な教師だけじゃない。
そこは専門家に任せて問題解決。

43 :実習生さん:2006/12/14(木) 03:15:24 ID:gjkXC3ir
>>31
裏を取るっても、目撃証言とか怪我だけで判断してしまう危険はないのか?
目撃証言は目撃者が嘘ついている可能性あるし、怪我は自分で作ったもんかも知れない。


44 :実習生さん:2006/12/14(木) 18:03:10 ID:cQ+Xtpn3
第三者機関ねぇ。
で、その専門家とやらは、全ての学校で全ての場所をカバー
できるるんだよね。いったい、その費用はどころから出るのだろう。
そして、その機関が間違えないという保証は誰がするのだろう。

昔、体育館の用具倉庫で一人の中学生が
巻いてあるマットに頭から飛び込むようにして、亡くなった。
集団によるいじめが疑われ、警察が本格的に捜査したが
結局、容疑のかかった生徒の立件はできず「無罪」
このスレに言う第三者機関は、警察以上の捜査能力が必要だ。


45 :実習生さん:2006/12/14(木) 21:31:46 ID:I4/Gkksp
意見が分かれたり、誰が責任を持って判断を下せるのか、
そもそもいじめなのかどうかと言ったような難しいケースは
ウチの学校ではあまり無い。

いや、あるのだろうが、そんなことよりも、たとえば
集団で毎日特定の生徒を殴るとか、団地に呼び出して
裸にして写メとってメールでばらまくとか、そんなことを
繰り返してる生徒のほうが圧倒的に多いので、
ぜひ隔離してほしいね。

これらのケース程度では、警察は立件できないって
みんな知ってる?

現状を考えると、教師と警察の中間に位置する程度の権力が
今は一番必要だと思う。警察は殺人や強盗でない限りは
あまり相手になってくれないんだよ。


46 :実習生さん:2006/12/14(木) 23:11:18 ID:jwuLJDV4
東京などの現状を見ていると
イジメ側とイジメられる側の境界線があいまいな例が多い気がする。
常に、誰かをターゲットにして、そのターゲットがしょっちゅう変わる。
しかも、イジメられていたはずの子が、自らそのグループに近づいたりする。

45氏があげた例だと「直接的な暴力」を振るってしまった時点で学校は介在できるし
警察だって、被害届が出されれば動けるが
その場合、一番肝心な「本人からの訴え」がないと、どうしようもない。
立件できないというのはその辺のことを指すのだと思う。

だから、報道されるような恐喝や脅迫、傷害に、強制猥褻といったようなことがあれば
警察が動けばいいし、それを公開しない学校は責められてしかるべきだと思うが
多くの場合は、その前段階で学校が把握するだろうし、そこで指導に移る。
そういった場合は「事実確認」が一番手こずる部分になる。

まして「イジメと決めつけられたら身の破滅」と思ったら
今まではそれなりに認めてきたようなケースでも、あくまでも否認するとなる方向に変わるだろう。
イジメ」は摘発できるが、その前段階である「いじり」で見つけた学校は
ますます、対応が困難になるだろうな。

47 :45:2006/12/14(木) 23:41:44 ID:I4/Gkksp
>>46

なるほどね。たしかに、強制力を用意することで逃げようとする知恵がよりいっそう
働くのかもしれない。結果的に今以上に解決が困難になったりも
するだろう。

しかし、今までの指導事例の中で、教師に権力があれば、力があればどれほど
楽か、と思わされたことがいくつもあった。今のところ教師には伝家の宝刀が
無い。「良い人」として話を聞き、教え諭すことしかできない。当然ながら
相手に聞く耳がなければそれらの行為は意味を成さない。
もしかして、十年後、二十年後かに本人が気づいて更正してくれることは
あるかもしれないが、それ以上に被害者感情が解消されることはない。
その部分をどうするかが今問われているのではなかろうか。

したがって、主体が加害者にある議論ではなく加害者救済
としての視点から教師が様々な方策や権限を有することが必要だと思う。

48 :実習生さん:2006/12/14(木) 23:51:07 ID:jwuLJDV4
>>47
>教師に権力があれば、力があればどれほど
>今のところ教師には伝家の宝刀が 無い

ああ、それ、間違いだと思いますよ。
権力というか「力」は、事実確認にこそ使われるべきですね。
事実確認ができた時点で、聞く耳を持たない生徒というのは
ほとんどいません。むしろ、中途半端に「大人社会の論理」を使うと
それさえ避ければOK という謝ったメッセージを送りかねません。
さらに言うと「君のしていることはイジメだよ」ということを諭すと
ほとんどの生徒は、きちんと理解できるということもわかっていただきたいですね。

49 :実習生さん:2006/12/14(木) 23:59:10 ID:xjdEup5c
悪いことをしでかすだけでなく
その上に嘘をつく輩のなんと多いことか

休み時間に作業をやらせることも批判されたら
どんなペナルティが残されているのか

50 :実習生さん:2006/12/15(金) 00:02:24 ID:7RHgyPyu
>>48
人を傷付けても授業の進行を妨げても
「きちんと理解しました」で終わり?
そういうのを野放しというんじゃないの


51 :実習生さん:2006/12/15(金) 00:13:02 ID:7RHgyPyu
「きちんと理解しました」なんて口だけならいくらでも言えるんだよ
きちんと理解したかどうかなんてどう判断するんだよ

状況証拠を集めることの難しさ、ギリギリでやっている上での調査にかかる
労力(人手)・時間・金(音声・VTR・指紋・DNA鑑定)のコストを考えろ
「きちんと理解しました」で済む問題ではないんだよ

52 :実習生さん:2006/12/15(金) 00:49:20 ID:EgkRVxCi
>>48
逆に被害者を恨むんで報復される危険もあるんじゃないのかな。
厳しい処分しないと付け上がる奴っているよ。

53 :実習生さん:2006/12/15(金) 01:45:53 ID:jli192BE
うちの私立高校は表向きにはいじめは無期停学とか言ってるが
先日いじめたやつが注意されただけですんでた。
許せねぇ。無期停学にするんじゃなかったのか!?ってか軽すぎるんじゃねぇのか?
後日いじめられてるほうにメールで聞いたら
「あいつらに脅されて、それで本当はやってないって言ったんだ」
と来た。
脅しの内容はこうだ。俺たちお前の住所知ってるぜ〜
お前の家に遊びに行っちゃおうかな?
とか威圧的に言ってきたという。どこから洩れたのか、そいつらマジで住所知ってやがった。
こんなやつは無期停学じゃあ生ぬるい。即退学で豚箱行きだ!!
豚箱にぶち込まなきゃ被害者が復讐される。
少なくとも被害者が卒業するまで入れておく必要がある。

54 :実習生さん:2006/12/15(金) 01:50:45 ID:7RHgyPyu
子ども性善説はやめよう

誤ったり反省したりしたら終わりでは、お咎め無しも同じ
抜け穴を作ればすいすい抜け穴を通るのが子ども
子ども性善説では嘘デタラメの限りを尽くして飽きたらへらへら笑いながら口先だけで謝る最悪なクソガキができあがるだけだ

55 :実習生さん:2006/12/15(金) 09:20:49 ID:3WLtFvZu
厳しい処分?
それをすれば必ず反省すると言うものでもない。
端から見ている分には、悪人をバッタバッタ切り捨てた方が
カタルシスを得られるだろうが、現実は違う。
いろいろと配慮して(その中には被害者の今後も含まれる)
地味で地道で、そしてなるべく副作用がでないように
慎重な対応が大事なんだよ。 特に義務教育段階は、その子達の「今」だけではなく
地域の中での関係までもが育てられるような配慮が必要だ。
そのために「厳しい処分」は邪魔以外の何者でもない。
犯罪は警察で処分。学校は指導。
それが原則だろう。

56 :実習生さん:2006/12/15(金) 09:33:40 ID:3WLtFvZu
罰を加えるべきだ。
ということを言う人間は、概して
自分の気が済まないというレベルで話が終わってしまう。
そのあたりに、幼さというものを感じてしまう。

57 :実習生さん:2006/12/15(金) 13:11:36 ID:cua6n0Ln
>厳しい処分?
>それをすれば必ず反省すると言うものでもない。
>端から見ている分には、悪人をバッタバッタ切り捨てた方が

>罰を加えるべきだ。

君こそよく考えなさい
厳しい処分・罰を加えるべきだなどと言っているのではないよ

それをすれば必ず反省すると言うものでもない?当たり前だ
ただペナルティの手段も持たないようでは、楽な方に流れる子どもは(暴れることでそれを見抜き)
反省以前に迷惑をかけたことにも気付かず歯止めがかからなくなるのだ

厳しい処分も何も、現状何の処分も与えられていないのだよ
なにがある

58 :実習生さん:2006/12/15(金) 13:30:10 ID:cua6n0Ln
>>55に具体例で答えてもらおう

>犯罪は警察で処分。学校は指導。

犯罪は警察は当然だが

1.宿題を忘れる
2.筆箱や上履きを隠す
3.いやがらせの手紙
4.教科書などへのいやがらせの落書き
5.冗談との区別がつきづらい犯罪予告
6.児童生徒間での傷害に至らない暴力・悪口
プラス責任回避のための嘘(多くの場合これがある)

これらのケースでどういった指導をする?

これら犯罪に至らないものは悪質で迷惑で調査・指導に手間がかかって信頼関係をぶち壊すものであっても
口先だけの「すいません」で済ましていいことなのか?
警察に突き出すレベルの犯罪ではないが反省した(フリをした)だけで済まないものもあるのだよ
むしろこういったものが大半だ

59 :実習生さん:2006/12/15(金) 13:41:35 ID:130PmEqi
出席停止の基準が難しいね。
ちょっとのからかいで自殺する馬鹿もたくさんいるから、被害者側が自殺したからとか不登校になったから出席停止、って基準じゃダメだろ。
どれだけのレベルのいじめをしたかって細分化して基準を決めるのも、こんないじめ多様化してる時に難しい話だ。
結局は自由な言動を規制するだけなんだろうな。

60 :実習生さん:2006/12/15(金) 13:50:03 ID:3WLtFvZu
処分がないのは、当たり前。
現場は懸命に「指導」して、しかも、相当程度、成功してるのだからね。
しかし、このスレは「厳しい」処分が必要か、ということを話題にする以上
処分賛成派は、特に断らない限り、そう思われて当然だろう。
なお、楽な方に流れて、ということをよく言う人がいるが
大抵の学校では、そうならないように努力してるのだから
そういうことを仮定してもムダというか、必要ないだろう。

61 :一般人:2006/12/15(金) 13:51:10 ID:zH08I+tE
本当にイジメを減らしたいなら、イジメる方だけでなく、イジメられる方にも教育は必要だと思う。
イジメる人をイジメないようにするのと、イジメられる人をイジメられないようにする両方が必要だと思う。

あとイジメは中学、高校だけじゃないと思うし、小学生に出席停止はやりすぎな気がする。


62 :実習生さん:2006/12/15(金) 14:07:54 ID:3WLtFvZu
やり方はケース・バイ・ケースだな。
子どもの置かれている状態、子ども同士の関係、そこにいたる経緯。
ルーティンで処理できるものなんてひとつとしてない。
個別の話を一般論で語れば、みんなウソになるな。
それから、このテの話題によく出て、君も使っていて気になるのが
「口先だけでごめんと言えば、…」
という言い回し。
指導というものは、決してそういうものではない。
当然、態度(行動)の変容を求めるし、警察とは違うから
何度でもアプローチができる。


63 :実習生さん:2006/12/15(金) 17:01:16 ID:cua6n0Ln
空想の話でまったく現実がない
子どもが荒れているのがわからないのか

お前が口にしていることを、一度でもやってみな できるものなら
何度でもできる?時間にも労力にも限界はあるんだよ
一人の子どもに割ける時間や労力など、限界はすぐそこにある

手っ取り早くペナルティで済ませろと言っているのではない
俺は体罰など誰よりも反対だ ”だからこそ”代替手段を考えろと言っているのだ
代替手段も用意しないなどと言う馬鹿は、せっぱ詰まった上での「体罰」を容認しているも同然

64 :実習生さん:2006/12/15(金) 17:08:02 ID:BBLD2qft
>>63
>一人の子どもに割ける時間や労力など、限界はすぐそこにある
通常はね、どんな仕事でも重点ポイントが有るんですよ。
どんな仕事でも、問題が有る事に関しては、力を注ぎます。
いじめられてる生徒を保護する事も、出来ない?
1人か2人だろ?
そんなに教師って無能なのか?

65 :実習生さん:2006/12/15(金) 17:26:34 ID:cua6n0Ln
体罰が禁止され、身体的拘束も体罰とされ、時間を奪うことも批判をされるようになった
要するにこうなるとペナルティの手段どころか君の言う指導の手段も限られるのだ
君が言う指導も、無意識に身体的拘束や時間を奪うことが前提としているのだよ

周りに迷惑をかけ、声をかけても無視し、近づくと逃げ、責任逃れの限りを尽くす
この子どもに身体的拘束も時間を奪うこともなくしてどう指導する?
まあ、やってみなさい
君は相手を舐めている

66 :実習生さん:2006/12/15(金) 19:26:05 ID:SjA+c3BW
厳しく処分すべき
良いこと、良くないことの区別を子供に教えてあげなければならない。
それが大人たちの義務ではなかろうか。
大人は子供を守り、育まねばならない。
妥協してはいけない。
投げ出してはならない。

67 :実習生さん:2006/12/15(金) 20:15:26 ID:130PmEqi
>>66
そんな単純に行くかねぇ。
だいたい、からかいまでもがいじめになってたら、友達と会話も出来ねぇよ。
いじめの成立はいじめを受ける側がいじめだと、苦痛だと判断した時点なんだが、
今はその苦痛に思うレベルが低くなりすぎてる、つまり、心の許容範囲が狭い未熟な子供が多すぎる。
友達同士での喧嘩でも、大したことを言っていたわけではないのに、被害者意識が強くて泣き喚く子もいる。
そんなときは、喧嘩相手にももちろん注意するし、傷付きやすい子なんだから配慮してと付け加える。
で、被害者側となっている子にも注意する。
そんな事で泣くな、喚くな、強くなれってね。

『いじめ』の判断を誰がどのようにするかが一番難しいと思うけど?
被害者側の意見ばかり聞いてても、真実は見えてこないからね。


68 :実習生さん:2006/12/15(金) 21:19:41 ID:3WLtFvZu
どうやら現場を知らないようだ。
ペナルティを与える方が省力化されると思っているらしい。
実際には「厳罰主義」は手間も負担も余計にかかる。
なし崩し的にやるのが一番手間もかからないのを知らないようだ。
それから、厳罰を与えるべきと思う人は、それでどうにかなると思っているらしいけど
実際に罰を与えるのには、指導と平行に進めざるを得ないのも想像できないのだろう。
学校でできる範囲の「厳罰」など、せいぜい何日か一緒に教室に入れないだけ。
事実確認に始まる膨大なやりとりと作業をしまたあげく
学校の会議室にでも3日程通わせる?
それでなんとかなる?
それでなんとかなる子なら、そんなことをしなくても、どうにでもなる。
いや、むしろ、恨みと負い目を双方に残して、マイナスにしかならない。


69 :実習生さん:2006/12/15(金) 21:24:44 ID:kj6fv7qW
停止もいいけど、そんなことしたら
いじめっ子のバカ親が学校に乗り込んで来るぞ。

70 :実習生さん:2006/12/15(金) 21:25:54 ID:SjA+c3BW
>>67
あなたの見解はもっともだ。これは一種セクシャルハラスメントの定義に似ている気がする。
だとするとやはり、いじめの定義も自己申告型であり、曖昧にならざるを得ない。
これをカバーするのは国単位の経験値、統計だろう。が、現状はいじめの報告件数は実際の発生件数より確実に少ない。
政府にはもっと踏み込んだ調査が求められる。手をこまねいている暇はない。

71 :実習生さん:2006/12/15(金) 21:42:18 ID:SjA+c3BW
>>68
>実際には「厳罰主義」は手間も負担も余計にかかる

理想論だと思われるかもしれないが、教育現場がそんな利己的でよいのだろうか。
いじめをした本人がそれで納得するかしないかはともかく、大人が「いけないこと」を示してやることが大切だと言っているのだ。
なし崩しなどもっての外。子供を余計に当惑させてしまい、善し悪しを知らぬまま大人になれば、さらに次の世代に連鎖してしまうだろう。

72 :実習生さん:2006/12/15(金) 22:58:33 ID:130PmEqi
>>71
人間関係の善し悪しって難しくないか?
うまく説明出来ないが、例えばA子って子がいたとして、他の子からあまり喋ってもらえないからといって
A子が『仲間外れだ・無視された』とは単純にはならないだろ。
他の子だって仲の良い子とたくさん話すのが当たり前だし、A子と話が合わないなら、あまり話さなくて当然だろ。
話し掛けてるのに何も返さないようなのははっきりとした無視だし悪い事だが、
話の合わない人との会話が自然と少なくなる事は悪いことか?
A子が人とのかかわりを築きにくい子で、なかなか話も出来なく引っ込み思案な子なら、
まわりに溶け込めるように、もっとA子も頑張って努力するべきだよね。
でも今の世論ってそうじゃない気がする。
それも個性なんだから、そういう子とも皆平等に会話しなさい、って感じに思える。
人間関係って得手不得手があるけど、ある程度は基本的に皆努力しなきゃならない部分ってあると思うんだよね。
自転車に乗るのに一日の練習で乗れるようになる子もいれば、一ヵ月以上かかる子もいるよね。
今の世の中、自転車に乗れない子に対して『補助輪を付けてあげるね、外さなくて良いよ』ってのが多い気がする。

73 :実習生さん:2006/12/15(金) 23:12:41 ID:SjA+c3BW
>>72
申し訳ないが、主旨が掴めない。今までの話の流れとどう絡んでいるのだろうか。
子供の個性のとらえ方の話と取れるのだが…説明頂きたい。

74 :実習生さん:2006/12/15(金) 23:37:57 ID:sDQ8Llu9
>>72

その程度の出来事では厳罰化云々とは関係ない。
単に人間関係について指導すべき事項なだけ。

現場での悲惨な実態は、たとえば誰が見ても犯罪だと思われるが実際には
犯罪として立件できないような行為。
そして厳罰化と加害者の更正は関係ない。秩序を乱す者に対しては
「一定の制裁を加える仕組みがある」という、いわば社会のルールからの
メッセージだと思うべき。強いて言えば被害者に対する心理的な
フォローと目先の安全確保。「厳罰」がそんなに効果があるとは思えない。
しかしわかりやすい反応が必要。今の子どもはどんどん「わかりやすいもの」に
しか反応しなくなってきつつあるので、むしろちょうどいいんじゃないか?

現場では教師などの他人がいちいち更正の結果までを考えているほど
楽観できない状態にあると思う。

75 :実習生さん:2006/12/15(金) 23:56:56 ID:qDyquAgn
>>69
根本が違う。
保護者に理解を求め、本人に事実確認を突きつけ
「処分に対する保護者の理解を求める」という作業抜きにして
処分には入れない。

>>70
いくら統計を取っても、いくら報告書を集めても
統一基準などつくれないよ。
ケース・バイ・ケースで対処するのが現実的な判断となる。


76 :実習生さん:2006/12/15(金) 23:59:59 ID:qDyquAgn
>>71
>理想論だと思われるかもしれないが、教育現場がそんな利己的でよいのだろうか。

別に「手間がかかるから厳罰はダメ」と言っているわけではない。
「指導は手間がかかる」という誤解に対して書いているのを理解すること。
あえて言うなら「厳罰主義は手間がかかる上に効果がないからダメ」ということだ。

>善し悪しを知らぬまま大人になれば
それを教えるために「指導」が必要なわけだ。
罰を加えればわかるわけでは決してない。


77 :実習生さん:2006/12/16(土) 00:04:35 ID:8g+L0FKa
>>74
>現場では教師などの他人がいちいち更正の結果までを考えているほど
生徒の更生を一番に考えるのが教師の仕事ですが?
それを考えずに何を考えるのですか?
イジメをした側が「更生」しなければ、いじめられた側は
卒業しさえすれば、いつまでもおびえていなければならない。
一過性の罰を与えるだけなら、更生など、遠い彼方の理想に過ぎなくなる。

なお「悲惨な実態」は確かにあるが
誰が見ても犯罪だと思える行為は、犯罪なんだよ。
少なくとも警視庁なら、立件するだろうな。
悪ふざけとイジメの境界線を厳しく引いて
その時点で指導していく学校であれば「悲惨な実態」というのは起きないものだ。

78 :一般人:2006/12/16(土) 00:10:54 ID:7oiG+jSQ
イジメの良し悪しぐらいほとんどの人はわかるだろう。
イジメる方の厳罰も必要かも知れないが、イジメられる方の要因や原因も調べて改善する必要があるだろう。
イジメる人を世間からなくしても、イジメられる方の悪い要因や原因をなくさないと、駄目だろう。


79 :実習生さん:2006/12/16(土) 00:14:11 ID:8g+L0FKa
>>78
現代の学校に起きている「イジメ」の
誰が正しくて、何が正しいのか
それを「正確に判断」できる人間は少ないと思う。
少なくとも君は

>イジメられる方の要因や原因も調べて改善する必要があるだろう。

などと書いている以上、判断できない人間だと言うことだけははっきりしている。

いいかい、基本の立場として
どんな人間で、どんな行動を取る人間に対してであっても
「集団で一人(少数)をいじめる行為」を指導していく
というのが、大事なんだよ。

80 :実習生さん:2006/12/16(土) 00:21:29 ID:OJDt3CNO
>>76
「罰」と言わずに、「身体的拘束や自由時間剥奪」としましょうや

あなたの言う「指導」も、「目の前に一定時間いる」「話を聞く」ことが前提になっているだろう
「目の前に一定時間いる」「話を聞く」ことを拒否する子どもには仕様がないんじゃないかい?

81 :実習生さん:2006/12/16(土) 00:33:06 ID:8g+L0FKa
>>80
>身体的拘束や自由時間の剥奪
は、暴力的な手段でなく、一定の手続きを経るという前提において
こと「授業」にかからなければ
一定限度の範囲内で「指導」として認められている。

そして、そういう指導に従わない子どもはほとんどいないのが実情だし
従わない子どもは、それ以前に、不適切な指導の積み重ねがそうさせたというわけだ。


82 :実習生さん:2006/12/16(土) 00:34:25 ID:rzc1s4J/
>>77

理想的な回答だね。

「誰が見ても犯罪」ならば必ず「立件される」と信じているのかい?

明確な証拠がなく、しかし誰が見てもあいつ(ら)の仕業だろうって
思うような事件に出会ったことない?それに、更正なんてレベルを
はるかに超えるような人間がザラにいることを知ってる?

被害者はいったい何をもって救済されるのか?少なくても
加害者の更正なんて甘っちょろい幻想ではどうにもならんよ。

せめてこれくらいは読んでおいてね。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4062130556


83 :実習生さん:2006/12/16(土) 00:39:51 ID:8g+L0FKa
>>82
逆に聞くが
>明確な証拠がなく、しかし誰が見てもあいつ(ら)の仕業だろうって
>思うような事件

に対して「厳罰」をもって、対処できると思うのか?
現実にはできないだろう。
そういうときに「厳罰主義」は何も手出しをできないが
グチャグチャとうやむやのうちに指導していけば
なにかしらの前進がある。
更生なんてレベルをはるかに超える事態なんてそうそう起きるものでもないし
起こさないようにするのが教師の務めでもある。
起きてしまったとすれば、その事態を収拾する能力なんて元からない。

どっちにしろ「厳罰」は、あってもムダ という結果になる。


84 :実習生さん:2006/12/16(土) 00:42:03 ID:OJDt3CNO
>>81
>そして、そういう指導に従わない子どもはほとんどいないのが実情だし

ほとんどいないだ?認識が甘いが、
いることは認めるわけだ
で、どうするんだ?

>従わない子どもは、それ以前に、不適切な指導の積み重ねがそうさせたというわけだ。

ペナルティを逃れる抜け穴を作って、
悪いことを悪いと認識させなかった甘やかし体制な

85 :実習生さん:2006/12/16(土) 00:45:27 ID:OJDt3CNO
出席停止処分は、”教室に入れない”という点で大いにメリットがある
今までのやり方では、授業をやっている限り何が何でも教室に拘束だ
どんなに周りに迷惑をかけていても何が何でも教室に拘束だ
なんと柔軟性のない

”教室に入れない”ことは、集団による羞恥心や同調圧力(ピアプレッシャー)から
一時開放するという点においてメリットが大きいのだ

子どもが起こす問題は、即座に迅速に対応すべきだ
でなければ子どもは記憶力も続かないので問題を具体的に認識できないのだ
毎週決まった道徳や学活の時間にやったのでは遅い

「出席停止処分」で拒否反応を起こすのなら「個別指導」と理解しろ
厳罰でもなんでもない

86 :実習生さん:2006/12/16(土) 00:46:35 ID:8g+L0FKa
>>84
ほとんどいないというのは
「まったくいない」と言うだけの根拠がないだけの話。
少なくとも、私が経験した中ではいなかったし
なによりも、家庭を押さえ、一応の大義名分を押さえている学校側は
最終的には強いだろうね。

抜け穴を作っても何も
今までの生育歴を無視して
ペナルティーを与えれば、それですむと思う方が
よほど楽天的だと思うが、どうだね?

87 :実習生さん:2006/12/16(土) 00:47:54 ID:8g+L0FKa
>>85
それによるメリットが全くと言っていいほどない。
それだけの話だ。
メリットのないことをあえてやる必要は無いと思うがね。

88 :実習生さん:2006/12/16(土) 00:54:03 ID:rzc1s4J/
>に対して「厳罰」をもって、対処できると思うのか?
>現実にはできないだろう。

ここは私の言葉足らずだが、まあそういう輩というのは極端な事件以外にも
日頃からめちゃくちゃやってる。

>グチャグチャとうやむやのうちに指導していけば
>なにかしらの前進がある。

認識の違い。

私はそこまで教師の仕事だとは思わないし、がんばってやったとしても
思ったほど前進しないと思う。教師と該当生徒との間に妙な情の
つながりはできるが被害者生徒にとってわだかまりが解消されるどころか
けっきょく教師も同じ穴の狢だと思われるだけ。ま、この感情は
被害者の恨みでしかないのだが。しかし普通の感覚でもある。

>更生なんてレベルをはるかに超える事態なんてそうそう起きるものでもないし
>起こさないようにするのが教師の務めでもある。

起こるんだよ。
ウチの学校、今年だけで保護者が3人ほど拘置所に行ってる。
そんな地域なんでもうめちゃくちゃ。教師はほどよくがんばっているので
何事も何とか丸く収めてるが、問題生徒は地域に迷惑をかけまくっている。
排除するのが妥当。その後は転落人生を送るしかない。

>起きてしまったとすれば、その事態を収拾する能力なんて元からない。

収拾するのではなく、排除する方向で考える。
当然私の考えの行き着く先は「自分の身は自分で守る」ような
厳しい社会だけどね。

89 :実習生さん:2006/12/16(土) 00:58:33 ID:rzc1s4J/
そもそも、何の関係もない普通の子どもがなぜ一部の
授業妨害の生徒につきあわなくてはいけないのだ?

たしかにクラス集団と切り離さず、何とか授業に入れることで
一定の前進はあるかもしれないが、それにつきあわされる
周囲の人間にとっては迷惑きわまりない。学習権を守って
やるべきだろう。

今の状態だと、一人の突出した生徒のためにみんなで
ストレスを共有しあっている状態。

90 :実習生さん:2006/12/16(土) 01:01:16 ID:8g+L0FKa
>>88
日ごろからのメチャクチャを許さない「指導」こそが
大事な部分だと理解してもらえると思う。

認識の違いではすまない。
私は現実に立脚した話をしている。
君も現実に立脚した話で、意見を述べるべきだろう。
思ったほど前進しなければダメなの?
ほんの少しでも前進すれば、前進しないというより良いのではないの?
前進しないなら放っておくの?
少しずつでも前進した方が、結局は「被害者」の利益になるなら
その道を選択するのが、専門家としての教師の取る道だろう。

>教師はほどよくがんばっているので
がんばっているのだろう?
感謝して、できる限り支えて欲しいね。
排除が妥当と言っても、それができる現実はない。
その現実を認識した対応をする必要があるだろう。
排除する方向で考えても、排除する能力が学校にない以上
全くのムダと言える。
自分の身は自分で守る
それは、大事なことだが、それなら、学校に「厳罰」を求める必要すらない。






91 :実習生さん:2006/12/16(土) 01:03:38 ID:8g+L0FKa
>>89
>なぜ一部の授業妨害の生徒につきあわなくてはいけないのだ?

スレ違い。

92 :実習生さん:2006/12/16(土) 01:33:41 ID:OJDt3CNO
誰でも授業を受ける権利がある!!
授業をやっている限り何が何でも教室に拘束することが当たり前だ!!
これが公教育の務めだ!!

と、こういうかたちで今までずっとやってきたから「出席停止処分」という言葉になるのだよ
厳罰でもなんでもない 集団から離して個別指導をできるかたちにするだけのことだ

93 :実習生さん:2006/12/16(土) 01:40:26 ID:rzc1s4J/
>日ごろからのメチャクチャを許さない「指導」こそが
>大事な部分だと理解してもらえると思う。

ある程度同意。

>認識の違いではすまない。
>私は現実に立脚した話をしている。
>君も現実に立脚した話で、意見を述べるべきだろう。

今ひとつ文脈がわからないので回答を保留する。

>思ったほど前進しなければダメなの?
>ほんの少しでも前進すれば、前進しないというより良いのではないの?

前進とは何を指すのか?私なら、被害者が平静になれる状態が
最低限であると考える。マイナスがゼロになる状態。しかしそれは
ゼロであって、それまでに被った被害の記憶が消えるわけではない。
世の中からストレス要因をすべて消し去れば、それも被害者にとって
プラスにはならないだろうが。

>前進しないなら放っておくの?
>少しずつでも前進した方が、結局は「被害者」の利益になるなら
>その道を選択するのが、専門家としての教師の取る道だろう。

今後は教科指導に比重をシフトしていくべきだと思う。
たとえば遅刻や無断欠席の生徒を相手に電話をかけ、迎えに行くといった
行動は、意味がないとは思わないが、もっと別の視点、教科指導を
ふくらませる方向で労力を割き、実際に生活上の面倒を見るのは
ケースワーカーや民生委員のような別組織であるべきだと思う。
同様に、出席停止措置のレベルにいるような生徒への心理的サポートや
指導は学校の範囲を超えることを自覚すべきだろう。

94 :実習生さん:2006/12/16(土) 06:32:42 ID:8g+L0FKa
>>92
その意味がないと言うことだけの話なんだけど。
引き離して、何か意味を持ちうるのか、
ここまで、誰も、言えていないことを見ても
その結果は明らかだよ。
引き離すだけでは何も変わらない。
そして、そこにいたるまでには、困難が多数。
むしろ、引き離すことによるデメリットばかりが目立つようになる。

95 :実習生さん:2006/12/16(土) 06:38:42 ID:8g+L0FKa
>>93
>それまでに被った被害の記憶が消えるわけではない。

これは実に良い部分だよ。
引き離す「処分」をすることで、今度は「戻ってくる」日はいつかはくる。
といっても、それは上で述べたように、それほど長くもない。
そのわずかな日が、被害者に何かを与えるだろうか?
加害者は、変わるのだろうか?
何も与えないし、何も変わらない。
どのみち「引き離す」だけではダメで、そこに「指導」が必要とされる。
それなら「厳罰」なんて必要ない。むしろ、邪魔。

>ケースワーカーや民生委員のような別組織であるべきだと思う。
「べきだ論」もいいけど、そのお金は、今のところどこからも全く出ないよ。
現実に、今、学校で起きていることに対処する話をしているのだろう?
今現在の学校でどうするべきなのか。
それこそ
>今ひとつ文脈がわからないので回答を保留する。
くらいなら、何も言わずにROMに徹するべきだろうね。



96 :実習生さん:2006/12/16(土) 06:52:01 ID:OJDt3CNO
厳罰なんて言ってるのはあなただけじゃないの
宿題忘れにはどう指導するわけだ?

97 :実習生さん:2006/12/16(土) 09:09:13 ID:8g+L0FKa
>96
1を読むこと。
>A出席停止という厳しい
>規則を設けることによる一種の脅し的効果が期待される。

これが「厳罰」でなければ何だろな。

98 :実習生さん:2006/12/16(土) 09:14:44 ID:aOZ4AeZv
まともな集団生活のできる躾をして学校に送り出すのが親のつとめ。
それができていないのなら家庭又は家庭に代わる施設に送って指導しなおすのが妥当。

99 :実習生さん:2006/12/16(土) 10:11:43 ID:6TIeXc23
子供は"取りあえず"の隔離を願っている。
いじめを受けた子はその間に落ち着きを取り戻せるだろう。教師が自分をかばってくれていると感じ、勇気がわくだろう。
いじめをした子には期間中教師が自宅を訪問して、語り合うことが必要だ。四面楚歌ではないのだと感じ、心を開き始めるだろう。
学校側は期間が終わってからも経過を見守る必要があるだろう。

100 :実習生さん:2006/12/16(土) 10:22:51 ID:DhYO+j1t
>>98
またまた、無用で、非現実的な御意見か…
「そういう子ども」を育てた家庭に、そんな力があると思うの?
施設に送るのは名案だね。
で、そういう施設を作り維持するお金はどこから出てくる?
今ある、少年刑務所から、自立支援施設まで、絶望的なまでに金がないのに?


もう少し世の中の現実を踏まえてものを言わないと。


101 :実習生さん:2006/12/16(土) 10:38:17 ID:DhYO+j1t
隔離は何もうまない。
自分を排除した人間を誰が信じるというのだろう。
むなしい言葉は、心に響かず、ただ不信を成長させるのみ。
では、いじめられていた人間はどうだろう。つかの間、安心できる?
それこそ人間の気持ちと歴史を知らない意見だ。
弱いものほど、闇に怯える。
見えない相手が、自分への牙を磨ぐ姿が、その目に映る。
いくら言葉で安心させようとしても、気持ちが安らぐわけもない。
それでも、再びまみえる時に、相手が変わっていればまだいい。
しかし、彼が再び出会うのは、不信を大きく成長させた相手なのだ。


102 :実習生さん:2006/12/16(土) 10:38:58 ID:rzc1s4J/
厳罰否定論者ってのは、どうしてもまずはじめに更正を考えるみたいだね。

たしかに厳罰をもってしても加害者は良くはならないと思うよ。隔離している
わずかな間に訪れる平和があるだけで、その後加害者が復帰すると
元の木阿弥というわけだろう。

でもね、明らかに授業妨害を楽しんでいるような連中を相手にしたときに、
たしかに教師はその瞬間から「指導」→「更正」の道筋を何とか現実化しようと
努力はするよ。しかしその場所にいる他の大勢は自分の学習をじゃまされることに
よって、学校に不信感を持つ。そこにいじめなどが介在すると、学校に対する
不信感は相当なモノになるよ。


103 :実習生さん:2006/12/16(土) 10:42:33 ID:RhG3waCO
提案
・1組のA君グループが同じクラスのB君をいじめているらしい
・2組のC君グループが同じクラスのD君をいじめているらしい

そこで、A君グループは2組に、C君グループは1組に期間限定で交換となりました

・・・緊急避難にもなるし、問題解決にもつながる可能性があり、学校の負担もあまり増えず、生徒の学業にも負荷が少ない
この提案は如何?

104 :実習生さん:2006/12/16(土) 11:11:22 ID:DhYO+j1t
>>102
授業妨害は、いじめの問題から外れている。問題を拡散しても仕方ないと思う。
厳罰が更生を生まないのは、その通り。



105 :実習生さん:2006/12/16(土) 11:20:47 ID:3MRlvej0
現在進行形の犯罪行為に対して、教育だの更生だのという概念を持ち込んではいけない。
現行犯は無力化して身柄確保するしかない。
その段階抜きにいきなり教育や更生を振り回してる内は、いじめ問題は解決出来ない。

106 :実習生さん:2006/12/16(土) 11:31:15 ID:DhYO+j1t
>>103
まず、前提として「いじめてるらしい」では、話にすらならない。
厳密に事実確認をして、保護者立ち会いの上で本人が認める。
その際、いじめに関わった人間は、その生徒達だけであることを
被害者加害者、そして傍観者に対して確認する。
それができてからの話。
私は無意味だと思うけど。

107 :実習生さん:2006/12/16(土) 11:32:08 ID:DhYO+j1t
>>103
まず、前提として「いじめてるらしい」では、話にすらならない。
厳密に事実確認をして、保護者立ち会いの上で本人が認める。
その際、いじめに関わった人間は、その生徒達だけであることを
被害者加害者、そして傍観者に対して確認する。
それができてからの話。
私は無意味だと思うけど。

108 :実習生さん:2006/12/16(土) 11:42:28 ID:RhG3waCO
>>106->>107
「確認する」は大事だと思うんだけどさ、気になるところがそこだけかよw

ま、それは置いておいて、「確認する」作業が複雑だと仕事が増えると思うんですがそこはどうしましょう?
まさか「教師がもっとがんばれ」とか言わないよね?
仕事が大変だと、無かったことにする流れでしょ、そのほうが楽だし公務員は

109 :実習生さん:2006/12/16(土) 12:40:06 ID:aOZ4AeZv
いじめられた生徒がなぜ転校しなければならないのか?いじめた側こそ排除すべきだろう。

110 :実習生さん:2006/12/16(土) 17:02:41 ID:HXQvtn5h
>>97
それは悪かったね

でもあなた過剰に厳罰厳罰言うから
厳罰という言葉を使って全てのペナルティーを否定したいようにしか見えない

全てのペナルティーを否定するの?
ペナルティーは必要じゃない

111 :実習生さん:2006/12/16(土) 17:13:45 ID:HXQvtn5h
>>101
>隔離は何もうまない。

ちょっと信じられないね
あなた子どもを叱ったことあるの?
学校だったら皆の前で叱らずに廊下で一対一でやるのも有効な手だよ

集団の中では羞恥心も同調圧力もあるのだよ
日本のいじめはほぼ全てこの羞恥心や同調圧力が絡むものだ
隔離して個別に指導という手段を取ることが必要なケースはある

112 :実習生さん:2006/12/16(土) 22:14:10 ID:3MRlvej0
>>101
あのなあ、いじめってのは悪性の伝染病なんだよ。
大本の病原体を遠ざけるのは当然だろ。

113 :実習生さん:2006/12/16(土) 22:23:37 ID:oLo746rJ
でもさ、いじめる側が、いじめる相手に「いじめられた」
なんていっていじめられている人をさらに窮地におとすことも
可能じゃない??いじめられる人って口ベタな人多いし、


114 :実習生さん:2006/12/16(土) 22:31:47 ID:3MRlvej0
>>113
クラス全員を嘘発見機にかければいい。
あの機械は嘘つくのが平気な本物の悪人には効かないが、全員にかければ必ず誰かがボロを出す。

115 :実習生さん:2006/12/17(日) 19:39:02 ID:pP7yUQOb
>>108
すまない。連投になっていたようだ。

>ま、それは置いておいて、「確認する」作業が複雑だと仕事が増えると思うんですがそこはどうしましょう?

間違いなく、仕事は増えるし、そのうえ面倒なことになる。
しかし、103の提案をやるなら、このあたりのことは「最低レベルの絶対条件」だろう。
だから、私は「無意味だ」と書いたのだが?
仕事が大変だと無かったことにするという教員は少数派だと思う。
むしろ「大変なのにやりたがる」人が多くて困るくらいだ。

>>110
一定のペナルティーはあり得るし
そういうことを全否定するのは、宗教活動に過ぎないと思うが?


>>111
>学校だったら皆の前で叱らずに廊下で一対一でやるのも有効な手だよ
こういうのは「隔離」と言わない。
スレの前提をきちんとふまえて発言した方が良い。
従って、下の3行も無意味。

>>112
永遠に隔離できるわけでもなく
隔離することによって病原体が消えるわけでもない。
それなら「治療」するのが当然だろう。




116 :実習生さん:2006/12/18(月) 09:37:49 ID:63IbbLMj
病原体はひとまず遠ざけておいて免疫力、耐性を向上させる。
再び病原体が近づいても平気なようにね。

117 :実習生さん:2006/12/18(月) 11:32:21 ID:hYA1Q2O5
>>116
遠ざけても、回復しない。
むしろ悪化してさまうから、あてはまらない。

118 :実習生さん:2006/12/19(火) 20:38:26 ID:uIGyqx3u
頭を冷やすってことが必要なケースがあるのだよ

119 :実習生さん:2006/12/19(火) 22:44:50 ID:9EGJZSAb
>>118
何日もかかるわけでもなく
一連の教員の指導で十分。
指導には、何日かけても良いわけだしね。

120 :実習生さん:2006/12/19(火) 23:16:22 ID:uIGyqx3u
君の言う「指導」は何でも解決してしまう特効薬だね
その「指導」の中ではどんな罰の手段が許されるんだ?

121 :実習生さん:2006/12/19(火) 23:32:03 ID:9EGJZSAb
>>120
どんな罰?
罰がメインではないだろう。
逆に聞くが「特効薬になる罰」って何だ?
私にはちょっと思いつかないぞ。
どの罰も単体では、悪い結果しか思い浮かばないな。

122 :実習生さん:2006/12/19(火) 23:35:43 ID:uIGyqx3u
特効薬なんてない
だが君は「指導」さえあれば罰は要らないとでも言いたそうだ

123 :実習生さん:2006/12/19(火) 23:38:22 ID:9EGJZSAb
>>122
特効薬なんて無いよ。その通り。
罰はあっても構わない。指導の一環としてならね。
逆に言えば「指導の邪魔になる罰は有害」とも言えるがね。


124 :実習生さん:2006/12/20(水) 09:24:04 ID:VE+MAFLz
指導なんて必要ない。学校から放り出せばいい。
そいつがどうなろうと知ったことではない。たとえ極悪人になろうとも。

125 :実習生さん:2006/12/20(水) 12:36:29 ID:2ILFfAl9
>>124
放り出された子どもは、その後も日本社会の中で生きていくわけだ。
それも、害毒を垂れ流しながら。
最終的に、そのために、もっとコストがかかる。
社会にとって一番コストがかからないのが

「学校で指導すること」なわけだ。

126 :実習生さん:2006/12/20(水) 22:49:42 ID:b2+zxI5R
>>125

指導したって無駄だから放り出すんだよ。貴重な時間と金をドブに捨てるようなもの。
時間と金はまともな人間のために使うべき。

127 :実習生さん:2006/12/20(水) 22:52:42 ID:Nj+A3kSE
>>126
それはオマエが指導する能力がないから。
そんな教師に払う給料こそドブに捨てるようなものだねw
金はまともな教師にのみ支払われるべき。

128 :実習生さん:2006/12/20(水) 23:04:37 ID:5kTp6uZM
>>126
その放り出された子どもは
依然として「日本社会に存在する」ということを忘れていると言っているのだが。
そういう子どもが、そのままでいれば、今以上にコストがかかるってことを
想像できないのかな?
犯罪のみならず、社会性のない隣人がたくさんいる社会。
安寧に暮らすためのコストは確実に跳ね上がり、しかも、一度社会に出た後は
それをどうにかする機能を今の社会は失ってしまった。
いっそのこと犯罪ならまだ良いのかも知れないと思うよ。

>>127
126は、その能力からして「指導する側」ではないと思うぞ。
いいとこ、中学生だろう。


129 :実習生さん:2006/12/20(水) 23:16:59 ID:ZU8wAtfc
ペナルティーを与えず暴れさせておくほうが「そのまま」だ
ペナルティーの処断を奪いすぎたが故にそういう問題が起きてしまっているのが現状だろう

130 :実習生さん:2006/12/20(水) 23:22:49 ID:5kTp6uZM
>>129
ペナルティーを与えること自体は構わないが
それは「指導」が前提だな。
指導の一環としてのペナルティーはあり得るが
「厳罰」は何もうまない。

>ペナルティーの処断を奪いすぎたが故にそういう問題が起きてしまっているのが現状だろう
意味不明

131 :実習生さん:2006/12/20(水) 23:29:27 ID:ZU8wAtfc
失礼

処断→手段な

132 :実習生さん:2006/12/20(水) 23:31:12 ID:ZU8wAtfc
俺はこんなもの厳罰とは思わないのだが

では聞きたい

出席停止処分なしに、他の場所での個別指導は可能か?
それはどういうかたちだ

出席停止処分なしに、頭を冷やさせる=考えさせる ことは可能か?
それはどういうかたちだ

133 :実習生さん:2006/12/20(水) 23:39:13 ID:5kTp6uZM
>>132
現在、大部分の学校は、出席停止なしに指導をしていますが?
どういう形をいわれても、ケースバイケースだから、ここで言うのは無理でしょうね。

>出席停止処分なしに、頭を冷やさせる=考えさせる ことは可能か?
大部分の学校ではそれができているからこそ、いじめ問題がこのレベルですんでいます。


134 :実習生さん:2006/12/20(水) 23:40:35 ID:5kTp6uZM
>>131
別に今の学校でもいろいろな手段があるし、奪いすぎているとも思いません。

135 :実習生さん:2006/12/21(木) 00:11:50 ID:0c9uVPFO
立たせることや廊下拭きや怒鳴ることが体罰とされるようになってきたのはつい最近のことだ
それで上手くいっているのか?無理なレベルになってきていると俺は思うがそれは認識が違うな

ペナルティの手段があるならいくつか挙げてみて
ほんの一部でもいいから

136 :実習生さん:2006/12/21(木) 00:16:19 ID:TIo3c6tl
>>135
「今でも」
立たせることは、長時間ではない限り体罰にあたるという判例はありません。
怒鳴る?
むやみに、耳元でがなり立てない限り、体罰にあたる可能性は低いです。

要するにあなたの知識は「誤解」に基づいているわけです。
それで正しい結論というのは、無理でしょうね。

137 :実習生さん:2006/12/21(木) 00:20:42 ID:0c9uVPFO
>>136
いいんだよそれで
誤解を指摘してくれよ

他にはどんなことがある?
校庭10周は?
便所掃除は?
雑巾がけは?
居残り勉強は?
押さえ付けることは?
廊下やベランダに追い出すことは?

138 :実習生さん:2006/12/21(木) 06:06:10 ID:TIo3c6tl
>>137
校庭10周は、場合によりけり。
押さえつけるのは、危険を回避するための行為として最低限なら許されます。
廊下やベランダに追い出すというのも、場合によりけり。
掃除や居残りは、長期間にわたるものは不可。

>いいんだよそれで
>誤解を指摘してくれよ
良くないですよ。自分で勉強するべきです。
知らないならかき込むべきではないでしょうね。

139 :実習生さん:2006/12/23(土) 02:00:50 ID:6UptV34m
中2女子が教諭の腕にかみつき逮捕

 岐阜県警多治見署は13日、瑞浪市立瑞浪中学校で、女性教諭の左腕にかみつき、けがをさせたとして、
傷害の現行犯で同中学2年の女子生徒(14)を逮捕した。女性教諭は5日間の軽傷。


 調べでは、生徒は授業中の午後2時半ごろ、廊下で消火器を噴射しようとして数人の教諭に取り押さえら
れ、注意されていた際、女性教諭(56)にかみつき、負傷させた疑い。

 生徒は午前中から授業を受けず、校内をぶらついていたという。

[2006年12月13日22時27分]

ttp://www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20061213-130021.html


140 :実習生さん:2006/12/23(土) 02:01:51 ID:6UptV34m
中2女子が教諭の腕にかみつき逮捕

 岐阜県警多治見署は13日、瑞浪市立瑞浪中学校で、女性教諭の左腕にかみつき、けがをさせたとして、
傷害の現行犯で同中学2年の女子生徒(14)を逮捕した。女性教諭は5日間の軽傷。


 調べでは、生徒は授業中の午後2時半ごろ、廊下で消火器を噴射しようとして数人の教諭に取り押さえら
れ、注意されていた際、女性教諭(56)にかみつき、負傷させた疑い。

 生徒は午前中から授業を受けず、校内をぶらついていたという。

[2006年12月13日22時27分]

ttp://www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20061213-130021.html

141 :実習生さん:2006/12/23(土) 02:03:23 ID:6UptV34m
ミニスカ、茶髪注意に逆ギレ…担任に蹴り、中3女子逮捕

 三重県警四日市北署は20日、校則違反を注意されたことに腹を立て、
担任教諭らに暴行してけがをさせたとして、傷害の疑いで、 四日市市立
中3年の女子生徒2人=いずれも(15)=を逮捕した。

 調べでは、6日午前9時50分ごろ、中学の校舎内で、 女子生徒の1人
が茶髪やスカート丈が短いのを注意されたことに腹を立て 担任の男性
教諭(49)の腰をけるなど暴行。 別の女子生徒も、仲裁に入った男性教
諭(44)の腹をけるなどし、それぞれに軽傷を負わせた疑い。

 市教委などによると、2人は今年の夏休み以降無断欠席などの問題行
動が続いていたという。

ttp://www.zakzak.co.jp/top/2006_12/t2006122105.html


142 :実習生さん:2006/12/23(土) 08:28:17 ID:EkK8GcAX
>>138

廊下やベランダに追い出すのは、たとえ短時間であっても体罰ではないのか?

その考えがあるおかげで、私は今受け持っているクラスで苦労をしている。


143 :実習生さん:2006/12/23(土) 08:36:54 ID:EkK8GcAX
それから、たとえ教師に正当な理由があろうとも、
押さえつけるという行為は、一度マスコミに噛み付かれたら
「体罰をふるった」とされ、懲戒処分は免れない。
したがって、「子どもを押さえつけることは絶対にしないように」や、
「子どもが暴れ出したら教師は両手を背中で組むように」と
校長から指導されている。

これが実態なんだよね。

それから・・・
厳罰否定派は日教組系に多いが、そういう教師は皆リアルで
接したら本当に優しいし、教師という職業を超えた教育愛を持って
いることが多い。しかしそれが例外的なケースであることを
どうしても理解しないんだよな。教師は学力をつけてナンボだと
いう世間のニーズに応えることが大事かと思われる。
したがって、常軌を逸するような行為をくりかえす生徒を学校が
責任を持つ必要はない。野に放たれ、そのうち犯罪を犯し捕まる
ときが来るだろう。

144 :実習生さん:2006/12/23(土) 08:57:56 ID:xSLWe1X8
>>145
一般論として
「廊下やベランダに追い出すのが体罰だ」と思っている現職は少ないのではないか。
もし、現職が本当に思っているとしたら、相当に勉強不足だと思う。

体罰にあたるとしたら、廊下やベランダに出すことそのものではなく
厳寒や酷暑の時に「温かい(涼しい)場所」から追い出すと言うことが
「体罰にあたる」と考えることならあり得るが。

実は、廊下やベランダ「に」ではなく「教室から追い出す」というのが問題なんだな。
しかも、これは「授業中」の話。
「たとえ短時間であっても許されない」という法務府の見解が大元にある。

逆に言えば「授業中でなければ」教室から出すことは問題ない。
ただし、必要以上に屈辱を与える行為の場合は、人権の面から
「体罰」となることもあるので注意が必要。


145 :実習生さん:2006/12/23(土) 09:05:46 ID:xSLWe1X8
>>143
>押さえつけるという行為は、一度マスコミに噛み付かれたら
>「体罰をふるった」とされ、懲戒処分は免れない。

必要最小限の有形力の行使は認められている。
理由は「安全確保」
逆に言うと「どんな理由であれ生徒に怪我をさせたら問題となる」
と言うのが正しい。
>「子どもが暴れ出したら教師は両手を背中で組むように」と
これは「教師に向かってくる生徒に対して」なら正しいが
教室内などで暴れて「他の生徒に対しての危険が認められる」場合は
仮にそれを看過したら、そっちで処分されるだろう。

>危険を回避するための行為として最低限なら許されます。
と書いたのはこの通り。

なお、本人が身を守るためであって、危険性が認められる場合は
緊急避難として、教師が身を守ることは認められます。
例えば「ナイフを持って向かってきた」「イスを振り上げてきた」などの場合です。
単に「威嚇してきた」「大声を上げながら突進してきた」などのケースでは
押さえつけることそのものは問題ありませんが、当該生徒が怪我をすると
責任が発生します。





146 :実習生さん:2006/12/23(土) 09:44:56 ID:xSLWe1X8
>>143
>常軌を逸するような行為をくりかえす生徒を学校が
>責任を持つ必要はない。

きちんと指導した後なら、責任はないでしょう。
また、学校外で行われたことは、大まかに言えば責任はありません。
しかし、学校内で行われた行為は、学校が責任を持つのが当然です。
もちろん、警察に通報することも恐れてはなりませんが
一方で「警察には矯正能力がない」ということを知り、限界を知ることが必要です。

>野に放たれ、そのうち犯罪を犯し捕まる
>ときが来るだろう。
これを、ただ看過するだけなら、学校は責任を取っていません。
できる限り抑止に努めるのが「職務」の一つです。
これは、学習指導要領にも
「教育基本法及び学校教育法に定められた教育の根本精神に基づき〜
 その基盤としての道徳性を養うことを目標とする。」
ときちんと記載されています。


147 :実習生さん:2006/12/23(土) 09:58:36 ID:xSLWe1X8
>>143
>教師は学力をつけてナンボだと
>いう世間のニーズに応えることが大事かと思われる。

すまない。結果的にたくさんレスをつけることになってしまった。
あまりにも、突っ込むべき場所が多いもので。

これも、その通りなのだが「学力をつけること」と「道徳性を養うこと」は
相反する行為でもないし、矛盾する行為でもない。
あえて言うなら、世間の要求は「両方やれ」ということ。
ただ、一般的に言うと「道徳性」と「学力」は比例しやすい。
これは当たり前のことで、教室で暴れるような子が学習する時間は当然短くなるし
教師の言うことを聞かなければ、学習効率は下がる。

それから、「学力」の保証として、授業の密度を上げるためには
クラスの中がきちんと統制されていることが条件となるのだから
生徒に規律や道徳性を身につけさせることは「学力の基礎条件」となる。

もちろん、例外は多いし、東大を出ても犯罪者と言う例は多いが
少なくとも学校という場での「学力確保の邪魔をしてきた東大生」
と言う例は、あまりないと思っても差し支えないのではないか?

学力はつける。
その前提として道徳性もつける。
(道徳性という言葉が嫌なら、規律でも人間性でも集団行動力でもいい)
ということが「ニーズ」だろう。

まあ、こんなコトは私が言うまでもなく、教育基本法から始まる関連法規に
きちんと位置づけられていることだ。

148 :実習生さん:2006/12/23(土) 10:25:07 ID:+eZozLBG
 話の種提供
 1981から1983の間にK谷市H陽中にてS間K里5XXの
7某西山家系太市の子禎孝とその仲間たちは
5弱者を旅行中に自殺に見せかける計画と
2もしくは視覚障害者にする計画を
3実行しようとしていたが弱者不在により
2未遂に終わった
7こういう類は親族ともども不幸とは無縁の
 社会的信用を得たお金持ちの生活をしている


149 :実習生さん:2006/12/23(土) 22:05:07 ID:6UptV34m
【2006年12月4日】
教諭にけが、中2を逮捕──姫路、傷害の疑い(12月4日)

 兵庫県姫路市内の中学校で男性教諭(51)に腹部打撲のけがを負わせたとして、姫路署は4日、市内の
中学2年生の少年(14)を傷害の疑いで逮捕した。少年は容疑を認めているという。

 調べによると、少年は11月20日午後3時20分ごろ、中学校で教員に授業態度について注意されたことに
腹を立て、男性教諭の胸ぐらをつかんだうえ、腹部を数回けり全治1週間のけがを負わせた疑い。

 当時、2年生は全員自習時間だったが、少年はほかの教室にいた。それを見つけた教諭が廊下に連れ
出し、注意したという。

ttp://www.nikkei.co.jp/kansai/news/37009.html


150 :実習生さん:2006/12/24(日) 14:26:03 ID:9v9V2wLI
出席停止処分も半年ぐらいの長期に渡るなら、事態の解決につなげられる方法がある。
その間に被害者を鍛えればいい。
武道や格闘技でもいいが、出席停止がもっと短期間なら軍隊式格闘術がいい。
これなら実戦的で短期間で身に付く。
難点は強力過ぎて相手を死に至らしめる可能性があること。
だがそれぐらいは、いじめの解決に必要なコストと考えて流すべし。
いじめの加害者を殺した被害者が正当防衛で無罪。
そういう報道が増えれば同じ様な事例が続出し、その内誰もいじめなんかやらなくなる。

151 :実習生さん:2006/12/24(日) 17:49:26 ID:KVtOs8ta
>>150
あはは、バカ。

152 :実習生さん:2006/12/24(日) 22:06:14 ID:9v9V2wLI
>>151
人をバカ呼ばわりするからには、代案を出せ。
明日すぐにいじめがなくなるような方法をだ。

153 :実習生さん:2006/12/24(日) 22:24:26 ID:KVtOs8ta
>>152
君の方法でも「すぐに」は無理だし
いじめも無くならない。


>>55
>>62
>>68
>>77
>>101
対案とは言わないが、君はこの程度のレスを読んでから書くべきだと思うよ。


154 :実習生さん:2006/12/26(火) 21:15:40 ID:WoxPYcNT
加害者側には荒療治しか無さそうだな。
先ず出席停止だけでなく、完全に自宅謹慎で外出禁止状態にする。
あとは何日かでいいから、集中的に出来るだけたくさんの教師がその家に泊まり込むか、交替で居座る。
そして加害者に食事と睡眠を与えず、1日中責め続ける。
要はいじめは人として最低の行為であり、それを行なったお前は生きる資格の無い最低の人間だと、繰り返し責め立てるのだ。
これを2〜3日も続ければ、おそらく加害者は2度といじめをやらなくなる。
それどころか、2度と他人の目を見ることが出来なくなるだろう。

155 :実習生さん:2006/12/26(火) 22:00:39 ID:8rtwWrCG
>>154
あはは、バカ2号。


156 :実習生さん:2006/12/26(火) 22:17:15 ID:WoxPYcNT
>>155
バカのひと言で片付けてるバカは気楽でいいね。
>>154の真意が分かって言ってるのか?

157 :実習生さん:2006/12/26(火) 22:25:43 ID:WoxPYcNT
>>153

>>55
>>62
>>68
>>77
>>101
これ書いたの、全部お前か?
どうやら教育学を少々かじってるらしいが、もうちょっと要点をまとめろ。
試験なら赤点確定だ。

かろうじて要点らしきものをひねり出してみても、何やるのも面倒だから何もやりたくないとしか聞こえない。

158 :実習生さん:2006/12/26(火) 22:33:11 ID:WoxPYcNT
>>155
>>154(とついでに>>150)の真意を教えてやろう。
それは1度いじめ問題が起きれば、もはや被害者と加害者の和解は不可能ということだ。
和解したように誤魔化して却って事態を悪化させ、被害者が自殺した事例は山ほどある。
問題が発覚すれば、もはや被害者と加害者が同じ場所に存在することは許されない。
最低でも他府県の学校に加害者を転校させ、その家族も他府県に引っ越させる必要がある。
それを実施しないのなら、被害者側が加害者抹殺を前提にした迎撃体勢を取るか、加害者の攻撃性を完全に破壊する以外に、被害者の人権を守る方法は無い。

159 :実習生さん:2006/12/26(火) 22:39:57 ID:8rtwWrCG
>>158
>真意を教えてやろう。

ありがとう。
154が釣りだと思ったからノリでレスをつけたんだが
おかげで、君が全くの真性DQNだと言うことが判明した。
まあ、要するに「本物バカ」ということだ。



160 :実習生さん:2006/12/26(火) 22:46:05 ID:WoxPYcNT
>>159
自分は何ら意見言わず、人の意見にはバカ呼ばわりですかそうですか。
お前ただの加害者だろ?
今の教育じゃいじめは絶対無くならないと思っていい気になってるんだろ?


161 :実習生さん:2006/12/26(火) 22:48:13 ID:WoxPYcNT
ああもう、こんなバカ相手にムキになる俺もバカだ。
もういいや、こんなスレ。
バカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカ

162 :実習生さん:2006/12/26(火) 22:49:05 ID:WoxPYcNT
バカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカ
バカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカ
バカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカ
バカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカ
バカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカ
バカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカ
バカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカ









163 :実習生さん:2006/12/26(火) 22:50:20 ID:WoxPYcNT
バカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカ
バカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカ
バカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカ
バカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカ
バカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカ
バカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカ
バカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカ


164 :実習生さん:2006/12/26(火) 22:51:59 ID:wLZ379L4
しょせんネットだぜ、大人げないレスすんなよ。DQNのやる荒らしはスルーが常識、反論すればそいつらと同じレベルだぞ

165 :実習生さん:2006/12/26(火) 22:52:21 ID:WoxPYcNT
162 :実習生さん :2006/12/26(火) 22:49:05 ID:WoxPYcNT
バカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカ
バカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカ
バカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカ
バカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカ
バカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカ
バカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカ
バカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカ










163 :実習生さん :2006/12/26(火) 22:50:20 ID:WoxPYcNT
バカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカ
バカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカ
バカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカ
バカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカ
バカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカ
バカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカ
バカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカ



166 :実習生さん:2006/12/26(火) 22:53:50 ID:WoxPYcNT
>>164
スマン
大人気ないことをした。

167 :実習生さん:2006/12/26(火) 23:06:46 ID:8rtwWrCG
荒らし ご苦労。


168 :実習生さん:2006/12/26(火) 23:13:28 ID:WoxPYcNT
>>167
まともに議論する気の無いお前も荒らし。
お前は今後立入禁止だ。

169 :実習生さん:2006/12/26(火) 23:24:08 ID:8rtwWrCG
>>168
荒らしに、そんなことを言う権利もないし
議論したいならそのレベルの書き込みをして見せなきゃだし。
まぬけ度がパワーアップしてるぞ

170 :実習生さん:2006/12/26(火) 23:26:17 ID:WoxPYcNT
>>169
じゃあ試しにレベルの高い書き込みをしてみろ。
出来ないなら永久に出入り禁止だ。

171 :実習生さん:2006/12/26(火) 23:28:37 ID:8rtwWrCG
>>170
その前に君が「まっとうに取り合ってもらえる書き込み」ができないとね。
荒らしには「出入り禁止だ」なんて言う権利はないんだよ。

172 :実習生さん:2006/12/26(火) 23:37:46 ID:WoxPYcNT
>>171
「まっとうに取り合ってもらえる書き込み」って何だ?
突拍子も無い書き込みじゃない書き込みという意味か?
学者や評論家が言ってるような、論文みたいな書き込みってことか?

どうもあんた、教育学とか少々かじってるみたいだが、教育なんぞでいじめは解決できないぞ。
この20年ほどの教育界の体たらくが既に証明している。

173 :実習生さん:2006/12/26(火) 23:39:05 ID:8rtwWrCG
>>172
>突拍子も無い書き込みじゃない書き込みという意味か?
>学者や評論家が言ってるような、論文みたいな書き込みってことか?
違うよ。それもわからないレベルなんだ…

174 :実習生さん:2006/12/26(火) 23:40:17 ID:WoxPYcNT
>>164
たびたびスマン。
気が付けば荒らし相手に長々と言い合ってしまった。
ごめんなさい、もうやめときます。
どうせ身のある議論は出来ないみたいだし。

175 :実習生さん:2006/12/26(火) 23:49:38 ID:nAfg2Cd4
>>172
そうか?俺は教育でいじめはなくなると思っている。ただキミが
>この20年ほどの教育界の体たらくが既に証明している。
と論じているように現場が教育をしてないだけじゃん。

176 :実習生さん:2006/12/27(水) 20:24:51 ID:RIW7wFas
>>174
そうだね、君には無理だ。
さようなら。

>>175
教育が頑張っているからこのレベルで止まっているのだが。



177 :実習生さん:2007/01/16(火) 04:02:46 ID:QzxYEhlu
中学生4人、傷害で逮捕・補導=女子生徒に焼酎一気飲み強要−千葉
1月15日23時0分配信 時事通信

 千葉県市川市の市立中学3年の女子生徒(15)に焼酎の一気飲みを強要し、急性アルコール中毒にさせた
などとして、千葉県警市川署は15日までに、傷害容疑などで、同県松戸市の市立中学3年の男子生徒2人と
女子生徒(いずれも15歳)を逮捕し、2年の女子生徒(14)を補導した。
 男子生徒の1人は「自分と付き合っているのに、別の男に告白したことに腹が立った」と話しているという。 

最終更新:1月15日23時0分

ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070115-00000175-jij-soci


178 :実習生さん:2007/01/16(火) 19:59:02 ID:rhsV0c7X
午後から私服で登校(化粧・茶髪)教室には行かず校内徘徊。別室での学習も拒否。保護者は自分の子だけ特別扱いするな・・と激怒。みなさんはどう対応しますか?

179 :実習生さん:2007/01/16(火) 20:04:07 ID:olTo2Z6E
>>178
経緯もわからず、状況もわからず、現在学年すらわからない例を持ち出してもねぇ。

ただし、一つだけわかることがある。
現時点で学校との信頼関係は、親、本人、ともに限りなく0に近い。
そういう状況にしてしまった校長を始めとする教師達は、反省が必要だよ。
何が悪かったのかを抜きにして、何をやってもムダ。

180 :実習生さん:2007/01/16(火) 20:47:28 ID:rhsV0c7X
失礼しました。現在中2の女子です。長兄21歳反社会的行動,次兄20歳反社会的行動,小学から不登校。3兄18歳,中2の時暴行事件で少年院へ,という家庭環境です。

181 :実習生さん:2007/01/16(火) 20:49:33 ID:olTo2Z6E
>>180
とりあえず、君が学校関係者ではないことだけはわかった。

182 :実習生さん:2007/01/23(火) 14:49:18 ID:WgsPlPI3
いじめ問題で「出席停止」活用を指示…首相、文科相に
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20070122ia01.htm

安倍は馬鹿なやつだけれど
この判断は正しいと思うね

183 :実習生さん:2007/01/23(火) 15:03:13 ID:SOCQ7KFK
176は日教組

184 :実習生さん:2007/02/07(水) 00:31:03 ID:Sz/beHal
これもおもしろいよ
http://fyoko.worksblog.jp/pub/blogs/324000.php

ヤンキー先生(義家弘介)着ボイスに登場!


ケータイ着メロ配信サイト「Fヨコ SOUND♪」のDJボイスに1月5日からFMヨコハマの人気番組「Y-Y-Y」 (金 25:00〜27:00)のパーソナリティー
ヤンキー先生(義家弘介) の着ボイスが登場しました。
そのコメントは厳しくも格調高く「携帯に出ないやつは出席停止だ」 「メールに出ないやつは出席停止だ」
「こらお前電話にでろ」 。

185 :実習生さん:2007/02/07(水) 00:46:18 ID:XPXb17Wc
出席停止なんてやりすぎだろ。つか根本的解決がなされてない気が。
いじめの基準がまず分からないし、それにこんな事しても
いじめられたやつは何故いじめが悪いか理解ができないだろ。
教師がそいつを呼び出して教育すべき。

あ、それができないから出席停止なんて作っていじめられた人に責任を押しつけるのか。日本\(^o^)/オワタ

186 :実習生さん:2007/02/07(水) 23:21:52 ID:/FhD1qeH
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20070203ur02.htm
文部科学省が、都道府県の教育委員会に対して、1つの通知を出しました。
通知は、学校教育法が禁止する「体罰」の範囲について、文部科学省の見解を初めてまとめたものです。

体罰はいかなる場合も行ってはならないと、禁じた上で、
肉体的苦痛を与えない「懲戒行為」は、体罰に当たらないとしています。


「体罰」に当たらない、懲戒行為として認められる具体例

1.放課後も教室に残して指導する(居残り勉強)
2.授業中、教室に起立させる
3.学習課題や掃除当番をほかの子供より多く課す
4.授業中に立ち歩く子供をしかって席につかせる
5.騒いでほかの子供の邪魔をした場合などに、別室で指導するなどの措置をとった上で教室の外に出す
6.授業中にメールを打つなど学習に支障を与える場合、子供から携帯電話を一時的に預かる
7.暴力を振るう子供から教師が身を守るためなどやむを得ない場合、力を行使して子供を制止する(緊急非難)

また、いじめを繰り返す子供などへの「出席停止措置」について、「ほかの子供の権利を保障するためのもの」と位置づけ、
適切に活用するよう求めました。


これにより曖昧だった学校教育法における体罰の範囲が明示されました。

187 :実習生さん:2007/02/09(金) 00:05:46 ID:wuvAUbfk
いじめメール、中学生2人逮捕=「死ね」「キモイ」女子に700回−奈良
2月8日22時30分配信 時事通信

 女子生徒に700回以上「死ね」などと嫌がらせメールを送ったとして、奈良県警天理署は8日、同県天理市
の市立中学校に通う15歳の3年男子生徒2人を県迷惑防止条例違反容疑で逮捕した。いずれも容疑を認め
ているという。
 調べでは、男子生徒2人は昨年12月中旬、1人の自宅のパソコンから、同学年の女子生徒(14)の携帯電話
に向け「おいコラ死ね」「キモイ」などと記したメールを2日間で約700回送信して嫌がらせをした疑い。
 さらに、1人は今年1月初旬にも「死」「学校へ来るな」などの文言のメールを2日間で約70回送信した疑い。 

最終更新:2月8日22時30分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070208-00000236-jij-soci

188 :実習生さん:2007/02/14(水) 18:48:10 ID:zbzC/3Xu
ヤンキー先生の着ボイスを削除 「誤解招く」とFM横浜
2007年02月10日06時03分

 「携帯に出ないやつは出席停止だ」「メールを見たやつは出席停止だ」――。携帯電話の着信を
声で知らせる有料の「着ボイス」に、政府の教育再生会議の担当室長を務め、生徒指導のために
出席停止の必要性を強く訴えている義家弘介氏が自ら、こう録音していたことがわかった。配信元
の横浜エフエム放送は「誤解を招く可能性がある」として9日、配信サイトから削除した。

 同放送によると、義家氏がFMヨコハマで毎週土曜の未明に放送されている「Y(ワイ)―Y(ワイ)
―Y(ワイ)」でディスクジョッキーをしていることから、PRの一環として企画。「ヤンキー先生」として
知られる義家氏にふさわしい表現をと、本人が担当者とセリフを考えて録音。1月上旬から、同放
送が運営する携帯電話の音楽配信サイトから月額315円でダウンロードできるようにしていた。

 同放送は「出席停止の問題に関心を持ってほしいという思いがあった」と説明。義家氏の事務所
は「若い世代が多いリスナー向けに録音した。出席停止をちゃかしたり、再生会議の報告に盛り込
むためにしたりしたわけではない」と話している。

http://www.asahi.com/national/update/0210/TKY200702090419.html

189 :実習生さん:2007/02/16(金) 14:13:15 ID:NsrBSr5L
出席停止があったことを
中学または高校への内申書へ必ず書きますって脅せばいいんじゃないか。

たいがいの児童生徒は辞めるだろ。

いじめっこに限ってバカなくせに私立中学受験とかしたりするから
そんなこと書かれたら、受験で落ちると思い、やめるだろ。
保護者にもしっかり伝えればよい。

出席停止歴のある生徒は無条件で私立中学・高校は受け入れないとか
宣言すれば更なる効果が期待できそうだな。

免停みたいな制度で、留年を課してもいいとも思う。


190 :実習生さん:2007/02/17(土) 16:01:23 ID:y2KNXM+y
いじめが原因の少年事件、昨年は過去20年で最多
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070215i102.htm

いじめ原因の事件4割増・06年、警察庁まとめ
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20070215AT1G1500Y15022007.html

いじめが原因の事件、急増223件 児童虐待も最悪
http://www.asahi.com/national/update/0215/TKY200702150179.html


191 :実習生さん:2007/02/17(土) 17:47:31 ID:Mz1Oe8va
なんで生徒がいじめたら処分になって
教師がいじめても処分にならないんだ。

192 :実習生さん:2007/02/17(土) 18:16:31 ID:vis8eIz4
賛成というか甘い100たたきだヽ(`Д´)/
監視カメラ設置して
2ちゃんねらーが監視するのら

193 :実習生さん:2007/02/17(土) 18:19:44 ID:mjyhidPK
>>191
生徒が処分されていないからこういう問題が出ているんだよ
教師なんて縛られて体罰もほとんどなくなった

194 :実習生さん:2007/02/17(土) 18:22:01 ID:mjyhidPK
実際刑事事件にならなきゃペナルティなしだろ
だから出席停止にさせる

195 :実習生さん:2007/02/17(土) 18:29:51 ID:l4o0zzBx
>>189
ただでさえ内申書は差別・贔屓・主観的判断の温床で
こんなもんで人生決めていいのか疑問視されているのに
今更そんなもん肥大化させようとすなよ

>>192
コンビニの監視カメラを警察が精査しても誤判断が起こりうるのに
ねらーごときに務まるか
監視する人件費は。いじめなんか関係ない生徒の人権は。
お前始終監視カメラで見張られてる学校に行きたいか?
着替えはどこでやるんだ。トイレでのいじめ(結構多いぞ)はどうすんだ。

>>194
厳罰化に何の意味もないことに気付け
イギリス・アメリカ・フランス、反面教師は一杯いるんだ
罰則を設けたところでいじめの陰湿化・悪質化を招くだけだていうか実際招いたんだ
学校を閉塞化させるメリットなど何も無いんだ
ちゃんと考えろ

196 :実習生さん:2007/02/17(土) 18:37:27 ID:vis8eIz4
>>195
なるほどねらーの能力もその程度だったのか安心した。

やっぱおのれが強くなるしかいじめから逃れるすべはなさそうだな
がんばれ!といっちゃいけないんだっけ

とにかく自殺するくらいなら手当たり次第回りの人間に相談しろよ
ナンパと似たようなもんで数うちゃいい人に当たる

その前にへんなのに当たったら・・・ 運命かなぁ
ったく生き抜くのはむづかしいぜ

どんまい


197 :実習生さん:2007/02/17(土) 18:41:23 ID:FtxvO+DL
そう言ってるおまえも、変わらんな

198 :実習生さん:2007/02/17(土) 19:03:38 ID:mjyhidPK
ペナルティがダメなら徹底した個別指導・少人数指導しかないね
教員数を倍増させねば

199 :実習生さん:2007/03/29(木) 13:15:50 ID:c7gRrywQ
その通りだ
説諭し反省を促すなんて、いくら時間があっても足りない

200 :実習生さん:2007/04/07(土) 21:23:36 ID:daf8omcT
「押しつけ」天下り1346人、04年から3年間で
ttp://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20070406i415.htm
天下りあっせん、3年で1968人・総務省
ttp://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20070406AT3S0602206042007.html

中央省庁がこんなことしてるんだから改革なんて全く説得力がない
まず文部科学省からどうにかしろよ

89 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)