2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

調書を捏造;医療刑事訴訟のお粗末さ

1 ::2007/04/04(水) 00:18:53 ID:FRBfe7sl
http://sun.ap.teacup.com/sukiyaki2006/8.html
URLの写真を見ていただきたい。若手の巡査と巡査部長が撮影した実況見分調書
である。
1 clothpole2と3は、奥行き110cmのベランダで100cmの高さにある内方に
突き出した物干竿が捜査官の体で隠れて見えなくなっています。他の写真では、くっき
り物干竿(3m超)が写っており、よほどの荒天でなければ下ろすことはありません。
 ところが、clothpole2と3は、ちょうど腹部をかすめるので、千々岩花子巡査部長の
主張する「引倒し」た傷害は曲芸です。誤った犯罪事実の確信に基づいて、公電磁記録
を不正作出しなければ、こんな馬鹿げた写真は証拠になりません。裁判では、誰も物干
竿を事件の最中に上げ下げしたなんて言っていません。
 2 また、被害者が主張する薬をいつも入れている場所ですが、なぜここにある薬種
を同定しなかったのか、到底理解できない。セルシンを30mg経口で一回に服用した
人に救急処置をして、その人のいい加減な記憶で医師が投獄され、有罪にされるのは許
せません。基本的捜査を怠っています。
 3 被告人は、僧帽筋という背中の筋肉の左右の筋緊張が違うので、体軸が捻転し、
拷問具をいつもつけているような持続痛に悩まされており、暴力どころではありません。

 このようないい加減な調書考案によって、大事な人生が破壊されたことを一生許せるものではありません。


2 :名無しさん@おだいじに:2007/04/04(水) 00:24:06 ID:FRBfe7sl
 医事新報の今週号は読んでください。

2 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)